ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 879620 全員に公開 ハイキング剱・立山

赤谷山(敗退)

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー cocorona
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち33%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間12分
休憩
23分
合計
7時間35分
Sスタート地点08:5709:40ブナクラ取水堰堤09:4511:47ブナクラ峠11:5513:51ブナクラ峠13:5415:49ブナクラ取水堰堤15:5616:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ブナクラ峠より上は残雪あり
際どいトラバースや直登あり、アイゼン必須
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

堰堤への橋はまだ架かっていないので、まっすぐ左岸を行きます。
2016年05月22日 09:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤への橋はまだ架かっていないので、まっすぐ左岸を行きます。
1
はしごを利用して渡ります
2016年05月22日 09:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はしごを利用して渡ります
1
右岸の道路にでました
帰りは右に見える建屋を乗り越えた
2016年05月22日 09:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸の道路にでました
帰りは右に見える建屋を乗り越えた
1
最終水場(湧水)
とても美味しいです
2016年05月22日 10:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終水場(湧水)
とても美味しいです
1
大きな渡渉は4回あります
2016年05月22日 10:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな渡渉は4回あります
だんだん斜度がきつくなる
2016年05月22日 11:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん斜度がきつくなる
1
ゴーロ帯に入ると峠はすぐ
2016年05月22日 11:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴーロ帯に入ると峠はすぐ
ブナクラ峠
2016年05月22日 11:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナクラ峠
赤谷
2016年05月22日 12:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤谷
2
結構雪がありました
2016年05月22日 13:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構雪がありました
山頂はあきらめ下山
後立山連峰
2016年05月22日 13:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はあきらめ下山
後立山連峰
2
猫又山
2016年05月22日 13:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫又山
5
ブナクラ谷と大日岳
2016年05月22日 13:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナクラ谷と大日岳
2
剣岳と大日岳
2016年05月22日 13:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣岳と大日岳
2
花を撮ってのんびり帰りました
ムラサキヤシオ
2016年05月22日 13:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花を撮ってのんびり帰りました
ムラサキヤシオ
2
サンカヨウ
2016年05月22日 14:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サンカヨウ
1
エンレイソウ
2016年05月22日 14:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エンレイソウ
ニリンソウがたくさん咲いていました
2016年05月22日 14:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニリンソウがたくさん咲いていました
2
シラネアオイ
2016年05月22日 14:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネアオイ
2
カタクリ
2016年05月22日 14:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタクリ
1
サワハコベ
2016年05月22日 14:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サワハコベ
ミヤマタネツケバナ
2016年05月22日 15:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマタネツケバナ
1
ネコノメソウ
2016年05月22日 15:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネコノメソウ
1
イワカガミ
2016年05月22日 15:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ
1
エチゴキジムシロ
2016年05月22日 15:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エチゴキジムシロ
調査中
2016年05月22日 15:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
調査中
ブナクラの主
2016年05月22日 15:38撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナクラの主
初めて見る花がいくつも
ヒメアオキの雄花
2016年05月22日 15:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて見る花がいくつも
ヒメアオキの雄花
タニウツギは林道にいっぱいありました
2016年05月22日 16:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タニウツギは林道にいっぱいありました
あの稜線が見たくて、リベンジを誓いました
2016年05月22日 16:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの稜線が見たくて、リベンジを誓いました
3

感想/記録

今日は遅い出発で、6時間くらいで行けるんじゃないかと思っていましたが、見事に跳ね返されました。

ゲート前に車を停めて出発。5、6台停まっていた。
堰堤手前の橋がまだ架かっていなくて、渡渉箇所を探して行ったり来たり。左岸を直進していくとハシゴが架かっていた。四つん這いになって渡る。堰堤を過ぎて登山道に入りまもなく、大きなリュックを背負った山菜採りのお年寄りに会う。ハシゴを渡ったのか聞くと、ダンプが通る浅い場所を膝まで入って渡ったと言う。帰りに確認したが水量が多かった。この時期渡渉は難儀します。

ブナクラ谷は上りは初めてで、ルートファインディングしながら進む。最後の渡渉手前では石ころ帯に入り込み迷ってしまった。

ブナクラ峠に着くと後立山連峰がすばらしい。峠の分岐を右に行き、小ピークを越えると雪の上を歩く。先行者のトレースがあり後をついていく。やがて際どいトラバースがあり、今日はアイゼンを持ってきていないので慎重に行く。トレースは急斜面を直登していた。今日履いてきたアプローチシューズでは、上れても下れないと判断し、藪をひとつ越えて夏道を探した。右往左往して赤テープを見つけたが、結局道は雪の下で、キックステップで上り雪解け水が流れる小さい沢に入った。藪漕ぎしながら沢を登り上げると雪の壁が出てきて、ここで終了。あきらめました。

右往左往している間に、先行者は下山したようだった。
帰りはのんびり花の写真を撮りながら下った。ブナクラ谷は花が多くて癒された。花の名前を知っているともっと楽しいのだろう。
(花ハカセに名前を教えてもらいました。感謝!)

ブナクラ堰堤の渡渉点に戻るとなんと、ハシゴが向こう岸に片付けてある。先行者が流されないように片付けたのだろう。堰堤の建屋を乗り越えて、藪漕ぎしてなんとか戻った。

山をなめてはいけません。
訪問者数:189人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/20
投稿数: 462
2016/6/8 0:16
 似たような経験を(*^^*)
この界隈、橋が架からないと難儀する場所ですね。
2年前の6月に大猫方面へ行った時、同じように橋がなく、よじ登った岩から滑り落ちてお尻に大きなアザを作りました(;^_^A
それでも諦められず、河原に鉄梯子が転がっていたのを見つけて、渡りやすい場所に掛けて渡りました。
そして帰りに同じ場所に戻ると、川に渡した梯子は撤去されて向こう岸に…(>_<)
それで、流木を渡して何とか戻りました。

後から思ったのですが、この5.6月は川に入っている釣り人が多く、梯子は危険と判断されて外されるのではないかと。。

赤谷は例年7月でもブナクラ峠より上に雪渓が残り、同様にヒヤヒヤした記憶があります。

次回は山頂を踏めると良いですね!
登録日: 2013/8/22
投稿数: 18
2016/6/8 22:23
 Re: 似たような経験を(*^^*)
はしごの横に大きな流木が架かっていましたが、ぬるぬるしてとても渡れませんでした。
ひょっとして、あの木はmierinさんが架けたものなのですか(°_°)

赤谷へは次回11月の雪の剱岳を見に(また橋が撤去されている頃に)行きたいと思っています。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ