ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 881160 全員に公開 ハイキング大峰山脈

釈迦ヶ岳から弥山小屋宿泊ピストン

日程 2016年05月21日(土) 〜 2016年05月22日(日)
メンバー yupiki, その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間45分
休憩
10分
合計
8時間55分
S太尾登山口07:2307:54P146808:26古田の森09:10釈迦ヶ岳09:1110:36孔雀岳11:48楊子ノ宿13:18舟ノ垰13:53五鈷峰13:5415:10明星ヶ岳15:1715:35八経ヶ岳15:37大峰山15:3816:11国見八方覗16:18弥山小屋
2日目
山行
7時間45分
休憩
1時間1分
合計
8時間46分
弥山小屋07:0307:29大峰山07:3007:49明星ヶ岳07:5008:44五鈷峰08:4509:15舟ノ垰09:43楊枝ノ森09:4410:16楊子ノ宿11:0011:37仏生ヶ岳11:4212:32孔雀岳13:57釈迦ヶ岳14:0314:47古田の森14:4815:17P146815:1815:48太尾登山口15:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
楊子ノ宿から北に行ってすぐのところの崩落個所が場合によっては足場がなくちょっと危なかったです
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

お釈迦様
2016年05月21日 09:11撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お釈迦様
4
釈迦ヶ岳が見える
2016年05月21日 09:53撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳が見える
4
孔雀ノ覗
2016年05月21日 10:25撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孔雀ノ覗
3
巨岩がそそり立つ五百羅漢
2016年05月21日 10:27撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨岩がそそり立つ五百羅漢
2
七面山。猫耳です。
私はイヌ派ですが。
2016年05月21日 13:56撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七面山。猫耳です。
私はイヌ派ですが。
4
明星ヶ岳
2016年05月21日 15:17撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明星ヶ岳
3
八経ヶ岳
2016年05月21日 15:38撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳
3
五鈷峰の岩場です。行きで写真を撮り損ねたので帰りにパシャリ。
2016年05月22日 08:34撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五鈷峰の岩場です。行きで写真を撮り損ねたので帰りにパシャリ。
3
楊枝ノ森 七面山の分岐。道が全くわかりません。
2016年05月22日 09:43撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楊枝ノ森 七面山の分岐。道が全くわかりません。
2
仏生嶽
2016年05月22日 11:38撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仏生嶽
1
孔雀岳
2016年05月22日 12:32撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孔雀岳
1
大日岳
行きの朝見たときはもっと鋭角に見えました
2016年05月22日 14:42撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳
行きの朝見たときはもっと鋭角に見えました
2
撮影機材:

感想/記録
by yupiki

日帰りで奥駈道を繋いでいますが、どうしても明星ケ岳と楊子ノ宿の間が繋げません。
七面山から繋ごうと思ったのですが、七面山に行くのも大変だったので1泊2日で繋ぐことにしました。
昨年行く予定にしていたのですが、予定の日の天候が悪く結局キャンセルし今年に実現することができました。

行きの釈迦ケ岳→弥山小屋の時はたくさんの方にお会いすることができました。
縦走の方は逆峯の方が多かったのですが、それ以外の方はそんなルートもあるんですねっていうところからこられてました。

すれちがうみなさんは、僕たちがこれから進む先の危険個所とその対処方法を教えてくださり、たいへんありがたかったです。

弥山小屋に泊まる話をすると、先週は富士山が見えたレコがあったことを教えてくださった方がいて、星空を見ることしか考えていなかったのでそうかご来光が見えるのかと、教えてくださった方にお礼を申し上げました。
結局、富士山は見えず、星空も満月のために明るすぎてよく見えませんでした。残念。

行きの釈迦ケ岳→弥山小屋の時の孔雀の覗きで五百羅漢を覗いていたら、右目の隅に何か動くものが見え、だれか来たのかなとっと右を見るとすぐ右横にあったブッシュに鹿がいました。「しかがいる〜」と声に出してしまったので、鹿は走り去ってしました。写真におさめられず残念。

帰りに楊枝ノ森に行きました。登りの途中までは踏み跡があったのですが途中で見えなくなってしまい、頂上では全く踏み跡がありませんでした。
頂上に「七面山」と書いた立札が立っていたのですが、全く踏み跡はありませんでした。
七面山から奥駈道に出て楊子ノ宿〜明星ケ岳を繋ごうと思っていたときがあったので、この道には興味があったのにこれはでは無理だと実感しました。
でも、帰りの弥山小屋→釈迦ケ岳の時に七面山に行く方がいらしたのでそれなりの道があるのかなっと・・・ちゃんと聞いておけばよかったです。

相方が釈迦ケ岳の北の「あり地獄」と呼んでいた場所を通るのを嫌がっていたのですが、今回行ってみると「あり地獄」がない〜と不思議がっていました。
「あり地獄」とは、すり鉢状の土の斜面で対向できる程の幅がなく、強風でも吹いてバランス崩して斜面に落ちると何百メートルも落ちて砂状の斜面なのではいあっがてもこれない場所とのこと。
でも自分にはそんな場所の記憶がない。相方は2往復もしたから夢ではないと言い張っていた。
でも今回行ってみて、それらしい場所がなく、それに近い場所もないので相方はルートが変わったのかな〜???っと

行きの釈迦ケ岳→弥山小屋の時ですが、楊子ノ宿をでてすぐに崩落個所を通るのがとても怖かったです。足一つ分しか足場がなく、足を踏み外すと落ちちゃうよって感じでした。
帰りは足場がしっかりできてました。行きにすれ違った団体さんのガイドさんが作ってくれたのだろうと勝手に感謝しております。

訪問者数:252人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ご来光 崩落 ピストン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ