ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 880095 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

尾瀬ヶ原散策 今年は花の見ごろが早い、水芭蕉は・・・

日程 2016年05月21日(土) [日帰り]
メンバー YAMA555(CL), その他メンバー1人
天候晴れ 結構風がありました
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
行きは、地元草加ICから外環→関越と乗り継ぎ沼田ICからは下道。約2時間20分で到着。
帰りは、赤城山の東側にある下道を使い館林ICから東北道に乗り浦和ICで戻りました。意外に安く済ませることが出来ました。

本日から鳩待峠までマイカー規制のため戸倉駐車場駐車場(1日1,000円)にて車を置いて、ワンボックスタクシーに乗り換えます。タクシーは人が集まり次第順次出発(片道930円)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間41分
休憩
1時間30分
合計
7時間11分
S鳩待峠07:3308:29山ノ鼻08:3109:02上ノ大堀橋09:10牛首分岐09:21下ノ大堀川橋09:52竜宮十字路10:23見晴(下田代十字路)11:0811:32東電尾瀬橋11:42東電小屋11:4812:00ヨシッ堀田代12:0112:05ヨッピ吊橋12:24下ノ大堀橋12:39牛首分岐12:4912:56上ノ大堀橋12:5713:22山ノ鼻13:4414:39鳩待峠14:4214:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートはEtrex20のGPSデータです。
今回は比較的コースタイムどおりのペースかと思います。見晴らしで昼休憩。
コース状況/
危険箇所等
●鳩待峠〜山の鼻
木道整備された道です。鳩待峠からは意外に標高差があり、ひたすら下ります。当然帰りは登りになります。
ちなみにこの時期は至仏山は登山禁止期間です。

●尾瀬の水芭蕉
肝心の水芭蕉ですが、先週仲間から素晴らしい景色だったと聞いての翌週でしたが8割がた終わっていました。通常だと5月下旬から6月初旬が見ごろを迎えるはずですが、雪が少なかったためか前倒しですね。写真はなんとかまともそうな場所を見つけて撮っているので、咲いているのばかりですが・・・。

●尾瀬ヶ原
多くの観光客は牛首までで引き返すケースが多いと思います。
今回は山の鼻から牛首〜竜宮〜見晴まで足を伸ばし、東電小屋方面をグルッと周回しました。尾瀬ヶ原散策は木道歩きのため、途中トイレは全く出来ません。各小屋にてトイレは必ず済ませましょう。有料100円ですが清潔です。
見晴の水場は写真の通りコンコンと冷たい水が出ているので昼の休憩ポイントとしてちょうど良いです。
あまり歩かない人は竜宮からヨッピ吊橋方向への小周回でも楽しめると思います。観光で来ている人は普通牛首でUターンなので、その先は比較的空いていて良いです。

各小屋で販売している花豆ソフトは片品の名物花豆が入っています。少しザラついた食感、ほんのりとした豆の甘みが特徴です。是非食べてみてください。
その他周辺情報●温泉
車で20分位戻ったところにある「ささの湯」にて汗を流しました(630円也)。
源泉かけ流しで、風呂にコップが置いてあったのでちょっと飲んでみました。特に特徴は無かったです。露天風呂あり。
若干ぬるめだったのでこれからの季節は気持ちよいかと思います。
貴重品ロッカーは100円有料式でした。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

戸倉駐車場に6:40頃到着。約半分くらい埋まってましたかね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸倉駐車場に6:40頃到着。約半分くらい埋まってましたかね。
今日からマイカー規制になります。駐車場の券売機で930円の切符買ったら、ワンボックスタクシーに乗車。定員になり次第出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日からマイカー規制になります。駐車場の券売機で930円の切符買ったら、ワンボックスタクシーに乗車。定員になり次第出発。
鳩待峠の駐車場にタクシーが到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩待峠の駐車場にタクシーが到着。
ここが尾瀬の玄関です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが尾瀬の玄関です。
1
山の鼻まで延々と木道下り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の鼻まで延々と木道下り。
川上川の手前頃に水芭蕉の群生地。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川上川の手前頃に水芭蕉の群生地。
1
川上川の手前の水芭蕉見て期待に胸をふくらませましたが、ここが一番良い状態でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川上川の手前の水芭蕉見て期待に胸をふくらませましたが、ここが一番良い状態でした。
1
可憐な水芭蕉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
可憐な水芭蕉。
1
ツツジはまだまだつぼみ。これからの季節ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジはまだまだつぼみ。これからの季節ですね。
スミレは山の鼻に行くまでの道に結構咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スミレは山の鼻に行くまでの道に結構咲いていました。
1
スミレとニリンソウかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スミレとニリンソウかな。
山の鼻に到着〜。テントスペース。数張りありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の鼻に到着〜。テントスペース。数張りありました。
2
至仏山荘の前で休憩。燕が巣作りで忙しく飛び回ってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山荘の前で休憩。燕が巣作りで忙しく飛び回ってました。
1
山の鼻を出発して尾瀬ヶ原散策スタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の鼻を出発して尾瀬ヶ原散策スタート
正面には燧ケ岳が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面には燧ケ岳が見えてきました。
1
振り返ると至仏山がきれい。
それにしても雪少なっ!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると至仏山がきれい。
それにしても雪少なっ!!
2
水際に咲いているきれいな黄色い花。リュウキンカかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水際に咲いているきれいな黄色い花。リュウキンカかな?
タテヤマリンドウとヒメシャクナゲ。
今回はリンドウが群生してましたね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウとヒメシャクナゲ。
今回はリンドウが群生してましたね。
2
逆さ燧から。残念ながら風があって見えず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逆さ燧から。残念ながら風があって見えず。
キレイな景色です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレイな景色です。
2
少し残っていた水芭蕉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し残っていた水芭蕉。
牛首に到着。少し休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛首に到着。少し休憩。
さー竜宮を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さー竜宮を目指します。
竜宮に行く途中。水芭蕉の群生地への案内板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜宮に行く途中。水芭蕉の群生地への案内板。
水芭蕉群生地から至仏山を見て。もう8割は終わっていますね〜残念。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水芭蕉群生地から至仏山を見て。もう8割は終わっていますね〜残念。
2
遠くのほうにまだ咲いている水芭蕉がありますが、木道からだとわかりづらい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くのほうにまだ咲いている水芭蕉がありますが、木道からだとわかりづらい。
いいところを探して水芭蕉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいところを探して水芭蕉。
2
水芭蕉と景鶴山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水芭蕉と景鶴山。
竜宮が見えてきました!
燧ケ岳も近くなってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜宮が見えてきました!
燧ケ岳も近くなってきた。
竜宮に到着〜ここが終点じゃないよ。トイレ済ませて進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜宮に到着〜ここが終点じゃないよ。トイレ済ませて進みます。
途中の水芭蕉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の水芭蕉。
さー見晴に向けて出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さー見晴に向けて出発。
見晴の小屋が見えてきましたよ。昨年は6月にテント泊で来ましたよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴の小屋が見えてきましたよ。昨年は6月にテント泊で来ましたよ。
小屋は営業していますが、修理進めているみたいでした。
ここの湧き水が美味しいんだから。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋は営業していますが、修理進めているみたいでした。
ここの湧き水が美味しいんだから。
今日はお弁当ゴージャスに。湧き水で冷やしたトマトが旨!
そして湧き水沸かしてカップめんとドリップしたコーヒーで至福の一時♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はお弁当ゴージャスに。湧き水で冷やしたトマトが旨!
そして湧き水沸かしてカップめんとドリップしたコーヒーで至福の一時♪
2
ボッカさんが登場。すごい荷物です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボッカさんが登場。すごい荷物です。
2
キレイに敷き詰められた花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレイに敷き詰められた花。
今回の一番は小さくて可憐なタテヤマリンドウでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の一番は小さくて可憐なタテヤマリンドウでした。
1
見晴から北方面に行き東電小屋目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴から北方面に行き東電小屋目指します。
川を一つわたり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川を一つわたり。
この小さい花はなんだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この小さい花はなんだろう。
東電小屋行く途中にも少し水芭蕉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東電小屋行く途中にも少し水芭蕉。
東電小屋に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東電小屋に到着。
東電小屋からの至仏山。きれいな景色ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東電小屋からの至仏山。きれいな景色ですね。
2
いつか行きたい景鶴山。
尾瀬ヶ原からは近いのですが、残雪期しかいけない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつか行きたい景鶴山。
尾瀬ヶ原からは近いのですが、残雪期しかいけない。
ヨッピつり橋を渡って。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨッピつり橋を渡って。
1
尾瀬ヶ原らしい景色ですね〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原らしい景色ですね〜。
1
牛首まで来ると結構ハイカーが増えていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛首まで来ると結構ハイカーが増えていました。
水辺に咲く花々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水辺に咲く花々。
1
山の鼻に到着ー。
ご当地名物花豆を使った花豆ソフト。500円也。
山の鼻休憩時に美味しく頂きました〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の鼻に到着ー。
ご当地名物花豆を使った花豆ソフト。500円也。
山の鼻休憩時に美味しく頂きました〜。
2
保護されたシラネアオイ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
保護されたシラネアオイ。
2
鳩待峠に到着。20キロ弱の行程でしたが良いハイキングルートですね。
チケット購入してタクシーで帰ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩待峠に到着。20キロ弱の行程でしたが良いハイキングルートですね。
チケット購入してタクシーで帰ります。
1
ささの湯にて汗を流しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ささの湯にて汗を流しました。
1

感想/記録

尾瀬は6月のワタスゲの季節、7月のニッコウキスゲの季節、9月の草紅葉の季節に歩いたことがありますが、有名な水芭蕉の季節は未だ訪れたことがなく、いつかは行きたいと思っていました。ちょうど仲間から尾瀬の水芭蕉が見ごろと写真を見せてもらい、急遽自分も見に行きたいと計画しました。今回はのんびりと尾瀬ヶ原だけを散策しますが、せっかくなので見晴らしまで歩く20キロ越のハイキングです。

残念ながら写真を見せてもらってから1週間後に行きましたが水芭蕉の8割は終わっていました。なんとか残っている水芭蕉を写真に収めつつ、タテヤマリンドウがいたるところに咲いているが楽しめたのが良かったです。
例年だと5月下旬から6月初旬が見ごろなのに、今年は2週間は前倒しですね。至仏山の雪の少なさにも驚きました。今年は夏が来るのが早いのか、ニッコウキスゲも早そうです。花を楽しみに山に行く計画を立てるのは、例年より早めで考えないと見ごろ逸してしまいそうですねーウーン花の山は難しいです。

鳩待峠から山の鼻の登山道の脇には、コシアブラがたくさんありました。ちょうど食べ頃の葉の具合。それを見てそろそろ上越の山も山菜取りが良い季節になってきた模様。これも例年に比べると早いか。来週か再来週行ってこようかと思います。
訪問者数:366人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ