ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 880139 全員に公開 ハイキング丹沢

SEA TO SUMMIT:海から南尾根で大山(おおやま)へ

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー kamui
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
自宅から徒歩
帰りはバスと電車を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち36%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間55分
休憩
1時間11分
合計
12時間6分
Sスタート地点04:3705:58柳島海岸交叉点09:43浅間峠(浅間打越)09:4909:53権現山10:0010:15弘法山10:1610:30善波峠10:40浅間山(名古木浅間山・善波山・ボンテン)10:48念仏山10:5211:37高取山11:4411:58不動越(イヨリ峠)11:5912:10千畳敷山12:37百合ノ台12:3812:46浅間山12:4813:04蓑毛越14:33大山15:0615:15不動尻分岐15:41見晴台15:4816:00二重滝16:0116:04阿夫利神社下社16:0516:43大山ケーブルバス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所はありませんでした
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 カメラ

写真

貝殻拾っていってきま〜す(まだ余裕)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貝殻拾っていってきま〜す(まだ余裕)
2
富士山がうっすら見えてました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山がうっすら見えてました
2
烏帽子岩が遠くに見える♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岩が遠くに見える♪
1
茅ヶ崎の海岸にはこんなリングがあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茅ヶ崎の海岸にはこんなリングがあります
3
相模川を渡るころ、大山が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相模川を渡るころ、大山が見えてきました
2
無駄にアップにしてみる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無駄にアップにしてみる
3
この手前の尾根左側から右上の大山を目指します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この手前の尾根左側から右上の大山を目指します
1
初めて出てきた道標
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めて出てきた道標
1
あの花ですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの花ですね
1
これはあの花でしょうね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはあの花でしょうね
2
権現山に到着。
頂上には展望台、水道などがあります。
途中で地形図を頼りに畑の脇を登ったら、なんだか藪漕ぎみたいになってしまいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現山に到着。
頂上には展望台、水道などがあります。
途中で地形図を頼りに畑の脇を登ったら、なんだか藪漕ぎみたいになってしまいました。
権現山からちょこっとあるくと弘法山に。このあたり一帯が綺麗な公園でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現山からちょこっとあるくと弘法山に。このあたり一帯が綺麗な公園でした。
弘法山山頂にある(たぶん)由緒ある鐘と井戸。
綺麗に整備されているので、この先もきっとユルユルのハイキングコースなのだろうと勘違い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弘法山山頂にある(たぶん)由緒ある鐘と井戸。
綺麗に整備されているので、この先もきっとユルユルのハイキングコースなのだろうと勘違い。
念仏山に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
念仏山に到着。
1
この頃には完全に疲れ切ってましたね。
なんか笑っちゃうような土の斜面の急登とかがあって珍しい感じでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この頃には完全に疲れ切ってましたね。
なんか笑っちゃうような土の斜面の急登とかがあって珍しい感じでした。
林業の方がお仕事されてました。
杉のかおりをクンクンしながら進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林業の方がお仕事されてました。
杉のかおりをクンクンしながら進みます。
1
道はトラバースしていたのですが、地形図では直登で浅間山なのでガレ場を直登してみるとこの看板が出迎えてくれました。
本当は一度見逃して戻ったら見つけましたw
そしてここから先600mくらい標高を上げなければならず、本当にツラい山行に突入です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道はトラバースしていたのですが、地形図では直登で浅間山なのでガレ場を直登してみるとこの看板が出迎えてくれました。
本当は一度見逃して戻ったら見つけましたw
そしてここから先600mくらい標高を上げなければならず、本当にツラい山行に突入です。
やっと見えた、けどまだ登らんといけないのね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと見えた、けどまだ登らんといけないのね
1
貝殻をお届けにあがりました〜♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貝殻をお届けにあがりました〜♪
5
記念にパチリ。観光客を装える格好にしてみましたよ(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念にパチリ。観光客を装える格好にしてみましたよ(^^)
7
霞んでる(*´▽`*)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞んでる(*´▽`*)
下山は見晴台コースで。
二重滝が涼しげです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は見晴台コースで。
二重滝が涼しげです。
なかなかの長旅になりました。
下道を歩いてから登るのは結構キツいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかの長旅になりました。
下道を歩いてから登るのは結構キツいですね。

感想/記録
by kamui

久しぶりに自宅から歩いて大山へ。
前回と同じではつまらないので、なるべく多く山道を歩けるように大山の南尾根と呼ぶのでしょうか?、権現山→弘法山→念仏山→高取山→浅間山→大山のルートで歩いてきました。
自宅から歩いてスタート地点の海岸へ。しばらく砂浜を歩いた後に海岸沿いのサイクルロードに移動し、相模川を渡って伊勢原街道から金目川沿いを進みました。川の右岸はほとんど歩行者しか通らないので歩きやすかったです。
権現山の登山道入口が良く分からず畑の横から入って行くと藪の中。もっと良いルートがあると思われます。
ひと登りすると権現山に。頂上には展望台もあります。この権現山と弘法山周辺は公園になっており、車で弘法山のすぐ近くまで入れるようで、子供連れの家族も多くいらしゃいました。
弘法山を過ぎると徐々に登山道らしくなってきます。念仏山、高取山を経て浅間山へ。基本的には整備された道ですがアップダウンが多いため結構大変でした。土の超急な斜面などは他ではあまり見られないような道ですね。浅間山は現在は頂上西側を巻いて歩くルートになっているようです。直登してみましたが、崩落していて登りにくいし頂上に何もないので整備されたルートをお勧めします。
すぐ先の蓑毛越から大山山頂に向けて一気に600mほど標高を稼いでいきます。ここまで歩いてきた体には結構キツかったです。表参道と合流すると今までの静かな山道とは打って変わって一気ににぎやかに。ここからは何度登ってもキツい段々を登って頂上へ進みました。
下山は見晴台コースをのんびりと。男坂で降りて山行終了です。
今日は車じゃないので下山後に豆腐を食べてビールを飲もうと思っていたのですがすっかり忘れて帰路に付きました。
歩いて帰れるようになるにはもう少し鍛錬が必要なようです。
訪問者数:245人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 右岸 崩落 藪漕ぎ 直登 山行 ガレ 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ