ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 883672 全員に公開 ハイキング四国剣山

三嶺

日程 2016年05月27日(金) 〜 2016年05月28日(土)
メンバー hello-world
天候5/27晴れ 5/28曇り・雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大栃湖近くで工事のため時間を区切った通行規制があり、20分くらい待ちました。
光石登山口に車を停めましたが、さおりが原方面の林道ゲート近くに停めている方もいました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間32分
休憩
3分
合計
6時間35分
Sスタート地点10:2514:39カヤハゲ14:4016:14三嶺16:1617:00三嶺
2日目
山行
7時間38分
休憩
50分
合計
8時間28分
宿泊地05:2105:39三嶺05:4106:02三嶺06:48オオタオ06:4907:15西熊山07:1807:38お亀岩避難小屋08:0808:43地蔵ノ頭08:49天狗峠09:09天狗塚09:1509:35天狗峠09:3809:46地蔵ノ頭09:5113:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道案内のテープは少な目かも。目を凝らして踏み跡を探して進みました。見つけられないときは少し戻って範囲を広げて探しました。
地蔵頭と綱附森の尾根の途中から堂床までの道は私にとっては険しいものでした。堂床野営場から光石登山口まのでう回路も踏み跡が少なくざれかけている個所もあり私には少し厳しかったです。
その他周辺情報登山後に夢の湯に入りました。硫黄のにおいが少しする温泉でのんびりできました。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 シュラフ コンロ 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 携帯 タオル ツェルト ストック カメラ

写真

薄くはがれる石があちこちで見られる
2016年05月27日 11:01撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄くはがれる石があちこちで見られる
樹のトンネル
2016年05月27日 11:09撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹のトンネル
さおりガ原 バイケイソウ?がたくさんあって保護しているのかと思ったら鹿の食べ残しだそうで。
2016年05月27日 11:57撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さおりガ原 バイケイソウ?がたくさんあって保護しているのかと思ったら鹿の食べ残しだそうで。
でかい樹があちこちにあった
2016年05月27日 12:53撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でかい樹があちこちにあった
カヤハゲ
2016年05月27日 14:38撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カヤハゲ
三嶺を南から見る
2016年05月27日 15:01撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三嶺を南から見る
岩が飛び出ている
2016年05月27日 15:20撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩が飛び出ている
1
確かに3つ嶺があるように見えるかな
2016年05月27日 15:57撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
確かに3つ嶺があるように見えるかな
三嶺 山頂からヒュッテ方面を見る
2016年05月27日 16:10撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三嶺 山頂からヒュッテ方面を見る
三嶺から西熊山方面を見る 三角の天狗塚が見える
2016年05月27日 16:13撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三嶺から西熊山方面を見る 三角の天狗塚が見える
次郎笈、剣山、塔ノ丸がみえているのかな
2016年05月27日 16:13撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次郎笈、剣山、塔ノ丸がみえているのかな
三嶺ヒュッテと池
2016年05月27日 16:17撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三嶺ヒュッテと池
ヒュッテに書かれていた案内 これを見て気軽にルートを考えてしまった
2016年05月27日 16:26撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテに書かれていた案内 これを見て気軽にルートを考えてしまった
三嶺ヒュッテから水場までは少し距離がある。水場から尾根筋に向かう時には青空が見えた
2016年05月27日 17:45撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三嶺ヒュッテから水場までは少し距離がある。水場から尾根筋に向かう時には青空が見えた
夕暮れが近づく
2016年05月27日 17:51撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕暮れが近づく
朝 雨の降る音がした 幸いそれほど強い降りではなかった 視界はある
2016年05月28日 05:38撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝 雨の降る音がした 幸いそれほど強い降りではなかった 視界はある
1
笹原を歩くと合羽が露を拾って足元に流れる
2016年05月28日 06:30撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹原を歩くと合羽が露を拾って足元に流れる
天狗塚、牛の背がはっきりと見える
2016年05月28日 08:49撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗塚、牛の背がはっきりと見える
犬(スフィンクス?)の形に見える
2016年05月28日 08:54撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬(スフィンクス?)の形に見える
天狗塚から三嶺方面を見る
2016年05月28日 09:06撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗塚から三嶺方面を見る
綱附森方面の尾根を進む 雨で視界が利かなくなってきた
2016年05月28日 10:00撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綱附森方面の尾根を進む 雨で視界が利かなくなってきた
天狗塚方面を見る
2016年05月28日 10:08撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗塚方面を見る
苔むした幹
2016年05月28日 11:48撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むした幹
何個所か 沢を越える 湿った樹皮や石は滑りやすい 何度か転んでしまった
2016年05月28日 11:55撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何個所か 沢を越える 湿った樹皮や石は滑りやすい 何度か転んでしまった
ざれた斜面に踏み跡があり、「ここを行くのか」と思わされる場面もあった
2016年05月28日 11:55撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ざれた斜面に踏み跡があり、「ここを行くのか」と思わされる場面もあった
堂床近くの橋
2016年05月28日 12:56撮影 by SOL25, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂床近くの橋

感想/記録

 以前は名頃から三嶺に上ったので、今回は高知側から上ることにした。巨木に会えたり、天狗塚からの眺望を楽しめたり、良い山行だった。ただ、下調べをもう少ししてから出かけたほうが良かったかもしれない。
 初日は気持ちよく歩くことができた。道案内のテープは私にとっては数が少なめだった。まあ、それも山道を歩いている感じがしてそれなりに楽しめた。ツツジの花びらが樹々のもとに落ちていたが、標高が上がると奇麗に咲いている場面にも出会えた。さおりが原は橡の巨木など、たくさんの大きな木が見られた。鹿の食害がひどいことも案内板で知った。幹の樹皮や根の部分の皮が食べられた跡を見かけた。尾根筋に出ると視界が開けた。三嶺は確かに飛び出た岩など三つの嶺のように見えた。次郎笈、剣山も見えた。ゆっくりと上り道をこなし、ヒュッテに荷物を置いて三嶺山頂でしばし時間を過ごした。夕暮れが近づき、雲の形が変わっていくのを、また、山々の見え方が移り行くのを眺めた後、ヒュッテに戻り、食事をとった。あとから剣山から来たという2人の若い方がヒュッテに来られた。
 翌日は小雨だった。トイレに行くときに合羽を着るのをさぼると、ズボンが濡れてしまった。まあ、靴の防水機能が無くなっているので、濡れることは織り込み済みだけど。朝食をとり、出発するころは雨は上がっていた。笹原を歩いていると鹿の集団を見かけた。お亀岩ヒュッテで休憩。水場で今日の水を汲む。冷たくておいしい。天狗別れに荷物を置いて、天狗塚に向かった。三角形の天狗塚、なだらかな牛の背がきれい。天狗塚山頂も視界が開けていて幸いだった。再び荷物を背負って歩き始めた。しばらくすると、雨に煙って遠くが見えにくくなった。天狗塚-綱附森の尾根から堂床に向かって降り始めると、道が険しくなった。沢を越え、斜面を横切り、こわごわ進んだ。深い沢の樹々の作る天井はとても高かった。やがて檜の植林になり、危険は減った。フスベヨリ谷の道と出会うと、こちらの道には丸太の階段が作られていて、差を感じた。もうゴールに近いと思ったら野営場からの迂回路がやたらに長く、また、踏み跡がなく、本当に人が通っているのだろうかと思われ、今回のルートの中で一番不安を感じた。もう少し楽な迂回路にできないものだろうか。
駐車場でお話をさせていただいた方から、汗を流すのに夢の湯がいいですよと勧められたので尋ねてみた。硫黄のにおいのする湯で、のんびりできてよかった。
訪問者数:241人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ