ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 879583 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

美ヶ原(焼山経由・焼山の滝まで)

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー YogGuit
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
焼山登山口付近に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間20分
休憩
30分
合計
3時間50分
Sスタート地点11:0013:00焼山滝13:3014:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口に「倒木により通行止」の看板が立てられていて、実際にコースは倒木だらけです。また、樹木が根っこから倒れた衝撃のためか春になり凍っていた地面がゆるんだためか、コース上に落石と思われる石がいくつか転がっていました。全体的に危険そうです。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 飲料 コンパス 予備電池 常備薬 携帯 時計 ストック カメラ
備考 登山開始が午前11時と遅かったため美ヶ原まで登りきるのは諦めました。もう少し早めの時間から登りたかったです。

写真

(11:00)登山口入口。通行止めの看板が立っていましたが、付近の武石観光センターの方曰く「行けるところまで行ってみたら」とのことだったので入ってみました。既に車が駐車されていて、ここから入山した他の登山者の方もいたようでした。
2016年05月22日 11:02撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(11:00)登山口入口。通行止めの看板が立っていましたが、付近の武石観光センターの方曰く「行けるところまで行ってみたら」とのことだったので入ってみました。既に車が駐車されていて、ここから入山した他の登山者の方もいたようでした。
登山道にはところどころ大きめの石、岩が転がっていました。
登山道の入口からしばらくは細い道と合流する箇所がいくつかあります。案内がないのでどちらに行けばいいのか迷うかもしれませんが、基本的にまっすぐ、もしくは右方向に行きましょう。右手に沢があり、その沢に沿って登っていく登山道です。
2016年05月22日 11:21撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道にはところどころ大きめの石、岩が転がっていました。
登山道の入口からしばらくは細い道と合流する箇所がいくつかあります。案内がないのでどちらに行けばいいのか迷うかもしれませんが、基本的にまっすぐ、もしくは右方向に行きましょう。右手に沢があり、その沢に沿って登っていく登山道です。
こんな感じで倒木でところどころルートが塞がっています。倒木の上か下を通れないような箇所は倒木の横を抜ける新たなルートが作られていました。
2016年05月22日 11:23撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで倒木でところどころルートが塞がっています。倒木の上か下を通れないような箇所は倒木の横を抜ける新たなルートが作られていました。
(11:59)登山口から2km、残り2/3といったところでしょうか。倒木でルートがところどころ壊滅している影響か、やや時間がかかっているようです。
13:00には折り返して帰ろうと予定を立てていたので登頂は諦めて滝までは行こうという方向に。
2016年05月22日 11:59撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(11:59)登山口から2km、残り2/3といったところでしょうか。倒木でルートがところどころ壊滅している影響か、やや時間がかかっているようです。
13:00には折り返して帰ろうと予定を立てていたので登頂は諦めて滝までは行こうという方向に。
おそらく落石。上方向が怖くて仕方ないです。
2016年05月22日 12:13撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おそらく落石。上方向が怖くて仕方ないです。
案内標識。こういうのが見えるとほっとしますね。
2016年05月22日 12:15撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内標識。こういうのが見えるとほっとしますね。
コース上に岩。苔の生えていない真新しい見た目からしておそらく落石かと思われます。こんなもん直撃したら即死ですね。
2016年05月22日 12:18撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コース上に岩。苔の生えていない真新しい見た目からしておそらく落石かと思われます。こんなもん直撃したら即死ですね。
(12:40)ついに滝の標識が。しかしこの先のルートが非常に分かりにくい。迷います。
2016年05月22日 12:41撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(12:40)ついに滝の標識が。しかしこの先のルートが非常に分かりにくい。迷います。
沢の泥には動物の足跡。
2016年05月22日 12:46撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の泥には動物の足跡。
ガレ場になっている沢を登っていきますが、よく見ると右手側にルートを示す赤い印があります。木により見えにくくなっているので見落とさないよう注意。
2016年05月22日 13:33撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場になっている沢を登っていきますが、よく見ると右手側にルートを示す赤い印があります。木により見えにくくなっているので見落とさないよう注意。
(1:00)ついに滝に到着。このすぐ近くに美ヶ原へ登っていく分岐があります。それにしても美しい滝です…
滝の看板に倒木が直撃したのか看板がひしゃげていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(1:00)ついに滝に到着。このすぐ近くに美ヶ原へ登っていく分岐があります。それにしても美しい滝です…
滝の看板に倒木が直撃したのか看板がひしゃげていました。
こちらが雄滝。勢いがありかっこいい系の滝です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが雄滝。勢いがありかっこいい系の滝です。
こちらが雌滝。非常に神秘的で美しい雰囲気の滝です。個人的には雌滝の方が好きです。
2016年05月22日 13:15撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが雌滝。非常に神秘的で美しい雰囲気の滝です。個人的には雌滝の方が好きです。
雌滝を正面から。後ろ上方から降り注ぐ太陽光が後光のように輝き言いようのない美しさがあります。
2016年05月22日 12:58撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雌滝を正面から。後ろ上方から降り注ぐ太陽光が後光のように輝き言いようのない美しさがあります。

感想/記録

単独でコースに入り込みましたが、転がっている石や岩を見るたび恐怖を感じました。山に登るときは単独行なので登山道が整備されるまでは二度と入りたくないですが、非常に美しい滝や自然風景を眺めることができるコースであることも確認できたので、早期の登山道復旧を望みます。また、登山道の途中から道を塞ぐ倒木が減ってきたように感じられたので、美ヶ原から滝や大木を目指して下り、登って帰っていくコースで歩いてみると快適に登山できるのではと思いました(滝で折り返して下ったのでその地点より上の状況は実際には見ていません。)。
訪問者数:125人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

倒木 ガレ 落石
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ