ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 880931 全員に公開 ハイキング比良山系

中井新道 retry <近江舞子〜ヤケオ・暑さで撤退>

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー notung
天候晴時々曇 山上も気温25℃前後 ほぼ無風
アクセス
利用交通機関
電車
往路:JR神戸線・摂津本山 → 京都(乗換)→湖西線・近江舞子駅(京都乗換)
 所要 1時間47分
復路:JR湖西線・近江舞子 → 神戸線・芦屋(新快速・直通)→ 摂津本山 
 所要 1時間20分
「春の関西ワンディパス」周遊券を利用。
 ※期日指定、区間内は終日乗降自由 \3,600
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間56分
休憩
2時間25分
合計
8時間21分
SJR 近江舞子駅07:4708:03八幡神社08:10湖西道路高架08:35梅ノ木谷林道(中井新道入口で迷う)09:0409:34「通せんぼの分岐」09:462015ペンキ岩(その1)09:59「ヌタ場の分岐」(休憩)10:0710:15「迷いの分岐」(探索)10:2710:45行動食休憩10:5111:002015ペンキ岩(その2)~この間、立ち休み無数〜11:48P76112:05COOL DOWN 休憩12:2112:38P880(軽食と散策〜撤退)13:2814:042015ペンキ岩(その2)14:19「迷いの分岐」14:29「ヌタ場の分岐」(休憩)14:3414:422015ペンキ岩(その1・休憩)14:5015:04「通せんぼの分岐」15:23梅ノ木谷林道(中井新道入口)15:3415:55八幡神社16:08JR 近江舞子駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
登高合計(近江舞子〜ヤケオP833)
291min 4時間51分 純歩行 220min 3時間40分
下山合計(往路を戻る)
160min 2時間40分 純歩行 136min 2時間16分
行動総計 451min 7時間31分 純歩行総計 356min 5時間56分
山行総計 501min 8時間21分
コース状況/
危険箇所等
※中井新道(ヤケオ東南尾根道)は「新道」の名称とは裏腹に
 地形図や登山地図に記載もなく、今は廃道状態になっているルート。
 去年下りで歩いた際にはほとんど無かったテープ類がかなり増えていましたが
 ペンキ類のマーキングは相変わらず少ないです。
 テープは布製の赤をはじめ、新しいオレンジのほか薄青、緑など
 色はさまざまですが、ほぼ全てが信用できました。
 但し(当然ながら)朽ち木や倒木に巻かれたテープは
 ロストの恐れが多分にあるため、今後も過度に期待しないよう要注意です。

○JR近江舞子駅〜八幡神社〜(別荘地)〜梅ノ木谷林道
 駅を背に西へ、まず八幡神社を目指します。
 直ぐに出会う真新しいY字路は左へ進む(右は新興住宅街)。
 >今日はウッカリ右へ入ってしまい、神社まで数分をロスしました
 R161旧道を押しボタン信号で渡ってしばらく道なり、
 「白髭社○○」と書かれた石柱と大灯籠に出会います。
 鳥居をくぐったら社殿の右側から神社の裏手に進み、
 すぐの(住宅を挟んだ)Y字路は右へ(左の方が太いので注意)、
 小橋を渡った先で湖西道路の高架をくぐります。
 >この高架は小松ランプと近江舞子ランプの中間地点。
 >くぐった先からは北西方向を意識して歩きました。
 用水タンクの前を横切り、墓地の誘導路を横目に
 舗装された曲がり道をゆるく登った先が別荘地。
 >このあたり、西に視界が開けて目指すヤケオの稜線がグッと近づく。
 別荘地を奥へ、なんとなく自然に辿り着く小橋を渡ると
 幅は広いが荒れた道にぶつかります。これが梅ノ木谷林道。
 立ち並ぶ数軒の廃屋の前から登りにかかる。
 >大堰堤工事の際に拓かれた林道ですが、現在は荒れ放題。
 >ゴロタ石ごろごろ、倒木も多くてクルマでの進入は困難。
○梅ノ木谷林道〜中井新道入口
 15分程度林道を登り、左側に「管理地・スミレ」の看板が出てくれば
 登山道入口は近い。道の右側を注意して進みます。
 >途中「スミレ看板」は右側にもあるが、これは無視します。
 >目安になるのは左側(一箇所のみ)の看板です。
 看板のすぐ先、左側に大きな石が数個並んだ場所があり、
 これを少し行き過ぎた右側の木に、赤・オレンジのテープ。
 >実はこの手前にも古い赤テープがあり、いったんここから進入して
 >登山道を捜しましたが全く見当たらず、貴重な30分をロスしました。
 >進入箇所が十数メートル違うだけでこの結果・・恐ろしいですが
 >大堰堤の脇まで行ってしまうと行き過ぎです。
 ここから入って少し登るとやっと次のテープがつながり、
 やがて沢床を直接歩くようなトレンチ状の登山道に導かれます。
 しかし、いかんせん「廃道」ですので、掘り込まれた道の底には
 長年の倒木やゴロタ石、落葉も堆積して非常に歩き難い。
 ところどころ道を外れて、掘り込みの脇を歩いた方が良いと思います。
○入口〜通せんぼの分岐〜ペンキ岩(1)〜ヌタ場の分岐
 序盤はつづらを切って結構な斜度を登ります。
 小崩落や折り重なった倒木を越えるイヤラシイ箇所も度々ありますが
 道筋はさらに明瞭になり、テープ類も適度に出てくるので
 道そのものを見失う危険・不安はほぼありません。
 初めに出てくる明瞭な分岐は左へ(右はたくさんの枝で通せんぼ)。
 赤ペンキで「2015」と書かれた(方向表示なし)岩に出合うので、
 左側を登りに取って道なりに進む。
 次に出てくる分岐は、誤った方向(直進、緩やかな登り)にも
 ハッキリした道があるので少し厄介ですが、テープの指示通り左へ、
 より急な登り方向に取ります。
 >誤った方向に進むと、道に大きな穴(古いヌタ場?)があります。
 >「穴がある方が間違い」と記憶すれば良いと思います。
○ヌタ場の分岐〜迷いの分岐〜ペンキ岩(2)
 10分強ほど登った次の分岐がまたまた厄介。
 ここも誤った方向(左)に道形のシッカリした道が続いています。
 結果から云うと右へ直進方向が正解なのですが、行こうとする手前に
 ちょうど「通せんぼ」で置かれたような倒木が複数あり、
 しかも直前のヌタ場の分岐(左が正解)とは真逆の「右が正解」なので
 行きつ戻りつ、ずいぶん迷わされました。
 >前回、下りの際に全く気にならず記憶にも残っていないのは、
 >「左右どちらも登り方向」になるからでしょう。
 >「こんな場所あったかな」という戸惑いもありました。
 >コンパスと地形図でおよその方向を確認できたため、
 >最後はテープを信用して直進方向に進みました。
 >左は植林帯の管理道(現役の作業道)ではないでしょうか。
 分岐からしばらくはつづらを切らず、だらだらと直進が続きます。
 このあたりで林相が変わり、周囲が少しずつ明るくなります。
 大きな岩がごろごろ転がった印象的な箇所を過ぎると(二回目の)
 赤ペンキで「2015」と書かれた岩に出会う。
○ペンキ岩(2)〜P761〜(尾根登り)〜P880
 ここから再び急なつづら折りと平坦を繰り返しながらグッと高度を上げ
 いよいよ頭上に空が近づいてくれば、P761は近い。
 P761は「ピーク」と云うよりは「懸崖の端」という印象。
 >ここで初めて全周が明るくなり、北側(ヤケ山〜北小松方面)の
 >眺望も眼下に広がります。
 ここから尾根芯を辿りながら、明るくなった急坂を登る。
 登山道の名残と思しき平坦な箇所もありますが
 テープ類も適度な間隔で続いており、あくまで「尾根を辿る」という
 気構えで行けば、まず迷うことはないと思います。
 ラストに待ち受ける急登を這い上がってP880に到着。
 >期待通り、まさに360度の眺望が楽しめます。足下は急に切れ落ちて
 >「琵琶湖側にグッと張り出した展望テラス」的な感じ。
 >行く手にヤケオの山頂、足下に内湖と南小松、近江舞子の湖岸。
 >北にはオトシの明瞭な凹地とリトル比良の山並み。
 >鹿ヶ瀬の集落と蛇谷ヶ峰、朽木の里。
 >少し登ると、湖岸からもよく見える「ヤケオの大ガレ」。
 >大崩落のへり際から見る、蓬莱山から比叡山への連なりも見事。
○P880(食事と周辺散策)
 熱中症気味の大バテ、飲み水も残り少なくなり
 今日はヤケオ山頂は諦め、ここで引き返すことに決定。
 >あと標高差100mを登る気力がどうしても湧かず、
 >行ったところで「水もないのに、あとどうすんの?(泣)」
 去年、誤って下った地点を確認し、改めて道迷いの原因も明確になりました。
○復路はそのまま中井新道をピストン下山、登りで迷った登山口付近も
 難なく通過して近江舞子からJR乗車。
その他周辺情報・阪神間へ直通の新快速は近江舞子駅発、毎時20分台に一本あり。
・ヤケオを通って涼峠へ下る大石道が開鑿される以前は、この中井新道が
 メインルートだったようです。そのあたりの事情や歴史は、弊日記
 「比良連峰」森本次男(山渓文庫・1961)半世紀前のガイドブック・3
  http://www.yamareco.com/modules/diary/29705-detail-101823
 に記述していますので、ご興味のある向きはどうぞ。

装備

個人装備 飲料水(持参2Lをすべて消費) 化繊速乾シャツ(長袖) 半袖速乾ポロ サポートタイツ 薄手ソフトシェルパンツ 化繊ソックス(light weight 履き替えも持参) トレランシューズ(走りませんが) ショートゲイター 防眩帽 ウインドブレーカー(着用せず) ステッキ(シングル)
備考 飲料水さらに500cc必要でした。
ほか、扇子・ウチワなど・・持って行けば良かった!

写真

「春の関西ワンディパス」を利用。北は敦賀まで乗り放題で@3,600なり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「春の関西ワンディパス」を利用。北は敦賀まで乗り放題で@3,600なり。
3
0742 近江舞子ホームから、目指すヤケオ〜釈迦岳。
大ガレもクッキリ見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0742 近江舞子ホームから、目指すヤケオ〜釈迦岳。
大ガレもクッキリ見えます
1
堂満も蓬莱も湿気で霞んで、今日は暑くなりそう・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂満も蓬莱も湿気で霞んで、今日は暑くなりそう・・・
1
GPSセットして、いざ出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
GPSセットして、いざ出発
1
梅ノ木谷までの経路をまとめました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅ノ木谷までの経路をまとめました
1
ちょっと迷いましたが・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと迷いましたが・・
1
0803 八幡神社。社殿に一礼して・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0803 八幡神社。社殿に一礼して・・
1
右側から裏手へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側から裏手へ
1
小橋を渡ってほどなく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小橋を渡ってほどなく
1
湖西道路・小松ランプの下をくぐります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖西道路・小松ランプの下をくぐります
1
(左に行きたくなりますが)タンクの前を横切り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(左に行きたくなりますが)タンクの前を横切り
1
墓地も横手に見送って
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
墓地も横手に見送って
1
別荘地へ・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別荘地へ・・
1
奥へ奥へと進むと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥へ奥へと進むと
1
0820 梅ノ木谷を渡る小橋に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0820 梅ノ木谷を渡る小橋に到着
1
(ちょっとヤバめの?)廃屋前から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(ちょっとヤバめの?)廃屋前から
2
荒れた林道を登りにかかる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒れた林道を登りにかかる
1
例の「スミレ看板」。道の右側にあるのは無視で・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
例の「スミレ看板」。道の右側にあるのは無視で・・
1
左側のが見えたら、登山口は近い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側のが見えたら、登山口は近い。
1
0835 新しいテープに惑わされ、いったんココから進入しましたが・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0835 新しいテープに惑わされ、いったんココから進入しましたが・・
1
どーにもこーにも、まったく道が見当たりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どーにもこーにも、まったく道が見当たりません。
1
もう少し上流が正解のようです・・結局30分もロスしてしまいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し上流が正解のようです・・結局30分もロスしてしまいました
1
あらためて空荷で探索した結果、ココが正解でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あらためて空荷で探索した結果、ココが正解でした
2
0904 新しいテープもつながって、ようやくリスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0904 新しいテープもつながって、ようやくリスタート
1
やっと登山道らしくなってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと登山道らしくなってきました
1
1年前に一回通っているのに・・登りと下りでは全然印象が違いますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1年前に一回通っているのに・・登りと下りでは全然印象が違いますね。
1
この鉢巻みたいな布テープは、最後まで連れ添ってくれました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この鉢巻みたいな布テープは、最後まで連れ添ってくれました
1
長年の間に積もった落ち葉と・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長年の間に積もった落ち葉と・・
1
急な傾斜に折り重なる倒木、こんなところも掻き分けて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な傾斜に折り重なる倒木、こんなところも掻き分けて
1
序盤はけっこう削られます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
序盤はけっこう削られます
1
ここまで来れば見覚えあり、ひと安心
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来れば見覚えあり、ひと安心
2
0934 初めの分岐・・ここは左へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0934 初めの分岐・・ここは左へ
1
通せんぼの枝を二本ほど足しておきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通せんぼの枝を二本ほど足しておきました
3
陽が差せば、いやもう暑いのなんの!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽が差せば、いやもう暑いのなんの!
1
0946 なんで2015? 「去年は通れたよ」って意味でしょうかね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0946 なんで2015? 「去年は通れたよ」って意味でしょうかね
1
0959 ヌタ場の分岐。通せんぼに頼らずとも、ここは去年の記憶明瞭で・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0959 ヌタ場の分岐。通せんぼに頼らずとも、ここは去年の記憶明瞭で・・
1
正しい方にテープも完備されていますが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正しい方にテープも完備されていますが
1
間違いの方もキレイな道が続くので、知らないと迷い込みそうですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間違いの方もキレイな道が続くので、知らないと迷い込みそうですね
「穴が空いてる方が間違い」と覚えれば無問題
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「穴が空いてる方が間違い」と覚えれば無問題
1
つづらを切って続く登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つづらを切って続く登り
1
1015 今日一番の「迷いの分岐」。結果から云うと、右が正解なのですが・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1015 今日一番の「迷いの分岐」。結果から云うと、右が正解なのですが・・
1
左(誤ルート)の方も、ご覧の通りの明瞭な道形です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左(誤ルート)の方も、ご覧の通りの明瞭な道形です
1
この倒木にトコトン惑わされたという次第。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この倒木にトコトン惑わされたという次第。
1
それでも何とか方向を割り出せたので・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでも何とか方向を割り出せたので・・
1
1027 やはりテープを信用することにしました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1027 やはりテープを信用することにしました
1
ギンリョウソウ?肉眼で初めて見ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ?肉眼で初めて見ました
3
だらだらと一直線の登り。これが長かった・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だらだらと一直線の登り。これが長かった・・
1
大石ゴロゴロ地点で・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大石ゴロゴロ地点で・・
1
1045 たまらず行動食休憩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1045 たまらず行動食休憩
2
小広くなって踏跡が紛れますが、あくまで登り方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小広くなって踏跡が紛れますが、あくまで登り方向
1
1100 出た「2015岩」第二弾
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1100 出た「2015岩」第二弾
1
一向にペースが上がらず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一向にペースが上がらず
ここらあたりから立ち休みは無数・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここらあたりから立ち休みは無数・・
1
落ち葉フカフカなのはイイけれど
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉フカフカなのはイイけれど
1
やっぱり「今日はアカン日や」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり「今日はアカン日や」
1
あっちこっちでヘタりこみながら・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっちこっちでヘタりこみながら・・
1
こんな坂ひとつ越えるのも「牛歩戦術」(苦笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな坂ひとつ越えるのも「牛歩戦術」(苦笑)
2
でも、脚さえ動いてれば何とかなるもんです・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、脚さえ動いてれば何とかなるもんです・・
2
1148 やっとの思いでピーク761
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1148 やっとの思いでピーク761
2
ホッとした油断か熱中症か・・頭クラクラ。この日陰で20分のCool Down
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホッとした油断か熱中症か・・頭クラクラ。この日陰で20分のCool Down
1
1年前、道迷いから脱出したメモリアル地点(笑)で記念の自画撮り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1年前、道迷いから脱出したメモリアル地点(笑)で記念の自画撮り
2
あとはただ、ひたすら上を指して・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとはただ、ひたすら上を指して・・
1
「なんぼ時間かかってもイイから」尾根登りに専心です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「なんぼ時間かかってもイイから」尾根登りに専心です
1
おお、ようやくP880が近づく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお、ようやくP880が近づく
1
手足総動員、這いつくばって(泣笑)・・あとちょっと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手足総動員、這いつくばって(泣笑)・・あとちょっと
3
ここは背後を振り返らないよう我慢ガマン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは背後を振り返らないよう我慢ガマン
2
1238 ピーク880
これを見たさに頑張ってた訳で・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1238 ピーク880
これを見たさに頑張ってた訳で・・
3
正面にヤケオ山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面にヤケオ山頂
2
北にオトシとリトル比良
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北にオトシとリトル比良
2
北西は鹿ヶ瀬から蛇谷ヶ峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西は鹿ヶ瀬から蛇谷ヶ峰
2
湖岸と北小松の町並み、湖面彼方に霞む沖島
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖岸と北小松の町並み、湖面彼方に霞む沖島
3
お約束、お花越しの内湖・・期待通りの素晴らしい眺望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お約束、お花越しの内湖・・期待通りの素晴らしい眺望
2
リュックをデポして周辺散策。完全電池切れ、水も残り少なく、撤退決定です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リュックをデポして周辺散策。完全電池切れ、水も残り少なく、撤退決定です
1
「今日はこのへんで堪忍しとったるワ!」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「今日はこのへんで堪忍しとったるワ!」
2
湖岸からもよく見える「ヤケオの大ガレ」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖岸からもよく見える「ヤケオの大ガレ」
2
霞むのは堂満の稜線、蓬莱山から遠くは比叡山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞むのは堂満の稜線、蓬莱山から遠くは比叡山
2
内湖と近江舞子。モーターボート「涼しやろなぁ」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
内湖と近江舞子。モーターボート「涼しやろなぁ」
2
目立つ一本にも忘れず挨拶
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目立つ一本にも忘れず挨拶
1
1年前はココから下ってしまい、1時間もルートロスしました・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1年前はココから下ってしまい、1時間もルートロスしました・・
1
1328 それでは退散
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1328 それでは退散
1
(云うまいと思えど)このテープが去年ココにあったら・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(云うまいと思えど)このテープが去年ココにあったら・・
1
下山はサクッと30分で「2015岩(その2)」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山はサクッと30分で「2015岩(その2)」
1
倒木乗り越え
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木乗り越え
1
フカフカで滑りにくいのも好都合
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フカフカで滑りにくいのも好都合
1
あっという間に・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間に・・
1
1419「迷いの分岐」
確かに下りでは気になりませんね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1419「迷いの分岐」
確かに下りでは気になりませんね
2
オレンジの新テープには、ずいぶん助けられました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オレンジの新テープには、ずいぶん助けられました
1
グゾグゾに腐った倒木。足を乗せないよう注意
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グゾグゾに腐った倒木。足を乗せないよう注意
1
1442「2015岩その1」で小休止
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1442「2015岩その1」で小休止
1
ここからしばらく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからしばらく
倒木越えに難儀しますが・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木越えに難儀しますが・・
1504 最後の分岐を過ぎると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1504 最後の分岐を過ぎると
1
あとはもう一目散に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとはもう一目散に
メンドクサイのでテキトーに下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メンドクサイのでテキトーに下ります
1
1523 朝の出発点とは違いますが(笑)林道に合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1523 朝の出発点とは違いますが(笑)林道に合流
1
すたこらさっさ、直通新快速を目指して・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すたこらさっさ、直通新快速を目指して・・
1
余裕で間に合いました
1608 近江舞子 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
余裕で間に合いました
1608 近江舞子 
1
駅前から、夕陽バックにヤケオ〜釈迦の稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅前から、夕陽バックにヤケオ〜釈迦の稜線
2
1629 直通・姫路行き新快速で快適帰宅
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1629 直通・姫路行き新快速で快適帰宅
3

感想/記録
by notung

1年ぶりの中井新道リトライ、計画練って登りにかかりましたが
想定外はこの暑さ、加えて自信があったはずの登山口探索で朝の貴重な時間ロス。
P761を越える辺りから、熱中症の軽い目眩に襲われ、もはやヘロヘロ状態。
あと、暑いなか標高差900mのイッキ登りを正直少しナめてました。
「アカンしんどい」「無理してまでヤることちゃうやん」「山は逃げへんがな」
幾多の誘惑(?)を退けられたのは、やはり「去年の雪辱」。
P880の眺望はもちろん期待通りでしたが、迷った場所を再訪して原因究明
・・なんとも云えずイイ気分でした。
あらためて、些細な勘違いが如何にコワい結果につながるか、
一回の記憶ではやはり心許ないこと、下りと登りの印象が大違い、等々
(正直、新しいテープがなければ、迷いの分岐でどうなっていたやら)
乏しい体力と共に、課題はまだまだ山積みですね。

記念すべき(笑)100レコ目が敗退山行に終わったのも「ま、いいか」。
もう少し涼しい日を選んで(汗)、登り残したヤケオ山頂に
もう一度「リ・リトライ」します。
訪問者数:198人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/8/25
投稿数: 2
2016/5/24 22:51
 p880で
お世話になりました
僕はあの後、ヤケオ山に登りヤケ山〜涼峠〜北小松駅と下山しました
北小松駅で30分程ノンビリして17時24分の新快速で帰路につきました
またどこかでお会い出来る事を楽しみにしてます
登録日: 2012/5/11
投稿数: 229
2016/5/25 21:14
 ありがとうございました。
alm-rosen さん、こんばんは。
ヤマレコ user でいらっしゃったんですね。
P880は、ちょっとマニアック(?)な場所ではあるので、
思いもかけず楽しくお話でき、さまざま戴いた情報ともども御礼申し上げます。
その折りはお相手戴いてありがとうございました。
確か、道のないヤケオの東尾根から藪漕ぎで登られたと伺いましたが
帰路は大石道から余裕で下山とのこと・・
ご承知の通り、此方はピストン下山が精一杯でしたが、
そんな軟弱山行のレコにご来訪戴き、イヤハヤまったく汗顔の至りです・・

此方こそ、また六甲か比良のどこかでお会いできれば幸いです。
登録日: 2013/2/22
投稿数: 1533
2016/5/27 12:22
 リベンジ、大成功!
やるやるとは聞いていましたが
とうとう、やってしまいましたね!
こういう未踏は、まず取付きから難儀しますよね
検討違いのとこから登れば明後日の方向へ行ってしまうし
また、登りと下りの印象はまるっきり違うから
より慎重にならざるを得ないですし。
でも、その達成感は一入でしょうね!
しかし、
>「アカンしんどい」「無理してまでヤることちゃうやん」
ウチの下のチビと同じ台詞
でも僕はなっしんぐさんのルートをトレースして
お気楽山行させていただきます!
本当、お疲れさまでした!
登録日: 2012/5/11
投稿数: 229
2016/5/28 18:09
 面白い道ですよ〜
tamu-chanさん、こんにちは。
去年のレコでは要らんハラハラをさせてしまって
今回も(サクッとレコしようと思っていたのに)また登山口でミス。
おまけにブザマなバテバテ山行になってしまい
どうにも悪い印象ばかり残しているようで、何の落ち度(?)もない
「中井新道」にはまったく申し訳が立たないって感じですが
歩かれる際に少々でも参考にされ、お気楽 に楽しんで戴ければ幸いです。

P761付近までほとんど眺望がないんですが(でも木陰が多くて涼しい)
P880から上は、ご覧の通りの素晴らしい眺望を欲しいまま(人も少ない)。
倒木の多さや足許がやや悪い点は致し方ないのですが、道形は極めて明瞭。
登ったり下ったりの大石道(ヤケ山〜涼峠〜北小松)とはまったく違い
短かくイッキに登下降できるルートというのも長所です。
次回は完登して「例の通行止看板を手にして ニッコリ自撮り」するのを
当面の目標にしておりますが(笑)、以降も当方面の手ッ取り早い下山路として
積極的に使いたいと思っております。

ご次男と同じ台詞を吐いていたとは光栄の極み・・
ぜひよしなにお伝え下さいね

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ