ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 879139 全員に公開 ハイキング蔵王・面白山・船形山

船形山 新緑のブナ林を歩く

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー kei737
天候快晴 無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
旗坂野営場 http://www.town.taiwa.miyagi.jp/map/kanko/1544.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間18分
休憩
58分
合計
7時間16分
S升沢コース登山口駐車場07:1507:20船形山 升沢コース登山口07:2107:48旗坂平07:4907:59一群平08:0008:21鳴清水08:2208:59三光の宮09:0809:10三光の宮分岐09:1109:27不動石09:2809:32瓶石沢分岐09:3309:52升沢小屋09:5510:42千畳敷分岐10:4310:55升沢・観音寺コース分岐10:5611:03船形山11:3311:39升沢・観音寺コース分岐11:4011:49千畳敷分岐12:27蛇ヶ岳12:32蛇ヶ岳分岐12:3312:54瓶石沢分岐12:5513:00不動石13:16三光の宮分岐13:1913:20三光の宮13:52鳴清水14:09一群平14:16旗坂平14:29船形山 升沢コース登山口14:3014:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
駐車場に登山ポストあり、ただし用紙なし
コースは道標がよく整備されていました
今回のルートは登りでは升沢から千畳敷間、下りでは草原コース分岐から草原間に雪渓が残っていました
避難小屋は升沢と山頂の2か所
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

旗坂キャンプ場の駐車場に到着
霧もすっかり晴れました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旗坂キャンプ場の駐車場に到着
霧もすっかり晴れました
登山ポストも完備
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山ポストも完備
船形山登山道案内図
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船形山登山道案内図
すでにたくさんの車が停まってました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すでにたくさんの車が停まってました
登山口です
30からカウントダウンされていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口です
30からカウントダウンされていきます
ずいぶん登ったのに28とか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずいぶん登ったのに28とか
旗坂平
山頂まで6.7km
まだまだ序盤ですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旗坂平
山頂まで6.7km
まだまだ序盤ですね
オオカメノキがちらほら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオカメノキがちらほら
1
20番
ブナ林が続きます
遠望はありません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20番
ブナ林が続きます
遠望はありません
三光宮に立つ人々
このあたりが今回の中間点でしょうか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三光宮に立つ人々
このあたりが今回の中間点でしょうか
1
三光宮で小休止
リュックを下し、しばし眺めを楽しみます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三光宮で小休止
リュックを下し、しばし眺めを楽しみます
三光宮は大賑わいでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三光宮は大賑わいでした
1
船形山の山頂が綺麗に見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船形山の山頂が綺麗に見えます
再び山頂を目指します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び山頂を目指します
升沢避難小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
升沢避難小屋
中はとてもきれいでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中はとてもきれいでした
山頂まで1.7km
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まで1.7km
沢に下ると、昨日の雨のせいか結構流れていました
もちろんここを遡上します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に下ると、昨日の雨のせいか結構流れていました
もちろんここを遡上します
1
そしていよいよ雪渓が始まります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしていよいよ雪渓が始まります
1
踏み抜かないよう、滑らないよう
それにしても雪がまばゆい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み抜かないよう、滑らないよう
それにしても雪がまばゆい
一気に高度を稼ぎました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に高度を稼ぎました
2
もうすぐ雪渓の終点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ雪渓の終点
さぼっている千畳敷の3番標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぼっている千畳敷の3番標識
2
千畳敷から東方面のパノラマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千畳敷から東方面のパノラマ
いよいよ山頂が迫ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ山頂が迫ってきました
山頂付近にはシラネアオイがちらほら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近にはシラネアオイがちらほら
1
泉ヶ岳へと続く稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泉ヶ岳へと続く稜線
2
ついに2!
この標識もお疲れのようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに2!
この標識もお疲れのようです
2
桜が咲いていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜が咲いていました
もうひと踏ん張りです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうひと踏ん張りです
1
山頂直下は黄色い花がいっぱいでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下は黄色い花がいっぱいでした
船形山山頂
標高1,500m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船形山山頂
標高1,500m
3
肉眼では鳥海山も見えていたのですが
写真では判別不能です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肉眼では鳥海山も見えていたのですが
写真では判別不能です
3
朝日岳や飯豊連峰も映っていませんね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳や飯豊連峰も映っていませんね
3
船形山山頂から山形方面のパノラマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船形山山頂から山形方面のパノラマ
1
山頂避難小屋と1番標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂避難小屋と1番標識
名残惜しいですが下山にかかります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しいですが下山にかかります
蛇ケ岳を目指します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇ケ岳を目指します
山頂を振り返って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を振り返って
新緑が綺麗です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑が綺麗です
2
左から登ってきたので、帰りは右手に行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から登ってきたので、帰りは右手に行きます
升沢小屋の赤い屋根が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
升沢小屋の赤い屋根が見えます
蛇ケ岳まで稜線歩きです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇ケ岳まで稜線歩きです
蛇ケ岳、泉ヶ岳方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇ケ岳、泉ヶ岳方面
蛇ケ岳山頂
標高1,400m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇ケ岳山頂
標高1,400m
1
船形山はちょうど100m高いです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船形山はちょうど100m高いです
後白髪山方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後白髪山方面
左、草原コースに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左、草原コースに
1
追い越していったトレランの人たちが雪渓を楽しんでいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
追い越していったトレランの人たちが雪渓を楽しんでいました
1
池塘を過ぎると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池塘を過ぎると
2
また雪渓
今度はさっきよりかなり大きいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また雪渓
今度はさっきよりかなり大きいです
1
草原を下って行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草原を下って行きます
登ってきた道と合流しました
ショウジョウバカマの群落
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた道と合流しました
ショウジョウバカマの群落
1
ブナ林から見る前船形山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林から見る前船形山
1
新緑が美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑が美しい
見上げても眩しい緑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げても眩しい緑
2
長い長い下りもあと少し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い長い下りもあと少し
登山口に到着しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に到着しました
駐車場で出迎えてくれたのは
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場で出迎えてくれたのは
Wちゃんでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Wちゃんでした
1
帰りの道路わきにあった「風早峠の水」
冷たくて気持ち良かったです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの道路わきにあった「風早峠の水」
冷たくて気持ち良かったです
1

感想/記録
by kei737

宮城に来て初めての山歩きです。
早朝の市街地は濃霧で先が見えなかったですが、ベースとなる旗坂キャンプ場に到着したときはすっかり晴れ渡っていました。
泉ヶ岳とどちらに登るか迷っていたのですが、天気やコンディションを考え船形山に登ることにしました。
事前に地図やヤマレコの記録を確認すると結構アプローチの長い山ということなので、運動不足の体がどうなるか少し不安でした。
ほぼ予定どおりの時刻に出発し、だらだらとブナ林の中を登って行きます。
登山口の30から山頂の1に向かってカウントダウンの標識があるということで、それを目安に登って行けばいいと思っていたのですがなかなか次の数字が現れないのには参りました。
しかし、美しいブナの木陰のおかげで、眺望は得られませんでしたが、静かな山歩きを満喫することができたと思います。
三光宮は先に出発された団体の方々で満員の状況でした。ここで目標の船形山が確認できます。
升沢小屋を過ぎると沢歩きを少々、雪渓で高度を稼ぎ、千畳敷に飛び出ます。ここから広がるパノラマを見るとこれまでの疲れも吹き飛ぶ感じです。
船形山山頂に到着したときは6,7名ばかり休憩されていまして、皆さん月山や朝日連峰あるいは鳥海山まで見渡せる眺めを満喫している様子でした。
私は、途中のコンビニで買ったパンとおにぎりを頬張り(組み合わせが変ですね)、ぼっち記念撮影をして下山することにしました。
単独だと時間が自由なので、こんな眺めのいい日にはいつまでも留まっていたいのですが、虫が無視できないほどたかってくるので耐えられず、正午過ぎにぼちぼち下り始めました。
登りが升沢コースだったので下りは草原コースを目指します。草原コースの下降点である蛇ヶ岳までは稜線あるきですが、日差しは結構きつく夏が思いやられます。
草原コースは雪渓がないと勝手に思い込んでいたため、目の前に現れたときにはびっくりしました。
下りで何度か前後したトレランの方たちはランニングシューズなので雪渓に難儀されていましたが、土の大地になると疾風のように去って行かれました。
私は走る余裕などなく、いつ終わるともしれない長い長い下りと独り戦いつつ、愛機Wの待つ駐車場にやっとこさの思いで帰ってくることができました。
久々の山歩きでしたが、標準コースタイム以内で、膝痛の兆候もなく無事に戻れたことは収穫です。
紅葉のシーズンにもう一度登ってみたいと思いました。

帰ってから地図を眺めていて、山頂からすぐ近くの眺めの良い絶壁?に行くことを忘れていることに気づきました。
次回に持ち越しです。
訪問者数:574人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/17
投稿数: 2
2016/5/24 11:29
 はじめまして!
こんにちは!初めまして。。。というか、お会いしたことあります。この画像にあるトレラン集団の1人です。昨日は最高のコンディションでしたね。詳細な記事とても参考になりました。今度、ご一緒したいですね(走りませんから)。あと、写真のいくつかを私のHPで掲載させていただけませんか?よろしくお願いします!
登録日: 2011/6/28
投稿数: 13
2016/5/24 21:10
 Re: はじめまして!
こんにちは!日曜日はすごくいい天気でしたよね。長い下りもブナの木陰のおかげで少しは助かりました。みなさんすごいですね。感心しましたよ。機会があればご一緒したいですが、走らなくても一瞬でおいてけぼりになりそうです(笑
HP拝見しました。私の隣に座っている同僚が仙台ハーフに出て、Qちゃんの話とか聞いていたので、こういうことだったのかとよく分かりました。
写真掲載の件、了解しました。気に入ったものがあればどうぞ。
ではでは。
登録日: 2013/7/17
投稿数: 2
2016/5/24 23:00
 Re[2]: はじめまして!
ありがとうございました。写真掲載させていただきHPアップしました。ぜひご一緒したいです。今後もよろしくお願いします
登録日: 2013/3/20
投稿数: 1
2016/5/28 13:06
 Wで移動ですね
ツーリング&山登り 贅沢だけど、帰りがしんどそうですね。
山登りも、新緑、花 雪渓 桜と盛りだくさんで、楽しそうですね。 山頂からの眺めも。 1人登山なので、慎重に!
登録日: 2011/6/28
投稿数: 13
2016/5/28 22:23
 Re: Wで移動ですね
荷物が積めないのでリュックを背負って往復しました。
帰りは仙台市内の渋滞に巻き込まれ、日射しに焼かれ、クタクタになりました。
車が欲しいです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ