ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 880199 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

御神楽岳と湯沢の頭 室谷より

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー yayaya
天候朝方低い雲あるもその後快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
*登山口と周辺路肩に駐車可能。
*林道は舗装・未舗装のミックス。普通車で問題ない範囲。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間18分
休憩
20分
合計
6時間38分
S室谷登山口06:0608:22雨乞峰08:2609:15湯沢の頭09:1710:17雨乞峰10:28御神楽岳10:4211:07雨乞峰12:44室谷登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
室谷コースは残雪が無ければ道迷いするような箇所無。基本土の道で歩きやすいです。
雨乞峰〜湯沢の頭間は、ザレ場や巻道に注意が必要ですが身の危険を感じる程ではなかったです。
その他周辺情報七福温泉七福荘で入浴。山菜料理を堪能、お土産に生ワラビ購入。施設も綺麗。
http://www.shichifukuso.com/
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

こちらが登山口。ポストあり。
2016年05月22日 06:05撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが登山口。ポストあり。
1
路肩にも駐車可能ですが、トイレ無。
2016年05月22日 06:05撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
路肩にも駐車可能ですが、トイレ無。
1
基本土の歩きやすい道が続きます。残雪は既になく道は明瞭。
2016年05月22日 06:55撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
基本土の歩きやすい道が続きます。残雪は既になく道は明瞭。
1
道標は少なめですが赤符は多数あり。
2016年05月22日 07:03撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標は少なめですが赤符は多数あり。
水場。冷たくてうまい。
2016年05月22日 07:24撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場。冷たくてうまい。
1
わずかに残雪。
2016年05月22日 07:59撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わずかに残雪。
5
雨乞峰方面。季節柄小虫が凄い。
2016年05月22日 08:01撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞峰方面。季節柄小虫が凄い。
飯豊、二王子が見えてきた。
2016年05月22日 08:15撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊、二王子が見えてきた。
9
右が御神楽岳本峰ですが、ここからだと普通の山。
2016年05月22日 08:19撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右が御神楽岳本峰ですが、ここからだと普通の山。
2
水晶尾根が見えてきた。凄い!
2016年05月22日 08:26撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶尾根が見えてきた。凄い!
11
雨乞峰に到着しましたが、本峰は後回しでまずは湯沢の頭に向かいます。
2016年05月22日 08:26撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞峰に到着しましたが、本峰は後回しでまずは湯沢の頭に向かいます。
3
初めは急なザレ場を慎重に下り、岩峰は北側を巻きます。
2016年05月22日 08:33撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めは急なザレ場を慎重に下り、岩峰は北側を巻きます。
1
大分下りました。
2016年05月22日 08:39撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大分下りました。
8
御神楽沢源頭。
2016年05月22日 08:55撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御神楽沢源頭。
5
北側の尾根も凄い。ちなみにこのような岩肌の露出した斜面をアバランチシュート(雪崩路)というそうです。
2016年05月22日 08:56撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側の尾根も凄い。ちなみにこのような岩肌の露出した斜面をアバランチシュート(雪崩路)というそうです。
5
で、湯沢の頭に到着。タムシバと飯豊。
2016年05月22日 09:16撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、湯沢の頭に到着。タムシバと飯豊。
2
シャクナゲも咲いていました。
2016年05月22日 09:17撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲも咲いていました。
5
これが御神楽岳だ!
2016年05月22日 09:34撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが御神楽岳だ!
10
この景色が見たかった。感動!
2016年05月22日 09:34撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この景色が見たかった。感動!
15
アップで。虫が入らないように撮影するのが大変。
2016年05月22日 09:35撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで。虫が入らないように撮影するのが大変。
4
ボチボチ戻ります。
2016年05月22日 09:45撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボチボチ戻ります。
3
巻くところ。残雪があると通過したくないです。
2016年05月22日 10:02撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻くところ。残雪があると通過したくないです。
1
穴が開いて、下がエグレテます。
2016年05月22日 10:08撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴が開いて、下がエグレテます。
2
雨乞峰に戻りました。
2016年05月22日 10:18撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞峰に戻りました。
1
御神楽岳山頂。撮影していただきありがとうございました。
2016年05月22日 10:48撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御神楽岳山頂。撮影していただきありがとうございました。
18
守門岳。
2016年05月22日 10:36撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
守門岳。
6
浅草岳。
2016年05月22日 10:36撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅草岳。
6
越後駒・中之岳。
2016年05月22日 10:37撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越後駒・中之岳。
7
飯豊。
2016年05月22日 10:38撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊。
8
会津駒。
2016年05月22日 10:40撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
会津駒。
4
会津朝日。
2016年05月22日 10:41撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
会津朝日。
3
うっすらですが、磐梯山と猪苗代湖
2016年05月22日 10:43撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっすらですが、磐梯山と猪苗代湖
5
水晶尾根と飯豊。
2016年05月22日 10:59撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶尾根と飯豊。
9
湯沢ノ頭と尾根アップ。あそこまで行ってきた。
2016年05月22日 10:44撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯沢ノ頭と尾根アップ。あそこまで行ってきた。
6
左がマイナー名山の矢筈岳、奥が粟ケ岳。
2016年05月22日 11:00撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左がマイナー名山の矢筈岳、奥が粟ケ岳。
3
山頂直下の以前崩れていたところ。
2016年05月22日 11:01撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の以前崩れていたところ。
1
山頂手前の祠。
2016年05月22日 11:01撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前の祠。
1
サンショウウオの卵。
2016年05月22日 11:06撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サンショウウオの卵。
10
御神楽岳さようなら〜。
2016年05月22日 11:12撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御神楽岳さようなら〜。
2
太い木。
2016年05月22日 11:27撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太い木。
1
幹に大森と書いてあるところ。
2016年05月22日 11:32撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幹に大森と書いてあるところ。
新緑が綺麗。
2016年05月22日 12:06撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑が綺麗。
3
沢が近づけば登山口まですぐ。
2016年05月22日 12:31撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢が近づけば登山口まですぐ。
1
下山しました。
2016年05月22日 12:44撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山しました。
林道の未舗装部分。
2016年05月22日 13:11撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の未舗装部分。
県道からの分岐。
2016年05月22日 13:17撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道からの分岐。
県道末端の室谷洞窟。
2016年05月22日 13:19撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道末端の室谷洞窟。
開通していれば福島県の金山町に抜けられるんですが。
2016年05月22日 13:20撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開通していれば福島県の金山町に抜けられるんですが。
室谷から御神楽岳。
2016年05月22日 13:25撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室谷から御神楽岳。
3
楢山から御神楽岳。
2016年05月22日 13:35撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楢山から御神楽岳。
6
七福温泉で入浴。
2016年05月22日 15:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七福温泉で入浴。
2
山菜とお蕎麦をいただきました。お土産に採れたてのワラビも購入。
2016年05月22日 14:12撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山菜とお蕎麦をいただきました。お土産に採れたてのワラビも購入。
13

感想/記録
by yayaya

 前から登りたかった御神楽岳、単独で蝉ケ平コースはちょっと自信がないものの、あのアバランチシュートの大岩壁を見ないわけにはいかないということで室谷コースに湯沢の頭往復を追加、山行当日は好天にも恵まれ念願の景色も堪能することができ大変充実度の高い山行となりました。
 雨乞峰から湯沢の頭まで往復1.5〜2時間程度ですが、湯沢の頭まで行かなくても中間部付近でも十分景色は堪能できるので室谷コースで登られる方にはおすすめです。

アバランチシュート:
http://www.gsi.go.jp/kikaku/tenkei_hyoga.html#アバランチシュート
(3D画像があります)
訪問者数:508人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ