ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 880224 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

花と展望の上越国境縦走

日程 2016年05月20日(金) 〜 2016年05月21日(土)
メンバー noronoro
天候1日目 曇時々晴
2日目 曇のち晴
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
谷川岳ロープウェイ駐車場を利用
2日間で1000円
土合駅に駐車しようかと思いましたが、1台もなく、夜間駐車しておくのは防犯上不安があり、ロープウェイ駐車場としました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
5時間50分
休憩
1時間10分
合計
7時間0分
谷川岳・肩の小屋06:5007:00谷川岳(トマノ耳)07:1007:30谷川岳08:00ノゾキ08:30一ノ倉岳08:30茂倉岳避難小屋10:00矢場ノ頭11:0013:20茂倉新道登山口13:40水場/高波吾策像13:50土樽駅13:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道の状況
谷川岳直下の雪田と、茂倉岳付近に残雪あり
アイゼン不要です

登山ポスト
谷川岳ロープウェイ乗り場
用紙、鉛筆共にあります
下山カード切り離し式です

トイレ
ロープウェイ乗り場、肩の小屋、茂倉岳避難小屋

携帯電波
稜線では入らない場所があります
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

1日目
今日は西黒尾根から谷川岳を目指します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1日目
今日は西黒尾根から谷川岳を目指します
3
しばらくはブナ林の急登の連続
鳥のさえずり、吹き抜ける風が心地よい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくはブナ林の急登の連続
鳥のさえずり、吹き抜ける風が心地よい
9
1時間ほどで腰掛けの木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1時間ほどで腰掛けの木
5
尾根上で最初の下りに入るところ
イワカガミが咲いていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上で最初の下りに入るところ
イワカガミが咲いていました
5
空が明るくなり、突然森林限界を超えます
背後に白毛門、朝日岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空が明るくなり、突然森林限界を超えます
背後に白毛門、朝日岳
3
ここからはマチガ沢を見ながら尾根歩き
見上げる山頂がまだまだ遠い・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからはマチガ沢を見ながら尾根歩き
見上げる山頂がまだまだ遠い・・
2
ホソバヒナウスユキソウ
鎖場付近で1株、見つけることができました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホソバヒナウスユキソウ
鎖場付近で1株、見つけることができました
9
蛇紋岩の一枚岩
遠くにロープウェイの天神平駅
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇紋岩の一枚岩
遠くにロープウェイの天神平駅
4
青空も広がり、花も増え、ペースアップ
山頂も近づいてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空も広がり、花も増え、ペースアップ
山頂も近づいてきました
7
ハクサンコザクラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンコザクラ
9
オキの耳と東尾根、マチガ沢の大岩壁
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳と東尾根、マチガ沢の大岩壁
4
山頂直下、雪田とショウジョウバカマ
ここを横切り、天神尾根と合流すれば肩の小屋は目の前
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下、雪田とショウジョウバカマ
ここを横切り、天神尾根と合流すれば肩の小屋は目の前
3
肩の小屋で受付をし、夕食
夕暮れを待ちます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋で受付をし、夕食
夕暮れを待ちます
2
18:30 山頂へ向けて出発
ガスが多いですが、なんとか夕焼けを楽しめそうです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
18:30 山頂へ向けて出発
ガスが多いですが、なんとか夕焼けを楽しめそうです
10
山頂近くで日の入り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂近くで日の入り
9
オキの耳の先、茂倉岳の彼方も染まります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳の先、茂倉岳の彼方も染まります
2
今回お気に入りの一枚
夕暮れにたたずむ、主脈縦走路
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回お気に入りの一枚
夕暮れにたたずむ、主脈縦走路
15
19:00 月が昇った山頂
もちろん、誰もいません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
19:00 月が昇った山頂
もちろん、誰もいません
2
肩の小屋に戻り、1日目の日程は終了
眼下に水上温泉街と関越自動車道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋に戻り、1日目の日程は終了
眼下に水上温泉街と関越自動車道
4
2日目
未明から明け方は一時的に西高東低
大荒れとなり、御来光はおろか、外出も断念
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目
未明から明け方は一時的に西高東低
大荒れとなり、御来光はおろか、外出も断念
4
建物で暴風を避けながら、ちょっとだけブロッケン現象
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
建物で暴風を避けながら、ちょっとだけブロッケン現象
3
少し遅くなりましたが、風が落ち着いてきたので出発
小屋の風速計では10〜15メートルとのこと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し遅くなりましたが、風が落ち着いてきたので出発
小屋の風速計では10〜15メートルとのこと
6
土曜日ですが、いまだ静寂の山頂
トマの耳よりオキの耳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土曜日ですが、いまだ静寂の山頂
トマの耳よりオキの耳
1
今度はオキの耳よりトマの耳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度はオキの耳よりトマの耳
3
稜線を一ノ倉岳に向かいます
シャクナゲが多く咲いていました
遥か遠くに主脈縦走路
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を一ノ倉岳に向かいます
シャクナゲが多く咲いていました
遥か遠くに主脈縦走路
7
一ノ倉岳直下
山桜と縦走路
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳直下
山桜と縦走路
3
谷川岳と一ノ倉沢を振り返る
稜線左右のギャップが凄い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳と一ノ倉沢を振り返る
稜線左右のギャップが凄い
3
一ノ倉岳より馬蹄形縦走路
こちらもいつか、行ってみたいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳より馬蹄形縦走路
こちらもいつか、行ってみたいです
3
茂倉岳へ向かう途中の雪渓歩き
緩斜面なので、アイゼンは不要
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳へ向かう途中の雪渓歩き
緩斜面なので、アイゼンは不要
2
ハクサンイチゲ
まるでアルプスのような風景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ
まるでアルプスのような風景
6
大源太山と、奥に平ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大源太山と、奥に平ヶ岳
4
シラネアオイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネアオイ
7
淡々と長い下りが続きます
笹原の茂倉岳と、避難小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淡々と長い下りが続きます
笹原の茂倉岳と、避難小屋
4
帰着点の土樽駅、ようやく見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰着点の土樽駅、ようやく見えてきました
3
矢場ノ頭付近
万太郎山と仙ノ倉山を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢場ノ頭付近
万太郎山と仙ノ倉山を望む
7
いよいよ縦走も終盤
これにて展望の稜線歩きとお別れ
樹林帯に入ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ縦走も終盤
これにて展望の稜線歩きとお別れ
樹林帯に入ります
1
茂倉新道下部に、ほとんど花はありませんでした
しかし、美しい林が待っています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉新道下部に、ほとんど花はありませんでした
しかし、美しい林が待っています
8
日中は快晴
今日はエゾハルゼミの大合唱です
素敵な春の声が聞けて満足でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日中は快晴
今日はエゾハルゼミの大合唱です
素敵な春の声が聞けて満足でした
4
広い草原に出たところが茂倉新道登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い草原に出たところが茂倉新道登山口
2
ここから土樽駅までたくさん咲いていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから土樽駅までたくさん咲いていました
5
歩いてきた稜線を振り返りながら土樽駅に到着し、上越国境越えは終了です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線を振り返りながら土樽駅に到着し、上越国境越えは終了です
2

感想/記録

前置き
今回は休みの2日間を使って、群馬方面に行くことにしました。
しばらく行っていない場所に限定して候補は2つ。
・尾瀬(晴れなくてもそれなりに楽しめる)
・谷川岳(晴れたら好展望が期待できる)
週末は天気も良さそうだし、高速道路からも近い谷川岳としました。

花情報
西黒尾根、茂倉新道、共に上部は花が多いです。
ショウジョウバカマ、シラネアオイ、イワカガミ、イワナシ、イワウチワなど。
ホソバヒナウスユキソウは、咲き始めです。

まとめ
谷川岳付近では、この時期、花を求めて平標山へ向かわれる方が多いのが印象的でした。
平標まで行くのに比べたら、土樽まで下りるのは順調にいくのではないかと思っていましたが・・

誤算もいくつかありました。
まずは茨城沖に低気圧が発生したこと。
未明からガスと暴風になり、稜線歩きは非常に危険な状況。
出発が遅れました。
それでもペースを上げれば12:20の水上行きに乗れると思ったのですが、風とカメラの機材でペースが上がらず、電車にも乗れない、写真も満足に撮れないというどっちつかずの状況。
良く考えれば、じっくり写真を撮りながらコースタイムで歩ける訳がないのです。
次の上越線の時刻を調べようにも、今度は電波が入らずネットで見られない。

矢場ノ頭でやっと電波が入り、いったん湯沢に出て、駅構内でゆっくりして土合に引き返す計画としました。

次回からはさらなる軽量化、時間のゆとり、エスケープの準備などをしっかり計画してから山に入ろうと思いました。
訪問者数:375人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/8/28
投稿数: 1234
2016/5/26 20:02
 西黒尾根
noronoroさん こんばんは。

西黒尾根ですか、久しぶりの本格登山ですよね?
お若いから楽勝でしたか
尾瀬は水芭蕉のピークも過ぎたみたいで、素晴らしい夕日や多くの花が見れていい選択だったのではとおもいます。
今回のお気に入りの一枚、素晴らしいです!
5Dでしょうか?
このような景色に出会えるから山小屋泊はいいですよね
登録日: 2011/4/7
投稿数: 601
2016/5/26 21:33
 kazuto645さん、こんばんは。
いつもコメント、ありがとうございます

「あの三脚」担いで行ってきました西黒尾根。
小屋泊装備、ということもあって結構足にきました
星空や夜景撮影、御来光も目論んでいたのですが、さすが上越国境・・
やや天気に翻弄されました
それでも久々の小屋は結構楽しかったですが・・

今回はペンタです。
あまり軽量化にはならなかった気がします

kazutoさんは、撮影機材やスタイル、ほぼ決まってきましたか?
私は持っていくカメラやレンズ、もう少し試行錯誤が続くかと思います。
レンズは2本が限界ですかね〜

いや〜、それにしても今回の十和田・奥入瀬・八甲田は素晴らしかった
また、撮影大会やりましょうね
登録日: 2014/8/28
投稿数: 1234
2016/5/26 22:35
 Re: kazuto645さん、こんばんは。
撮影大会は水辺を少し絡めて山を歩くようなのはどうでしょうね。
どこか考えますね。
夏の涸沢一泊なんてどうですかね?

山に行く時は三脚が一番の問題ですよね。
カメラはペンタでしたか。レンズ2本持っていくのはやはりたいへんですよね。
でも私は北岳には645とレンズ2本それにジッツオ持って上がりましたから今考えるとすごいです。   せっかく高い所に行ったら星撮りは興味ありませんか?
広角単焦点のF1.8なら軽いとおもいますよ。そうなるとやはり5Dですかね?
 
私はこれからはどこに行くにもマシンガンを持っていくとおもいます。
レンズは24-70mmEと70-200mmF4が欲しいのですが・・・しばらく無理です。
タムロンの35mmF1.8かNikon35mmは買いたいとおもっています。
登録日: 2011/4/7
投稿数: 601
2016/5/26 23:22
 再び、ありがとうございます。
梅雨から夏にかけての撮影計画は、まだ全く未定です
季節感を出せるところは工夫すればあると思うのですが・・

夜景、星空も是非やりたいです
しかし、今回夜にガスってしまい、三脚がただの重りになって相当ショックでした
リスクのない天気とエリアで撮影したいですね

これからはマシンガン常備ですか
それは凄い
私も北岳はテント装備に三脚でしたので、今考えると恐ろしいです

おっしゃるようなニコンの1.8シリーズのようなものは、キヤノンにはありません
どちらかというと、キヤノンの単焦点はポートレイトメインなので・・
5Dのセンサーもホットピクセルの症状が出てて、星空やるならまずはオーバーホールです
考えることが多すぎて、それだけで疲れます
kazutoさんは、いい相棒に巡り合えてよかったですね
登録日: 2011/9/4
投稿数: 408
2016/5/26 23:24
 noronoroさん お疲れ様でした
こんばんは!
西黒って今でも日本三大急登でしたっけ?
三脚担いでお疲れ様でした

気まぐれな上越国境の天候の中、
新緑や夕日に染まる稜線美が最高ですね

私は相変わらずの出張続きですが、なんとか乗じて
現地登山を企んでいますが、なかなかです...

梅雨っぽい景色でも撮りに、
また撮影大会しましょうね
素晴らしい景色
ありがとうございました。
登録日: 2011/4/7
投稿数: 601
2016/5/26 23:39
 kenodeos7dさん、こんばんは!
仕事お忙しい中、ご訪問、コメントありがとうございます
kenさんも、日光や鎌倉、おつかれさまでした。

星空やご来光を見られなかったのは残念ですが、これは自然相手なので仕方ないですね。
それに、泊りの装備で2日間三脚担いだのも、最近していないので非常に疲れました。

最近は連休取れなくて日帰りが多かったのですが、やはり山に泊まらないと見られない景色もありますものね
しばらく遠ざかっていたのですが、まだ泊まり登山の意欲が再燃したので、少し回数を増やしたいです
今回の反省も踏まえて、もう少しゆったり目のプランにするつもりです

撮影大会、是非またやりましょう
新幹線出張ハイクもお待ちしております

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ