ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 882491 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

岩殿山〜稚児落し 岩と歴史の山旅

日程 2016年05月26日(木) [日帰り]
メンバー shigken85
天候晴れ(雲少々 風1〜2m)
アクセス
利用交通機関
電車バス
新宿 6:26発 中央特快高尾行
6:52 立川着
6:54 立川始発大月行 普通
7:49 大月着

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち49%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間5分
休憩
36分
合計
3時間41分
Sスタート地点08:0808:22岩殿山登山口08:27丸山08:3108:55岩殿山09:52天神山09:5710:17稚児落し10:4411:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ヤマプラ算出による標準コースタイム

スタート大月駅〜岩殿山登山口 1km 20分
〜岩殿山 0.7km 30分
〜天神山 1.3km 60分
〜稚児落し0.7km 20分
〜浅利地区 1km 35分
コース状況/
危険箇所等
<大月駅〜岩殿山>
駅のロータリーの左側(トイレのある方)の道を行く
昭和的な店が並ぶ道を行くと踏切があるので踏切を渡ると岩殿山の道標があるので
以降それに沿って歩くと岩殿山の登山口がある

<岩殿山登山口〜岩殿山山頂>
登山口より整備された道を歩くと丸山公園があり資料館などがある公園に出る
資料館の脇を登ってゆく
道は整備されているので全く問題はない
九十九折を登り途中、稚児落し方面を過ぎて登り詰めると岩殿山頂、岩殿城敷地後に入る
以降、敷地内を散策して歴史を偲ぶ

<岩殿山〜稚児落し>
先に通り過ぎた分岐点まで戻り稚児落し方面を行く
少々滑る坂を下ったり20m以上の鎖場を通過しなければいけない
鎖場コースと林間コースがあるためダメだと思ったら林間コースを行くと良いと思う

<稚児落し〜大月市総合福祉センター>
急目の坂を下ってゆくとそんなに時間がかからず民家のある場所に出る
道は良く踏まれており問題ない
舗装の道路を歩いて大月市総合福祉センターで入浴

≪総合≫
大月に着きゆっくり立ち食いそばを食べて、トイレを済まして出ても正午前には風呂に浸かるそんな感じの時間設定
短いがダイナミックなコースで歴史を感じながら想いを馳せて、岩を攻略して断崖絶壁に立ちすくむ。里を歩いて・・・
とにかく楽しい
道に迷う可能性は少ないのでくれぐれも岩場の通過、断崖絶壁より滑落など注意していただき楽しんでいただきたい
その他周辺情報●大月市総合福祉センター
入浴ができる
\510
日帰り銭湯などの施設がない大月市にして貴重
大月市の施設なので入ると役所てきな窓口で料金を払い5Fへエレベータで移動して
入浴、休憩をする。さらに、お役所なのでお食事処的な物もなく自販機も1Fにしかない。石鹸、シャンプー、タオルなどもないので持参が必要。歩いてい来る途中コンビニ2件ほどあったのでここで買うのもありかと思われる。本当に汗を流して帰りたいそんな人におすすめ。
基本的に月曜日休み
週に2日程度老人イベントなどがあり入浴不可の日があるので必ず電話で確認をして
利用していただきたい。
近くには藍屋やガストなどもある。
大月ICのすぐ近く。前にバス停がある。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ タイツ 靴下 雨具 着替え 予備靴ひも ザック 行動食 ハイドレーション ガスカートリッジ ライター 地図(地形図) コンパス ロールペーパー 保険証 タオル カメラ

写真

岩殿山入口
ここから円山公園を経て岩殿山山頂を目指す
入り口の花が綺麗だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩殿山入口
ここから円山公園を経て岩殿山山頂を目指す
入り口の花が綺麗だった
1
少し登った所にあった門の跡
ここは古い史跡であるが古い建造物はほぼなく貴重な建造物なのであろうか、山門の跡
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登った所にあった門の跡
ここは古い史跡であるが古い建造物はほぼなく貴重な建造物なのであろうか、山門の跡
1
今日の富士山
山頂付近に雲がかかりスッキリ全容が見えなかったが
これが本来の富士山であろうと思う
これ以降、徐々に雲が増えて行った
朝のご挨拶と言った感じであった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の富士山
山頂付近に雲がかかりスッキリ全容が見えなかったが
これが本来の富士山であろうと思う
これ以降、徐々に雲が増えて行った
朝のご挨拶と言った感じであった
6
円山公園入口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
円山公園入口
物見台の方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
物見台の方面
資料館の脇より登ってゆく
階段が多く結構つらい
山容が岩なので急なのは当たり前で九十九折で登ってゆく
整備は良い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
資料館の脇より登ってゆく
階段が多く結構つらい
山容が岩なので急なのは当たり前で九十九折で登ってゆく
整備は良い
2
自然石を利用した門の跡
デカイ自然石が多いのでそれを利用して門を作っていた模様
戦国の世のアイディア
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然石を利用した門の跡
デカイ自然石が多いのでそれを利用して門を作っていた模様
戦国の世のアイディア
1
番所の建物があった場所
門番の詰所であったとのこと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
番所の建物があった場所
門番の詰所であったとのこと
馬屋の分岐
右は展望の良い場所に出る
行きでも帰りでもそこには立ち寄れるので
まず左に行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬屋の分岐
右は展望の良い場所に出る
行きでも帰りでもそこには立ち寄れるので
まず左に行く
山頂探索路の風景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂探索路の風景
馬場後
小広い場所で馬場や修練場があったとのこと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬場後
小広い場所で馬場や修練場があったとのこと
634m最高地点
アンテナがありここが一番高い所だと思う
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
634m最高地点
アンテナがありここが一番高い所だと思う
1
本丸跡
お城の本丸があった場所
やはり、お城から町を見下ろしていたのだと感慨深かった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本丸跡
お城の本丸があった場所
やはり、お城から町を見下ろしていたのだと感慨深かった
1
コンデジが故障したためスマホで街並みと富士山方面を取ってみた
やはり、ここから敵の来襲に備えて監視していたのだなと想像できる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コンデジが故障したためスマホで街並みと富士山方面を取ってみた
やはり、ここから敵の来襲に備えて監視していたのだなと想像できる
6
少々戻って稚児落し方面への分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少々戻って稚児落し方面への分岐
鞍部にある大手門のあたり
ここがお城の入り口の大手門
ひとしきり下った所にあった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部にある大手門のあたり
ここがお城の入り口の大手門
ひとしきり下った所にあった
岩場の様子
ほぼ垂直で鎖、手鍵をホールドにして登ってゆく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の様子
ほぼ垂直で鎖、手鍵をホールドにして登ってゆく
1
岩場の様子
巨岩を横這いでへつって奥を20m位登る
いずれも鎖や手鍵、トラロープなど敷設してある
下が見えてしまうので恐怖感はある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の様子
巨岩を横這いでへつって奥を20m位登る
いずれも鎖や手鍵、トラロープなど敷設してある
下が見えてしまうので恐怖感はある
4
稚児落し少し手前の岩の上を歩く
滑ると左側150m位落下
恐怖感は味わえる
若者などふざけたり絶対にしてはいけない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稚児落し少し手前の岩の上を歩く
滑ると左側150m位落下
恐怖感は味わえる
若者などふざけたり絶対にしてはいけない
5
稚児落しより見た岩殿山
反対側は結構な森なのだな〜と言う印象
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稚児落しより見た岩殿山
反対側は結構な森なのだな〜と言う印象
1
さっきまで歩いていた方面
露出している辺りがさっき写真を撮った辺り
結構やばい場所を歩いてきていると思った
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきまで歩いていた方面
露出している辺りがさっき写真を撮った辺り
結構やばい場所を歩いてきていると思った
1
Cafe de in chigootoshi
今回のカフェ
ちゃんと引いた豆を使ってコーヒーを入れた
断崖絶壁に座り込み歴史を偲んで乾杯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Cafe de in chigootoshi
今回のカフェ
ちゃんと引いた豆を使ってコーヒーを入れた
断崖絶壁に座り込み歴史を偲んで乾杯
5
こんな所に下り着く
少し手前に民家があり急坂を下り終えた先
以降は舗装路を大月市街方面へ歩く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな所に下り着く
少し手前に民家があり急坂を下り終えた先
以降は舗装路を大月市街方面へ歩く
畑にあった花
これ、なんの作物かな〜
なんだか綺麗だったので撮っておいた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畑にあった花
これ、なんの作物かな〜
なんだか綺麗だったので撮っておいた
3
国道20号線、甲州街道の本陣跡
凄そうな建物だったので撮っておいた
明治天皇立寄りの場所らしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道20号線、甲州街道の本陣跡
凄そうな建物だったので撮っておいた
明治天皇立寄りの場所らしい
1
今日の最終立寄り所
大月市総合福祉センター
お風呂に入ることが出来る
暑かったので汗が辛かった
気持ちよかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の最終立寄り所
大月市総合福祉センター
お風呂に入ることが出来る
暑かったので汗が辛かった
気持ちよかった
2

感想/記録

昨日天気予報では正午より曇りで18時前には雨になるとの予報であった。こうなると山では雨が早く降る可能性があり高い山へ行くには条件が悪い。奥武蔵のロングコースも考えていたがやはり雨交じりならばきついと思った。そこで短い時間で楽しめる山はないものか?真の結果、大月にある岩殿山である。岩殿山より稚児落しへ。午前中で形が付きそうであった。山旅はその通り午前中でうまく終えることが出来て好天のまま帰路に着くことが出来て何よりである。
帰ってきて思ったのはそういえば一向に雲がかからないな〜
そう、天候はすっかり良くなってしまって今日の曇り、雨は無い話になっていたようである。
これは完全に降る降るサギである。
天気予報以外に何を信じればよいのであろうか・・・・
そんな事であれば、初めに行こうとしていた奥武蔵へ行けばよかった・・・残念
でも、岩殿山〜稚児落しも良い山旅であった。したがって、満足している次第である

岩殿山はいかなる山なのであろうか?古くは修験道の山として、戦国時代は小山田氏の城があった山である。岩でできた山容は天然の要害として甲斐武田氏の要として存在していたのだと思う。武蔵の国の境で相模の国の境でもある。甲斐に攻め込む敵を防御するためのお城。険しい山容がなかなか攻め落とせない難攻不落の天然要害を作り上げたという事なのであろう。ここは、武田勝頼氏が織田信長氏に攻め込まれて甲斐を捨てて逃げた先であるが、小山田氏が裏切り入城できずに天目山で討死した曰く付の城としても有名である。歴史ファンであればこの大事件をさぞ詳しく知っているのだと思う。
それは、稚児落しも同じである。
小山田氏の側室である千鳥姫が岩殿城を包囲する織田軍より逃げる途中、抱いていた赤ん坊の泣き声が響きこれでは見つかると重臣の一人が赤ん坊を投げ落したとされる場所である。なので稚児落しなのである。悲劇の場所、今は高速道路の騒音が聞こえるそう静かでもない景勝地となっている。

山としての魅力であるが岩場につきる
岩場にはいずれもトラロープや鎖があり一応対策はしてあるものの出来る範囲で3点支持、3点確保を心掛けて鎖を使ってる時でも3点が必ず支持している状況を作ることが重要である。漫画で見るようなロープを腕二本で掴んでロープをまたいで登る様な恰好は着かれるだけで安全ではないと心掛けた方が自分の為である。
走路では時折富士山が見える。日本一富士山が綺麗に見える町大月市のうたい文句は伊達ではない。冬場に来るとすごくいい景色ではないだろうか。

5月は4度山旅に出てそれなりの思い出を作ることが出来た。良い月であった。
今年の夏は暑いらしい。露も早めに来ると言っていた。
来週あたりはまだ天候が持ちそうである
来週は沢山のスズランを見に入笠山へ出かけようと思っているが天候はいかがであろうか楽しみである
訪問者数:313人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/3/16
投稿数: 16
2016/5/26 23:23
 畑の花
中央高速を通るさい岩殿山を眺める度に、稚児落しの悲話を想い、いつか登ってみようと思っていました。詳しいレコ、ありがとうございます。ところで、畑の花はジャガイモではないですか?実は今、市民農園で育ててまして、花が見頃。
登録日: 2015/10/19
投稿数: 58
2016/5/26 23:30
 Re: 畑の花
kuroske様

コメントありがとうございます
ジャガイモなんですか?
じつはあんまり知らないんですよ・・・自分でやったことがないので
土地柄で勝手に蕎麦とかかな〜なんて思ってまして・・・お恥ずかしい(^^;
なんだか収穫楽しそうですね(^^

楽しい山ですし短いので午前のみとかで行ける良い山でした。
お勧めいたします!
登録日: 2010/5/15
投稿数: 563
2016/5/26 23:38
 魅力いっぱいの山ですね♪
shigken85さま、こんばんは。

北アルプスや八ヶ岳へ出かける時など中央線の電車の中から、その特徴ある山容から、「あ、もうすぐ大月駅だ!」とひとつの目印になっていた岩殿山。
そこには遺跡や稚児落としなど見どころが幾つもあったのですね〜
しかも、かなりスリリングな岩場まで〜

結局、shigken85さんは天気予報に惑わされてしまったようですが、
それも怪我の功名、良い山行になったようでようで何よりです。
私も、いつも通過してばかりでしたが、立ち寄ってみたくなりました
登録日: 2015/10/19
投稿数: 58
2016/5/27 6:56
 Re: 魅力いっぱいの山ですね♪
snow_drop様

コメントありがとうございます

まさに、大月は岩殿山、岩殿山は大月山ですね
小さい山ですが色々な楽しさがギュッと詰まった山でした
また行きたいと思います

来週の話ですがsnow_drop様のレコを読んで入笠山に沢山のスズランがあるのを思い出してそういえば今時だな〜なんて思いまして行ってこようと思います。ちょうどスズラン祭り期間中ですよね。
ロープウェイでビューンってな感じで。こう言った行先を決めるのにも信頼のおけるフォロワーがいるおかげです。ありがとうございます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ