ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 881778 全員に公開 ハイキング丹沢

同角山稜から檜洞丸、下山は石棚山稜

日程 2016年05月23日(月) [日帰り]
メンバー artpanorama
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
玄倉林道ゲート前駐車スペースに車を停めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
玄倉林道ゲート〜ユーシンロッジ
林道ですが、落石注意です。また、青崩隧道は長い上にカーブしていて真っ暗でヘッドランプ必須。

ユーシンロッジ〜石棚分岐
いわゆる同角山稜です。大石山まではかなりの急登です。また大石山直下には長い鎖場があります。同角ノ頭の直前、直下もキレットやハシゴ、鎖場があります。全体的に白ザレた感じです。アップダウンもあり距離も長く山慣れた方向けのコース。

石棚分岐〜檜洞丸(ピストン)
比較的になだらかな登山道です。

石棚分岐〜石棚山西尾根の分岐
なだらかで歩きやすい登山道です。

石棚山西尾根の分岐〜穴ノ平橋
昭文社地図の破線コースです。急坂が続き、地面も石がゴロゴロしています。踏み跡とテープを目印に慎重に。下部の西丹沢県民の森付近は登山道が入り組んでいてわかりづらい。

穴ノ平橋〜玄倉林道ゲート
林道です。

その他周辺情報秦野天然温泉さざんかで汗を流しました。

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 登山靴 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 時計 タオル ストック カメラ スマートフォン ガスストーブ カトラリー クッカー 熊鈴 ラジオ ツールナイフ 座布団

写真

玄倉林道ゲート前から出発!
歩きでは実に39年ぶり!
2016年05月23日 04:55撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄倉林道ゲート前から出発!
歩きでは実に39年ぶり!
1
倒れた道標。
2016年05月23日 05:10撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒れた道標。
噂の青崩隧道。
2016年05月23日 05:26撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噂の青崩隧道。
2
中央部は真っ暗で出口が見えん。
2016年05月23日 05:29撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央部は真っ暗で出口が見えん。
2
落石注意です。
2016年05月23日 05:33撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落石注意です。
怪しげな階段道。
どこに行けるのかな?
2016年05月23日 05:37撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
怪しげな階段道。
どこに行けるのかな?
3
実は1987年頃に原付バイク(ホンダゴリラ)でユーシンロッジまで行った以来のユーシンブルー。(当時はそんな名称なかった)
2016年05月23日 05:39撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実は1987年頃に原付バイク(ホンダゴリラ)でユーシンロッジまで行った以来のユーシンブルー。(当時はそんな名称なかった)
9
素掘りなトンネル。
2016年05月23日 05:53撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素掘りなトンネル。
4
1977年に初めてユーシンに来た時は玄倉林道ではなく、なんと山神経路でここまできました。
2016年05月23日 06:06撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1977年に初めてユーシンに来た時は玄倉林道ではなく、なんと山神経路でここまできました。
3
雨山橋。
2016年05月23日 06:10撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨山橋。
1
大石山?
2016年05月23日 06:22撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大石山?
ユーシンロッジに到着。
2016年05月23日 06:26撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーシンロッジに到着。
1
このトイレは初見だな。
2016年05月23日 06:26撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このトイレは初見だな。
1
39年前、確か玄関前で記念写真撮ったなー懐かしー。
2016年05月23日 06:45撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
39年前、確か玄関前で記念写真撮ったなー懐かしー。
4
小休止後、大石山へ。
2016年05月23日 06:46撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小休止後、大石山へ。
この橋も39年ぶりです。
2016年05月23日 06:46撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋も39年ぶりです。
3
同角尾根に突入!
2016年05月23日 06:54撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同角尾根に突入!
1
急登が続きます。
2016年05月23日 07:07撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登が続きます。
1
登山道になぜかカエル。
2016年05月23日 07:15撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道になぜかカエル。
2
塔ノ岳に鍋割山稜。
2016年05月23日 07:22撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳に鍋割山稜。
4
大石。
2016年05月23日 07:49撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大石。
6
ハシゴ。
2016年05月23日 07:50撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴ。
1
大石山に39年ぶり2度目の登頂!
2016年05月23日 08:17撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大石山に39年ぶり2度目の登頂!
4
蛭ヶ岳。
2016年05月23日 08:18撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳。
4
丹沢主脈。
2016年05月23日 08:18撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢主脈。
1
同角ノ頭方面。
2016年05月23日 08:23撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同角ノ頭方面。
2
富士山が薄〜く見えます。
2016年05月23日 08:33撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が薄〜く見えます。
2
鎖場。
2016年05月23日 08:34撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場。
3
降りた鎖場を振り返る。
2016年05月23日 08:38撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りた鎖場を振り返る。
1
シロヤシオ、初めて見たよ。
2016年05月23日 09:26撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオ、初めて見たよ。
5
ハシゴにツツジ。
2016年05月23日 09:40撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴにツツジ。
5
ザンザ洞キレット。
下が木で見えないので怖くない。
2016年05月23日 09:43撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザンザ洞キレット。
下が木で見えないので怖くない。
6
キレットを振り返る。
2016年05月23日 09:44撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットを振り返る。
2
ハシゴ。
2016年05月23日 09:47撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴ。
2
塔ノ岳方面。
2016年05月23日 09:48撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳方面。
塔ノ岳アップ。
2016年05月23日 09:48撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳アップ。
白ザレな痩せ尾根。
2016年05月23日 09:58撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白ザレな痩せ尾根。
4
同角ノ頭直下。
2016年05月23日 10:10撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同角ノ頭直下。
3
同角ノ頭に登頂!
2016年05月23日 10:14撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同角ノ頭に登頂!
1
頂上のシロヤシオ
2016年05月23日 10:24撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上のシロヤシオ
6
蛭ヶ岳。
2016年05月23日 10:35撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳。
1
木道。
2016年05月23日 10:37撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道。
トウゴクミツバツツジも綺麗。
2016年05月23日 10:48撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トウゴクミツバツツジも綺麗。
6
檜洞丸?
2016年05月23日 10:50撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜洞丸?
檜洞乗越(中ノ沢乗越)。
2016年05月23日 10:55撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜洞乗越(中ノ沢乗越)。
1
蕗の群落に囲まれた石棚分岐に到着。
初めて生で聴いて感動のハルゼミの声を聞きながら小休止。
2016年05月23日 11:26撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕗の群落に囲まれた石棚分岐に到着。
初めて生で聴いて感動のハルゼミの声を聞きながら小休止。
3
檜洞丸までもう一息。
2016年05月23日 11:45撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜洞丸までもう一息。
1
大室山方面。
2016年05月23日 11:46撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大室山方面。
2
ツツジ新道の分岐。
2016年05月23日 12:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジ新道の分岐。
1
もう直ぐ頂上。
2016年05月23日 12:03撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう直ぐ頂上。
檜洞丸に登頂!
今年3月以来通算3度目!
2016年05月23日 12:17撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜洞丸に登頂!
今年3月以来通算3度目!
4
平日ですがシロヤシオ効果で登山者が多いので(30人以上いたかな〜)コンビニおにぎりを速攻食べて下山です。
2016年05月23日 12:58撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平日ですがシロヤシオ効果で登山者が多いので(30人以上いたかな〜)コンビニおにぎりを速攻食べて下山です。
同角ノ頭。
2016年05月23日 13:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同角ノ頭。
2
石棚分岐に戻ってきました。
下山は箒沢方面へ。
2016年05月23日 13:22撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石棚分岐に戻ってきました。
下山は箒沢方面へ。
2
新緑が綺麗。
2016年05月23日 13:22撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑が綺麗。
2
テシロノ頭。
2016年05月23日 13:34撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テシロノ頭。
1
トウゴクミツバツツジ。
2016年05月23日 13:37撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トウゴクミツバツツジ。
シロヤシオ。
2016年05月23日 13:41撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオ。
1
檜岳山稜?
2016年05月23日 13:48撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜岳山稜?
2
石棚山。
2016年05月23日 14:02撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石棚山。
1
石棚山西尾根の分岐。
西丹沢県民の森(穴ノ平橋)方面へ。
2016年05月23日 14:05撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石棚山西尾根の分岐。
西丹沢県民の森(穴ノ平橋)方面へ。
1
ここから初コースなので慎重に降ります。
2016年05月23日 14:05撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから初コースなので慎重に降ります。
ゴロゴロした石の多い急坂です。
2016年05月23日 14:20撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴロゴロした石の多い急坂です。
来た道を振り返る。
2016年05月23日 14:20撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を振り返る。
急坂が続きます。
2016年05月23日 14:41撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂が続きます。
1
振り返るとこんな感じ。
2016年05月23日 14:41撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとこんな感じ。
ようやく道が緩やかに。
2016年05月23日 15:07撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく道が緩やかに。
3
西丹沢県民の森に入ったみたいです。
直進して紅葉の尾根道コースへ
2016年05月23日 15:17撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西丹沢県民の森に入ったみたいです。
直進して紅葉の尾根道コースへ
1
鹿柵に囲まれた道です。
2016年05月23日 15:18撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿柵に囲まれた道です。
1
ここも直進かな?
2016年05月23日 15:28撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも直進かな?
2
林道に出ました。
2016年05月23日 15:33撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出ました。
出てきた道を振り返る。
2016年05月23日 15:34撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出てきた道を振り返る。
1
草が生い茂る林道。
2016年05月23日 15:34撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草が生い茂る林道。
1
ゲート。
2016年05月23日 15:39撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲート。
ここも出口かな。
2016年05月23日 15:40撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも出口かな。
1
これもか、ここから下山したかった。
2016年05月23日 15:41撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これもか、ここから下山したかった。
2
しばらく舗装された林道歩き。
2016年05月23日 15:43撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく舗装された林道歩き。
玄倉林道ゲートに無事に戻ってきました〜。
2016年05月23日 16:23撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄倉林道ゲートに無事に戻ってきました〜。
2
帰りに秦野天然温泉さざんかに寄って、汗を流した後にいつものクリームソーダを頂きます。やはりソフトクリームから、普通のアイスに変更されたんですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りに秦野天然温泉さざんかに寄って、汗を流した後にいつものクリームソーダを頂きます。やはりソフトクリームから、普通のアイスに変更されたんですね。
5

感想/記録

今から39年前の1977年の3月、部活で檜洞丸に登ることになり、谷峨駅からバスに乗って玄倉へ、そして塔ノ平、蕗平橋から山神峠に登り、山神経路で雨山橋に降りて営業していたユーシンロッジで一泊後、同角山稜コースで檜洞丸に登頂。下山は石棚山稜と西尾根コースで箒沢に降りるという初心者の部活としては結構ハードなコースでしたが、今となっては一番の思い出深いの山行でありました。

今回はさすがに廃道の山神経路は初級者の単独行では不可能なので、それではと39年ぶりに同角尾根を踏破したく、またヤマレコで気になっていたシロヤシオもついでに見ようと、このコースに決めました。

同角尾根コースは丹沢の一般登山道ではキツイ部類なので脚が不安だったのですが、不思議と下山の石棚山稜コース(西丹沢県民の森に下山するコース)含め脚痛が起きませんでした。休憩や水分を程よく取り、ペースも少しゆっくり目だったのが良かったのかもしれません。

ちなみに同角尾根では誰とも出会わず静かな山行でしたが、石棚分岐を過ぎてツツジ新道分岐まで来ると平日なのに突然たくさんの登山者が現れビックリ!やはりこの時期はシロヤシオ効果でツツジ新道コースは大人気のようです。

シロヤシオは確かに綺麗ですよね、人を惹きつけるのも頷けます。同角尾根の下の方は残念ながら散っていましたが、同角ノ頭の頂上付近はちょうど満開でした。更に石棚山稜も満開で楽しめました。
でも、今回シロヤシオ以上に感動したのは石棚分岐辺りで生で初めて聞いたハルゼミの鳴き声だったりします。

玄倉林道ゲートを起点としたコースはこれからも色々と楽しめそうです。
訪問者数:325人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ