ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 879270 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

大台から大杉谷へ

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー alunizar45
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間40分
休憩
20分
合計
8時間0分
S大台ケ原駐車場04:5005:10展望台分岐05:20大台ヶ原山06:30堂倉小屋07:10堂倉滝07:2008:00光滝08:10庄野ヶ浜08:2008:30光滝12:20大台ヶ原山12:50大台ケ原駐車場12:50「心・湯治館」12:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 朝は早起きして2時に起き、3時に家を出発。5時前に大台ケ原駐車場に到着。急いで日の出を見ようと日出ケ岳に向かったが、もうすでに日は昇ってしまっていた。山頂には5時半前に着き、そこからいよいよ大杉谷へ。目指す光滝は標高が600mほどなので、ひたすら坂を下り続けるのだ。シャクナゲの群生地がしばらく続くが、坂はきつく、膝や足先に負担が大きい。ちょくちょく休憩をとりながら1時間半で最初の滝である堂倉滝に着いた。高さは15mほどだが、離れたところまで水しぶきを上げるほどの迫力があり、見ていて気持ちよかった。ここで行きに買ったパンを食べた。半額だったこともあり、味は今ひとつ。15分ほど休んで、最終目的地の光滝へ出発。光滝までの標高差は堂倉滝とあまりないので道は楽かと思いきや、そうではなかった。渓流沿いの険しい道が続くだけでなく、大杉谷登山口から来たたくさんの登山者に道を譲らなければいけないので、なかなか前へ進まなかった。残り300mと案内が出てもなかなか着かなくて、きつかった。出発してから3時間ちょっとで、ようやく光滝に到着。雨が最近降ってないこともあってか水量はそれほどではなかったものの、美しい姿は見ていて飽きなかった。さらにもう少しだけ奥へ行くと、庄野ケ浜という広い河原に出た。ここには2004年に巨石が崩れてできた大崩落地があった。2年前に開通した大杉谷の登山道だが、この崩落地の通路を確保するために、しばらく不通になっていたのだと思う。ここの広い河原は休憩するにはうってつけの場所だったので、大杉谷側から来たと思われる団体の登山者がたくさん休んでいた。私もここで疲れた足を休ませようと思ったが、小虫がいっぱい顔の周りにまとわりついてくるので、ゆったりする気にはならず、軽く付近を歩いて出発することにした。標高差を1000mも下って3時間かかったわけだから、登りの1000mは4時間はかかるだろうと思うとぞっとしたが、とにかくゆっくり戻っていくことにした。ゆっくり歩く団体さんにぶつかり、待つ間におやつを食べるというパターンでぼちぼち登っていった。けれども団体さんは大抵私に先を譲ってくれるので、自然と早くなってしまい、だんだん疲れがたまってきた。やはり登りはきつくて、しんどいなぁと思って下を見ると、目の前にギョリンソウがあって(しかも2度も)驚いた。疲れがほんの少しだけ引いていった。シャクナゲ平の手前でついに左足の太腿が悲鳴をあげかけたが、すぐ先にあったシャクナゲ平で休憩をとったら痛みは取れた。そこで山の景色を見ながらのコーヒー飲んだが、味は格別だった。最後のきつい階段の坂を休み休みしながら何とか登り切って、日出ケ岳に戻ってきた。いやぁ、疲れた。でも楽しかったし、がんばれた自分を少しほめてあげたい。次は大杉谷登山口から登り始めて、今回行った崩落地までを歩いてみたいと思う。
コース状況/
危険箇所等
特に危険個所はなし
その他周辺情報この時期は大杉谷から大台へ歩く人はとても多いです。たくさん挨拶をしました。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

5時前に大台駐車場に到着。日の出を見ようと、小走りで日出ケ岳を目指しましたが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5時前に大台駐車場に到着。日の出を見ようと、小走りで日出ケ岳を目指しましたが…
残念。間に合いませんでした。でも朝焼けが指しこむ大台もきれいでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念。間に合いませんでした。でも朝焼けが指しこむ大台もきれいでした。
2
日出ケ岳の三角点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日出ケ岳の三角点
1
いよいよ大杉谷へ入っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ大杉谷へ入っていきます。
シャクナゲ平、シャクナゲ坂としばらくは花が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ平、シャクナゲ坂としばらくは花が続きます。
1
こんな休憩所を見つけ、帰りに利用しようと思いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな休憩所を見つけ、帰りに利用しようと思いました。
1
堂倉小屋前にはテントが立ってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂倉小屋前にはテントが立ってました。
1
そばには林道があってびっくり。許可を受ければ、ここまで車で来れるのでしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そばには林道があってびっくり。許可を受ければ、ここまで車で来れるのでしょうか?
1
堂倉滝に到着。水しぶきが飛んできて、気持ちよかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂倉滝に到着。水しぶきが飛んできて、気持ちよかったです。
4
アジサイのようなかわいい白い花が鮮やかに咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アジサイのようなかわいい白い花が鮮やかに咲いていました。
2
いくつかつり橋を渡っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いくつかつり橋を渡っていきます。
巨石に圧倒される渓谷でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨石に圧倒される渓谷でした。
堂倉滝から先はこんなきつい坂が連続。スピードが一気に落ちました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂倉滝から先はこんなきつい坂が連続。スピードが一気に落ちました。
今回の目的地としていた光滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の目的地としていた光滝。
4
さらに奥には、大崩落地。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに奥には、大崩落地。
帰りに見た堂倉滝の方が光が差し込んでいてきれいでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに見た堂倉滝の方が光が差し込んでいてきれいでした。
5
下りもしんどかったけど、登りはやはりきつい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りもしんどかったけど、登りはやはりきつい。
ギョリンソウが疲れた気持ちを癒してくれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギョリンソウが疲れた気持ちを癒してくれました。
新緑のきれいな道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑のきれいな道。
1
シャクナゲが見えてきたら、日出ケ岳まではもう少し!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲが見えてきたら、日出ケ岳まではもう少し!
1
日出ケ岳にもどってきました。尾鷲湾がはっきり見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日出ケ岳にもどってきました。尾鷲湾がはっきり見えました。
2
出発して8時間後に到着。あぁ、疲れた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発して8時間後に到着。あぁ、疲れた。
訪問者数:435人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ