ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 880825 全員に公開 ハイキング石鎚山

石鎚山

日程 2016年05月21日(土) [日帰り]
メンバー yanakunhirotrail
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
土小屋に駐車
下山後、面河から土小屋まで戻るのに当初は面河発15:02(最終)のバスを利用する予定であったが、時間条件がどうにも調整できず結局タクシーを利用する事にした。
(バス\790、タクシー\6500)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間22分
休憩
2時間58分
合計
9時間20分
Sスタート地点07:3708:30東稜分岐09:37南尖峰11:1211:16石鎚山11:2911:35石鎚山・弥山12:0912:14三ノ鎖(下)12:21面河分岐12:2513:42愛媛大学山岳会石鎚小屋13:56面河山13:5815:37面河登山口15:5016:13面河渓駐車場16:3016:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
土小屋ルートから東稜を登り、面河ルートで下山した。
⚫️土小屋〜弥山
今回は東稜を歩くのにも少し余裕が出てきて、できれば北沢、中沢、南沢からの出合いや墓場尾根を偵察したいと思っていた。東稜基部にて休憩しながら準備していると、ルートに詳しい方との幸運な出会いがあり、南尖峰までご一緒させて頂いた。興味のある事を色々と質問すると、ご親切にわかりやすく教えて下さり、とても勉強になった。
⚫️弥山〜面河
弥山から表参道に下山し、三ノ鎖下分岐からしばらくはとても気持ちの良い笹原を歩く。石鎚山を振り返ると、表参道や土小屋ルートから見るのとはまた違ったシルエットが楽しめる。
次第に樹木に視界が遮られてくるが、新緑の美しい自然林に癒される。紅葉の時期もすばらしいらしい。長い下山を終えて面河渓谷に出ると、素晴らしい渓谷美に感動を覚えながら、疲れを忘れて気持ちよく歩ける。

面河ルートは明瞭で迷う事はないが、片方斜面となっているトラバース気味の道が多く、崩壊地やルンゼ、沢筋にある桟道・桟橋は朽ちて傾いている物もあり気を使う。その為思いの外下山が進まない。

余談だが本日1番キモを冷やしたのは帰りの運転であった。ガソリンが残りわずかしかなく、瓶ヶ森あたりでエンプティランプ点灯。下り道はほぼアクセルを踏まず、超エコ走法でなんとか麓のGSに辿り着いたがギリギリであった。林道走行の際は事前に給油必須を改めて認識した。

記録 hirotrail
その他周辺情報久万高原町はとてもいい
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

カニのヨコバイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カニのヨコバイ
4
南尖峰への岩場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南尖峰への岩場
3
南尖峰おりて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南尖峰おりて
2
キャンプしたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプしたい
1
訪問者数:376人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 紅葉 出合 ルンゼ 渓谷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ