ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 883665 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

東日原〜長沢背稜〜奥秩父主脈 雁峠まで

日程 2016年05月27日(金) 〜 2016年05月28日(土)
メンバー dobon
天候5/27 曇り/夕方晴れ 5/28 曇り/一時晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
奥多摩ハイキング時刻表:http://www.nisitokyobus.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/03/20160326_hiking_okutama.pdf

塩山駅〜西沢渓谷 バス時刻表:http://www.city.koshu.yamanashi.jp/kurashi/files/20160318/%E3%83%90%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%93HP%EF%BC%88%E7%AA%AA%E5%B9%B3%E3%83%BB%E8%A5%BF%E6%B2%A2%E6%B8%93%E8%B0%B7%E7%B7%9A%EF%BC%89.pdf
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
25千図:武蔵日原、雲取山、雁坂峠
危険箇所:特にありません。
◆ヨコスズ尾根:尾根に上がるまでは急登ですが、そこからは緩やかな登りで一杯水避難小屋へ。
◆長沢背稜:稜線の南に沿ってピークを巻きながら進む。道は整備されています。水松山を過ぎると一度埼玉県側を進み、長沢山からは稜線上を芋の木ドッケで三峯神社からの道と合流。大ダワからの女坂は歩きやすい道。
◆奥秩父主脈縦走路:やはり南面を巻くように進む。三ツ山南面は桟道多い。飛龍山手前の小尾根に山頂へのショートカットあり、程なく山頂。唐松尾山から西へ向かう道はアップダウンあり。2044ピークはシャクナゲ。
◆雁峠から新地平:広い沢を何度か渡渉し下る。途中から林道となり単調な道を新地平BSへ。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

備考 この時期ムシが多いのでご用心

写真

東日原のバス停からスタート。平日は出発時刻が遅くなってしまいます。
2016年05月27日 08:41撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東日原のバス停からスタート。平日は出発時刻が遅くなってしまいます。
尾根上に出ると傾斜も緩みます。
2016年05月27日 09:28撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上に出ると傾斜も緩みます。
ヨコスズ尾根
2016年05月27日 10:05撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨコスズ尾根
雨は降っていませんが空気はしっとりしています。
2016年05月27日 10:15撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨は降っていませんが空気はしっとりしています。
ツツジも咲いています。
2016年05月27日 10:29撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジも咲いています。
一杯水避難小屋に着きました。
出発時間が遅かったので三ツドッケはパスします。
2016年05月27日 10:36撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一杯水避難小屋に着きました。
出発時間が遅かったので三ツドッケはパスします。
1
まだガスがかかっています。時折雨も、でも雨具を着るほどではありません。
2016年05月27日 10:50撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだガスがかかっています。時折雨も、でも雨具を着るほどではありません。
ハナド岩より、石尾根上部もガスの中
2016年05月27日 11:12撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハナド岩より、石尾根上部もガスの中
ツツジが
2016年05月27日 11:14撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジが
きれい
2016年05月27日 11:20撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれい
です。
2016年05月27日 11:20撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
です。
桟道を通ります。
2016年05月27日 11:26撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桟道を通ります。
1
七跳尾根の標識
2016年05月27日 11:40撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七跳尾根の標識
長沢背稜、まだ誰とも会いません。
2016年05月27日 11:47撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長沢背稜、まだ誰とも会いません。
酉谷避難小屋の上に着きました。
2016年05月27日 12:19撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酉谷避難小屋の上に着きました。
1
酉谷山も巻きます。
2016年05月27日 12:20撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酉谷山も巻きます。
いい道が続きます。
2016年05月27日 12:37撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい道が続きます。
1
滝谷の峰のヘリポート。
2016年05月27日 13:23撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝谷の峰のヘリポート。
水松山の先で天祖山への道と分かれ右に登ります。
2016年05月27日 13:53撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水松山の先で天祖山への道と分かれ右に登ります。
1
すぐ尾根に上がりますが、尾根を進まず埼玉県側に下ります。
2016年05月27日 13:55撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ尾根に上がりますが、尾根を進まず埼玉県側に下ります。
北側斜面にはシダが自生してます。
2016年05月27日 13:57撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側斜面にはシダが自生してます。
稜線に上がり長沢山。ここからは稜線上を進みます。
2016年05月27日 14:19撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に上がり長沢山。ここからは稜線上を進みます。
1
奥秩父っぽい道に
2016年05月27日 14:48撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥秩父っぽい道に
1
なってきました。
2016年05月27日 14:57撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なってきました。
1
ガスもとれ、雲取山が望めます。
2016年05月27日 15:14撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスもとれ、雲取山が望めます。
逃げない鹿
2016年05月27日 15:26撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
逃げない鹿
1
三峯神社からの道に合流。
2016年05月27日 15:32撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三峯神社からの道に合流。
1
すぐ下に芋の木ドッケの標識。
2016年05月27日 15:34撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ下に芋の木ドッケの標識。
1
すこし南に下って三峯からの縦走路に合流。
2016年05月27日 15:55撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すこし南に下って三峯からの縦走路に合流。
1
大ダワ、これから今日最後の登り
2016年05月27日 16:09撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ダワ、これから今日最後の登り
女坂でひとつ
2016年05月27日 16:09撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女坂でひとつ
テントを張って今日も終了。
2016年05月27日 18:52撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントを張って今日も終了。
1
5/28 雲取山山頂より高曇りの空
2016年05月28日 04:32撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5/28 雲取山山頂より高曇りの空
三条ダルミです。
2016年05月28日 04:59撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三条ダルミです。
奥秩父主脈縦走路を西へ
2016年05月28日 05:02撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥秩父主脈縦走路を西へ
狼平
2016年05月28日 05:27撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狼平
1
桟道はしっかりしています。
2016年05月28日 05:54撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桟道はしっかりしています。
北天のタル
2016年05月28日 06:30撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北天のタル
飛龍山山頂へのショートカット道。小尾根に沿って登っていきます。
2016年05月28日 06:52撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛龍山山頂へのショートカット道。小尾根に沿って登っていきます。
ひと登りで飛龍山山頂
2016年05月28日 07:01撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひと登りで飛龍山山頂
シャックナゲがきれいです。
2016年05月28日 07:08撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャックナゲがきれいです。
1
飛竜権現。登頂のお礼をしました。
2016年05月28日 07:20撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛竜権現。登頂のお礼をしました。
禿岩からの眺め。水墨画のよう
2016年05月28日 07:23撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
禿岩からの眺め。水墨画のよう
しかし右下がりの写真が多いです。これから気をつけなければ。
2016年05月28日 07:24撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし右下がりの写真が多いです。これから気をつけなければ。
巻き道は続く。
2016年05月28日 08:08撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道は続く。
将監小屋分岐
2016年05月28日 09:09撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
将監小屋分岐
将監峠
2016年05月28日 09:17撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
将監峠
気持ちいい峠です。
2016年05月28日 09:17撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちいい峠です。
山の神土。ここから唐松尾山へ。
2016年05月28日 09:41撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神土。ここから唐松尾山へ。
今回の最高地点、唐松尾山。展望はありません。
2016年05月28日 10:33撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の最高地点、唐松尾山。展望はありません。
1
途中からの景色、今朝からずっと大菩薩が大きい。
2016年05月28日 10:44撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中からの景色、今朝からずっと大菩薩が大きい。
シャクナゲの小ピーク
2016年05月28日 11:06撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲの小ピーク
笹原の道を下ります。
2016年05月28日 11:38撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹原の道を下ります。
笠取山への道。笠取山もパス。
2016年05月28日 11:46撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山への道。笠取山もパス。
水干。大岩の上に水神社と書かれた石碑があります。
2016年05月28日 11:51撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水干。大岩の上に水神社と書かれた石碑があります。
笠取山を西から
2016年05月28日 11:59撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山を西から
小さな分水嶺。
2016年05月28日 12:05撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな分水嶺。
雁峠に着きました。ここから下ります。
2016年05月28日 12:15撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁峠に着きました。ここから下ります。
1
広い谷を下ること2時間弱。
2016年05月28日 12:36撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い谷を下ること2時間弱。
新地平のバス停に到着です。30分後にバスが来ました。
2016年05月28日 14:08撮影 by Canon IXY 140, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新地平のバス停に到着です。30分後にバスが来ました。
1
撮影機材:

感想/記録
by dobon

朝がた地元で降っていた雨も奥多摩に着くころには上がっており、2日間の静かな山歩きを満喫しました。長沢背稜はアプローチに時間がかかりますが素晴らしいコースです。
夏の北アルプスへの足慣らしができました。
訪問者数:427人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ