ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 881262 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

燕岳

日程 2016年05月21日(土) 〜 2016年05月22日(日)
メンバー takaokiyoshi, その他メンバー5人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中房温泉手前の駐車場に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間51分
休憩
3時間44分
合計
10時間35分
S中房温泉05:4005:15中房温泉登山口06:45第1ベンチ06:5507:29第2ベンチ07:4009:05富士見ベンチ09:1009:57合戦小屋10:2010:55合戦山(合戦沢ノ頭)12:15燕山荘14:3015:00燕岳15:4015:50燕山荘
2日目
山行
3時間55分
休憩
0分
合計
3時間55分
燕山荘07:3008:20合戦山(合戦沢ノ頭)08:40合戦小屋09:25第3ベンチ10:12第1ベンチ10:55中房温泉登山口11:25駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
合戦小屋から少し雪が残っています。上部で一部アイゼンを使いました。
その他周辺情報帰途有明温泉に入浴
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 水1L

写真

一番近い駐車場はほぼ満杯でした。
2016年05月21日 05:36撮影 by FinePix AX660, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番近い駐車場はほぼ満杯でした。
1
歩いて10分ぐらいで中房温泉の登山口到着。
2016年05月21日 05:50撮影 by FinePix AX660, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いて10分ぐらいで中房温泉の登山口到着。
1
青い空と、淡い緑とダケカンバの白、それにいい空気。
2016年05月21日 07:29撮影 by FinePix AX660, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青い空と、淡い緑とダケカンバの白、それにいい空気。
富士見ベンチを過ぎると南に大天井が奥に見えてきた、今年は雪が少ないらしい。
2016年05月21日 09:47撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見ベンチを過ぎると南に大天井が奥に見えてきた、今年は雪が少ないらしい。
合戦小屋到着、小屋は開いていました、ここまで雪なしです。ここから登山道に雪が残ってます。
2016年05月21日 10:13撮影 by FinePix AX660, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋到着、小屋は開いていました、ここまで雪なしです。ここから登山道に雪が残ってます。
燕山荘と右に燕岳が見えてきた、雪もいい具合に残ってます。
2016年05月21日 10:46撮影 by FinePix AX660, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘と右に燕岳が見えてきた、雪もいい具合に残ってます。
大天井岳方面とその奥に槍ヶ岳も見えてきた、気分良く歩くことができます。
2016年05月21日 10:46撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳方面とその奥に槍ヶ岳も見えてきた、気分良く歩くことができます。
登ってきました、もう小屋です。今日はこの小屋に泊まる予定です。
2016年05月21日 12:12撮影 by FinePix AX660, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきました、もう小屋です。今日はこの小屋に泊まる予定です。
3
小屋の前広場、北アルプス中部の広大な山塊です、たくさんの人が楽しんでました。
2016年05月21日 12:16撮影 by FinePix AX660, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の前広場、北アルプス中部の広大な山塊です、たくさんの人が楽しんでました。
1
燕岳です、休憩したら往復します。
2016年05月21日 12:52撮影 by FinePix AX660, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳です、休憩したら往復します。
5
イルカ岩、よくわかりました。
2016年05月21日 14:39撮影 by FinePix AX660, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イルカ岩、よくわかりました。
2
燕岳より北方です、面白い岩です。
2016年05月21日 15:03撮影 by FinePix AX660, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳より北方です、面白い岩です。
3
奥に先ほど休憩していた小屋が見えます、しばらくここでお休み。
2016年05月21日 15:03撮影 by FinePix AX660, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に先ほど休憩していた小屋が見えます、しばらくここでお休み。
3
日没です、水晶岳と野口五郎の間ぐらいでしょうか、一瞬でした。
2016年05月21日 18:45撮影 by FinePix AX660, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日没です、水晶岳と野口五郎の間ぐらいでしょうか、一瞬でした。
2
翌日も快晴、西に月が残ってます。いいですね槍ヶ岳から燕岳まで一望。
2016年05月22日 04:30撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日も快晴、西に月が残ってます。いいですね槍ヶ岳から燕岳まで一望。
1
月と槍ヶ岳、東側では日の出を待ってます。
2016年05月22日 04:31撮影 by FinePix AX660, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月と槍ヶ岳、東側では日の出を待ってます。
2
東側の日の出、雲が少しありました。
2016年05月22日 04:39撮影 by FinePix AX660, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側の日の出、雲が少しありました。
1
大天井岳と槍ヶ岳も日を浴びて、この尾根を歩いていきたいです。
2016年05月22日 05:54撮影 by FinePix AX660, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳と槍ヶ岳も日を浴びて、この尾根を歩いていきたいです。
1
小屋に南側に登ったらこんな景色が広がってます、去りがたい風景の空間です。
2016年05月22日 06:12撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋に南側に登ったらこんな景色が広がってます、去りがたい風景の空間です。
これから下ります、展望台から振り返りパシャ。
2016年05月22日 07:30撮影 by FinePix AX660, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから下ります、展望台から振り返りパシャ。
幾日か縦走したい。
2016年05月22日 07:32撮影 by FinePix AX660, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幾日か縦走したい。
1
広い空と稜線がつながってます。
2016年05月22日 07:33撮影 by FinePix AX660, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い空と稜線がつながってます。
もう一度振り返って、青いそれと緑と白が映えてました。
2016年05月22日 08:13撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一度振り返って、青いそれと緑と白が映えてました。
淡い緑、濃い緑、遠くに白い山絵になってます。
2016年05月22日 09:39撮影 by FinePix AX660, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淡い緑、濃い緑、遠くに白い山絵になってます。
空気までおいしく感じる森の中を下ります。
2016年05月22日 10:15撮影 by FinePix AX660, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空気までおいしく感じる森の中を下ります。

感想/記録

はからずも燕岳に登ろうと言うお誘いがあって参加させてもらいました。毎年燕山荘に宿泊し、グループで山の自然と食事と飲み物を満喫するチームでした。新鮮な山登りスタイルを今回経験することになって身体も気持ちもずいぶんのびのび、楽しませてもらい、それから幾つか思うこともありました。それに昨年の夏、有峰湖から雲の平、水晶岳、鷲羽岳、三俣蓮華、黒部五郎と今眺めている山々を歩き、昨年歩いた山並みを今日ここから眺めるとは想像して無かったので、このこともまた印象に残る山登りになった。山登りに関してはテントと食糧を担いで朝から夕方ま頑張って歩き、出来るだけ自分の力量を上げたいと幾日か自然の中で経験を重ね何かを感じ取るという、それこそ自分流の山登りを続けていたので今回の山登りはそのスタイルもさることながら、北アルプスの山小屋に宿泊したこともあり山登りの楽しみ方を幾つか知ることができました。2日だったが燕岳を巡る新緑の森、残雪と熊笹、這松と独特の岩、風と空、山に影を作る日の光、満月の月・・今回は初めて山料理、お茶、立派な宿泊施設とそこで登山客を受け入れている小屋の人たち。山登りの中で自然は場所は同じでもいつも新しい感覚を五感が感じる、それが経験として積み重なりしばらくするとまた新しい感覚を求めて自分のバランスを保とうとしてきたと思う、よく考えてみたら山にはよく登るけれど連れてもらった覚えがないし、一緒に登って食事や会話も、登っている登山ルートに関する話がほとんど、というより登山道、雨、雪、これから先の天候、歩く時間、体調など余裕がなかったということだったと思う。仲間と山を登り山小屋に泊まる、山の自然と人と飲み物と居心地のよさがまた自分の鋳型を作り、それが心と感情の原型になりいつか鋳型にはまる対象を求めていくような気がする。今回はさらに人が新しく加わった、また新作の鋳型ができつつある。皆様と山小屋に感謝します。
訪問者数:267人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ