ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 879678 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

【那須周回】沼原〜白笹山〜三本槍岳〜大峠〜三斗小屋温泉〜三斗小屋宿跡〜沼原

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー rikimaru
天候終日晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
沼原駐車場に駐車。100台くらい駐車できる広い駐車場です。トイレはありますが、水は雨水を利用しているので、飲用不適です。沼原池側はベンチが置かれた草地となっており、テントサイト適地です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間13分
休憩
1時間32分
合計
10時間45分
Sスタート地点05:0306:19白笹山06:53南月山06:5407:15日の出平07:1607:31牛ヶ首07:38無間地獄07:51硫黄鉱山跡07:59剣が峰08:05恵比寿大黒08:20朝日の肩08:2108:28熊見曽根08:4208:461900m峰08:57清水平09:06三本槍岳・中の大倉尾根・北温泉分岐09:28三本槍岳09:3009:39三本槍、甲子山、大峠、三斗小屋温泉分岐10:27大峠10:4012:05三斗小屋温泉13:0214:02三斗小屋宿跡14:0514:22沼原湿原分岐15:32沼原湿原15:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・ 沼原駐車場から白笹山までは、よく整備された登山道で、斜度も一定なので歩きやすいです。時々、沼原池や奥那須の流石山〜三倉山の稜線なども望め、気持ちよく歩けます。登りの途中、シャクナゲの花がきれいでした。
・ 白笹山の山頂は藪に囲まれていて展望はありません。山頂からいったん下り、登り返すと南月山の山頂に到着。ここから先は展望が開け、迫力ある茶臼岳を目の前に見ながらの、気持ち良い尾根道歩きとなります。
・ 日の出平周辺のミネザクラは見ごろを迎えていました。朝の7時15分頃に通過しましたが、すでに何人もの登山者とすれ違いました。皆さん、出発が早いですね。
・ 牛ヶ首から避難小屋、恵比寿大黒、朝日の肩、熊見曽根までのルートは何の問題もなし。多くの登山者でにぎわっていました。熊見曽根で水分とエネルギー補給のため最初の大休止。これから向かう三本槍岳や奥那須山塊の眺めが素晴らしかったです。
・ 熊見曽根を08:42に出発。1900m峰を通過して清水平に下り、そこから登り返して三本槍岳の山頂には09:28に到着。山頂は数多くの登山者でにぎわっていました。人の多いところは苦手なので、写真を数枚撮り、すぐに大峠へと下山開始。途中、鏡ヶ沼展望所から鏡ヶ沼や旭岳の写真を撮影し、標高差約400mの気持ちの良い尾根を下ります。この尾根を登ってくる登山者が結構多いことに驚きました。皆さん、前日に三斗小屋温泉に泊まられたようです。
・ 大峠には10:27に到着。昼食にはまだ早いので、ここでは水分補給の休憩のみ。10:42に三斗小屋温泉へと出発。8分ほど下ると、水場に到着です。湧き水なので、飲めると思います。大峠でビバークした場合には、貴重な水場ですね。
・ この先、3度の渡渉となりますが、そのたびにアップダウン。特に最後の渡渉のあとの登りがきついです。なお、最初の渡渉の先で、道が分かれます。右に下ると、旧三斗小屋宿跡へと至る、旧会津街道のようですが、あまり歩かれていないような感じでした。三斗小屋温泉へは、この分岐を左です。
・ 三斗小屋温泉には、12:05に到着。大黒屋さんの前の水場をお借りして、手を洗い、濡れたタオルで顔の汗を拭きました。そのあと、煙草屋さんの第二別館前のテン場のところでラーメンの昼食としました。なお、テント宿泊は露天風呂入浴料込みで一人2千円ですが,利用者は結構多いらしく、要予約とのこと。この小屋には衛星電話が設置されているので、電話予約可能だそうです。
・ 約1時間ほど,のんびりと昼食休憩後、本日の目的地である旧三斗小屋宿跡をめざし,13:02に三斗小屋温泉を出発しました。道は良く整備された九十九折の下りが続きます。途中,小さな沢を渡渉し,徐々に勾配が緩くなってくると,湯川を渡る橋のところに出ます。この橋を渡ると,クルマが通行できる林道となり,3台の車が駐車してありました。おそらく,三斗小屋温泉関係者のクルマでしょう。三斗小屋温泉へのルートとしては,ここからのアプローチが最も短時間で行けそうです。
・ その先は広い林道歩きとなり,広々とした草地が広がる旧三斗小屋宿跡には,14:02に到着。江戸時代に盛んだった白湯山信仰の名残である,常夜灯や石仏が今なお残っていました。また,戊辰戦争の際の戦死者の墓なども残されていて,旧会津街道の歴史を感じさせる風情でした。
・ 旧三斗小屋宿跡から15~16分ほど林道を歩いていくと,林道と麦飯坂との分岐に出ます。ここを左に進み,狭い橋を伝って湯川を渡ると,麦飯坂の登りとなります。ここから沼原湿原までの登りの標高差は約300mほどありますが,旧街道らしく勾配は比較的緩やかで,登りやすい道でした。
・ 沼原湿原には15:32に到着。ここからは湿原の上の木道を歩き,駐車場には15:48に到着しました。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

広い駐車場には,私のクルマのほかには1台のみが駐車していました。ここを午前5時過ぎにスタート。
2016年05月22日 05:02撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い駐車場には,私のクルマのほかには1台のみが駐車していました。ここを午前5時過ぎにスタート。
1
まずは白笹山を目指します。標高差は約450mほど。
2016年05月22日 05:09撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは白笹山を目指します。標高差は約450mほど。
良く整備された道です。
2016年05月22日 05:15撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良く整備された道です。
シャクナゲが咲き始めていました。
2016年05月22日 05:45撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲが咲き始めていました。
3
沼原池が見えました。
2016年05月22日 06:02撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沼原池が見えました。
3
奥那須の稜線を望む。
2016年05月22日 06:10撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥那須の稜線を望む。
3
白笹山の山頂に到着。展望はありません。
2016年05月22日 06:18撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白笹山の山頂に到着。展望はありません。
1
白笹山の山頂を過ぎると,これから向かう南月山とその先に茶臼岳が見えてきます。
2016年05月22日 06:21撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白笹山の山頂を過ぎると,これから向かう南月山とその先に茶臼岳が見えてきます。
南月山を望む。
2016年05月22日 06:26撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南月山を望む。
笹原の中を進みます。
2016年05月22日 06:29撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹原の中を進みます。
1
右が白笹山,左が黒尾谷岳。
2016年05月22日 06:46撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右が白笹山,左が黒尾谷岳。
ここにもシャクナゲの花。
2016年05月22日 06:52撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにもシャクナゲの花。
2
こちらはミネザクラ。
2016年05月22日 06:52撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはミネザクラ。
3
南月山の山頂に到着。
2016年05月22日 06:53撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南月山の山頂に到着。
奥に茶臼岳を望む。
2016年05月22日 06:54撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に茶臼岳を望む。
望遠ズームで茶臼岳をアップ。
2016年05月22日 06:58撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
望遠ズームで茶臼岳をアップ。
2
白笹山の奥に男鹿山塊を望む。最高峰は大佐飛山。
2016年05月22日 07:03撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白笹山の奥に男鹿山塊を望む。最高峰は大佐飛山。
日の出平に到着。
2016年05月22日 07:15撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出平に到着。
ミネザクラがきれいでした。
2016年05月22日 07:17撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミネザクラがきれいでした。
3
三本槍岳と奥那須の山並みを望む。
2016年05月22日 07:20撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三本槍岳と奥那須の山並みを望む。
三本槍岳方面をアップで。
2016年05月22日 07:22撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三本槍岳方面をアップで。
茶臼岳が大きい。
2016年05月22日 07:22撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼岳が大きい。
ミネザクラと茶臼岳。
2016年05月22日 07:29撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミネザクラと茶臼岳。
2
牛ヶ首に到着。
2016年05月22日 07:32撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛ヶ首に到着。
平坦で展望の良いルートです。
2016年05月22日 07:46撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平坦で展望の良いルートです。
朝日岳をズームアップ。
2016年05月22日 07:47撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳をズームアップ。
2
硫黄鉱山跡を通過。
2016年05月22日 07:50撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄鉱山跡を通過。
避難小屋が近くなってきました。
2016年05月22日 07:52撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋が近くなってきました。
避難小屋前から剣ヶ峰を望む。
2016年05月22日 07:53撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋前から剣ヶ峰を望む。
隠居倉とその奥に流石山〜三倉山の稜線を望む。
2016年05月22日 07:55撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隠居倉とその奥に流石山〜三倉山の稜線を望む。
1
恵比寿大黒の下を通過。
2016年05月22日 08:01撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恵比寿大黒の下を通過。
1
朝日岳を望む。
2016年05月22日 08:02撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳を望む。
朝日岳の肩を目指します。
2016年05月22日 08:13撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳の肩を目指します。
この先は岩場の登りです。
2016年05月22日 08:13撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は岩場の登りです。
朝日岳の肩に到着。
2016年05月22日 08:20撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳の肩に到着。
熊見曽根を目指す。
2016年05月22日 08:25撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊見曽根を目指す。
熊見曽根に到着。ここでエネルギー&水分補給の休憩。
2016年05月22日 08:28撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊見曽根に到着。ここでエネルギー&水分補給の休憩。
朝日岳と茶臼岳を振り返る。
2016年05月22日 08:29撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳と茶臼岳を振り返る。
目の前に三本槍岳と奥那須の稜線が見えました。
2016年05月22日 08:30撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前に三本槍岳と奥那須の稜線が見えました。
1
名も無き1900m峰を通過。
2016年05月22日 08:45撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名も無き1900m峰を通過。
いったん、清水平へと下ります。
2016年05月22日 08:48撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったん、清水平へと下ります。
ちょっと歩きづらい階段状の道。
2016年05月22日 08:48撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと歩きづらい階段状の道。
清水平に到着。
2016年05月22日 08:56撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水平に到着。
2
三本槍岳を望む。
2016年05月22日 09:08撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三本槍岳を望む。
1
三本槍岳に到着。
2016年05月22日 09:28撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三本槍岳に到着。
山頂碑。
2016年05月22日 09:28撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂碑。
2
旭岳を望む。
2016年05月22日 09:29撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳を望む。
こちらは、奥那須の山並み。
2016年05月22日 09:29撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは、奥那須の山並み。
旭岳をズームアップ。
2016年05月22日 09:31撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳をズームアップ。
鏡ヶ池展望所からの眺め。
2016年05月22日 09:41撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡ヶ池展望所からの眺め。
3
縦構図で。
2016年05月22日 09:42撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦構図で。
2
鏡ヶ池のアップ。
2016年05月22日 09:43撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡ヶ池のアップ。
5
大峠へと下ります。
2016年05月22日 09:53撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峠へと下ります。
1
三本槍岳を振り返る。
2016年05月22日 10:00撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三本槍岳を振り返る。
気持ちの良い尾根下りです。左奥に沼原池が小さく見えています。
2016年05月22日 10:11撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い尾根下りです。左奥に沼原池が小さく見えています。
1
大峠が近くなってきた。
2016年05月22日 10:23撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峠が近くなってきた。
2
10:27 大峠に到着。ここで水分補給の休憩です。
2016年05月22日 10:27撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:27 大峠に到着。ここで水分補給の休憩です。
2
大峠から8分ほど下ったところにある水場。水が湧き出していますが、底が浅いので、コッヘルなどがないと採水は難しいかな。
2016年05月22日 10:48撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峠から8分ほど下ったところにある水場。水が湧き出していますが、底が浅いので、コッヘルなどがないと採水は難しいかな。
1
最初の渡渉。峠沢を渡ります。水量は少なかったです。
2016年05月22日 11:03撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の渡渉。峠沢を渡ります。水量は少なかったです。
峠沢渡渉の先の分岐にあった案内。右手に行けば、直接、旧三斗小屋宿跡に下れるようですが、今回は、三斗小屋温泉に向かいます。
2016年05月22日 11:06撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠沢渡渉の先の分岐にあった案内。右手に行けば、直接、旧三斗小屋宿跡に下れるようですが、今回は、三斗小屋温泉に向かいます。
立派なブナの巨木。
2016年05月22日 11:07撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派なブナの巨木。
1
中ノ沢の渡渉。
2016年05月22日 11:17撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ沢の渡渉。
赤岩沢の渡渉。
2016年05月22日 11:27撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩沢の渡渉。
赤岩沢の渡渉のあとは、結構きつい登りとなります。
2016年05月22日 11:52撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩沢の渡渉のあとは、結構きつい登りとなります。
三斗小屋温泉との分岐に到着。三斗小屋温泉はここからすぐです。
2016年05月22日 12:02撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三斗小屋温泉との分岐に到着。三斗小屋温泉はここからすぐです。
大黒屋に到着。
2016年05月22日 12:04撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大黒屋に到着。
大黒屋さんの前の水場をお借りして汗をぬぐいました。
2016年05月22日 12:05撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大黒屋さんの前の水場をお借りして汗をぬぐいました。
3
こちらは煙草屋さん。
2016年05月22日 12:09撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは煙草屋さん。
1
煙草屋さんのテン場にて昼食。テント5〜6張は設営できそうな広さです。
2016年05月22日 12:12撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
煙草屋さんのテン場にて昼食。テント5〜6張は設営できそうな広さです。
いつものラーメン昼食です。1時間ほどのんびりしました。
2016年05月22日 12:29撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつものラーメン昼食です。1時間ほどのんびりしました。
4
昼食のあとは旧三斗小屋宿跡への下り路。のんびりと歩きました。これは湯ノ沢の渡渉。
2016年05月22日 13:33撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食のあとは旧三斗小屋宿跡への下り路。のんびりと歩きました。これは湯ノ沢の渡渉。
登山道の両側が土塁のように盛り上がっています。
2016年05月22日 13:46撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の両側が土塁のように盛り上がっています。
井戸沢にかかる橋が見えてきました。
2016年05月22日 13:51撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
井戸沢にかかる橋が見えてきました。
橋を渡ります。
2016年05月22日 13:52撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ります。
1
橋の先はクルマが通行できる林道になっています。林道終点にクルマが駐車してありました。三斗小屋温泉関係者のクルマでしょう。
2016年05月22日 13:53撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の先はクルマが通行できる林道になっています。林道終点にクルマが駐車してありました。三斗小屋温泉関係者のクルマでしょう。
白湯山神社の鳥居。
2016年05月22日 13:58撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白湯山神社の鳥居。
1
旧三斗小屋宿跡に到着。広々としています。
2016年05月22日 14:00撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧三斗小屋宿跡に到着。広々としています。
1
常夜灯や石仏が今なお残っています。
2016年05月22日 14:01撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常夜灯や石仏が今なお残っています。
1
フムフム。
2016年05月22日 14:03撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フムフム。
1
奥那須の山に抱かれ、良い雰囲気ですね。
2016年05月22日 14:05撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥那須の山に抱かれ、良い雰囲気ですね。
1
戊辰戦争の時に戦死した方々のお墓のようです。
2016年05月22日 14:08撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戊辰戦争の時に戦死した方々のお墓のようです。
沼原湿原分岐に到着。ここを左に進みます。
2016年05月22日 14:22撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沼原湿原分岐に到着。ここを左に進みます。
まずは橋を渡ります。
2016年05月22日 14:27撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは橋を渡ります。
その先は長い麦飯坂の登りとなります。
2016年05月22日 14:46撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先は長い麦飯坂の登りとなります。
一時間ほどで、沼原湿原に到着。ここからは木道歩きです。
2016年05月22日 15:24撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一時間ほどで、沼原湿原に到着。ここからは木道歩きです。
青空の下、白笹山が見えました。
2016年05月22日 15:28撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空の下、白笹山が見えました。
1
振り返ると、木道の先に奥那須の山並み。
2016年05月22日 15:31撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、木道の先に奥那須の山並み。
1
駐車場への出口のところに到着。
2016年05月22日 15:44撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場への出口のところに到着。
沼原池を望む。
2016年05月22日 15:45撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沼原池を望む。
1
駐車場に戻りました。
2016年05月22日 15:47撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に戻りました。
1
カシミールで作成した登降図。沿面距離22.3辧⇔濱冑弦盧垢1,800mを超えますので、トレーニングには良い感じでしたが、最後の登り返しは、きつかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カシミールで作成した登降図。沿面距離22.3辧⇔濱冑弦盧垢1,800mを超えますので、トレーニングには良い感じでしたが、最後の登り返しは、きつかったです。

感想/記録

・ 那須は何度も歩いていますが、稜線西側の湯川沿いに残された、旧三斗小屋宿跡を訪れたことがなく、以前から気になっていました。そこで歴史ある旧会津街道を辿り、今は無人となったこの宿場跡の姿を見てみたいと思い立ち、今回、歩いてきました。
・ 沼原から宿場跡までの往復だけでは物足りないので、早朝から午前中は三本槍岳への稜線を縦走し、そこから大峠に下って旧三斗小屋宿跡へと至る那須連山の周回ルートに組み込んでみましたが、距離が長く、アップダウンもあり最後の麦飯坂の登りはきつかったです。
・ でも、大峠から先はほとんど登山者もおらず、静かで趣ある山歩きとなり楽しめました。新緑がとても鮮やかで、良い季節ですね。秋の紅葉の頃もよさそうです。那須の穴場をみつけたような感じで、また訪れてみたいと思いました。
訪問者数:457人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ