ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 879804 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走石鎚山

石鎚山系縦走(瓶ヶ森・子持権現山・南尖峰・石鎚山)というかお遍路について

日程 2016年05月21日(土) 〜 2016年05月22日(日)
メンバー wakatakeya
天候快晴
アクセス
利用交通機関
・自宅〜登山口まで:佐賀関フェリー乗場まで約2時間、フェリー70分、三崎港から約2時間半。国道九四フェリー:http://www.koku94.jp/
・時間とお金に余裕があれば、臼杵から八幡浜までの航路もおススメする。船内でシャワーを浴びる事も出来るし、ぐっすり眠って疲れも取れます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間6分
休憩
1時間15分
合計
5時間21分
Sスタート地点(東之川登山口手前)09:1010:32新道分岐10:3311:16台ヶ森鞍部11:4012:18瓶ヶ森ヒュッテ跡分岐12:2412:43瓶ヶ森12:4812:57男山(瓶ヶ森)13:0113:13瓶ヶ森登山口13:1413:27子持権現山14:0114:31シラサ峠
2日目
山行
5時間26分
休憩
1時間8分
合計
6時間34分
シラサ峠06:2406:42伊吹山06:4407:51土小屋07:5708:51東稜分岐08:5609:42南尖峰10:1310:17石鎚山10:2710:41三ノ鎖(下)10:4810:58一ノ鎖(下)11:0012:14山頂成就駅12:1912:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・基本ルートは明瞭なものの、笹が多い茂る箇所多し。触れれば朝露に濡れ、膝丈ランパンだったので傷だらけになりました(-.-)
・東稜ルートは踏み跡も明瞭ですが急登です。南尖峰への取り付き手前は高度感もそこそこあります。取り付きの岩は手掛かり足掛かり共に十分ありますが、鎖も梯子もありませんので慎重に。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

佐賀関を18時出港のフェリーに間に合いました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐賀関を18時出港のフェリーに間に合いました
3
松山で道後温泉に入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松山で道後温泉に入ります
4
さっぱりしました。ここから瓶ヶ森までの画像を誤って消去してしまった…(*_*)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっぱりしました。ここから瓶ヶ森までの画像を誤って消去してしまった…(*_*)
5
瓶ヶ森から遥か先に石鎚山を望みます。テンション上がる〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瓶ヶ森から遥か先に石鎚山を望みます。テンション上がる〜!
3
笹野原を歩きます。この時はまだ気持ち良かったのですが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹野原を歩きます。この時はまだ気持ち良かったのですが…
1
子持権現山は20分で登れるって
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子持権現山は20分で登れるって
1
え?この鎖で直登ですか?80mだって…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
え?この鎖で直登ですか?80mだって…
7
写真でこの角度が分かるかなぁ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真でこの角度が分かるかなぁ
4
60度くらいあるんじゃないかと(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
60度くらいあるんじゃないかと(笑)
3
シラサカフェはお洒落
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラサカフェはお洒落
1
キジラーメンセットにビール
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キジラーメンセットにビール
5
しらさ避難小屋は新しくてとても綺麗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しらさ避難小屋は新しくてとても綺麗
2
貸し切りでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貸し切りでした
1
薪ストーブもありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薪ストーブもありました
1
シラサ峠からの夕陽は大森山へと沈み石鎚山のシルエットが浮かびました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラサ峠からの夕陽は大森山へと沈み石鎚山のシルエットが浮かびました
5
東からは満月が昇ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東からは満月が昇ってきました
4
さて今日はいよいよ石鎚山へ☆
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて今日はいよいよ石鎚山へ☆
4
伊吹山の笹越しに目指す石鎚
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊吹山の笹越しに目指す石鎚
しかしこの笹には参りました。ランパンは朝露に濡れ、膝下は擦り傷です(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかしこの笹には参りました。ランパンは朝露に濡れ、膝下は擦り傷です(笑)
5
よさこい峠ってネーミングセンスが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よさこい峠ってネーミングセンスが…
1
橋の左手からの登山道を見落とすところでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の左手からの登山道を見落とすところでした
1
東稜基部まで来ましたよ。南尖峰、天狗岳、石鎚山頂がドーン!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東稜基部まで来ましたよ。南尖峰、天狗岳、石鎚山頂がドーン!
1
わずかに葉を落としたアケボノが残っています。シャクナゲは結構残っていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わずかに葉を落としたアケボノが残っています。シャクナゲは結構残っていました
1
本日の核心部、南尖峰までの取り付きです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の核心部、南尖峰までの取り付きです
3
天狗岳を拡大すると切り立ってますね〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳を拡大すると切り立ってますね〜
3
イワカガミに癒されつつ三点支持
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミに癒されつつ三点支持
3
ラスボスのボルダー。さして難しくは無いのですが、鎖も無いので慎重に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラスボスのボルダー。さして難しくは無いのですが、鎖も無いので慎重に
4
この高度感はナカナカのものです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この高度感はナカナカのものです
5
コチラから見る天狗岳もかっこいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コチラから見る天狗岳もかっこいい
3
西日本最高峰!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西日本最高峰!
6
お約束の石鎚弥山から天狗岳をバックに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お約束の石鎚弥山から天狗岳をバックに
5
685年に役小角が開山したとされている霊峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
685年に役小角が開山したとされている霊峰
2
下山路から振り仰ぎ見ます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山路から振り仰ぎ見ます
1
山頂成就駅から瓶ヶ森を眺めます。右手のひょっこり尖っているのが子持権現山ですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂成就駅から瓶ヶ森を眺めます。右手のひょっこり尖っているのが子持権現山ですね
1
ロープウェイで一気に下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイで一気に下山
あ〜何だっけ、この特徴のある花弁…名前が出て来ない。そういえば瓶ヶ森ではタカトウダイも咲き乱れていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ〜何だっけ、この特徴のある花弁…名前が出て来ない。そういえば瓶ヶ森ではタカトウダイも咲き乱れていました
8
こんなに群生してるの初めて見た。ユキノシタ!すっきりしました、ありがとうモカさん、コウラサン♬
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなに群生してるの初めて見た。ユキノシタ!すっきりしました、ありがとうモカさん、コウラサン♬
2
登山口となった東之川はヤマメ(アマゴ?)の魚影が濃かったです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口となった東之川はヤマメ(アマゴ?)の魚影が濃かったです
7
下山後は京屋の温泉で恒例の地鶏
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後は京屋の温泉で恒例の地鶏
4

感想/記録

金曜日は少し早めに仕事を上がることが出来ました。
これなら前入りでちょっと足を延ばせるな〜、ドコ行こう?そうだ久しぶりに四国へ渡ろう!。お遍路で通っていた四国も久し振りですし、四国のお山は登った事がありませんでした。ラウンド縦走路を検討した結果、東之川から入山し、台ヶ森〜瓶ヶ森〜伊吹山〜石鎚山と、時計回りの山行に決定。

お遍路で幾度となく利用した国道九四フェリーに乗り込んだ。
今回は山行目的ですが、懐かしさが込みあげてきます。あの頃の僕は人生に惑っていました。家庭を持つこと、経営者となること、ある意味他人の人生に対して大きな責任を負うことへ強いプレッシャーを感じていました。その解決策に、とは大袈裟ですが自分を見つめ直したいという気持ちから始まったお遍路でした。いや、正直に言えば逃避だったのかな。

当時、少ない休みをやり繰りして四国へ渡りました。
札所では作法に則り参拝するわけですが、回を重ねるごとにある変化が自分の中で起こります。最初はお参りする時に、家内安全だの商売繁盛だのと様々な「お願い」をしていました。また初めのうちは自分の白衣姿も気恥ずかしく、般若心経の読経も蚊の泣くような声で細々と詠んでいましたが、そのうち慣れてきます。慣れてくると、心経の一文字づつが心の中でだんだんと大きくなってきました。

札所をまわるごとに、思い浮かぶ人の顔も変わってきました。
最初は家族、次に亡くなった祖父母、それから親族、友人知人、過去に出会い別れた人々、それからご先祖様、そして生まれてから今までの自分自身の顔…。そんな顔々に心経の文字やご本尊の尊顔が重なっていきます。そうか、これがお遍路なんだと感じ始めました。

お遍路は札所でお参りをする手順が一緒で、これを一日に何度も繰り返します。またお遍路は、次なる札所への移動また移動の繰り返しでもあります。この「繰り返し」と「移動」は僕にとって色々な効用がありました。

まず繰り返すことで、シンプルになるというか、思考の無駄がどんどん削げ落ちる感覚があります。手を合わせて考えることが、どんどんシンプルになってゆくのです。「願い」とか「祈り」とか言っても、自分の中の欲求や欲望が形を変えたものだったりします。ところが「繰り返す」と、この欲求みたいなものが、何だか削り取られていってその内側にある感情や感覚が出てくる。自分にとって最も大切なものは何か、そんな核を取り出すような感じかな。これは不思議な感覚でした。

ところが、「移動」は逆。「祈りの繰り返し」が感情の核に迫る感覚とするなら、移動中はその核から感覚、または思考が展開する時間だったりします。例えば、運転中の視覚情報が凄くたくさん入ってくる。つまり、何でも気づいてしまう。(あ、2台先のあの車、多分ここで左折するな)なんて分かっちゃう。

無意識のうちに、車の挙動と運転手の視線の動きなどからそうと判断するのだろうけど、とにかく何でも見えてる感じになる。また同時に、思考が色々とめぐる。あれやこれや、とにかく色々と考える。考えた事がどんどん勝手に展開していって、思いもよらない事を考えていたりして…。一種の躁状態なのかもしれませんが。

まあともかく、約3年をかけて一巡した最後の札所で言われた言葉にある気付きを得ました。八十七箇所を埋めた納経帳を出し、「実はここが最後の札所なのです」と幾分誇らしげに言いました。そこで朱印を押されている時に一言こう言われたのです。「それで結願できましたか?」と。

う〜ん、そもそも結願、つまり煩悩が無くなり願いが結ばれるって事があるのかなぁ。スーナカチャンネーの事を筆頭に、僕はどうにも煩悩が多すぎるようです(笑)。さておき、僕に限らず、人間は煩悩を持つがゆえに人間なのではあるまいか、と思い至りました(けして自己弁明ではありませぬw)。神仏を理想とし、苦しみから逃れようと或いは理想へ近づこうと努力する事は、人のみが行い得る姿なのではないかと。

若かりし頃、チャンネーにモテたくてどうしようもなくて、様々に行った企画立案が今の僕の仕事力のベースになってたりすると思うのです。モテたいから努力する。神は努力をしません、完璧だから。努力や試行錯誤や苦しみこそが、その人のパーソナリティを生み出す。悩みが無いんですぅワタシ〜、なんてチャンネーには魅力が無い!より良くあろう、幸せになりたいとモガいてる姿こそが人としての愛おしさなのよ。

ん?論法が強引ですか?いいんです、酔ってるから。今日は山から話がココまでそれまくってますが、いいのです。酔ってるから。あ、繰り返しちゃった。

え〜と、何の話だったっけ?
ともかく、僕はそうしてお遍路の二巡目に突入したのでした。久しぶりに四国へ渡って思ったことは、お遍路もヤマも僕にとって一緒だったんだな、と。山頂という目標をもって臨みながらも、ピークを踏めばまた次の山行に思いを馳せる。

ピークは目標であって、目的じゃないという事なんだなあ。実は、山を登る、という行為の中に答えがあったんだな。あたまが空っぽになって、こころが一杯になる。それが僕を山に向かわせる理由の一つなんだ。

僕の人生は、結果にあるんじゃない。
それは生きる過程のなか、「いまここ」にあるんだ。死んでどれだけ名を残そうとも、葬式に何人の参列者がいようとも、関係ないね。まあそんな当たり前のことを今更ながら想った今回なのでしたよ。

あ、山の話も書いとこう。
石鎚東稜ルートは凄く楽しいです!東稜基部(第3ベンチ)でお二人のご婦人と会いました。多分60歳は超えているであろう方から、「あんちゃん、これからドコ行くの?」と伊予弁(たぶん)で話しかけられました。えと、東稜ルートで山頂まで行くつもりです、と返答したら破顔一笑、「私等もこれからその道で行くんよ!」とのこと。

ええ!?
結構厳しいルートのはずだよな〜。「あんちゃん若いから、先に行って」と促され、登り始めると急登も急登、彼女たちは大丈夫か?と心配するも、後方からは笑い声が遠く聞こえてくる。いいな。うん、いい。彼女たちの、あの笑顔に僕は力を頂いた。

これから10年後、僕はもしかしたら山を登れていないかもしれない。
けどきっと大事なのは、その日を笑って過ごしていることなのだ。
「おれもその道をこれから行くんだよ」と言いながら。



訪問者数:519人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/9/24
投稿数: 2204
2016/5/23 12:51
 いまを生きる
なかなか深い言葉の数々、また面白い読み物でした。
さすがは若さん(^-^)

人生はいまこの一瞬の積み重ねですからねー。

改めて四国のお山もお遍路も良さそうです。私も自己の整理のために歩くかなぁ。

あ、お花、ユキノシタですよー🎵
登録日: 2014/11/16
投稿数: 532
2016/5/23 16:48
 子持権現山の鎖場
20年くらい前にそのコースで縦走したんですが(たぶんそうだった筈)、あの鎖場の名前が思い出せずにいましたが、スッキリしました
20代だったのでひょいひょい登れたけど、今じゃ無理だろうな〜

ユキノシタ は何故かうちの玄関横にも咲いてます。
お遍路も何時かはと思いますが、先ずは篠栗からですかね。
登録日: 2013/7/21
投稿数: 1248
2016/5/23 17:36
 モカさん→ いまを生きる
夜に書いた恋文は朝に読み返せ、と言いますが、酔って書いたレコは自分ながらに赤面モノですな いったい何をそんなにクドクドと言いたいのか…(笑)。なんか最近はレコ(記録)じゃなくなってしまって、申し訳ないデス

お遍路は、行けるところからまず行ってみるといいかも?
登録日: 2013/7/21
投稿数: 1248
2016/5/23 17:43
 コウラサン→ 子持権現山の鎖場
石鎚から下ったところにも「試しの鎖」と呼ばれる長い鎖がありました。
それにしても一直線の鎖場って面白くもなんともナイです
直線じゃなくて曲線が楽しいと感じる50代です
登録日: 2013/11/19
投稿数: 1477
2016/5/23 19:19
 お疲れ様でした
地震は心配だったけどお天気にも恵まれ良かったですね〜!
カフェや泊まった小屋、どなたかの記録をみた時
行ってみたいなぁと思いました。
小屋は貸し切り寂しかったろ〜(^-^)/

行ってみたいなと思ってたけど80mの鎖場、岩場に躊躇するなぁ。
年上の女性も楽しそうに登ってるルート、わたしも大丈夫かな。

ユキノシタ
金泉寺小屋はまだツボミでしたよ!
綺麗に咲いてますね〜
最近目覚めたお花男子ヤスさん。
興奮するよ、きっと!
登録日: 2013/7/21
投稿数: 1248
2016/5/23 20:21
 クルリンさん→ お疲れ様でした
楽しかったよ〜
クルさんも岩が楽しくなったらいいのに
あ、動画を上げました。見てみそ〜
登録日: 2013/8/21
投稿数: 2160
2016/5/24 10:41
 そのニヤついてる笑顔がいい。
声出して笑ってしまったよ!
楽しそうにして。
お疲れ様でした。

いい四国の旅だったじゃないの!
ゆっくり読み返して動画も見ましたよ。

この範囲と時間の使い方だと
みんなで行けるね。
俺にも『ニヤ』っとさせて。(笑)
yasu
登録日: 2013/7/21
投稿数: 1248
2016/5/24 12:41
 ヤスさん→Re: そのニヤついてる笑顔がいい。
シラサ避難小屋の薪ストーブを見たとき、これは皆で来たいなと思いましたよ☆せひ遠征しましょう。車で行くならこの程度の距離がいいよ…上高地までなんてムリ(笑)
登録日: 2013/9/4
投稿数: 1744
2016/5/24 17:12
 10年後の私
どーしてるかな〜。
に登ってるのか、辞めているのか・・・。
学生時代、ある先生が言ってました。
 「あなた達は、明日生きてるって自信もって言えますか?」って。
そんな事考えた事ない10代。
100%保証はないですよね
生と死は、生きている以上常に隣り合わせ。
だから、遺影が出てきたんですよ(笑)。
「今」を楽しまないといけない。
なので、自由気ままに楽しませて頂いております
色々、悩み・不安はありますが、性格上、どーにかなるだろうです(笑)

一応、払った年金は回収してあの世に行くのが私の人生プランですが

wakaさんのレコ、私には頭をフル回転させないといけない部分もありますが
意外と好きかも(笑)

あっ、10年後、石槌山 登れていたらいいなぁ
登録日: 2010/5/3
投稿数: 4427
2016/5/24 20:15
 煩悩・・
無くなる時はコーナーポストで真っ白くなった時でしょうねー
5段階の最後だって自己実現の欲求なんだから・・
とは言いながらもっと低位な欲求に留まって、いまだにスーナカ辺りを彷徨いてるアタシャー死ぬまで悟りは開けませんな・・

ワカさんの人生訓はためになるなー

あっ、山のコメントじゃなかった・・
登録日: 2012/5/6
投稿数: 1287
2016/5/24 21:20
 よいな〜
雪の四国の山中をさまよいたいな〜
登録日: 2013/7/21
投稿数: 1248
2016/5/25 9:03
 チアキさん>Re: 10年後の私
九州百名山が着々と進行しているチアキさん。目標が明確だとドンドン攻めるけど、目標があいまいだとダラ〜としちゃう、そんな感じでしょうか 。好きだと言わせた後は何となく覚めてしまう恋愛とか 。九州百名山が終わった後に燃え尽きたりしないでね〜(笑)。
登録日: 2013/7/21
投稿数: 1248
2016/5/25 9:09
 チャンさん>Re: 煩悩・・
燃え尽きずに黒い消し炭が残りそうな僕です
毎夜毎晩、スーナカの観音様へお布施を欠かさないチャンさんは間違いなくお浄土へ行けると思います
登録日: 2013/7/21
投稿数: 1248
2016/5/25 9:14
 へいちゃん>Re: よいな〜
へいちゃんの「さまよう」は、文字通りの感があって怖いです
だって、宝満山をあんな藪漕ぎする人って見たことないですよ

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ