ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 884006 全員に公開 ハイキング東海

東海自然歩道(関ヶ原〜春日村)

日程 2016年05月28日(土) [日帰り]
メンバー miuratti
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
名鉄(豊明―名古屋) JR東海(名古屋―関ヶ原) 揖斐川町コミュニティバス(春日モリモリ村―古屋―揖斐) 養老鉄道(揖斐―大垣) JR(大垣―岐阜) 名鉄(岐阜―豊明)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間12分
休憩
32分
合計
8時間44分
Sスタート地点07:2107:30丸山烽火場07:4208:25伊富岐神社08:3010:28藤乃森休憩所10:3011:07平尾池11:0811:30美濃国分寺11:3512:53池田温泉12:5513:25霞間ヶ渓13:3014:02大津谷登山道入口14:06大津谷14:36粕川大橋15:23潤いの泉15:50六合バス停16:05ゴール地点(春日モリモリ村)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありません。(ほとんど車道歩き)
その他周辺情報道中、時間の都合から立ち寄りませんでしたが、由緒あるお寺を始め史跡が多い。
池田温泉、湯華の郷、春日モリモリ村など入浴施設もある。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 時計 タオル カメラ
備考 帽子を忘れ、曇りとはいえ日焼けしてしまいました。

写真

本日は関ヶ原で下車してここから春日モリモリ村までの30kmほど歩きます。
2016年05月28日 07:06撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日は関ヶ原で下車してここから春日モリモリ村までの30kmほど歩きます。
駅から東に線路沿いに進み、東海道線のガードをくぐって国道21号関ヶ原バイパスを越え、北に向かいます。
2016年05月28日 07:29撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅から東に線路沿いに進み、東海道線のガードをくぐって国道21号関ヶ原バイパスを越え、北に向かいます。
丸山烽火場への登り。竹林を数分登ってすぐです。
2016年05月28日 07:33撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山烽火場への登り。竹林を数分登ってすぐです。
途中、丸山烽火場に立ち寄り、見つけた笹ユリ。まるでハサミを構えた蟹みたいです。
2016年05月28日 07:38撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、丸山烽火場に立ち寄り、見つけた笹ユリ。まるでハサミを構えた蟹みたいです。
丸山烽火場からみた関ヶ原古戦場。といってもカメラにはほんの一部しか写りません。あいにくの曇り空で見通しがよくありませんでした。
2016年05月28日 07:42撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山烽火場からみた関ヶ原古戦場。といってもカメラにはほんの一部しか写りません。あいにくの曇り空で見通しがよくありませんでした。
丸山烽火場を後にして、伊富岐神社を目指します。周囲の水田は田植えを終えたばかりで、道端に春の草花が咲いています。
2016年05月28日 08:01撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山烽火場を後にして、伊富岐神社を目指します。周囲の水田は田植えを終えたばかりで、道端に春の草花が咲いています。
田んぼの脇に咲いていたアザミの花。
2016年05月28日 08:06撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田んぼの脇に咲いていたアザミの花。
シロツメクサも沢山咲いていました。
2016年05月28日 08:09撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロツメクサも沢山咲いていました。
ふと、足元を見ると垂井町のマンホールのふた。こいのぼりと桜の花がデザインされています。マンホールの蓋のデザインも都市によって様々です。
2016年05月28日 08:20撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふと、足元を見ると垂井町のマンホールのふた。こいのぼりと桜の花がデザインされています。マンホールの蓋のデザインも都市によって様々です。
伊富岐神社です。左右の杉の大木がすばらしく、幹周りが約10m岐阜県のほどあり、指定天然記念物になっています。
2016年05月28日 08:32撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊富岐神社です。左右の杉の大木がすばらしく、幹周りが約10m岐阜県のほどあり、指定天然記念物になっています。
伊富岐神社を後にして、田んぼの間の農道を山に向かって進み、ちょっとした雑木林を抜けると岩手の西側の集落にでます。
2016年05月28日 08:53撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊富岐神社を後にして、田んぼの間の農道を山に向かって進み、ちょっとした雑木林を抜けると岩手の西側の集落にでます。
東海自然歩道の表示板の上でじっとしているアマガエル。よく見るとこちらをにらみつけているような表情。
2016年05月28日 09:02撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海自然歩道の表示板の上でじっとしているアマガエル。よく見るとこちらをにらみつけているような表情。
菩提休憩所を左に見て、東海道線踏切の手前で左に線路沿いの道を進みます。
2016年05月28日 09:06撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菩提休憩所を左に見て、東海道線踏切の手前で左に線路沿いの道を進みます。
トンネル手前で、東海道線の下をくぐります。
2016年05月28日 09:07撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネル手前で、東海道線の下をくぐります。
再び、田んぼの間を通る道を進んでいき、岩手の集落に入ります。途中に竹中半兵衛の陣屋跡がありましたが、立ち寄りせず先に進みました。
2016年05月28日 09:08撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び、田んぼの間を通る道を進んでいき、岩手の集落に入ります。途中に竹中半兵衛の陣屋跡がありましたが、立ち寄りせず先に進みました。
再び、東海道線をくぐります。全部で7回、東海道線をくぐったり、横切ったりしています。
2016年05月28日 09:18撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び、東海道線をくぐります。全部で7回、東海道線をくぐったり、横切ったりしています。
禅憧寺は播州で亡くなった竹中半兵衛の墓があり、竹中家の菩提寺となっているようです。
2016年05月28日 09:19撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
禅憧寺は播州で亡くなった竹中半兵衛の墓があり、竹中家の菩提寺となっているようです。
途中の民家でみかけた花ですが、名前が分かりませんでした。
2016年05月28日 09:20撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の民家でみかけた花ですが、名前が分かりませんでした。
半兵衛水車小屋とあり、説明板もありました。
2016年05月28日 09:22撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半兵衛水車小屋とあり、説明板もありました。
大滝に向かう途中、特急しらさぎを発見。このあと、東海道線の踏み切り手前で、左に曲がり、大滝に向かいます。
2016年05月28日 09:29撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝に向かう途中、特急しらさぎを発見。このあと、東海道線の踏み切り手前で、左に曲がり、大滝に向かいます。
大滝集落を通過中、田んぼの北側に見えた小山2つ。不自然な盛り上がりは古墳かなと思います。
2016年05月28日 09:48撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝集落を通過中、田んぼの北側に見えた小山2つ。不自然な盛り上がりは古墳かなと思います。
大滝から梅谷に向かう途中でどうも道を間違えたようで、通りかかった人に聞くと、もっと南側の道にいくように教えられ、正しい道に復帰できました。
2016年05月28日 09:59撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝から梅谷に向かう途中でどうも道を間違えたようで、通りかかった人に聞くと、もっと南側の道にいくように教えられ、正しい道に復帰できました。
左手に藤の大きな木が見えてきたので、行ってみると藤の森休憩所となっていました。
2016年05月28日 10:26撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に藤の大きな木が見えてきたので、行ってみると藤の森休憩所となっていました。
藤の木の下には、お地蔵さんも並んでいました。
2016年05月28日 10:28撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤の木の下には、お地蔵さんも並んでいました。
藤の森休憩所からすぐのところに、これもまたユニークな石屋さんがありました。ドラえもんの石像が並んでいます。
2016年05月28日 10:31撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤の森休憩所からすぐのところに、これもまたユニークな石屋さんがありました。ドラえもんの石像が並んでいます。
梅谷の集落を抜けて美濃国分寺目指して、ちょっとした山越えルートになります。田んぼと畑の間を進み、川を越えます。
2016年05月28日 10:45撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅谷の集落を抜けて美濃国分寺目指して、ちょっとした山越えルートになります。田んぼと畑の間を進み、川を越えます。
橋を渡ると、獣進入防止の柵を開けて、再度紐で結んで閉じます。
2016年05月28日 10:47撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ると、獣進入防止の柵を開けて、再度紐で結んで閉じます。
県道の下をくぐって山越えします。
2016年05月28日 10:52撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道の下をくぐって山越えします。
山に入ると、自然歩道らしい道となりますが、すぐに車道になってしまいます。
2016年05月28日 10:53撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山に入ると、自然歩道らしい道となりますが、すぐに車道になってしまいます。
やがて平尾池の外周を回っていきます。
2016年05月28日 10:59撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて平尾池の外周を回っていきます。
物音におびえたカルガモの親子があわてて奥に逃げていきました。
2016年05月28日 11:00撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
物音におびえたカルガモの親子があわてて奥に逃げていきました。
平尾池といっても人工のため池で釣りを楽しむ人もいます。水面にちょうど対岸の小山がくっきり映り込んでいます。
2016年05月28日 11:07撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平尾池といっても人工のため池で釣りを楽しむ人もいます。水面にちょうど対岸の小山がくっきり映り込んでいます。
平尾池から下っていくと、再度東海道線に突き当たります。
2016年05月28日 11:14撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平尾池から下っていくと、再度東海道線に突き当たります。
東海道線の下を再度くぐります。
2016年05月28日 11:19撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海道線の下を再度くぐります。
トンネルを出ると、あたりは田園地帯となり、北東には樹木で囲まれた区画が見えますが、これが美濃国分寺跡です。
2016年05月28日 11:21撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネルを出ると、あたりは田園地帯となり、北東には樹木で囲まれた区画が見えますが、これが美濃国分寺跡です。
畦で休んでいるカルガモ。この辺は田んぼの除草をカルガモに任せているのかな?
2016年05月28日 11:24撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畦で休んでいるカルガモ。この辺は田んぼの除草をカルガモに任せているのかな?
で、これが現在の美濃国分寺です。真新しい建物ですが、ご本尊の薬師如来像は国の指定重要文化財となっています。
2016年05月28日 11:30撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、これが現在の美濃国分寺です。真新しい建物ですが、ご本尊の薬師如来像は国の指定重要文化財となっています。
1
国分寺から円興寺に向けて、田んぼの間の道を進んでいくと、北側の東海道線を電気機関車に牽引された貨物列車が通過していくのが見えました。このあたりの田んぼは今が田植えのようです。
2016年05月28日 11:39撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国分寺から円興寺に向けて、田んぼの間の道を進んでいくと、北側の東海道線を電気機関車に牽引された貨物列車が通過していくのが見えました。このあたりの田んぼは今が田植えのようです。
1
東海道線と交差しますが、これが最後の7回目です。
2016年05月28日 11:47撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海道線と交差しますが、これが最後の7回目です。
1
円興寺の跡です。今は田んぼのど真ん中となっています。
2016年05月28日 11:49撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
円興寺の跡です。今は田んぼのど真ん中となっています。
1
さらに田んぼ道を進んでいきます。田んぼの持ち主の配慮か、道端には、キンケイギクが咲いていました。
2016年05月28日 11:58撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに田んぼ道を進んでいきます。田んぼの持ち主の配慮か、道端には、キンケイギクが咲いていました。
1
現在の円興寺前を通過。円興寺が天台宗であるのに対し、先に見た美濃国分寺は真言宗のお寺です。
2016年05月28日 12:00撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
現在の円興寺前を通過。円興寺が天台宗であるのに対し、先に見た美濃国分寺は真言宗のお寺です。
1
県道241号沿いの大垣市野外活動センターの建物です。古びて使っていないように見えましたが、扉を開けると中に自販機があり、飲料水を買うことができました。建物の周囲には、バーベキューやデーキャンプができそうな広場が整備されていました。ここで昼食をとりました。
2016年05月28日 12:24撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道241号沿いの大垣市野外活動センターの建物です。古びて使っていないように見えましたが、扉を開けると中に自販機があり、飲料水を買うことができました。建物の周囲には、バーベキューやデーキャンプができそうな広場が整備されていました。ここで昼食をとりました。
1
県道は池田町へのルートですが、自然歩道は、トンネル手前の左の斜面から登っていきます。
2016年05月28日 12:27撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道は池田町へのルートですが、自然歩道は、トンネル手前の左の斜面から登っていきます。
1
すぐに円興寺峠に到着、峠にはベンチも置かれていますが、雑木林の中、遠くの景色を見ることはできません。
2016年05月28日 12:35撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに円興寺峠に到着、峠にはベンチも置かれていますが、雑木林の中、遠くの景色を見ることはできません。
1
峠から下りて県道に合流して直ぐ脇を見ると、動物の頭蓋骨が転がっています。形から見ると鹿の頭骨かと思われます。道路で撥ねられて、死んだのか?
2016年05月28日 12:46撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠から下りて県道に合流して直ぐ脇を見ると、動物の頭蓋骨が転がっています。形から見ると鹿の頭骨かと思われます。道路で撥ねられて、死んだのか?
やがて池田温泉に到着。自然歩道はこの交差点から右=東方向に少し進み、直ぐ左に折れる道に入っていきます。
2016年05月28日 12:53撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて池田温泉に到着。自然歩道はこの交差点から右=東方向に少し進み、直ぐ左に折れる道に入っていきます。
1
臥龍山涼雲禅寺前を通っていきます。時間があれば、自然歩道沿いのお寺を参拝したいのですが、本日の行程上、すべて立ち寄ると春日モリモリ村の最終バスに乗れなくなる恐れが高いため一部を除き、立寄りませんでした。
2016年05月28日 13:07撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
臥龍山涼雲禅寺前を通っていきます。時間があれば、自然歩道沿いのお寺を参拝したいのですが、本日の行程上、すべて立ち寄ると春日モリモリ村の最終バスに乗れなくなる恐れが高いため一部を除き、立寄りませんでした。
1
涼雲寺のアジサイ。あと少しで満開ですね。
2016年05月28日 13:14撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涼雲寺のアジサイ。あと少しで満開ですね。
1
霞間ヶ渓に到着。確かに桜の木が沢山植栽してあります。4月の桜の時期には、桜の花でかすんで見えるくらい遠くから目立つということから、この名前がついたとどこかで聞いたような。
2016年05月28日 13:26撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞間ヶ渓に到着。確かに桜の木が沢山植栽してあります。4月の桜の時期には、桜の花でかすんで見えるくらい遠くから目立つということから、この名前がついたとどこかで聞いたような。
1
池田山登山道です。これも登りたいのですが、時間の都合上、パスしました。
2016年05月28日 13:28撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池田山登山道です。これも登りたいのですが、時間の都合上、パスしました。
1
霞間ヶ渓から少し先の小寺展望所付近のアジサイ。あざやかな紫色に染まっています。
2016年05月28日 13:32撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞間ヶ渓から少し先の小寺展望所付近のアジサイ。あざやかな紫色に染まっています。
眼下には、茶畑が広がっていますが、曇り空で、湿気も高いため、景色はイマイチとなっていました。
2016年05月28日 13:33撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下には、茶畑が広がっていますが、曇り空で、湿気も高いため、景色はイマイチとなっていました。
1
せめてお花をすこし風景にいただきます。キンケイギクと茶畑と池田町とかいって。
2016年05月28日 13:34撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せめてお花をすこし風景にいただきます。キンケイギクと茶畑と池田町とかいって。
1
こちらが池田山への大津谷登山口となっています。
2016年05月28日 14:02撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが池田山への大津谷登山口となっています。
1
大津谷に到着。谷川沿いでは、家族でバーベキューを楽しむグループがあちこち見られました。
2016年05月28日 14:06撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大津谷に到着。谷川沿いでは、家族でバーベキューを楽しむグループがあちこち見られました。
1
粕川大橋手前で、左に進路を変えます。
2016年05月28日 14:36撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
粕川大橋手前で、左に進路を変えます。
1
蘇生の泉に到着。早速水分補給をと思って近づくと、生水はご遠慮下さいとの説明が。大腸菌が少し多いようです。
2016年05月28日 14:43撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蘇生の泉に到着。早速水分補給をと思って近づくと、生水はご遠慮下さいとの説明が。大腸菌が少し多いようです。
1
道沿いの石垣の一部に、ユキノシタが群生していました。
2016年05月28日 14:47撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道沿いの石垣の一部に、ユキノシタが群生していました。
1
ここで粕川を渡り、左岸側を春日モリモリ村までひたすら歩く。
ここまでくれば先はあと少しです。
2016年05月28日 14:55撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで粕川を渡り、左岸側を春日モリモリ村までひたすら歩く。
ここまでくれば先はあと少しです。
1
高い道路から、がけ下を見ると、ハンカチの木?
2016年05月28日 15:11撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高い道路から、がけ下を見ると、ハンカチの木?
東海自然歩道の表示板がないと思っていたら、電柱にあまり見たことのない表示が…。
2016年05月28日 15:13撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海自然歩道の表示板がないと思っていたら、電柱にあまり見たことのない表示が…。
1
潤いの水です。教如上人がいただいたとされる水で、生水を飲むなとは、注意書きがない。また、コッブも用意されているので、遠慮なく、いただきます。とてもおいしい水でした。
2016年05月28日 15:23撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
潤いの水です。教如上人がいただいたとされる水で、生水を飲むなとは、注意書きがない。また、コッブも用意されているので、遠慮なく、いただきます。とてもおいしい水でした。
1
いきなり、集落が現れましたが、これが六合の集落です。
2016年05月28日 15:45撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり、集落が現れましたが、これが六合の集落です。
1
4月29日の鍋倉山以来の六合バス停です。やっとつながった。
あと西岐阜方面では、東津汲〜横蔵、関ヶ原周回、養老までを残すのみとなりました。
2016年05月28日 15:50撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4月29日の鍋倉山以来の六合バス停です。やっとつながった。
あと西岐阜方面では、東津汲〜横蔵、関ヶ原周回、養老までを残すのみとなりました。
モリモリ村への橋と高橋谷(鍋倉山へのアプローチ)の入口が見えてきました。
2016年05月28日 15:59撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モリモリ村への橋と高橋谷(鍋倉山へのアプローチ)の入口が見えてきました。
1
橋を渡ればモリモリ村です。16時5分到着。ここで予定どおりお風呂に入るのですが、気持ちよく入っていたため、16:39発揖斐行きのバスに乗り遅れる羽目に。次のバスは17:57分と1時間以上の待ちとなります。もう一度時刻表を見ると、17:00に古屋行きのバスがくる。これに乗れば、古屋に行って、そのまま始発の古屋発揖斐行きに乗れば、1時間もボーと待っていなくてもよさそうだと考え直して、17時発古屋行きのバスに乗りました。
2016年05月28日 16:02撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ればモリモリ村です。16時5分到着。ここで予定どおりお風呂に入るのですが、気持ちよく入っていたため、16:39発揖斐行きのバスに乗り遅れる羽目に。次のバスは17:57分と1時間以上の待ちとなります。もう一度時刻表を見ると、17:00に古屋行きのバスがくる。これに乗れば、古屋に行って、そのまま始発の古屋発揖斐行きに乗れば、1時間もボーと待っていなくてもよさそうだと考え直して、17時発古屋行きのバスに乗りました。
1
古屋バス停も5/7のさざれ石公園からびしょぬれの国見岳の際に利用したばかりで、当時バスを降りてあたりをゆっくり見ていなかったので、今回は辺りをゆっくり見ましょう。といってもバスの待ち時間は5分くらい。バス停の前を見上げると、急斜面に海戸神社がありました。
2016年05月28日 17:25撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古屋バス停も5/7のさざれ石公園からびしょぬれの国見岳の際に利用したばかりで、当時バスを降りてあたりをゆっくり見ていなかったので、今回は辺りをゆっくり見ましょう。といってもバスの待ち時間は5分くらい。バス停の前を見上げると、急斜面に海戸神社がありました。
1
神社前の橋には、さざれ石公園の案内があります。
2016年05月28日 17:25撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社前の橋には、さざれ石公園の案内があります。
そろそろバスに乗ろうかと思って振り向くと、さすがバスの運転手です。後輪が川の岸壁ぎりぎりに寄せてあり、バスのお尻は、川の上という状態で駐車されていました。バスは17:35分の出発ですが、運転手お菓子をバリバリ食べていて2分遅れで出発。どうせ途中で乗る人もいないから、すぐ遅れは取り戻せるでしょうし、自分もこんな山奥で全く気になりません。出発して直ぐに自分は爆睡してしまいました。
2016年05月28日 17:26撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろバスに乗ろうかと思って振り向くと、さすがバスの運転手です。後輪が川の岸壁ぎりぎりに寄せてあり、バスのお尻は、川の上という状態で駐車されていました。バスは17:35分の出発ですが、運転手お菓子をバリバリ食べていて2分遅れで出発。どうせ途中で乗る人もいないから、すぐ遅れは取り戻せるでしょうし、自分もこんな山奥で全く気になりません。出発して直ぐに自分は爆睡してしまいました。
1
毎度御馴染みの養老鉄道の折り返し大垣行きに乗り込みます。
大垣からは、JR東海で、豊橋行きの新快速に乗り込み、岐阜で名鉄に乗換えます。
2016年05月28日 18:31撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毎度御馴染みの養老鉄道の折り返し大垣行きに乗り込みます。
大垣からは、JR東海で、豊橋行きの新快速に乗り込み、岐阜で名鉄に乗換えます。
1
再度、日暮れの岐阜駅に降り立ち、名鉄駅に向かいます。
2016年05月28日 19:32撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再度、日暮れの岐阜駅に降り立ち、名鉄駅に向かいます。
名鉄は、急行豊橋行きに乗り、前後駅で普通電車に乗り換えて本日終了です。つかれた〜。
2016年05月28日 19:33撮影 by Canon PowerShot G11, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名鉄は、急行豊橋行きに乗り、前後駅で普通電車に乗り換えて本日終了です。つかれた〜。
撮影機材:

感想/記録

 当日の天気は、曇りのため、もやで遠くまで見通せず、粕川に入ってからは時折パラつくこともありました。
 自然歩道らしい箇所もありましたが、ほとんどが車道歩きで、天気もすぐれないため、史跡めぐりに切り替えればよかったかもしれません。もっともその場合には、春日モリモリ村に着くころには帰りのバスがなくなっているかもしれません。
 晴れていれば、池田温泉から大津谷あたりまでの車道から濃尾平野や岐阜・中央アルプスの山々まで眺望できると思います。
 また、途中、温泉を含む入浴施設があるので、ウォーキングと組み合わせて楽しむこともできます。
訪問者数:137人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アプローチ 左岸 特急 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ