ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 880983 全員に公開 沢登り丹沢

大山沢(丹沢大山)

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー shonanclimber
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大山ケーブル下の第一駐車場(出発時は数台のみ、下山時は満車)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間15分
休憩
20分
合計
3時間35分
S大山ケーブルバス停05:4006:15阿夫利神社下社06:25二重滝06:50二股07:45稜線07:55大山08:1508:55阿夫利神社下社09:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
初級の沢(1級)。特に荒れたところはありませんでした。水流はF1より上はほとんど無し。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) トポ コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 タオル ツェルト
備考 下山用に日よけ帽子があればよかったです

写真

快晴の朝です
2016年05月22日 05:19撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴の朝です
1
歴史ある男坂の石段
2016年05月22日 05:55撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歴史ある男坂の石段
二重滝前の小さな祠には青銅の竜
2016年05月22日 06:21撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二重滝前の小さな祠には青銅の竜
F1の滝。左壁(右岸)を登る。
2016年05月22日 06:20撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1の滝。左壁(右岸)を登る。
1
滝上から登山道の橋を見下ろす
2016年05月22日 06:25撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝上から登山道の橋を見下ろす
枯滝が続きます
2016年05月22日 06:45撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯滝が続きます
沢の中はひっそり
2016年05月22日 06:53撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の中はひっそり
1
ようやく稜線に抜けました。青葉が鮮やか。
2016年05月22日 07:44撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく稜線に抜けました。青葉が鮮やか。
山頂から相模湾。
2016年05月22日 07:55撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から相模湾。
1
富士山と塔ノ岳方面も見渡せました。
2016年05月22日 08:02撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山と塔ノ岳方面も見渡せました。
1
レンゲつつじの季節
2016年05月22日 08:06撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レンゲつつじの季節
1
赤いのも。
2016年05月22日 08:34撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤いのも。
下社から湘南方面。
2016年05月22日 08:53撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下社から湘南方面。
新しいケーブルカーが元気に登ってきました。
2016年05月22日 09:04撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しいケーブルカーが元気に登ってきました。
1
撮影機材:

感想/記録

体力養成&登山靴の履きならしをしたいのですが、午後から家の仕事なので、早起きして大山の大山沢にいきました。大山沢は初級の沢だがほとんど水流はなく岩場っぽいルートなので登山靴でもOKです。
車もまばらな大山の駐車場に5時半着(帰りは満車)。スカルパ「アイガー」という皮の登山靴を久々に履いてすぐに出発。
まずは男坂の急な道をどんどん登り、阿夫利神社下社の手前で、右に折れて日向薬師方向にしばし向かい、二重橋のある沢が大山沢。小さな祠があり、二匹の竜が水流を守っているので、道中の安全祈願をしてから沢に入りました。
入り口がいきなりF1の滝で、これは右岸(左壁)を直登。単独なので浮石やコケ等の不安定要素に気を付けて慎重に登りました。その先は小さな枯滝が連続しますが、全部直登できます。汗をふきふきどんどん行くと、暗い谷筋なのでか昼なのにトラツグミがヒー、ヒーと気味悪く鳴いています。詰めが長くて歩きにくく、浮石に気をつけ木をつかみ、まとわりつく虫を追いながら、ようやく登山道にたどり着き、あとは山頂までほんの10分。快晴の下、大展望を楽しみました。
青葉の中、下りをたくさんの人とすれ違いながら、駆け足で下る。帰りは新しくなったケーブルカーも見ながら、女坂を下り駐車場に戻りました。シジュウカラ、ヤマガラ、コガラ、キビタキ、オオルリ、ウグイス、ツツドリ等たくさんの囀りが聞けました。
訪問者数:148人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ