ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 880886 全員に公開 ハイキング伊豆・愛鷹

ブナの主を探して伊豆の山奥へ

日程 2016年05月23日(月) [日帰り]
メンバー Echigoya, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
修善寺からレンタカーで仁科峠へ――約40分。
仁科峠には5〜6台分の駐車場があり、朝9時半頃にはほぼ満車に。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち99%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間34分
休憩
58分
合計
5時間32分
S仁科峠09:2909:36なべ石09:3709:55後藤山09:5710:17猫越岳展望台10:2210:28猫越岳山頂の池10:32猫越岳10:3510:55猫越峠12:00長沢頭12:0712:44手引頭13:1913:50猫越峠14:10猫越岳14:15猫越岳山頂の池14:1714:22猫越岳展望台14:39後藤山14:4014:56なべ石14:5815:01仁科峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報下山後は仁科峠から車を50分ほど運転して天城荘の露天風呂へ。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

仁科峠の駐車場からスタート!
2016年05月22日 09:27撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仁科峠の駐車場からスタート!
伊豆山稜線歩道の西側半分を見通す。
2016年05月22日 09:36撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆山稜線歩道の西側半分を見通す。
こちらは東半分。これから行く方角。
2016年05月22日 09:37撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは東半分。これから行く方角。
サラサドウダンかな?
2016年05月22日 09:54撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サラサドウダンかな?
3
後藤山を過ぎるとブナが出てくる。
2016年05月22日 10:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後藤山を過ぎるとブナが出てくる。
1
気持ちの良いトレイル。
2016年05月22日 10:10撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良いトレイル。
1
何の花かな?
2016年05月22日 10:14撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何の花かな?
1
ブナ街道を登ってく。
2016年05月22日 10:14撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ街道を登ってく。
3
木漏れ陽。
2016年05月22日 10:17撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ陽。
1
コースから20mほど寄り道したところにある展望台より。
2016年05月22日 10:21撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コースから20mほど寄り道したところにある展望台より。
猫越池。
2016年05月22日 10:27撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫越池。
ヤマツツジ。
2016年05月22日 10:50撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマツツジ。
3
地を這う幹からすっと伸びてる赤い葉は何なんだろう。たくさん見かけた。
2016年05月22日 10:53撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地を這う幹からすっと伸びてる赤い葉は何なんだろう。たくさん見かけた。
あそこに大ブナ!
2016年05月22日 11:06撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あそこに大ブナ!
2
こっちにも大ブナ!
2016年05月22日 11:07撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちにも大ブナ!
1
なかなか足が進まない。
2016年05月22日 11:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか足が進まない。
3
ヒメシャラもすごい迫力。
2016年05月22日 11:12撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメシャラもすごい迫力。
2
うしろのヒメシャラも合わせて。
2016年05月22日 11:12撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うしろのヒメシャラも合わせて。
1
ヤマツツジが鮮やか。
2016年05月22日 11:32撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマツツジが鮮やか。
1
もう1枚。
2016年05月22日 11:34撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう1枚。
1
ここから登ってみることにしたけど、ツゲ峠まで足を伸ばして尾根伝いに折り返す方が普通っぽい。
2016年05月22日 11:49撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登ってみることにしたけど、ツゲ峠まで足を伸ばして尾根伝いに折り返す方が普通っぽい。
でも意外に気持ち良い登り。
2016年05月22日 11:53撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも意外に気持ち良い登り。
ツタやコケでびっしり。
2016年05月22日 11:57撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツタやコケでびっしり。
長沢頭。ここから西側はちょっと歩きにくかった。
2016年05月22日 12:00撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長沢頭。ここから西側はちょっと歩きにくかった。
1
鹿の頭ブナ。
2016年05月22日 12:15撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿の頭ブナ。
1
うねるブナ。
2016年05月22日 12:15撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うねるブナ。
2
長沢頭の西側から1000mピークへ向かう。
2016年05月22日 12:19撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長沢頭の西側から1000mピークへ向かう。
このあたりは歩きやすい。
2016年05月22日 12:19撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりは歩きやすい。
振り返って。
2016年05月22日 12:21撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って。
根こそぎ倒れてもなお新緑を広げてる。
2016年05月22日 12:27撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根こそぎ倒れてもなお新緑を広げてる。
クワガタもしくはお相撲さん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クワガタもしくはお相撲さん。
1
巨人がガニ股で歩いてるかと思いきや・・・
2016年05月22日 12:35撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨人がガニ股で歩いてるかと思いきや・・・
1
上まで撮すとこんな感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上まで撮すとこんな感じ。
手引頭の標識。
2016年05月22日 13:01撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手引頭の標識。
手引頭のブナの主。やっと会えた・・・。
2016年05月22日 12:52撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手引頭のブナの主。やっと会えた・・・。
6
上の写真を撮影してる自分が左下に(^^)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の写真を撮影してる自分が左下に(^^)。
反対側から。妻が小さく見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側から。妻が小さく見える。
3
角度によって見え方が全然違う。
2016年05月22日 12:52撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
角度によって見え方が全然違う。
3
ブナの主の手前にもう1つ大ブナを入れて。これと同じアングルの写真を2年前に見たのが今回の山行のきっかけ。
2016年05月22日 12:59撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの主の手前にもう1つ大ブナを入れて。これと同じアングルの写真を2年前に見たのが今回の山行のきっかけ。
2
入り組んだブナ。
2016年05月22日 13:35撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入り組んだブナ。
この標識の上のところに「ブナ峠」とマジックで書いてある。
2016年05月22日 13:37撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この標識の上のところに「ブナ峠」とマジックで書いてある。
標識のすぐ近くの反対側に手引頭入り口の大ブナと呼ばれるブナ。でもそうした標識があるわけではない。
2016年05月22日 11:16撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識のすぐ近くの反対側に手引頭入り口の大ブナと呼ばれるブナ。でもそうした標識があるわけではない。
1
ブナ峠から手引頭への登り始めはこんな感じ。
2016年05月22日 13:24撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ峠から手引頭への登り始めはこんな感じ。
この枯れ木は2年前にも見た記憶が。
2016年05月22日 14:14撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この枯れ木は2年前にも見た記憶が。
下山後は天城荘の露天湯! 貸切状態だったので写真撮っちゃいました。うしろの河津大滝は小さく見えるけど落差30mで、音が大迫力。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後は天城荘の露天湯! 貸切状態だったので写真撮っちゃいました。うしろの河津大滝は小さく見えるけど落差30mで、音が大迫力。
3
撮影機材:

感想/記録

2年前にトレランで伊豆山稜線歩道を走った数週間後にネットで知ったコース近くの巨大ブナを妻と一緒に探しに行ってみた。

あらかじめルートも決めず、ひたすらブナを探して道なきエリアに踏み込んでウロウロ。

*****
巨大ブナは手引頭(てびきがしら)の山頂標識のすぐ裏にあった。ネット情報によると、幹回り5.45mだとか→ http://izu-np.co.jp/feature/news/20140906iz0004000144000c.html

ブナの樹齢は直径の約250倍だそうなので、樹齢400〜500年かな。

*****
手引頭へのルートとしては以下の2つが一般的なようだ。

 屮屮米宗廚ら伊豆山稜線歩道正規コースの北側の尾根伝いに東へ行く――直線距離で約400m。「ブナ峠」という表示は地図上にないけど、標識の上にマジックで「ブナ峠」と書いてある。

▲張夏修ら伊豆山稜線歩道正規コースの北側の尾根伝いに北西に行く――直線距離で約800m。

 Ν△箸癲踏み跡はほとんどなし。一部藪っぽいエリアもあるけど、少しでも木の枝の少ないルートを探りながら尾根から外れないように進めば何とか進める。

今回自分たちは事前調査不十分で,皚△眞里蕕覆ったので、難しいルートに何度か踏み込んでかなり苦労した。妻には申し訳なかった・・・。

*****
手引頭の南東200mにある標高約1000mのピークは不思議な空間だった。開けた丘のような空間に個性的なブナが点在している。こんな感じ↓





*****
仁科峠から後藤山までは往復ともウグイスの声でいっぱいで、人生で初めてウグイスの動画を撮影できた。





*****
往復とも猫越岳山頂で十数人の年配の方々のグループに出会ったほかは、昨日の天城山周回と全然違ってほとんど誰とも会わなかった。
訪問者数:255人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ