ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 881143 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

百尋ノ滝〜川苔山〜赤杭尾根

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー noir1411, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:JR奥多摩駅 -(バス)→ 川乗橋BS
帰り:JR古里駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間45分
休憩
55分
合計
6時間40分
S川乗山BS09:0009:40細倉橋10:25百尋ノ滝10:3511:10足毛岩分岐12:10川苔山12:5515:40古里駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートは手打ち
コース状況/
危険箇所等
赤杭山から古里駅へ向かう途中崩落ぎみの箇所がある(手書きの注意書きあり)
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

バス停の向かいから登山口へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停の向かいから登山口へ
細倉橋を越えた分岐には長らく使用禁止になっているトイレあり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細倉橋を越えた分岐には長らく使用禁止になっているトイレあり
川苔谷沿いに進むと滝が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川苔谷沿いに進むと滝が
いくつもの滝が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いくつもの滝が
なんども橋を渡り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんども橋を渡り
百尋ノ滝へと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百尋ノ滝へと
水が本当に綺麗です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水が本当に綺麗です
百尋ノ滝から川苔山へ向かう途中にも可憐な花が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
百尋ノ滝から川苔山へ向かう途中にも可憐な花が
緩そうに見えて脚にこたえました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩そうに見えて脚にこたえました
ミヤマツツジですかね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマツツジですかね
ようやく山頂の予感
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく山頂の予感
登ってきた方面にのみ展望がありました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた方面にのみ展望がありました
奥多摩っぽい尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩っぽい尾根
緑が輝いています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑が輝いています
アサギマダラ 赤杭尾根の作業道で群れてました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アサギマダラ 赤杭尾根の作業道で群れてました
赤杭尾根からちらっと展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤杭尾根からちらっと展望

感想/記録

登山道の崩落で川苔谷沿いの道が閉鎖になってしまい、温めつづけて2年。開通したので新緑の綺麗なこの時期になんとしても行こうと思った。
川苔谷ぞいの歩きは沢好き(登りませんが)滝好きには間違いない山歩きだった。そこから先は緩そうに見えてなかなか脚にこたえる山登りだった。
通常は足毛岩分岐を左に巻いて頂上をめざしていたが、我々は歩く距離を少し長く取ろうと右へ巻いた。振り返れば展望が楽しめるルートなのに登るので必死で山頂についてからそのことに気づいた。
山頂は人でごった返していても座ってお昼を食べる場所にはあまり困らない。沢山のパーティが去っては新しいパーティがやってくる…眺めていても飽きない。
下りは赤杭尾根から古里へ向かうルートを取った。途中までは奥多摩らしい景色の尾根をひたすら下る。天気は良くても霞かかってあまり展望は良くなかった。でも新緑が綺麗なので不満はない。途中少しだけ作業道を歩く。そこでアサキマダラ(後で調べて分かった)の群れに出会った。作業道から再び森の中へ…ここから先は展望のない樹林帯となり、川井への分岐を古里へ向かったあと時折右側が激しく崩落した斜面に遭遇。下山終盤で神経をつかわなくてはならずちょっとうっとおしかった。古里の集落へ出てから駅はわりと近かった。
訪問者数:76人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アサギマダラ 崩落
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ