ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 883195 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

赤岳 横岳 硫黄岳

日程 2016年05月28日(土) [日帰り]
メンバー kazu5000, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤岳山荘の有料駐車場を利用しました(1,000円)。
なお、美濃戸口から先のダートは、依然として悪路です。車高の低いクルマはNGであると思われます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間59分
休憩
2時間28分
合計
10時間27分
S赤岳山荘04:0704:13美濃戸山荘04:1505:25中ノ行者小屋跡05:2806:15行者小屋06:2707:29文三郎尾根分岐07:4607:55赤岳08:0308:12赤岳頂上山荘08:3609:00赤岳天望荘09:1009:12地蔵の頭09:1409:21二十三夜峰09:2409:35日ノ岳09:3609:40鉾岳09:47石尊峰09:54横岳(三叉峰)10:0110:09無名峰10:1010:17横岳(奥ノ院)10:34台座ノ頭11:2011:32硫黄岳山荘11:3612:00硫黄岳12:15赤岩の頭12:1613:03ジョウゴ沢13:07大同心沢(大同心ルンゼ)分岐13:0813:14赤岳鉱泉13:2013:57堰堤広場14:31美濃戸山荘14:34赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
平成27年6月27日、突然のアクシデントにより赤岳のみの登頂にて地蔵尾根より撤退いたしました。
今回、約1年を経て、八ヶ岳の憧れの稜線を歩くことが出来ました。

※ GPSが暴れておりますので、歩行距離は参考になりません。実際の歩行距離は16卍度であると思われます。
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは、赤岳山荘前に設置されています。

【美濃戸山荘〜行者小屋】
特段の危険箇所はありません。登山道を示すグリーンのロープが随所に張られていることから、道迷いの懸念は少ないものと思われます。

【文三郎尾根】
大変良く整備されていますが、急な階段が連続します。

【分三郎尾根分岐〜赤岳〜赤岩の頭】
ガレ場の急坂や高度感のある鎖場、梯子が連続しますので、落石や滑落等に注意が必要です。

【赤岩の頭〜赤岳鉱泉】
特段の危険箇所はありません。

【赤岳鉱泉〜美濃戸山荘】
特段の危険箇所はなく、道迷いの懸念も少ないものと思われます。
その他周辺情報美濃戸口の近くにある「もみの湯」に入浴しますた。500円と大変リーズナブルでございやした。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ

写真

まだ薄暗い中、赤岳山荘有料駐車場より出発です。
2016年05月28日 04:10撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ薄暗い中、赤岳山荘有料駐車場より出発です。
3
奥様が同行します。
2016年05月28日 04:39撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥様が同行します。
5
本日、目指す稜線です。イワイワしています。
2016年05月28日 06:15撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日、目指す稜線です。イワイワしています。
2
行者小屋は、まだ営業してませんでした。
2016年05月28日 06:21撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋は、まだ営業してませんでした。
1
どこまでも続く階段。キツいっ!
2016年05月28日 07:00撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこまでも続く階段。キツいっ!
4
ひょえ〜。高度感があります。
昨年はガスガスだったので高度感がわからなかった。
2016年05月28日 07:04撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひょえ〜。高度感があります。
昨年はガスガスだったので高度感がわからなかった。
2
こんど阿弥陀岳にも登りたい。
2016年05月28日 07:26撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんど阿弥陀岳にも登りたい。
2
振り返ると中央アルプスから北アルプス、そひて右端に蓼科山。
2016年05月28日 07:27撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると中央アルプスから北アルプス、そひて右端に蓼科山。
2
ランドネ風。絶景に見惚れる奥様。
2016年05月28日 07:51撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ランドネ風。絶景に見惚れる奥様。
21
富士山だぁ。
2016年05月28日 08:04撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山だぁ。
12
梯子を登ると
2016年05月28日 08:07撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子を登ると
5
赤岳に登頂。
2016年05月28日 08:10撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳に登頂。
9
そして、これから向かう稜線。
2016年05月28日 08:15撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、これから向かう稜線。
4
北アルプス。
2016年05月28日 08:26撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプス。
4
中央アルプス。
2016年05月28日 08:27撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス。
3
南アルプス。
2016年05月28日 08:27撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス。
2
アルプスにはあまり興味がない奥様。
2016年05月28日 08:33撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アルプスにはあまり興味がない奥様。
6
キバナシャクナゲ。赤岳展望荘周辺に沢山咲いていました。
2016年05月28日 08:45撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲ。赤岳展望荘周辺に沢山咲いていました。
7
昨年、撤退を決断した場所。赤岳展望荘。
2016年05月28日 09:02撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年、撤退を決断した場所。赤岳展望荘。
1
ひょえ〜。横岳までの稜線も結構な高度感です。
2016年05月28日 09:31撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひょえ〜。横岳までの稜線も結構な高度感です。
2
横岳の辺りから登山道が赤土になりました。
2016年05月28日 09:44撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳の辺りから登山道が赤土になりました。
2
オヤマノエンドウ。
2016年05月28日 09:52撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマノエンドウ。
6
梯子を登る私。
2016年05月28日 10:01撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子を登る私。
6
ツクモグサ。お日様が当たると開花するとか。。。
2016年05月28日 10:19撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツクモグサ。お日様が当たると開花するとか。。。
9
横岳。
2016年05月28日 10:23撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳。
6
ひょえ〜!
2016年05月28日 10:24撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひょえ〜!
6
ショウゴ沢火口を眺めながらランチタイム。
2016年05月28日 10:34撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショウゴ沢火口を眺めながらランチタイム。
2
スーパーの安売で購入したのだが、めっちゃ美味かった!
2016年05月28日 11:07撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スーパーの安売で購入したのだが、めっちゃ美味かった!
4
噴火をイメージする奥様。
2016年05月28日 11:24撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噴火をイメージする奥様。
11
硫黄岳山荘。
2016年05月28日 11:37撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山荘。
ケルンを目指して登っていくと。
2016年05月28日 11:55撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケルンを目指して登っていくと。
1
爆裂火口!
2016年05月28日 12:05撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爆裂火口!
7
爆裂する奥様!
2016年05月28日 12:05撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爆裂する奥様!
16
硫黄岳。
2016年05月28日 12:05撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳。
4
赤岳方面はガスってきました。
2016年05月28日 12:14撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳方面はガスってきました。
1
特徴的な白い砂地の分岐点付近。
2016年05月28日 12:16撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
特徴的な白い砂地の分岐点付近。
1
赤岩の頭から下降します。
2016年05月28日 12:20撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩の頭から下降します。
赤岳鉱泉に到着。
2016年05月28日 13:21撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉に到着。
奥様は八ヶ岳を気に入ったようです。
2016年05月28日 14:05撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥様は八ヶ岳を気に入ったようです。
9
もみの湯にてしっぽり。
2016年05月28日 16:29撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もみの湯にてしっぽり。
4
撮影機材:

感想/記録

昨年、無念の撤退により歩くことの出来なかった「赤岳〜硫黄岳」を周回いたしました。今回は、アクシデントも無く平穏な山歩きとなりました。
曇り空でしたが視界は良好で、大パノラマを満喫することができ、大変満足しています。
また、稜線上には、沢山のお花が咲いており、花に詳しい登山者の方々に色々とご教授いただきました。ありがとうございました。

なお、今度は阿弥陀岳や権現岳にも登りたいと妄想しております。
訪問者数:952人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/11
投稿数: 744
2016/5/29 6:59
 おおっ、ついにリベンジですね!
梅雨の時期の前に 果たされましたねー
にアルプス三昧 いいですねー
僕のほうは低山リハビリで、汗だくになってました
登録日: 2013/9/22
投稿数: 492
2016/5/29 10:14
 Re: おおっ、ついにリベンジですね!
cyberdocさま〜 おはようございます。
曇り空でしたが眺望は良かったのが救いでした
また、風も無く穏やかでした
朝方の登山口の気温8℃。赤岳頂上9℃。昼時横岳付近12℃。
結構、寒かったです。
登録日: 2009/9/6
投稿数: 97
2016/5/29 20:33
 リベンジ、おめでとうございます。
撤退なんてこともありましたね
樹林じゃない山もよいものでしょう
編笠でのんびりテントで1泊もおススメです。
登録日: 2013/9/22
投稿数: 492
2016/5/29 21:25
 Re: リベンジ、おめでとうございます。
H先輩!おこんばんは〜!
今回もザッキーを誘おうと思ったのですが、彼はあれから一度も山に登っていないようなので、奥様に同行してもらいました。
さて、テント買いますよ!ボーナスで!
あと、6月12日(日曜日)に女峰山に挑戦しようと思ってます。因みに前日は、日光でゴルフです (T_T)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ