ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 880211 全員に公開 ハイキング比良山系

リトル比良(鹿ヶ瀬へ道間違い)

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー yataka, その他メンバー9人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間44分
休憩
49分
合計
5時間33分
Sスタート地点08:3608:53音羽バス停08:59長谷寺09:0109:34白坂10:02岳観音堂跡10:0310:17ザレ場10:53岳山11:15オーム岩11:5912:04鳥越峰12:0512:46岩阿沙利山12:4713:04鵜川越14:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所はありません。
鵜川越から鹿ヶ瀬へ下りるとき、作業道を下ってしまい、登山道から外れて遠回りをしました。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

近江高島駅からここまで20分。ウォーミングアップでした。
2016年05月22日 08:53撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近江高島駅からここまで20分。ウォーミングアップでした。
1
今日のメンバー。
2016年05月22日 08:53撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のメンバー。
1
サルトリイバラ
2016年05月22日 09:09撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サルトリイバラ
石灯籠から琵琶湖を望むが霞んでいます。
2016年05月22日 09:40撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石灯籠から琵琶湖を望むが霞んでいます。
1
石造観音三尊
2016年05月22日 10:31撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石造観音三尊
石造観音三尊の前にある道標、ここって岳山?
2016年05月22日 10:30撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石造観音三尊の前にある道標、ここって岳山?
オウム岩に到着
2016年05月22日 11:44撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オウム岩に到着
2
オウム岩からの眺め、ちょっとかすんでいます。
2016年05月22日 11:42撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オウム岩からの眺め、ちょっとかすんでいます。
2
見張山から高島駅に至る分岐点。「岩砂利山」と書いてある方向へ行きます。
2016年05月22日 12:05撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見張山から高島駅に至る分岐点。「岩砂利山」と書いてある方向へ行きます。
岩阿沙利山
2016年05月22日 12:43撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩阿沙利山
鵜川林道の少し手前で縦走路を外れて鹿ヶ瀬へ下ります。
2016年05月22日 13:03撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鵜川林道の少し手前で縦走路を外れて鹿ヶ瀬へ下ります。
何度か徒渉もあります。
2016年05月22日 13:18撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度か徒渉もあります。
基本は谷筋の右側を歩きます。この後作業道に出ますが、登山道は作業道から途中で分かれるようです。分岐に気づかず、遠回りをしてしまいました。
林道は途中で川の左岸に渡りますが、多分登山道はその橋の手前で右岸を下っていくのだと思います。
2016年05月22日 13:20撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
基本は谷筋の右側を歩きます。この後作業道に出ますが、登山道は作業道から途中で分かれるようです。分岐に気づかず、遠回りをしてしまいました。
林道は途中で川の左岸に渡りますが、多分登山道はその橋の手前で右岸を下っていくのだと思います。
ガリバー旅行村への分岐点にあるバス停「鹿ヶ瀬道」につきました。この建物の中にトイレはあるようです。
2016年05月22日 14:04撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガリバー旅行村への分岐点にあるバス停「鹿ヶ瀬道」につきました。この建物の中にトイレはあるようです。
1

感想/記録
by yataka

小生の所属している某団体の親睦行事として、リトル比良登山が開催されましたので参加してきました。メンバーは普段全く運動をしないという方から、スイム3.8km・バイク180km・ラン42.195kmのトライアスロンを完走するという鉄人まで体力差が半端ないグループでした。比較的ゆっくり目の計画でしたが、どうしても遅れがちになって、最後の鵜川越から鹿ヶ瀬までの下山行程ではバスの時間が迫っていて焦ってしまいました。
そのため歩きやすい作業道をさっさと進んだため、本来の登山道から外れてしまい、結局遠回りをしてしまいました。
作業道には田上川を横切る橋があり、右岸から左岸へ移るのですが、本来の登山道はそのまま右岸を進むようです。分岐を見逃してしまいました。
登山道はもっと下流で川を越えるようです。
「焦りは禁物」「地図よく見ること」が今回の教訓でした。
訪問者数:192人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 右岸 左岸 サル 山行 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ