ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 879664 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

二児山(分杭峠より)

日程 2016年05月21日(土) 〜 2016年05月22日(日)
メンバー sibasan
天候5/21、5/22ともに快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
11時間8分
休憩
3時間55分
合計
15時間3分
S林道駐車地05:3005:35分杭峠05:40入野谷山登山口06:20結の桂06:39光のテラス分岐06:56入野谷山07:28絶景の峰07:3008:05反射板08:1009:22崩落地10:20幕営地11:1012:00二児山西峰12:05二児山西峰南展望岩12:3512:40二児山西峰12:57二児山東峰13:1013:28二児山西峰14:13幕営地07:3009:45絶景の峰12:0012:47入野谷山13:44入野谷山登山口13:47分杭峠13:50林道駐車地
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【駐車地】
分杭峠の北側(伊那市)の路上は駐車禁止です。
分杭峠から南側(大鹿村)に下ると200mくらいで右側に林道入口があります。
今回は林道に少し入り横に寄って駐車しました。(林道は通行できるようにしました。)

【分杭峠〜入野谷山〜絶景の峰】
途中に沢を渡る箇所が三回あります。
一つ目の渡渉箇所の手前で登山道が崩落したようで道が新しく付け替えられていました。
危険箇所はありません。

【絶景の峰〜二児山西峰下の幕営地】
基本的に稜線を辿って歩きました。大半は踏み跡がありました。
人の踏み跡+鹿の踏み跡です。
崩落地手前からモミの木の下枝が大きく広がり道を塞ぎ、歩きにくくなりました。
ザック、ウェアを引っ掛けないようにご注意ください。
崩落地は左側を歩きますが無雪期は危険はありません。

【幕営地〜二児山西峰】
針葉樹の暗い森です。数箇所でテープを見かけましたが役に立ちません。
踏み跡は所々ありましたが多くは鹿の踏み跡のようでした。
倒木が多く、苔生しており、これを乗り越えながらの登坂になります。
往路復路とも道迷いの危険があるので地図、コンパス必携です。
私は何度もGPSで位置確認しながら軌道修正して登りました。

【二児山西峰〜二児山東峰】
踏み跡明瞭でテープもたくさんあって安心して歩けました。
西峰〜鞍部は蛍光ピンクのテープ、鞍部〜東峰は青のテープを辿りました。
東峰から鞍部に降りたところでそのまま青テープ(直進)しないでください。
鞍部でピンクテープに乗り換えてください。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

分杭峠の入野谷山登山口。
鹿除けのネットをくぐって登山口に入ります。
鹿除けネットはこの先もう一箇所あります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分杭峠の入野谷山登山口。
鹿除けのネットをくぐって登山口に入ります。
鹿除けネットはこの先もう一箇所あります。
結の桂の大木。
昨秋訪れた時はいい香りがしましたが、今回は今一歩でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結の桂の大木。
昨秋訪れた時はいい香りがしましたが、今回は今一歩でした。
樹間から南ア。
雪が白く残ってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から南ア。
雪が白く残ってます。
光のテラス分岐。
ここを右に折れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光のテラス分岐。
ここを右に折れます。
入野谷山に到着しました。
以降、緩やかなアップダウンの稜線歩きになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入野谷山に到着しました。
以降、緩やかなアップダウンの稜線歩きになります。
1
笹原にでました。
中アが綺麗に見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹原にでました。
中アが綺麗に見えました。
絶景の峰に到着しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景の峰に到着しました。
絶景の峰のピークから100mくら進むと二児山が見えてきました。
二児山の左に塩見岳の鋭鋒が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景の峰のピークから100mくら進むと二児山が見えてきました。
二児山の左に塩見岳の鋭鋒が見えます。
1
反射板のピークが見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反射板のピークが見えてきました。
反射板に到着。
少し休憩しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反射板に到着。
少し休憩しました。
休憩中。
ここでも二児やまが見えますがぜんぜん近くなりません。
本当に登れるのか不安になりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩中。
ここでも二児やまが見えますがぜんぜん近くなりません。
本当に登れるのか不安になりました。
ズームしてみました。
でも距離は変わらない(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズームしてみました。
でも距離は変わらない(笑)
崩落地に出ました。
二児山がだいぶ近くなりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落地に出ました。
二児山がだいぶ近くなりました。
無雪期なので特に危険は感じませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無雪期なので特に危険は感じませんでした。
モミの木の下枝が腕を広げて歩きにくいです。
特に鹿の踏み跡を辿っていると通れません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モミの木の下枝が腕を広げて歩きにくいです。
特に鹿の踏み跡を辿っていると通れません。
二児山西峰下の幕営地に到着しました。
気持ちのいい草原です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二児山西峰下の幕営地に到着しました。
気持ちのいい草原です。
二児山がだいぶ近くなりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二児山がだいぶ近くなりました。
どこにテントを張りましょうか?
キョロキョロ中です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこにテントを張りましょうか?
キョロキョロ中です。
設営完了し、早めのランチを食べました。
予定よりも早いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
設営完了し、早めのランチを食べました。
予定よりも早いです。
幕営地より。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幕営地より。
アタックザックに切り替えて二児山にスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アタックザックに切り替えて二児山にスタート。
赤いのがマイテント。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤いのがマイテント。
樹林内に入ると倒木が重なり苔生してます。
ルートはないように思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林内に入ると倒木が重なり苔生してます。
ルートはないように思います。
二児山西峰山頂に到着しました。
スタートして50分ですが、けっこう長く感じました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二児山西峰山頂に到着しました。
スタートして50分ですが、けっこう長く感じました。
電波、眺望とも無かったので南側にある展望岩に移動。
スマホいじってのんびりしました。
このあと西峰山頂に戻り東峰に向かいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電波、眺望とも無かったので南側にある展望岩に移動。
スマホいじってのんびりしました。
このあと西峰山頂に戻り東峰に向かいました。
東峰に到着しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東峰に到着しました。
山名板♪
東峰ではスマホの電波がありました(DOCOMO)。
少し休憩して幕営地に戻ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山名板♪
東峰ではスマホの電波がありました(DOCOMO)。
少し休憩して幕営地に戻ります。
東峰の少し下の展望地。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東峰の少し下の展望地。
コケが綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケが綺麗です。
バイカオウレンは花盛りでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイカオウレンは花盛りでした。
西峰に戻りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西峰に戻りました。
テントが見えるとほっとします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントが見えるとほっとします。
2日目、7:30に幕営地を出発。
モミの木がうっとうしいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目、7:30に幕営地を出発。
モミの木がうっとうしいです。
まるで迷路です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まるで迷路です。
崩落地を見上げます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落地を見上げます。
1
二児山を振り返りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二児山を振り返りました。
ここにも幕営可能地。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも幕営可能地。
絶景の峰に到着。
友人を待ちます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景の峰に到着。
友人を待ちます。
幕営地で拾いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幕営地で拾いました。
1
入野谷山に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入野谷山に戻ってきました。
駐車地に到着しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車地に到着しました。

感想/記録

※二日目のログをとり忘れました。

土日2日間かけて二児山に行って来ました。
普通は黒川牧場から登られますが、黒川牧場までの道が悪路と聞いていたので分杭峠から登ることにしました。
今年の初めから計画しておりましたが、高低差1200m、往復20km、2/3がバリエーションルートというハードなコースだったのでテン泊してゆっくり登ることにしました。

・分杭峠〜入野谷山〜絶景の峰
登山道が整備されていて歩きやすいコースです。
1840mピークの絶景の峰からは中アの展望が素晴らしいです。

・絶景の峰〜幕営地
登山道は整備されていません。基本、稜線をつないで歩きます。
鹿の踏跡と人の踏跡を辿ります。
途中、崩落地の横を通りますが雪が無い時期なら危険はありません。
崩落地手前の登りからモミの木の下枝が獣道をふさぎ歩きにくくなります。

・幕営地〜二児山
テントを張りランチを摂ってからアタックザックに切り換えてチャレンジしました。
幕営地〜二児山西峰は倒木と苔に覆われて歩きにくいです。
数ヶ所テープはありましたが全く役に立ちません。
踏跡と思い辿ると見当違いな方向へ続きます。踏跡=鹿の踏跡が95%くらいでした。
GPS、コンパス、地図がなければ迷います。
ルートファインディングできない方は無理です。テープや踏跡探しでは歩けません。

二児山西峰は眺望無し。5分くらい南に下ると展望岩があります。ここはスマホがつながりました。
西峰あたりでスマホのGPSがおかしくなり焦りましたが、ここで電波を拾えたお陰で復旧しました。マジ焦りました(笑)
西峰〜東峰はよく歩かれてるようで踏跡明瞭&テープいっぱいで安心して歩けました。
幕営地に帰る途中で稜線の北側に沢音が聞こえたので探検してきました。2箇所で湧き水のスタート地点を確認しました。

・幕営地
とにかく広くて気持ちいいです。植生は芝生メインで一部低い笹。テントのペグがしっかりと効きます。鞍部だけに風は強めでした(10m以上吹いてました)がペグが浮くことはありませんでした。鹿は10回以上見ましたが熊はいませんでした。熊の糞がないかウロウロ探してたら鹿の落とし物を発見&ゲットしました。歩いて数分で水場あり。最高のテン場ですのでオススメします。

・帰路
絶景の峰までの復路は同じ稜線歩きをしてもつまらないので鹿の踏跡メインの巻き道を探検しながら歩きました。高低差が少なくて早く歩けました。
絶景の峰でこの日分杭峠から日帰りの友人を待って合流。
美女の皆様から豪華なランチをご馳走いただき生き返りました。感謝感謝(^人^)
訪問者数:276人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ