ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 883501 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

女峰山(行者堂から黒岩尾根の往復):中高年ハイカーが歩いてみた

日程 2016年05月28日(土) [日帰り]
メンバー TheDainagon
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
滝尾神社の駐車場(無料)を利用。
コースの基点となる行者堂のすぐ近くです。
朝05:00頃で6割程度の充足率。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間20分
休憩
32分
合計
9時間52分
S滝尾神社 駐車場05:0405:08行者堂05:1105:35殺生禁断境石06:06稚児ヶ墓06:31水場分岐06:47水呑の石標06:57白樺金剛06:5807:52八風07:5308:04遥拝石08:0909:43唐沢避難小屋09:5810:42女峰山10:4611:25唐沢避難小屋12:34遥拝石12:56八風12:5713:22白樺金剛13:28水呑の石標13:46水場分岐14:00稚児ヶ墓14:23殺生禁断境石14:43行者堂14:4414:49滝尾神社 駐車場14:5014:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
なかなか長距離のコースです。
初めてということあり、ペース配分が上手く掴めませんでした。
のんびりとした雰囲気のところが多く、歩くペースまでのんびりしてしまったり。
コース状況/
危険箇所等
雨の次の日は泥濘個所があるので要注意。滑りやすく、汚れやすいです。
腰より高い笹に囲まれた個所があるので、半袖やグローブなしは要注意。

概ね安全なコースなるも、一部に危険個所あり。

傾斜は緩急の差が激しい。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

滝尾神社前の駐車場を利用。
東照宮の有料駐車場に停めるより、行者堂にずっと近いです。
そして、無料です。
2016年05月28日 04:44撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝尾神社前の駐車場を利用。
東照宮の有料駐車場に停めるより、行者堂にずっと近いです。
そして、無料です。
2
駐車場向かいの道を横断し、林の中へ。
2016年05月28日 05:02撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場向かいの道を横断し、林の中へ。
1
すぐに分岐があります。
右を登って行くと滝尾神社ですが、行者堂へは橋を渡って左へ。
2016年05月28日 05:03撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに分岐があります。
右を登って行くと滝尾神社ですが、行者堂へは橋を渡って左へ。
2
少し進むと、さらに分岐があります。
右側を登って東照宮方面へ進みます。
「女峰山」と書かれた案内もあるので、ここでの分岐は迷わないと思います。
2016年05月28日 05:06撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し進むと、さらに分岐があります。
右側を登って東照宮方面へ進みます。
「女峰山」と書かれた案内もあるので、ここでの分岐は迷わないと思います。
2
階段を登ると、すぐに行者堂の姿が。
2016年05月28日 05:08撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を登ると、すぐに行者堂の姿が。
1
行者堂を登って左奥へ進むと女峰山への入口です。
2016年05月28日 05:09撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者堂を登って左奥へ進むと女峰山への入口です。
1
ここに登山届のポストもあります。
2016年05月28日 05:10撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここに登山届のポストもあります。
1
出だしは、奥武蔵のような雰囲気漂う樹林帯。
序盤から、意外と登らされます。
2016年05月28日 05:20撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出だしは、奥武蔵のような雰囲気漂う樹林帯。
序盤から、意外と登らされます。
1
林道が並行してきます。
2016年05月28日 05:25撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道が並行してきます。
1
一旦、林道と合流。
合流しないで、そのまま進んでしまっても大丈夫です。
2016年05月28日 05:26撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦、林道と合流。
合流しないで、そのまま進んでしまっても大丈夫です。
1
10m程度進んだら、またすぐに林の中へ分岐します。
2016年05月28日 05:27撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10m程度進んだら、またすぐに林の中へ分岐します。
1
割と急登です。
全体を通して、傾斜に緩急の差が激しいコースです。
登るときは、常に急登。
2016年05月28日 05:28撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
割と急登です。
全体を通して、傾斜に緩急の差が激しいコースです。
登るときは、常に急登。
1
登りきると「殺生禁断石」の登場。
他の方の写真を見ていて、もっとずっと小さいものだと思っていました。
軽く2mを超える高さで、その大きさに驚きました。
2016年05月28日 05:35撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りきると「殺生禁断石」の登場。
他の方の写真を見ていて、もっとずっと小さいものだと思っていました。
軽く2mを超える高さで、その大きさに驚きました。
1
これまでの急騰が激変し、ほぼ平坦なコースが続きます。
2016年05月28日 05:37撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これまでの急騰が激変し、ほぼ平坦なコースが続きます。
1
この辺りからツツジが散見されますが、シーズンも終盤のようです。
上へ登っていくと、まだまだ見頃のエリアもあります。
2016年05月28日 05:42撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りからツツジが散見されますが、シーズンも終盤のようです。
上へ登っていくと、まだまだ見頃のエリアもあります。
1
ぬかるんでいます。
滑りやすく、汚れやすいです。
2016年05月28日 05:50撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぬかるんでいます。
滑りやすく、汚れやすいです。
1
こんな感じで汚れるので、ショートスパッツ装着がお勧めです。
単に歩き方に問題があるのかもしれませんが。
2016年05月28日 06:03撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで汚れるので、ショートスパッツ装着がお勧めです。
単に歩き方に問題があるのかもしれませんが。
1
本日の一ゴミ。
一山で一ゴミを拾うことにしています。
(気付かぬうちに自分が落としてしまうこともあると思うので)
2016年05月28日 05:52撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の一ゴミ。
一山で一ゴミを拾うことにしています。
(気付かぬうちに自分が落としてしまうこともあると思うので)
4
針葉樹の林を抜けて、少し開けた感じのところに出ます。
向こうには本日登る本体が見えてきます。
2016年05月28日 05:53撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針葉樹の林を抜けて、少し開けた感じのところに出ます。
向こうには本日登る本体が見えてきます。
2
この品種のツツジは、蕾も多く、まだまだこれからという感じでした。
2016年05月28日 05:54撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この品種のツツジは、蕾も多く、まだまだこれからという感じでした。
4
稚児ヶ墓。
本当に“墓”なのだろうか。
2016年05月28日 06:06撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稚児ヶ墓。
本当に“墓”なのだろうか。
2
また奥武蔵風の樹林帯に入ります。
2016年05月28日 06:07撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また奥武蔵風の樹林帯に入ります。
1
そう言えば、奥武蔵でもツツジをよく見かけます。
2016年05月28日 06:18撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そう言えば、奥武蔵でもツツジをよく見かけます。
2
また開けたところに出ます。
以後、林の中と開けたところが交互に入れ替わりながらとなります。
2016年05月28日 06:26撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また開けたところに出ます。
以後、林の中と開けたところが交互に入れ替わりながらとなります。
2
振り返ると日光市街が。
2016年05月28日 06:27撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると日光市街が。
2
あまりにものんびりとした雰囲気のコースなので、気が抜けてペースが大きく落ちてしまっていました。
2016年05月28日 06:30撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまりにものんびりとした雰囲気のコースなので、気が抜けてペースが大きく落ちてしまっていました。
2
男体山も見えてきます。
2016年05月28日 06:33撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男体山も見えてきます。
4
この辺は笹の背が高く(腰以上)、腕に当ってきます。
半袖やグローブなしだと、痛くなるかもしれません。
2016年05月28日 06:39撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺は笹の背が高く(腰以上)、腕に当ってきます。
半袖やグローブなしだと、痛くなるかもしれません。
2
本日の目的の一つである、シロヤシオ。
初めて見ました。
2016年05月28日 06:57撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の目的の一つである、シロヤシオ。
初めて見ました。
4
ベストシーズンは過ぎてしまっているかもしれません。
2016年05月28日 07:06撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベストシーズンは過ぎてしまっているかもしれません。
1
でも、まだまだたくさん咲いています。
2016年05月28日 07:07撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、まだまだたくさん咲いています。
3
休憩に丁度良さそうな岩。
2016年05月28日 07:14撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩に丁度良さそうな岩。
2
この辺りから、溶岩の塊が多く見られるようになります。
2016年05月28日 07:23撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから、溶岩の塊が多く見られるようになります。
1
少し岩場的なところを通過。
2016年05月28日 07:41撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し岩場的なところを通過。
2
曇っていましたが、遥か富士山が見えました。
2016年05月28日 07:42撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇っていましたが、遥か富士山が見えました。
1
おそらく雲竜渓谷へ向かう時に傍を通る砂防ダムを見下ろします。
2016年05月28日 07:49撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おそらく雲竜渓谷へ向かう時に傍を通る砂防ダムを見下ろします。
2
ガレ場のトラバース。
危険度は高くないです。
2016年05月28日 07:56撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場のトラバース。
危険度は高くないです。
2
ガレ場を抜けると広い場所に。
眺望抜群な場所なので、休憩にも最適。
2016年05月28日 08:03撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場を抜けると広い場所に。
眺望抜群な場所なので、休憩にも最適。
3
黒岩という案内表示がありましたが、実は「黒岩」はこの広場の横を少し登った上にあります。
コース表示に従っていると、たどり着くことができません。
ちょっとした僥倖があって、復路で本物の「黒岩」へ到達できました。
2016年05月28日 08:04撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岩という案内表示がありましたが、実は「黒岩」はこの広場の横を少し登った上にあります。
コース表示に従っていると、たどり着くことができません。
ちょっとした僥倖があって、復路で本物の「黒岩」へ到達できました。
2
これが見たかった。
2016年05月28日 08:22撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが見たかった。
2
ここ少し危険ですが、鎖のサポートがあります。
2016年05月28日 08:28撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ少し危険ですが、鎖のサポートがあります。
1
シャクナゲの小さな若木がありました。
数年後には立派に花を咲かせるのでしょう。
2016年05月28日 08:58撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲの小さな若木がありました。
数年後には立派に花を咲かせるのでしょう。
1
いよいよ間近に見えてきました。
中央に避難小屋も見えます。
このとき、避難小屋から先、どんなコースで頂上まで進むのか不思議に感じながら見ていました。
まさか、あの急なガレ場をほぼ直登だったとは。
2016年05月28日 09:14撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ間近に見えてきました。
中央に避難小屋も見えます。
このとき、避難小屋から先、どんなコースで頂上まで進むのか不思議に感じながら見ていました。
まさか、あの急なガレ場をほぼ直登だったとは。
3
このザレ場のトラバース個所が最も危険かもしれません。
コースらしいコースは設定されていません。
極めて滑りやすいです。
しかし、滑落しても打ちどころが余程悪くない限り、命にかかわる可能性は少なそうです。
大怪我にはなるかもしれませんが。
2016年05月28日 09:29撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このザレ場のトラバース個所が最も危険かもしれません。
コースらしいコースは設定されていません。
極めて滑りやすいです。
しかし、滑落しても打ちどころが余程悪くない限り、命にかかわる可能性は少なそうです。
大怪我にはなるかもしれませんが。
2
噂の避難小屋に到着。
中を覗いたら、とてもきれいでした。
そして、あの噂との関係はわかりませんが、とても空気が冷えていました。
2016年05月28日 09:39撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噂の避難小屋に到着。
中を覗いたら、とてもきれいでした。
そして、あの噂との関係はわかりませんが、とても空気が冷えていました。
2
避難小屋から少し進むと、いよいよ最後の急登です。
ガレ場をほぼ直登となります。
2016年05月28日 10:09撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋から少し進むと、いよいよ最後の急登です。
ガレ場をほぼ直登となります。
2
足下は、こんな感じとなっています。
大きめの石も、ほとんどが浮いた状態なので要注意です。
2016年05月28日 10:09撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足下は、こんな感じとなっています。
大きめの石も、ほとんどが浮いた状態なので要注意です。
2
あと一歩です。
2016年05月28日 10:41撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと一歩です。
2
頂上到着。
2016年05月28日 10:42撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上到着。
6
日光ファミリーシリーズが勢揃い。
2016年05月28日 10:44撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日光ファミリーシリーズが勢揃い。
5
とても人が少ないコースですが、山頂には人が多かったです。
霧降高原側から、続々と上がってきていました。
2016年05月28日 10:46撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とても人が少ないコースですが、山頂には人が多かったです。
霧降高原側から、続々と上がってきていました。
2
山頂直下の祠。
滝尾神社の奥社に相当するとか。
2016年05月28日 10:47撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の祠。
滝尾神社の奥社に相当するとか。
1
早々に下山。
急登が多かったということは、復路は急な降りということなので、ここでトレッキングポールを登場させます。
登りは、やせ我慢で使いませんでした。
2016年05月28日 10:52撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早々に下山。
急登が多かったということは、復路は急な降りということなので、ここでトレッキングポールを登場させます。
登りは、やせ我慢で使いませんでした。
1
かなり急な降り。
2016年05月28日 11:06撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり急な降り。
2
避難小屋まで戻ってきます。
壊れかけのベンチ的なものもあるので、休憩するのに良い場所です。
2016年05月28日 11:24撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋まで戻ってきます。
壊れかけのベンチ的なものもあるので、休憩するのに良い場所です。
1
難関、ザレ場トラバース(復路編)。
どこを通るべきか、全く見えず。
2016年05月28日 11:31撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
難関、ザレ場トラバース(復路編)。
どこを通るべきか、全く見えず。
1
足下は、こんな感じ。
トレッキングポールがあるので、往路よりは楽に通過できました。
2016年05月28日 11:34撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足下は、こんな感じ。
トレッキングポールがあるので、往路よりは楽に通過できました。
1
振り返ります。
あの傾斜をほぼ直登・直降してきたとは、信じがたいです。
2016年05月28日 11:48撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ります。
あの傾斜をほぼ直登・直降してきたとは、信じがたいです。
2
名前がわかりませんが、この花が目立ちました。
2016年05月28日 12:17撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前がわかりませんが、この花が目立ちました。
3
往路で通過しなかった、ここが本物の黒岩。
ガレ場をトラバースしないで、稜線に上がるとあります。
復路で一緒になった日光エキスパートの方に教えていただきました。
2016年05月28日 12:49撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路で通過しなかった、ここが本物の黒岩。
ガレ場をトラバースしないで、稜線に上がるとあります。
復路で一緒になった日光エキスパートの方に教えていただきました。
3
行者堂まで戻りました。
この方が復路でご一緒させていただいた日光エキスパートの方。
諸々のお話を聞きながら降れたので、退屈な下山路が楽しい時間となりました。
2016年05月28日 14:43撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者堂まで戻りました。
この方が復路でご一緒させていただいた日光エキスパートの方。
諸々のお話を聞きながら降れたので、退屈な下山路が楽しい時間となりました。
1
車を停めたところが異なるので、行者堂を過ぎたところでお別れとなりました。
またいつかどこかでお会いしたいものです。
2016年05月28日 14:47撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車を停めたところが異なるので、行者堂を過ぎたところでお別れとなりました。
またいつかどこかでお会いしたいものです。
1
せっかくなので、滝尾神社へ寄っていきます。
駐車場も利用させていただいたということもありますし。
2016年05月28日 14:49撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくなので、滝尾神社へ寄っていきます。
駐車場も利用させていただいたということもありますし。
1
無事下山のお礼。
滝尾神社を本日のゴールとします。
2016年05月28日 14:52撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山のお礼。
滝尾神社を本日のゴールとします。
1
駐車場へ帰還。
2016年05月28日 15:01撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場へ帰還。
1
撮影機材:

感想/記録

初の女峰山となります。
山歩きを始めたばかりの頃から気になっていた山でした。
当時は、「どのコースを選んでも、自分の力量ではとても無理」と諦めていました。
しかし、そろそろ行けるのではないかと思い挑戦することに。
どうせ行くなら、正式な感じがするので、行者堂からの往復にしようと。

なかなか良いコースでした。
特に、こんな人にはお勧めです。
(發応えのあるコースが好き。短距離はつまらない。
日光へはよく行くけど、男体山には飽きてきた。
樹林帯は嫌い。でも、岩場も得意じゃない。
い箸砲くツツジが大好き。
タ佑少ない静かなコースを歩きたい。でも誰もいないのは寂しい。

下山時、日光のエキスパートの方とご一緒させていただきました。
女峰山には何度も登られているベテランの方です。
本当だったら退屈な時間を過ごすはずだった復路が、とても楽しい時間となりました。
この場を借りて、お礼を申し上げたいと思います。
その方に本物の「黒岩」へも連れて行っていただきました。
余分なアップダウンが生じてしまうものの、省略してトラバースするより、黒岩を登るコースの方が見晴らし良くてお勧めです。
でも、往路は入って行く場所が見つけにくいので、復路に通るのが良いかもしれません。
訪問者数:531人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/20
投稿数: 4
2016/5/30 21:40
 TheDainagonさん お疲れ様です。
TheDainagonさん 土曜日は、お疲れ様です。
楽しい時間を過ごさせていただきました。

当レコは、行かれる方にとって、細やかな注意点がかなり参考になると思います。

次は、ぜひ霧降からのルートも登ってください。
また違う楽しさが味わえますよ。

又日光でお会いできる機会があるかもしれません。
その時は、山の話を聞かせてください。

kogaのST
登録日: 2015/12/10
投稿数: 72
2016/5/30 21:54
 Re: TheDainagonさん お疲れ様です。
s-tsukuiさん

先日は楽しい時間をありがとうございました。
普段は単独ばかりなので、新鮮な体験でもありました。
ご一緒いただいたことで、ずっと思い出に残る山になったと思います。

日光だけではなく、またどこかでお会いしましょう。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ