ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 879918 全員に公開 沢登り御在所・鎌ヶ岳

鈴鹿 愛知川〜下谷尻谷〜お金明神

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー leonkun2000kappa_324
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道306号線を南下し朝明ヒュッテへ。駐車場代500円をお支払いし、何時もの通りオジサンにルート説明して出発!
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち46%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間32分
休憩
1時間42分
合計
9時間14分
S朝明駐車場08:2809:19ハト峰峠09:2109:57ヒロ沢出合10:0110:28天狗滝11:0914:24コリカキ場14:5115:14塔ノ峰15:1515:19お金峠15:2015:29お金明神15:4215:51お金谷出合15:5516:09大瀞16:1316:46中峠16:4917:40朝明駐車場17:4217:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
悩ましいところには残置ロープがあり、上手く利用すればそれほど問題なく登れます。が、残置ロープが信用できないので注意した方が良いです。総体的には難易度は低めで、初心者向きの沢だと思います
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

行ってきま〜っす (^^)
2016年05月22日 08:27撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行ってきま〜っす (^^)
ハト峰はいつも大賑わい
動画
2016年05月22日 09:17撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハト峰はいつも大賑わい
動画
1
ヒロ沢方面に進みます
2016年05月22日 09:17撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒロ沢方面に進みます
ハト峰湿原
2016年05月22日 09:22撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハト峰湿原
ヒロ沢出会いに到着
2016年05月22日 09:58撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒロ沢出会いに到着
天狗滝は釜に土砂がかなり堆積してました。珍しく人がいなく出静謐な感じです
動画
2016年05月22日 10:38撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗滝は釜に土砂がかなり堆積してました。珍しく人がいなく出静謐な感じです
動画
3
ここから入渓して下流に向かいます
先ずはS字の淵を泳いで突破
動画
2016年05月22日 11:02撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから入渓して下流に向かいます
先ずはS字の淵を泳いで突破
動画
流石に泳ぐのはまだまだ寒いです
2016年05月22日 11:09撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
流石に泳ぐのはまだまだ寒いです
とことこ進みます
2016年05月22日 11:12撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とことこ進みます
ほどなく左手に下谷尻谷の入り口が見えます
2016年05月22日 11:15撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく左手に下谷尻谷の入り口が見えます
入り口CS滝は登れないので、本線を少し下った左岸から巻き
2016年05月22日 11:14撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入り口CS滝は登れないので、本線を少し下った左岸から巻き
2
巻き道の入り口はこんな感じのザレタ斜面
2016年05月22日 11:20撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道の入り口はこんな感じのザレタ斜面
1
左手に残置ロープがあり巻きあがる際の目印になります
2016年05月22日 11:23撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に残置ロープがあり巻きあがる際の目印になります
1
下谷尻谷への降り口にも同様に残置ロープがあり、丁度チョックストーンの上に降りることが出来ます
2016年05月22日 11:30撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下谷尻谷への降り口にも同様に残置ロープがあり、丁度チョックストーンの上に降りることが出来ます
2
下流を見るとこんな感じ
動画
2016年05月22日 11:34撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下流を見るとこんな感じ
動画
1
と言う訳で、仕切り直して出発
2016年05月22日 11:37撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と言う訳で、仕切り直して出発
水は冷たいですが、簡単な所は積極的に滝身を進みます
2016年05月22日 11:38撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水は冷たいですが、簡単な所は積極的に滝身を進みます
始めの小滝は滝身左手を直登
2016年05月22日 11:39撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始めの小滝は滝身左手を直登
鈴鹿らしい白い岩肌と天気が相まって良い感じです
2016年05月22日 11:42撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴鹿らしい白い岩肌と天気が相まって良い感じです
1
お昼少し前になったので、日当たりの良い場所を見繕って昼食休憩
2016年05月22日 12:07撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼少し前になったので、日当たりの良い場所を見繕って昼食休憩
小一時間のランチタイム後に出発っ!
っで、すぐに、ナメって何か好きです の1
2016年05月22日 12:56撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小一時間のランチタイム後に出発っ!
っで、すぐに、ナメって何か好きです の1
ええ感じやん!
2016年05月22日 13:02撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ええ感じやん!
2
CS7m滝は左岸の残置ロープから巻き。濡れるのを厭わなければ滝身左手から登れそう?
動画はイ任后
2016年05月22日 13:03撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
CS7m滝は左岸の残置ロープから巻き。濡れるのを厭わなければ滝身左手から登れそう?
動画はイ任后
上から見たらこんな感じ。左岸沿いに巻き上がりました
2016年05月22日 13:10撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上から見たらこんな感じ。左岸沿いに巻き上がりました
1
ナメって何か好きです の2
2016年05月22日 13:21撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメって何か好きです の2
1
ナメって何か好きです の3
2016年05月22日 13:23撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメって何か好きです の3
すぅーい、すい (^^)
2016年05月22日 13:24撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぅーい、すい (^^)
ナメって何か好きです の4
2016年05月22日 13:36撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメって何か好きです の4
1
いい渓です (^^)
2016年05月22日 13:38撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい渓です (^^)
ナメって何か好きです の5
2016年05月22日 13:42撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメって何か好きです の5
ナメって何か好きです の6
2016年05月22日 13:42撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメって何か好きです の6
たぶん岩堤ノ滝だと思います。水が右手から落ちていますが、真っ直ぐ進んで正面から直登
動画は
2016年05月22日 13:45撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たぶん岩堤ノ滝だと思います。水が右手から落ちていますが、真っ直ぐ進んで正面から直登
動画は
1
まだまだ続きます
2016年05月22日 14:10撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ続きます
1
最後の滝です。
これはどうやって登ったのかな?
答えは、動画Г筺次
2016年05月22日 14:13撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の滝です。
これはどうやって登ったのかな?
答えは、動画Г筺次
1
北谷尻谷出合に到着、ここで遡行終了〜 <(_ _)>
2016年05月22日 14:25撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北谷尻谷出合に到着、ここで遡行終了〜 <(_ _)>
1
道標 の1
2016年05月22日 14:26撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標 の1
1
道標 の2
2016年05月22日 14:26撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標 の2
コリカキ場
2016年05月22日 14:27撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コリカキ場
尾根までは、かなりの急登
もう一つ北側の尾根か、お金峠出会いの谷の方が踏み跡多いようでした
2016年05月22日 15:03撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根までは、かなりの急登
もう一つ北側の尾根か、お金峠出会いの谷の方が踏み跡多いようでした
尾根に出ました
2016年05月22日 15:16撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出ました
すぐにお金峠
2016年05月22日 15:19撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐにお金峠
本日の隠れメーン
「お金明神」に到着〜 (^_^)v
2016年05月22日 15:29撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の隠れメーン
「お金明神」に到着〜 (^_^)v
ほー、これが自然の造形とは、恐れ入ります <(_ _)>
2016年05月22日 15:30撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほー、これが自然の造形とは、恐れ入ります <(_ _)>
1
ふっふっふ...
っで、もう少し下って見上げると... の1
2016年05月22日 15:31撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふっふっふ...
っで、もう少し下って見上げると... の1
っで、もう少し下って見上げると... の2
2016年05月22日 15:33撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
っで、もう少し下って見上げると... の2
1
っっで、っで、もっと下って見上げると... の3
く、く、くどい (^_^;)
2016年05月22日 15:33撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
っっで、っで、もっと下って見上げると... の3
く、く、くどい (^_^;)
1
上部には鳥居もありました
2016年05月22日 15:37撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部には鳥居もありました
1
やっぱり、この角度からが「お金明神」様でした (~_~;)
2016年05月22日 15:37撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり、この角度からが「お金明神」様でした (~_~;)
大瀞鉄橋出合いです
2016年05月22日 16:08撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大瀞鉄橋出合いです
大瀞方面
2016年05月22日 16:10撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大瀞方面
鉄橋を下から見るとこんな感じです
2016年05月22日 16:10撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄橋を下から見るとこんな感じです
ここを渡渉〜、コケで滑りに注意!
2016年05月22日 16:13撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを渡渉〜、コケで滑りに注意!
一応鉄橋まで行って様子を確認してみた
が、渡ってはいけません
2016年05月22日 16:16撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応鉄橋まで行って様子を確認してみた
が、渡ってはいけません
中峠です
2016年05月22日 16:44撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中峠です
2
まだよく晴れています
下界の様子は、動画┐任
2016年05月22日 16:46撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだよく晴れています
下界の様子は、動画┐任
こんな滝もあります
2016年05月22日 17:09撮影 by DSC-TX10 , SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな滝もあります
2
往路との出合いに帰ってきました (^_^)v
2016年05月22日 17:23撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路との出合いに帰ってきました (^_^)v

感想/記録

このヤマレコに記録の無い下谷尻谷って、一体どんなとこ?
ってことで行ってきました〜、いつもの動画集でどうぞ〜 (^_^)v

動画,蓮◆屮魯畔峠」でっす。




動画△蓮◆崚袈藺譟廚任辰后




動画は、「S字の淵でのカッパkappaくん泳ぎ」でっす。




動画い蓮◆峅蔀尻谷出合いのCS上部」でっす。




動画イ蓮◆CS7m滝の高巻き」でっす。




動画Δ蓮◆峅B貭湘弌廚任辰后




動画Г蓮◆嶌埜紊梁譟廚任辰后答えは〜これだ↓






最後の動画┐蓮◆崔翔修らの下界風景」でっす。


感想/記録

この所更新が面倒になってしまい久々の山行記録となりますが、先週末の日曜日は気温も高くなりそうだったので、今シーズン2回目の沢にお出かけしてきました♪
今回の目的地はいつも参考にさせてもらっているたろーさんのブログで昔紹介されていた下谷尻谷です

泳ぎ中心の沢のようなので気温が高くなったら行こうと思いお出かけ候補に挙げていたのですが、先輩からまだ行ったことのない沢をリクエストされたので、今回お邪魔してみることにしました

正直まだまだ水は冷たかったですが、やはり鈴鹿は花崗岩が明るい感じで良いですね〜天気と相まって楽しむことが出来ました。と言う訳で、以下今回の記録になります



今回アプローチで悩んだ挙句、何時もの通り朝明ヒュッテから取付くことにしたので、ゆっくり目の7時に家を出発。で、朝明に8時過ぎには到着し準備を整え8時半頃山行開始〜

遅めの時間でしたが思ったより車は多くなかったので、500円をお支払いし問題なく車を停めることが出来ました。と言うことで、まずはハト峰〜ヒロ沢経由で天狗滝を目指します


しかし、こちらからのルートはアプローチがそこそこ距離があるのが難ですね・・・
が、久しぶりに見る天狗滝は珍しく人影も無く静かで良い感じでした(* ̄∇ ̄*)

この時期特有なのか天狗滝は釜が土砂で埋まっているのが残念でしたが、来るたびに淵の形が変わってますね。と言う訳で、こちらで沢装束に変え下流目指して入渓。
どうするか悩んだのですが、今回は岩場を巻かずに泳ぐことにしました。正直まだまだ水は冷たいものの、それほど苦でも無く逆に久々の泳ぎは新鮮でした(* ̄∇ ̄*)


天狗滝から少し下ると、左岸側に今回の目的地である下谷尻谷のCS滝が見えます
しばらく傍に寄って悩んだのですが、やはり直登は無理そう・・・と言うことで、下調べ道理巻き道へ

下谷尻谷の入り口から愛知川本流を少し下った左岸側から取付きます。取付き地点は写真が参考になると思いますが、高巻きしすぎないように左手に注意して登ると、残置されたトラロープがありました。と言う訳で、ロープの辺りから高巻きしました。沢への下降地点にも同様にロープが残っていて、丁度CSの上部に出ることが出来ます

始めのCS滝から上流は結構大きな岩が目立ちますね。青い空と緑のコントラストが良い感じで気分が高まります。始めの小滝は滝身左手から直登。続く7mCS滝は滝身の左手から直登出来るとの記事も拝見していたのですが左岸(右手)に残置ロープがあったので、無理せずこちらから高巻くことに。ですが、この高巻きルートも足場がザレているので注意が必要です(トラロープもいまいち信用できないので、あまり頼りにし過ぎない方が良さそうな感じでした)

と言う訳で、滝の右手から巻いて、上部のリッジを進みます。因みに、7m滝の上部には3mCS滝があるのですが、こちらも合わせて巻きしました

高巻き&緊張したのはこのあたりまでで、この先は比較的穏やかな渓相が続きます
水量もそれほど多く無いですし、折角なので水芯を積極的に遡行しました


岩堤ノ滝は右手から水流が来ていて独特の景観です。で、ここは直進して難なく直登出来ました。次いで最後の?ハイライトである2段5m滝で、下の小滝を進み上部の岩の下をくぐると上に出ることが出来ます

今回は水量が少な目だったのか、それほど濡れずに突破することが出来ました
で、12時20分頃コリカキ場に到着!こちらはお金明神にお参りする際の清め場だった模様です。と言う訳で、こちらで沢装束を解いてお金明神を目指しました

コリカキ場周辺はなだらかな場所で、この辺りに昔は鉱山があったはずなのですが、あまり良く周囲を確認せず、取りあえず稜線方面を目指したのが失敗でしたσ(´-ω-`;)

どこから登っても一緒だろうと思い、GPSを頼りに直近の谷を登ったのですが、どうやら手前過ぎたようで、ほとんど踏み跡も無くルートを外していた模様・・・もう一つ上流部の谷から登るのが正解だった様ですね。鉱山の形跡を残す貨車や鉱山跡を確認できなかったのが残念でした


と言うところで、一部ルートを外していたようですが、無事お金峠に到着した後、昨年秋にお邪魔したお金明神へ。久しぶりですが、やっぱり不思議な景観ですね・・・左を眺める天狗様そのものと言った感じです

この辺りは以前お邪魔しているので、帰りは大瀞経由で中峠を目指し朝明方面へ。時間的な物か、昨年賑わっていた大瀞周辺でも人影は見られませんでした。と言うか、この日は稜線の西側では誰にも会いませんでした。一応、落ちかけた鉄橋もまだ残っている模様。しかし、この鉄橋は修理する予定は無いんですかね・・・一旦愛知川まで降りるのが何気に面倒だったりするんですが(笑)

で、愛知川から中峠への登り返しでひーこら言って体力不足を嘆きつつ16:50頃中峠に到着。この時期陽が長くなってのんびり回れるのはありがたいですね


結果、この日は午後も天候が崩れることなく、下界を一望することが出来ました
と言うところで、今回は17:40頃朝明ヒュッテに戻り、9時間ちょっとの山行となりました。しかし、前回の沢行でも思ったのですが、すっかり体力が落ちて今回も15km弱の行程のはずなのですが、正直かなり疲れましたσ(´-ω-`;)

仕事にかまけてあんまりさぼってると、どんどん体力が落ちちゃう年齢と言うことでしょうかね。夏の遠征に向け、もう少し体力を戻さないといけません・・・・


と言う訳で、次回も早めにお出かけしたいものですが、以上今シーズン2回目の沢行記録でした
訪問者数:526人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/12/14
投稿数: 147
2016/5/24 23:03
 泳ぐ?
どうやって?と思ったら、そのまま泳ぐんですね!驚きました。笑
素っ裸で服と荷物を頭にくくる?のかと思いました。
登録日: 2016/2/22
投稿数: 20
2016/5/25 9:22
 素敵なレコですね
leonkun2000さん、ご訪問ありがとうございました。
kappa_324 さんのブログも拝見させていただきました。
お金明神へは参拝しようと思っていたのですが、下谷尻谷から行けることを初めて知りました。
登録日: 2014/5/3
投稿数: 38
2016/5/26 21:56
 Re: 素敵なレコですね
minyo323 さん、はじめまして (^^)

鈴鹿の沢は、水が綺麗なのに激流ではないので、命の危険を冒してまでの泳ぎは必要ありません。
泳げない人でもライジャケ持ってけば全然問題なく楽しめますよ !(^^)!
滝に飛び込んだり、ナメ滝でスライダーしたり、ノド乾いたらそのまま沢水がぶ飲みしたりして、いろんな楽しみが味わえる沢のある日本に生まれて万歳〜 (^_^)v
機会があったら、ご一緒しましょう (^_-)
登録日: 2014/5/3
投稿数: 38
2016/5/26 22:01
 Re: 泳ぐ?
yas43 さん、はじめまして (^^)

鈴鹿の沢は、流れが速くないので、いろんな泳ぎができると思います。
でも、素っ裸泳ぎは、思ってもいませんでした、体中にヒルがくっ付いてきそうでヤダー。
遡行終了時の沢でと、車に戻った時のお着替えの時は、何の恥じらいもなく、裸族してますけど... (^_^;)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ