ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 879539 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

念丈岳〜奥念丈岳・・上澤新道〜鳩打峠

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー sht
天候快晴
本高森山10℃〜念丈岳21℃で、かなり気温上昇となりました(総水分量2L)
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク、 自転車
本高森山登山口(S地点)の奥に2〜3台の駐車スペースあり

カーナビは「たかもりかんとりー」を検索して西へ林道を辿りました

下山後は、鳩打峠(G地点)にデポしておいたMTBで林道を下りました

縦走後帰還最後の、高森カントリー入口から本高森山登山口への登り(3.5km)は、自分の「坂バカ力」を越えているのは判っていたので、伊那大島駅からタクシーを呼んで帰還(丸茂タクシー0265-36-3333 1500円)・・7勸幣MTBで走っているので、随分と節約になっています

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間15分
休憩
1時間33分
合計
9時間48分
S本高森山登山口03:4104:34展望地04:5805:06前高森山分岐05:0705:47本高森山06:0007:35大島山07:4008:22念丈岳08:4108:43与田切乗越09:50奥念丈岳10:0310:57与田切乗越11:36池ノ平山11:4512:07烏帽子岳12:1612:41シロクモナギの頭12:47飯島ルート・小八郎ルート分岐12:59セキナギ13:29鳩打峠13:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口〜本高森山〜大島山〜念丈岳
笹刈りや道標などよく整備されていて、歩きやすい道でした

最近、8年ぶりに「山高地図・木曽駒空木岳」を買い換えましたが、このように整備された道(上澤新道)が相変わらず登山道として記載されていないのが不思議(本高森山までは掲載されるようになりました)

念丈岳〜奥念丈岳
ジャンクションとなる与田切乗越付近が、シャクナゲやハイマツとの力比べの感じで「手強そう」との始まりでしたが、その後は下刈りされた笹のみのヤブとなりました

たまに密藪感もありましたが、自分の「ヤブ推進力」で時速1卍度の、「ゲキ藪でもないが楽々でもない」といった感じでした

念丈岳〜鳩打峠
こちらも全般に整備状況は良好でした・・烏帽子岳付近で急な部分もありますが、ロープや鎖の安全対策はなされているのでそれに従えばOK
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

早出して五合目の展望地から黎明の南アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早出して五合目の展望地から黎明の南アルプス
3
甲斐駒〜仙丈ヶ岳方面がホンノリきています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒〜仙丈ヶ岳方面がホンノリきています
3
かなり待ってようやく来ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり待ってようやく来ました
2
日輪さまお出まし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日輪さまお出まし
1
五合目でのご来光ショーは終わり本高森山へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目でのご来光ショーは終わり本高森山へ
悪天候だった前回とは違って今回は気持ちの良い森
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪天候だった前回とは違って今回は気持ちの良い森
2
本高森山に到着・・2年前と1分と違わぬ歩行時間(現状維持なら良しとする年か)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本高森山に到着・・2年前と1分と違わぬ歩行時間(現状維持なら良しとする年か)
2
ここからは初の上澤新道へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは初の上澤新道へ
1
よく整備されていて気持ち良く歩けます・・最近8年ぶりに中アの山高地図を買い換えましたが、未だにこのように整備良好な道が登山道として赤線登録されていないのは何故?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく整備されていて気持ち良く歩けます・・最近8年ぶりに中アの山高地図を買い換えましたが、未だにこのように整備良好な道が登山道として赤線登録されていないのは何故?
3
歩いてきた本高森山方面を振り返ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた本高森山方面を振り返ります
3
安平路山方面の眺めがいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安平路山方面の眺めがいい
4
南駒ヶ岳〜仙涯嶺
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南駒ヶ岳〜仙涯嶺
5
念丈岳山頂到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
念丈岳山頂到着
8
大島山から歩いてきた尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大島山から歩いてきた尾根
2
南駒ヶ岳〜仙涯嶺をズーム
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南駒ヶ岳〜仙涯嶺をズーム
3
時間的余裕があるので奥念丈岳へ・・このピンクテープが主稜線・奥念丈岳へのジャンクションですが、ハイ松やシャクナゲの抵抗が強くて「手強いか?」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間的余裕があるので奥念丈岳へ・・このピンクテープが主稜線・奥念丈岳へのジャンクションですが、ハイ松やシャクナゲの抵抗が強くて「手強いか?」
4
その後は下刈りされた笹薮のみ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後は下刈りされた笹薮のみ
2
鞍部から奥念丈岳を見上げる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部から奥念丈岳を見上げる
3
主稜線に近づくと密藪感のある部分も
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主稜線に近づくと密藪感のある部分も
2
キツくもユルくもなく1時間ほどで奥念丈岳到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キツくもユルくもなく1時間ほどで奥念丈岳到着
3
往復2時間程度でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往復2時間程度でした
4
GWの景鶴山での失敗を生かして、ストックはデポしておきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
GWの景鶴山での失敗を生かして、ストックはデポしておきました
2
今回コース最高地点の池ノ平山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回コース最高地点の池ノ平山
2
中ア主稜線がいい眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ア主稜線がいい眺め
4
展望良好な烏帽子岳山頂到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望良好な烏帽子岳山頂到着
6
仙涯嶺〜南駒〜赤薙〜空木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙涯嶺〜南駒〜赤薙〜空木
4
霞みますが白峰三山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞みますが白峰三山
1
気持ちの良さは写真では表現できません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良さは写真では表現できません
2
こんなところもありますが、安全対策はなされているので一歩一歩で問題ありません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなところもありますが、安全対策はなされているので一歩一歩で問題ありません
下山口の鳩打峠に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山口の鳩打峠に到着
1
デポしたMTBで駐車地へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デポしたMTBで駐車地へ
烏帽子岳や〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳や〜
大島山が見えました・・大満足のコースでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大島山が見えました・・大満足のコースでした

感想/記録
by sht

今回は、中央アルプス・伊那谷側の2つの支稜を繋いで縦走しました。

ご来光狙いで早出したので時間的にも余裕があり、念丈岳から主稜線上の奥念丈岳までの笹薮道も「おまけ」で歩きました。

今回のメインは、まだ歩いたことが無い本高森山〜念丈岳間を歩くことで、本ルートを切り開かれた方の名をとって「上澤新道」と名付けられています。(2年前のGW・本高森山山行で、その存在を知りました)

実際、現在も念丈倶楽部の方々が整備されているようで、気持ち良く歩けました。このコースが山高地図に赤線コースとして掲載されていないのが不思議でなりません。

そして時間的余裕があったので、おまけで笹薮の破線道・念丈岳〜奥念丈岳も。

往復2時間程度だったので「笹漕ぎも楽しめた」という感想にはなりますが、これが安平路山〜南越百山の数時間以上続くコースのクリアとなると、「精神的ハードルが高いなぁ」というのが正直なところです。

本日は好天ながら南アの展望が霞んだことのみが残念でしたが、中アの方はバッチリ。快適気候の下で少し汗ばむ程度で、歩きごたえも十分満足できる山行でした。
訪問者数:719人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ