ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 883018 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

渓流の景信山 高尾山・景信山・小下沢 〜エクストリーム朝飯前〜

日程 2016年05月28日(土) [日帰り]
メンバー alchemy
天候薄曇り。風は無風または微風でした。気温はやや高め。
アクセス
利用交通機関
電車
往路:JR中央線 高尾駅  0500着(始発)
復路:JR中央線 高尾駅  0821発 快速東京行
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間4分
休憩
13分
合計
3時間17分
S高尾駅05:0205:10高尾山ちか道入口05:27金比羅台05:2805:36リフト山上駅05:3705:39霞台園地05:45高尾山薬王院05:5005:56高尾山05:5806:01もみじ台06:15一丁平06:1606:33小仏峠06:55景信山06:5807:02小下沢分岐07:25小下沢登山口07:35こげさわの森・二番口07:40木下沢梅林07:45日影バス停07:57高尾梅の郷まち広場08:19高尾駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆高尾駅〜金比羅台コース入り口(20号線 落合信号)
中央線線路沿いにショートカットで移動。住宅地の中の小径を移動します。
両界橋で20号に合流し、歩道を進みます。しばらく進むと、落合信号に着きます(信号脇にろくざん亭の大きな看板あり)。

◆金比羅台コース〜高尾山頂(薬王院経由)
落合信号より、20号を離れ、山に向かって進んでいきます。ろくざん亭の脇を過ぎ、50mほど詰めると、舗装路が途切れ、山道になります。少し頭の上が開けてきたなと思った頃に、金比羅台に飛び出します。ここから自然研究路1号路と合流します。1号路は車道でもあるので、時間帯によっては、車に注意です。リフト乗り場手前に、車道にしては傾斜がきついところもありますが、短いです。リフト乗り場からは緩やかな傾斜になります。霞台園地(ケーブルカー乗り場周辺)を通り、薬王院の参道(階段)を通って山頂に行きます。なお、早朝、奥の院不動堂を経由する道が、夜間封鎖されている場合があります(迂回路があります)。

◆高尾山〜一丁平〜城山〜小仏峠〜景信山
 ルートの補修・改修がかなり進んでおり、歩きやすくなっています。危険な箇所は特にありません。ここからは一転して登山者の数は減り、今日は、全く誰にも会いませんでした。

◆景信山〜小下沢分岐〜小下沢登山口〜小下沢林道〜小下沢梅林
 小下沢分岐までは階段が続きます。歩きづらい部分もありますが、特に大きな問題はありません。小下沢分岐を、小仏バス停への道と分かれて尾根通しを直進すると、良く踏まれてはいるものの、道が細くなってきます。
 ザリクボ分岐で、尾根から北西方向へ切り返す形で反転し、山腹を水平に辿るようになると、急速に道幅が狭くなります。路面が谷側へ寝ているようになっている場所も多く、この区間は全般的に足場が悪い上、短いですが、2箇所ほど露岩をヘツるように通過する必要がある場所があり、要注意です(ロープ等はありません。このため、山慣れない人や小さなお子さん連れには推奨しません)。
 なお、途中で1箇所分岐がでますが、下りの方が正解です。水平に進む道は最終的に関場峠(小下沢上流)に向かいますので、注意が必要です。
 沢の水流沿いまで下りてくれば、細いながらも普通に歩けます(ただし、ザレ道になっている部分があり、転倒注意)。最後に、小下沢を木橋で渡ると、小下沢分岐(旧小下沢野営場跡)となります。
 ここから、木々におおわれた小下沢林道(舗装はされていません)を進んでいきます。途中、車止めのゲートがあるので、一般車は途中までしか通れません。淡々と歩いて行くと、やがて梅林とフェンスがでて、小下沢梅林につきます。

◆小下沢梅林〜高尾駅
 小下沢梅林沿いに進んで、端(中央高速あたり)までくると、道路が舗装され、やがてバス道(小仏峠への道)に合流します(大下バス停と日影バス停の間)。
 ここからは延々と車道歩きになります。日影バス停を過ぎると、住宅地主体の風景に変わります。途中で、するさしの豆腐で有名な峰尾豆腐店(摺差バス停前)などを通り過ぎながら、高尾駅を目指します。歩道があるところもありますが、車道歩きが多く、かつ交通量もそれなりにあるので注意が必要です。
その他周辺情報◆高尾山周辺
 高尾山口および参道途中、山頂等に売店等多数あります。自販機もあります。
◆景信山まで
 城山、景信山に売店・茶屋があります。なお、公衆トイレは、高尾山口駅、ケーブルカー高尾山駅、高尾山頂、一丁平、景信山などにあります。
◆小下沢梅林〜高尾駅
 峰尾豆腐店
 http://www.mineo-tofu.com/shop.html
 なお、西浅川交差点(20号との合流点)にコンビニ(ポプラ)があります。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ(半袖)(1) サポートタイツ(1) ハーフパンツ(1) シューズ(1) ザック(1) キャップ(1) 行動食 GPS 筆記用具 携帯 時計 カメラ

写真

またまた始発で高尾駅に。
2016年05月28日 05:01撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた始発で高尾駅に。
1
今日も浄心門を通ります。
2016年05月28日 05:39撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も浄心門を通ります。
今日の男坂。
2016年05月28日 05:41撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の男坂。
山門に到着。ほとんど人影はありません。
2016年05月28日 05:45撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山門に到着。ほとんど人影はありません。
1
御本堂に到着。境内に人影はないものの、既に勤行(おそらく護摩行)が始まっていて、お経を読む声だけがこだましていました。
2016年05月28日 05:46撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御本堂に到着。境内に人影はないものの、既に勤行(おそらく護摩行)が始まっていて、お経を読む声だけがこだましていました。
1
今日はこの時間には、奥の院へのルートが開けられていました。日によって開く時間が微妙に違うようです。
2016年05月28日 05:48撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はこの時間には、奥の院へのルートが開けられていました。日によって開く時間が微妙に違うようです。
山頂から都心方向。ほとんど遠方は見えません。
2016年05月28日 05:55撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から都心方向。ほとんど遠方は見えません。
西方面はどうかな・・・?丹沢とかは見えていますが・・・
2016年05月28日 05:56撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西方面はどうかな・・・?丹沢とかは見えていますが・・・
富士山が見えました!しかも思ったよりはっきり。早起きのご褒美です。もうすっかり夏山っぽくなっています。
2016年05月28日 05:56撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山が見えました!しかも思ったよりはっきり。早起きのご褒美です。もうすっかり夏山っぽくなっています。
3
山頂の人影もまばら。登り初めてから見かけたのは、累計でおそらく20人くらいでしょうか。
2016年05月28日 05:57撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の人影もまばら。登り初めてから見かけたのは、累計でおそらく20人くらいでしょうか。
一丁平への途中で。ピンぼけしてしまっていますが、モグラのご遺体です。外傷がなく、まだきれいだったので、餓死か水死だと思います。南無。
2016年05月28日 06:09撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一丁平への途中で。ピンぼけしてしまっていますが、モグラのご遺体です。外傷がなく、まだきれいだったので、餓死か水死だと思います。南無。
一丁平の展望台から。ここからも富士山が見えます。
2016年05月28日 06:14撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一丁平の展望台から。ここからも富士山が見えます。
1
丹沢方面も。
2016年05月28日 06:14撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢方面も。
お気に入りの松も今日はくすんでいる感じ。
2016年05月28日 06:14撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お気に入りの松も今日はくすんでいる感じ。
曇っていますが、薄日は差しています。
2016年05月28日 06:24撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇っていますが、薄日は差しています。
景信山にて。誰もいません・・・
2016年05月28日 06:52撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景信山にて。誰もいません・・・
1
ここからも富士山!
2016年05月28日 06:52撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからも富士山!
景信山山頂あたりにも人はいません。
2016年05月28日 06:54撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景信山山頂あたりにも人はいません。
当然、頂上は独り占め。
2016年05月28日 06:54撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当然、頂上は独り占め。
1
都心方向はどんより。
2016年05月28日 06:54撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
都心方向はどんより。
下りはじめます。
2016年05月28日 07:00撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りはじめます。
小下沢分岐点。大抵は小仏バス停に直行ですが、今日は久しぶりに小下沢へ向かいます。
2016年05月28日 07:01撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小下沢分岐点。大抵は小仏バス停に直行ですが、今日は久しぶりに小下沢へ向かいます。
尾根筋から山腹水平道への切り返しポイント(ザリクボ分岐)。ここから道が細くなります。
2016年05月28日 07:01撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋から山腹水平道への切り返しポイント(ザリクボ分岐)。ここから道が細くなります。
こんな感じ。良く踏まれてはいますが・・・
2016年05月28日 07:06撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じ。良く踏まれてはいますが・・・
危険ポイント1。ここはロープが張られていて、かつ足場がまだ良いです。
2016年05月28日 07:09撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険ポイント1。ここはロープが張られていて、かつ足場がまだ良いです。
危険ポイント2。ポイント1から数百mほど進んだところです。こちらは、路面が谷側に寝ている上に、ルートが細く(ほぼ靴幅)、しかも谷側は結構切れ落ちているので、通過は慎重に。
2016年05月28日 07:11撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
危険ポイント2。ポイント1から数百mほど進んだところです。こちらは、路面が谷側に寝ている上に、ルートが細く(ほぼ靴幅)、しかも谷側は結構切れ落ちているので、通過は慎重に。
1
沢沿いになると多少状況は良くなりますが、ザレがあって滑るので、あまり走れません。
2016年05月28日 07:20撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いになると多少状況は良くなりますが、ザレがあって滑るので、あまり走れません。
小下沢に到着。木橋を渡れば、登山口です。
2016年05月28日 07:24撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小下沢に到着。木橋を渡れば、登山口です。
美しい渓流です。
2016年05月28日 07:25撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい渓流です。
2
明るく涼やかな感じです。
2016年05月28日 07:25撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るく涼やかな感じです。
1
登山口は、旧小下沢野営場跡なので、広々しています。
2016年05月28日 07:25撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口は、旧小下沢野営場跡なので、広々しています。
2
こんな感じ。
2016年05月28日 07:25撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じ。
ここからは林道歩きです。ちょっとピンぼけしてしまっていますが・・・
2016年05月28日 07:26撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは林道歩きです。ちょっとピンぼけしてしまっていますが・・・
1
小下沢梅林までつきました。もう少し行くとバス道です。高尾駅北口行きの始発バスに間に合うはず、だったのですが、大下バス停にたどり着く前に、無情にもバスは目の前を通り過ぎて行ってしまいました。乗せてほしい旨合図したのですが・・・orz
2016年05月28日 07:40撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小下沢梅林までつきました。もう少し行くとバス道です。高尾駅北口行きの始発バスに間に合うはず、だったのですが、大下バス停にたどり着く前に、無情にもバスは目の前を通り過ぎて行ってしまいました。乗せてほしい旨合図したのですが・・・orz
結局、次のバスは1時間後なので、高尾駅までランを継続。この峰尾豆腐店の寄せ豆腐がおすすめ。既に開いていましたが、今日は走っているので見送り。
2016年05月28日 07:51撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局、次のバスは1時間後なので、高尾駅までランを継続。この峰尾豆腐店の寄せ豆腐がおすすめ。既に開いていましたが、今日は走っているので見送り。
1
代わりに、無人スタンドで、スナップえんどうをゲット。1袋100円は安い。
2016年05月28日 07:52撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
代わりに、無人スタンドで、スナップえんどうをゲット。1袋100円は安い。
駒木野庭園はまだ開いていませんでした。ここまでくれば、高尾駅は近くです。さあ、帰ろう。朝飯を食いに。
2016年05月28日 08:09撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒木野庭園はまだ開いていませんでした。ここまでくれば、高尾駅は近くです。さあ、帰ろう。朝飯を食いに。
2
撮影機材:

感想/記録

今日も午前中に予定があるため、手っ取り早く回れるコースを設定。
暑くなってきたので、久しぶりに、小下沢へ足を向けてみました。
天気は高曇りながら、気温もそれなりに高く、体力的に削られましたが、展望も富士山が見えるなど、あきらめていた割にはご褒美も多く、楽しめました。
また、珍しく人出が少なく、高尾山頂〜小下沢登山口まで、全く誰にも会わず、静かな山行となりました。
小下沢はいつ来ても静かで高尾山近くにあるとは思えません。こうした自然は大事にしたいものですね。
訪問者数:293人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ