ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 879251 全員に公開 ハイキング栗駒・早池峰

焼石岳

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー mokkedanocheeze
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口までは、国道397号線から尿前林道を7kmほど走ります。
駐車場は40台程度停められそうです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間55分
休憩
1時間20分
合計
7時間15分
S中沼登山口08:5009:25中沼09:2609:47上沼09:4910:09つぶ沼コース分岐10:1110:42銀明水避難小屋10:4311:36姥石平分岐11:39泉水沼11:4212:04焼石岳12:4112:54泉水沼12:5712:59姥石平分岐13:10東焼石岳西分岐13:20東焼石岳13:3313:41東焼石岳西分岐13:50姥石平分岐14:0114:35銀明水避難小屋14:3914:58つぶ沼コース分岐15:15上沼15:1815:33中沼16:05中沼登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
昨年より3週間ほど早い雪解け状況。山開きの6月5日には、銀名水より下は雪がほとんど消えているでしょう。例年急な雪渓になるつぶ沼分岐も、かなり雪が消え、雪壁になっています。今日は雪溪上にあがる階段が作られていました。

水芭蕉は下から上に次々開花していきますので、長く楽しめます。姥石平のハクサンイチゲは、おそらく6月初旬から見頃なのでは。今はミヤマキンバイが目立ちます。全般に花はそんなに早くはなく、昨年と同じくらいに思えました。山頂ドーム付近のダイコンソウ、イワウメ、イワベンケイなどもこれからです。東焼石岳は6月に入るとイチゲとチングルマ両方楽しめるので、時間があれば訪問したいところですね。時間がない方でも、東焼石分岐まで是非。ここが一面のイチゲ斜面で、雑誌等に載る箇所です。イチゲとミヤマシオガマのコラボも美しい。

今日もすでに20台程度駐車されており、人気の高さが伺えます。これから一ヶ月は週末は混むと思われます。林道に路上駐車出来る場所はほとんどないので、早い時間に行かれるのが得策。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

<mokkedano編>
この道は序盤がしんどいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<mokkedano編>
この道は序盤がしんどいです。
7
中沼の絶景で暫しクールダウン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中沼の絶景で暫しクールダウン。
28
ついつい歩みも止まりがち。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついつい歩みも止まりがち。
19
ほとんど沢歩きです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほとんど沢歩きです。
3
初夏の雰囲気です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初夏の雰囲気です。
9
視界が開けると、もう一息。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が開けると、もう一息。
5
焼石への道、最後はちょっと手強い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼石への道、最後はちょっと手強い。
3
どうにか栗駒は見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうにか栗駒は見えました。
4
大量の虫を引き連れつつ山頂到着です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大量の虫を引き連れつつ山頂到着です。
10
記念に一枚どうぞ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念に一枚どうぞ。
21
お次はあちらへ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お次はあちらへ向かいます。
3
一度下りて・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一度下りて・・・
1
東焼石登頂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東焼石登頂です。
6
いつかは歩いてみたい夏油への縦走路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつかは歩いてみたい夏油への縦走路。
9
2週間後には白い絨毯が敷かれるんですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2週間後には白い絨毯が敷かれるんですね。
10
最後に焼石と・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に焼石と・・・
4
東焼石を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東焼石を振り返る。
2
絶景ばかりで・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景ばかりで・・・
14
楽しい一日でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しい一日でした。
15
<taken by cheeze>
コミヤマカタバミ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<taken by cheeze>
コミヤマカタバミ
9
中沼周辺に群生
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中沼周辺に群生
10
横岳稜線が見えると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳稜線が見えると
14
どっさりリュウキンカ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どっさりリュウキンカ
13
ミツガシワはまだね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツガシワはまだね
8
ブナの森の長い道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの森の長い道
15
これはミズバショウ
ヒメカイウに遭ってみたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはミズバショウ
ヒメカイウに遭ってみたい
6
這い上がるモッケさん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
這い上がるモッケさん
11
いつもの場所にヒナザクラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの場所にヒナザクラ
14
コケモモかと思ったらコメバツガザクラかな
ミネズオウももうすぐ咲きそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケモモかと思ったらコメバツガザクラかな
ミネズオウももうすぐ咲きそう
11
三界山と昇り龍
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三界山と昇り龍
19
焼石山頂ドーム
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼石山頂ドーム
11
東焼石岳のキンバイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東焼石岳のキンバイ
9
ハクサンイチゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ
17
虫と雲に愛されて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虫と雲に愛されて
18
イワナ泳いでたよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワナ泳いでたよ
12
地味系ズダヤクシュ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地味系ズダヤクシュ
8

感想/記録

約2年ぶりの焼石。前回は秋風そよぐ晴天の静かな日でした。
今回は残雪踏みしめ、多くのハイカーが行き交う賑やかな道中となりました。
風物詩であるイチゲの白い絨毯にはお目にかかれませんでしたが、その片鱗を見つけることはできました。
季節は着実に夏へと進んでいますね。
また、この日は終始虫に悩まされました。虫除けスプレーをしても常にブンブンと纏わりつき、油断すると刺してきます。
ということで、足や腕をポリポリと掻きながらレコを作成しました

感想/記録
by cheeze

花と水の名山、焼石岳へ。
静寂の池沼、ポツポツと現れる湿地と木道脇に咲く水芭蕉やリュウキンカ。水の溢れる登山道だ。銀名水から、大きな雪渓を幾つも越えていくと、ようやく広大な姥石平の端にたどり着く。焼石岳、横岳、東焼石岳、南本内岳、どのピークもなだらかでふっくらとしたスカイラインとなり、大きな焼石連峰の風景をつくりあげている。まことに美しい山の一日。

訪問者数:897人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/29
投稿数: 445
2016/5/24 21:43
 懐かしい焼石
こんにちは。
40年ほど前の学生時代を仙台で過ごしたので、いつも懐かしく記録を見させていただいています。
当時焼石岳は特に好きな山でした。
6月末に行きました。
尿前から入ってテント泊して夏油温泉に抜けるのがいつものコースでした。
残雪とお花畑が素晴らしい山ですね。
紅葉も素敵でした。
車で行って中沼コースだと日帰りできちゃうんですね。
またいつか行けるかな。
登録日: 2014/2/23
投稿数: 596
2016/5/24 22:05
 Re: 懐かしい焼石
mayutsubo様、こんばんは。
私も同じ頃仙台で学生でしたので、当時一番町でお会いしていたかも
私も焼石は山を始めた20代にテント泊で歩いています。山中至る所に水があって適当な場所に勝手に張ってしまって、いまだったら怒られますね 山を再開してからも毎年訪れています。初夏と秋が本当にきれいですね。深いブナの森を抜けていく東北らしい山で大好きです。
どうぞまたお越しください。ハクサンイチゲの大群落を見るなら、もうすぐですよ。秋は今でも静かな山旅が楽しめます。
念のため、縦走路は夏油温泉側のトラス橋が落ちてまだ通行止め(正式には)状態です。歩く人はおられますが。
コメント誠にありがとうございました。
登録日: 2011/1/12
投稿数: 879
2016/5/25 9:36
 mayutsuboさん
コメントありがとうございます。
mayutsuboさんが歩かれたコースは、私の高校の後輩達が夏山合宿で歩きました。
お花畑が綺麗だったとか、伸びやかな山並みに見とれたとか、彼らが目を輝かせて土産話をしてくれたことが印象に残っています。
それから約20年後の一昨年に、やっと焼石に踏み入れることが叶い、そこが素晴らしい東北を代表する名山であることを実感いたしました。
東焼石から夏油への縦走路を眺め、いずれ歩いてみたいと思うようになりました。
mayutsuboさんの再訪が叶い、素敵な東北の山旅ができますことを願っております。
登録日: 2014/4/21
投稿数: 10
2016/5/25 22:01
 懐かしい焼石話
懐かしい焼石話で盛り上がっているようです。
私も学生の頃、花の焼石へという事で、布の三角テントを担いで、6月中旬頃に登ってました。
写真で見る風景は忘却の彼方ですが、6月はいつも天気が悪く、雨、ガスの中、残雪に途切れる登山道、そして、ハキサンコザクラ?の大群生だけが記憶に残ってます。群生は、どこの山頂だったのか、40年近く前の話であります。牛方山かな?
登録日: 2014/2/23
投稿数: 596
2016/5/26 6:16
 Re: 懐かしい焼石話
barabara2様、やっぱり昔から名山でしたね、花の百名山のNHK版でとりあげられるずっと前から、みなさんに愛される山でした。そして昔から全然変わっていないような気がします、あの雨の日は滑る木道も、長い林道も。ハクサン(ユキワリ)コザクラは姥石平でしょうか。昨年同期にみかけています。でも大群落ではありませんでした。昔は牛形山への道があったようですが、今は廃道となり、一旦夏油温泉に降りないと縦走できなくなりましたね。

ところで、南蔵王の記録拝読いたしました。ずいぶん咲きましたね。これから花を見にどんどん登山者が増えそうですね。私も再訪したいのですが、他にも歩きたい山があるので、どうなるか。農園の日記も楽しく読ませていただいております。
コメントまことにありがとうございました。
登録日: 2011/1/12
投稿数: 879
2016/5/27 9:37
 barabara2さん
コメントありがとうございます。
東北では天幕を利用した山行が可能な山域が限られていますので、焼石での天幕縦走という話は大変羨ましく思います。
花の焼石、これから大にぎわいでしょうね。
機会がありましたら、是非再訪なさってください。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ