ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 879395 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

奥茶臼山 〜 しらびそ峠からピストン 〜

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー usofuyu
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◇しらびそ峠の駐車場に自家用車を駐車。
・7台ほど駐車可能。
・6時30分頃にほぼ満車でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間49分
休憩
52分
合計
7時間41分
Sしらびそ峠06:4107:10前尾高山07:1107:52尾高山08:31奥尾高山08:3209:16岩本山09:2210:24奥茶臼山10:5912:05岩本山12:1312:51奥尾高山13:17尾高山13:1813:50前尾高山14:22しらびそ峠14:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆概ねダートのクッションが効いた歩きやすい道です。アップダウンを繰り返しますが、どこもそれほど急登ではありません。
◆尾高山のピーク前後は足元が岩場となっている区間があります。特に危険というわけではありませんが、他の区間があまりにも歩き易かったので少し気になりました。
◆岩本山と奥茶臼山の間の区間で踏み跡が薄い所が何ヶ所かあります。「山と高原地図」にも「迷」マークがあります。もっとも、登山道であることを示すテープ類(赤、ピンク、黄)が要所要所に付けられています。踏み跡が薄い場合は目線を上げてテープ類を探せば、道迷いする可能性は低いと思います。
その他周辺情報★かぐらの湯で入浴&食事。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

しらびそ峠からスタート。
すでに標高1833mもあるんですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しらびそ峠からスタート。
すでに標高1833mもあるんですね。
7
まずは木の階段を登ります。
さて、どこまで行けるやら…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは木の階段を登ります。
さて、どこまで行けるやら…。
2
左から光岳、加加森山、池口岳。
光岳と加加森山はどっしりとしていますが、これといった特徴がありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から光岳、加加森山、池口岳。
光岳と加加森山はどっしりとしていますが、これといった特徴がありません。
7
短い丈の笹原の道を歩いていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
短い丈の笹原の道を歩いていきます。
3
黄色い花を発見。
名前は不明。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色い花を発見。
名前は不明。
7
尾高山までは少なくとも0.5kmごとに尾高山までの距離を示す標識が設置されてます。
※ビューポイント分岐にも微妙な距離の標識あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾高山までは少なくとも0.5kmごとに尾高山までの距離を示す標識が設置されてます。
※ビューポイント分岐にも微妙な距離の標識あり。
1
前尾高山到着。
この標識少し紛らわしいような…。「前尾高山山頂、もう少し先だよ」とも読める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前尾高山到着。
この標識少し紛らわしいような…。「前尾高山山頂、もう少し先だよ」とも読める。
2
コミヤマカタバミは、まだ眠そう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コミヤマカタバミは、まだ眠そう。
2
苔むす南アルプスらしい樹林帯となりました。
苔好きには堪らないトレイルです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むす南アルプスらしい樹林帯となりました。
苔好きには堪らないトレイルです。
5
温かく、湿度が高い季節になって、苔も青々と元気一杯。
生命力のほとばしりが感じられます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温かく、湿度が高い季節になって、苔も青々と元気一杯。
生命力のほとばしりが感じられます。
9
輝く苔の中を歩いていきます。
ここ以上に美しい苔の森を自分は知りません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
輝く苔の中を歩いていきます。
ここ以上に美しい苔の森を自分は知りません。
15
バイカオウレン?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイカオウレン?
3
苔の絨毯の上に屹立するシラビソの木々
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔の絨毯の上に屹立するシラビソの木々
6
尾高山到着。
三角点も設置されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾高山到着。
三角点も設置されています。
2
尾高山には「茶臼山まで5.1km」の標識も設置されていました。
まだ5km以上あるんですね…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾高山には「茶臼山まで5.1km」の標識も設置されていました。
まだ5km以上あるんですね…。
2
尾高山から先は倒木が登山道を塞いでいる所も。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾高山から先は倒木が登山道を塞いでいる所も。
1
依然として綺麗な苔の森のトレイルをたどっていますが、少し食傷気味になってきたので、気を紛らわせるため野草を遊びで撮影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
依然として綺麗な苔の森のトレイルをたどっていますが、少し食傷気味になってきたので、気を紛らわせるため野草を遊びで撮影。
9
奥尾高山山頂手前は、苔に覆われた倒木で雑然としていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥尾高山山頂手前は、苔に覆われた倒木で雑然としていました。
1
奥尾高山到着。
ここで休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥尾高山到着。
ここで休憩。
1
形のいい葉があったので、パシャリ。
名前は分かりません。いつか調べよう…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
形のいい葉があったので、パシャリ。
名前は分かりません。いつか調べよう…。
2
奥茶臼山まで3km標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥茶臼山まで3km標識
岩本山到着。
ここでも休憩。
やはり調子がイマイチ。さらにペースダウンして歩くことに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩本山到着。
ここでも休憩。
やはり調子がイマイチ。さらにペースダウンして歩くことに。
4
奥茶臼山まで2km標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥茶臼山まで2km標識
おおっ!木々の間から聖岳と兎岳が見える。
少し元気が出てきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおっ!木々の間から聖岳と兎岳が見える。
少し元気が出てきました。
13
空は雲一つない青空でした。
樹林帯歩きが続き、気付きませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空は雲一つない青空でした。
樹林帯歩きが続き、気付きませんでした。
3
立ち枯れの木。
それほどは見かけませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ち枯れの木。
それほどは見かけませんでした。
4
見晴らしの良い倒木地へと辿り着きました。
赤石岳や荒川岳が見えます。
展望を求めて、登山道を外れて、少し下ってみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴らしの良い倒木地へと辿り着きました。
赤石岳や荒川岳が見えます。
展望を求めて、登山道を外れて、少し下ってみました。
2
荒川岳(と奥に悪沢岳)と赤石岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川岳(と奥に悪沢岳)と赤石岳
8
荒川岳と悪沢岳を拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川岳と悪沢岳を拡大。
6
赤石岳を拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石岳を拡大。
18
そして、少し北に目をやると仙丈ケ岳までの南アルプスの名峰たちが一望できました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、少し北に目をやると仙丈ケ岳までの南アルプスの名峰たちが一望できました。
7
白峰三山と塩見岳を拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白峰三山と塩見岳を拡大。
17
さらに北岳と間ノ岳を拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに北岳と間ノ岳を拡大。
9
さらに塩見岳も拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに塩見岳も拡大。
9
仙丈ケ岳を拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳を拡大。
11
甲斐駒ヶ岳も拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳も拡大。
9
展望地から少し頑張って、なんとか奥茶臼山の山頂に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望地から少し頑張って、なんとか奥茶臼山の山頂に到着。
6
奥茶臼山の山頂には二等三角点が設置されていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥茶臼山の山頂には二等三角点が設置されていました。
2
山頂の展望はないので、展望地へと下ります。
展望地までは踏み跡が続いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の展望はないので、展望地へと下ります。
展望地までは踏み跡が続いていました。
前茶臼山とその左手奥に中央アルプスが見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前茶臼山とその左手奥に中央アルプスが見えます。
4
中央アルプス拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス拡大。
5
古いテレビが放置されていました。
昔は林業用の小屋でもあったのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古いテレビが放置されていました。
昔は林業用の小屋でもあったのかな?
6
赤石岳の展望が得られる地点まで下り、赤石岳を見ながら休憩しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤石岳の展望が得られる地点まで下り、赤石岳を見ながら休憩しました。
5
悪沢岳と荒川岳も正面に見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪沢岳と荒川岳も正面に見えます。
2
奥茶臼山の山頂まで戻ります。
この登り返しが案外きつかった。病み上がりなので、仕方ない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥茶臼山の山頂まで戻ります。
この登り返しが案外きつかった。病み上がりなので、仕方ない。
6
どのみち、さくさくと登り返せないので、展望を楽しみながら、ゆっくりと歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どのみち、さくさくと登り返せないので、展望を楽しみながら、ゆっくりと歩きます。
2
白峰三山を拡大。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白峰三山を拡大。
6
ダンシング・シラビソ発見。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダンシング・シラビソ発見。
3
時間的な余裕はあるので、写真を撮りながら、ゆっくりと下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間的な余裕はあるので、写真を撮りながら、ゆっくりと下ります。
10
カタバミも陽が高くなってきてようやくお目覚めの様子です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタバミも陽が高くなってきてようやくお目覚めの様子です。
6
バイケイソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイケイソウ
1
そこかしこでバイカオウレンが咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこかしこでバイカオウレンが咲いていました。
8
三つの三つ葉。
一つピントが合っていなかった…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三つの三つ葉。
一つピントが合っていなかった…。
4
キノコ。
種類はさっぱり分かりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコ。
種類はさっぱり分かりません。
3
苔の胞子体を拡大
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔の胞子体を拡大
3
紫色が濃く見えるコミヤマカタバミ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紫色が濃く見えるコミヤマカタバミ
10
「山と高原地図」(奥尾高山の少し奥茶臼山寄りの地点)に「奥茶臼山が見える」とありますが、木が育って、この程度しか見えませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「山と高原地図」(奥尾高山の少し奥茶臼山寄りの地点)に「奥茶臼山が見える」とありますが、木が育って、この程度しか見えませんでした。
木々の間から見た中盛丸山から聖岳にかけて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から見た中盛丸山から聖岳にかけて。
4
草の葉を撮影しながら、歩いてみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草の葉を撮影しながら、歩いてみました。
2
よくよく見ると可愛い葉もありますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よくよく見ると可愛い葉もありますね。
2
このような変わった形の葉も。
勉強不足で全く種類は分かりませんが、それなりに楽しめました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような変わった形の葉も。
勉強不足で全く種類は分かりませんが、それなりに楽しめました。
3
ハイランドしらびそが見えてきました。
ゴール間近です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイランドしらびそが見えてきました。
ゴール間近です。
1
綺麗な林ともお別れです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な林ともお別れです。
1
ビュースポットに寄り道しながら、下山します。
聖岳から光岳までの稜線を撮影するも、スカイフィッシュが…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビュースポットに寄り道しながら、下山します。
聖岳から光岳までの稜線を撮影するも、スカイフィッシュが…。
5
聖岳(やら兎岳やらモコモコ)と上河内岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖岳(やら兎岳やらモコモコ)と上河内岳
6
車道まで戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道まで戻ってきました。
2
少ししんどかったですが、本日も良い山行でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少ししんどかったですが、本日も良い山行でした。
10

感想/記録

どうやら食あたりしたようで、月曜日から体調を崩し、火曜日から金曜日まではほぼ寝たきり状態。発熱と激しくお腹が下る状態が続き、脱水症状気味で座っていることさえキツイ状態が金曜日まで続きました。
前日の土曜日にお腹の調子がなんとか回復してきたので、近場で軽く歩いてみることにしました。

「お気楽半日コース」というイメージがあった奥茶臼山を第一候補としました。
しかし、調べてみると、その奥茶臼山は、登山口のしらびそ峠まで片道2時間30分以上かかり、コースタイムは8時間強もあります。
少し不安でしたが、朝起きると考えていた以上に体調が良さそうだったので、歩けるところまで歩いてみることとして、奥茶臼山に登ってみることにしました。

結果として予感的中で体力的にキツイ山行となりましたが、なんとか歩き通すことができました。
とはいっても、キツかったのは歩いている時のみ。
帰宅後の今は心身ともにリフレッシュでき、先週まで病に伏していたのが嘘のように元気になりました。
それは今回の山行が充実していたからこそ。

しらびそ峠から奥茶臼山までのルートは素敵なルートでした。
展望が開けた所は多くはありませんが、展望地では南アルプスの雄大な展望を楽しむことができます。
奥茶臼山は、鳳凰山、笊ヶ岳、中央アルプスに並ぶ屈指の南アルプスの展望台でした。
そして、展望地以外は樹林帯歩きとなりますが、今回の山行ではこの樹林帯歩きがとても楽しかったのです。
緑輝く美しい苔に覆われたシラビソやコメツガの森。
至る所で目にできる草と苔の新緑の息吹。
苔好きには堪らない絶品トレイルがそこにはありました。
訪問者数:846人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ