ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 881381 全員に公開 沢登り甲斐駒・北岳

三峰川〜仙丈ヶ岳

日程 2016年05月21日(土) 〜 2016年05月23日(月)
メンバー macchan90
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間34分
休憩
0分
合計
6時間34分
Sスタート地点09:1115:45宿泊地
3日目
山行
休憩
0分
合計
0分
宿泊地06:00
3日目
山行
5時間30分
休憩
0分
合計
5時間30分
11:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ファイル 2015.5.21-23仙丈岳+遡行図.docx (更新時刻:2016/05/30 18:41)
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

新緑のトンネルを26km、ツッタカ歩く。
2016年05月21日 11:22撮影 by FinePix AX600, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑のトンネルを26km、ツッタカ歩く。
1
林道終点後の堰堤から遡行がいよいよ始まる。
2016年05月22日 04:54撮影 by FinePix AX600, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点後の堰堤から遡行がいよいよ始まる。
人工物から解放され、その原生さを取り戻す。
2016年05月22日 05:43撮影 by FinePix AX600, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人工物から解放され、その原生さを取り戻す。
1
支流を分けて水量は減じたが、低温で徒渉失敗は許されない。
2016年05月22日 05:52撮影 by FinePix AX600, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支流を分けて水量は減じたが、低温で徒渉失敗は許されない。
清潔な空間が展開する。
2016年05月22日 06:15撮影 by FinePix AX600, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清潔な空間が展開する。
谷間に陽も差し込むようになる。概ね穏やかな渓相が続く。
2016年05月22日 08:28撮影 by FinePix AX600, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷間に陽も差し込むようになる。概ね穏やかな渓相が続く。
倒木で沢は荒れてもいるけれど、原生さの範囲で許容できる。
2016年05月22日 08:31撮影 by FinePix AX600, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木で沢は荒れてもいるけれど、原生さの範囲で許容できる。
1
本流唯一の二条2m滝。
2016年05月22日 10:09撮影 by FinePix AX600, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本流唯一の二条2m滝。
1
本流を離れ、苔むす針葉樹の森から稜線を目指す。
2016年05月22日 11:02撮影 by FinePix AX600, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本流を離れ、苔むす針葉樹の森から稜線を目指す。
1
天然下種更新
2016年05月22日 11:07撮影 by FinePix AX600, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天然下種更新
1
・2422の地蔵尾根
2016年05月22日 11:40撮影 by FinePix AX600, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・2422の地蔵尾根
2
地蔵尾根から見る仙丈ヶ岳西面、三軒岩小屋沢沢源頭部の荒々しい様相。
2016年05月22日 12:30撮影 by FinePix AX600, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根から見る仙丈ヶ岳西面、三軒岩小屋沢沢源頭部の荒々しい様相。
2
地蔵尾根上部、稜線左手の雪堤を拾い登る。
2016年05月22日 13:45撮影 by FinePix AX600, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵尾根上部、稜線左手の雪堤を拾い登る。
2
誰も居ない山頂。
2016年05月22日 13:24撮影 by FinePix AX600, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰も居ない山頂。
2

感想/記録

 年来の計画を遂に実践す。
 三峰川に沿ってグリンとトレースし、仙丈岳へ。そして北沢峠を経由しないで自力で出発点まで戻る。
 ―蘰、26kmの林道歩きで泊。
 ⇒眛、丸山谷南沢への乗越ポイントまで遡行しそこに荷を置き、取り急ぎ仙丈岳へアタックを敢行し帰幕。
 F目、乗越から怪しげな下降路を辿り、ヨロヨロと下山。

 二十代の頃ならまだしも、今のゲート位置から二日での完遂は厳しい。3日持って行っても、余裕は大して無かった。

 ラインといい、その遡行内容の”無さ”といい、ほぼ一万尺の絶頂といい、満足度極めて高し。
 今年はもう山に行かなくてもいいや、と思える程のそれら内容、会心の山行だった。

 今回の山行は、林道を活用したごく普通の沢登りに終始したが、「残置無視」同様に「林道無視」の観点からこの川を遡行計画すると、遡行距離、標高の点から台湾級の渓谷に位置付けが可能と思う。取水されてはいるものの、融雪末期ながら三千m級の山々からの集水域により「瀬戸峡」「巫女淵」のそれぞれ一部分には台湾の渓谷で目にしたのと同様の迫力がありそうだった。
 今年は極端な寡雪年であった事から実施時期を入梅前こんなにも早く設定し完遂できたが、例年ならば5月は融雪期に当たり適期ではないだろう。
訪問者数:726人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

乗越 林道 倒木 堰堤 山行 地蔵 渓谷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ