ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 884036 全員に公開 ハイキング関東

初夏の大菩薩ハイク(職場女子会ツアー:富士・南ア展望、野生のキツネもお出迎え!)

日程 2016年05月28日(土) [日帰り]
メンバー satonao1jpn(CL), hkoshiba(SL), moko1104ayafuna, その他メンバー3人
天候曇り一時薄日射す
アクセス
利用交通機関
車・バイク
上日川峠駐車場は午前10時前でほぼ満車。徒歩 3分の第三駐車場の端に何とか入れられました。(それ以降到着の車は、誘導員の方に個別に周辺の適当な駐車場所を指示されていました。)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間35分
休憩
1時間27分
合計
5時間2分
S上日川峠 第3市営駐車場10:0110:07上日川峠10:1010:13ロッヂ長兵衛10:1510:32福ちゃん荘10:3311:45雷岩12:2512:40大菩薩嶺12:4312:51雷岩13:03神部岩13:0613:18賽ノ河原13:24親不知ノ頭13:2613:37大菩薩峠13:5614:25勝縁荘14:2614:28富士見山荘14:3114:38福ちゃん荘14:4314:58ロッヂ長兵衛15:0315:03上日川峠第三駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コース中、随所に誘導標識あり、特段の不明箇所等ナシ。雷岩手前、大菩薩峠手前に岩場のやや急な坂あり、混雑時は落石等注意。
その他周辺情報下山後、甲斐大和へ下る途中に日帰り「やまと天目山温泉」あり。(午後6時受付終了、大人〈市外〉510円、休憩室あり)アルカリ泉でお肌スベスベ、露天風呂もあります。多くのハイカーが下山してくる午後4時前ぐらいの時間帯は、洗い場が結構混雑。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

本日は上日川峠から出発。第三駐車場に何とか入れられました。計7名で出発。
2016年05月28日 10:10撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日は上日川峠から出発。第三駐車場に何とか入れられました。計7名で出発。
1
早速登山道へ入ります。
2016年05月28日 10:13撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早速登山道へ入ります。
3
福ちゃん荘着。まずまず良いペースです。
2016年05月28日 10:41撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
福ちゃん荘着。まずまず良いペースです。
2
ツツジゾーンに入りました。胸突き八丁の疲れが癒されます!
2016年05月28日 10:49撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジゾーンに入りました。胸突き八丁の疲れが癒されます!
3
ツツジ&新緑ゾーンです。
2016年05月28日 11:02撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジ&新緑ゾーンです。
3
雷岩手前、核心部の登り。富士が見えてます!
2016年05月28日 11:23撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷岩手前、核心部の登り。富士が見えてます!
4
あいにくの曇天ですが、富士山バッチリです!!
2016年05月28日 11:27撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あいにくの曇天ですが、富士山バッチリです!!
8
残雪の南アも雲の上に顔出してます。
2016年05月28日 11:28撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪の南アも雲の上に顔出してます。
1
南アほぼ全山パノラマです!(左から、赤石〜荒川〜塩見〜農鳥〜間ノ岳〜北岳〜鳳凰〜甲斐駒)
2016年05月28日 11:38撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アほぼ全山パノラマです!(左から、赤石〜荒川〜塩見〜農鳥〜間ノ岳〜北岳〜鳳凰〜甲斐駒)
2
一行もだいぶくたびれてきましたが、大展望に満足!
2016年05月28日 11:39撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一行もだいぶくたびれてきましたが、大展望に満足!
2
雷岩到着。ここで楽しい昼食タ〜イム!
2016年05月28日 12:26撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷岩到着。ここで楽しい昼食タ〜イム!
2
大菩薩嶺到着。山頂証拠写真撮るハイカーで大盛況!虫が多いですが…
2016年05月28日 12:40撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺到着。山頂証拠写真撮るハイカーで大盛況!虫が多いですが…
3
大菩薩嶺をクリア、あとはのどかな稜線歩きです。
2016年05月28日 12:52撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺をクリア、あとはのどかな稜線歩きです。
1
午後になり、富士はすっかり姿を隠しちゃいました。
2016年05月28日 12:53撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後になり、富士はすっかり姿を隠しちゃいました。
2
野生のキツネ登場。ハイカーもびっくり!
2016年05月28日 12:57撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
野生のキツネ登場。ハイカーもびっくり!
8
高度感満点のパノラマポイント。
2016年05月28日 12:58撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度感満点のパノラマポイント。
1
大菩薩湖を遠望。
2016年05月28日 12:59撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩湖を遠望。
2
小生は悪ノリ…
2016年05月28日 13:00撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小生は悪ノリ…
6
我がパーティの仲間(小生以外唯一の男性)も撮影ポイントへ。
2016年05月28日 13:01撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
我がパーティの仲間(小生以外唯一の男性)も撮影ポイントへ。
3
笹原の気持ち良い斜面です。。
2016年05月28日 13:05撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹原の気持ち良い斜面です。。
3
賽ノ河原より、大菩薩嶺を振り返ります。
2016年05月28日 13:20撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽ノ河原より、大菩薩嶺を振り返ります。
1
大菩薩峠見えました。
2016年05月28日 13:29撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩峠見えました。
3
先週歩いた奥多摩三山方面。牛ノ寝通りも気持ちよさそう。
2016年05月28日 13:29撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週歩いた奥多摩三山方面。牛ノ寝通りも気持ちよさそう。
2
大菩薩峠周辺はお花畑です。
2016年05月28日 13:37撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩峠周辺はお花畑です。
2
大菩薩峠着。定番の撮影スポットで、順番待ち。
2016年05月28日 13:53撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩峠着。定番の撮影スポットで、順番待ち。
5
緑陰の路から笹原へと入っていきます。
2016年05月28日 13:57撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑陰の路から笹原へと入っていきます。
2
ツツジがキレイです。
2016年05月28日 14:00撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジがキレイです。
1
コース脇のツツジを愛でながら、緩やかに下っていきます。
2016年05月28日 14:01撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コース脇のツツジを愛でながら、緩やかに下っていきます。
2
苔むす涸沢がいい雰囲気。。
2016年05月28日 14:09撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むす涸沢がいい雰囲気。。
1
ここもステキです。
2016年05月28日 14:11撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここもステキです。
3
ツツジゾーン通過します。
2016年05月28日 14:13撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジゾーン通過します。
2
沢沿いで休憩、リフレッシュ!
2016年05月28日 14:22撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いで休憩、リフレッシュ!
3
富士見山荘前から、富士山展望復活。
2016年05月28日 14:28撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見山荘前から、富士山展望復活。
3
富士見新道入口。そそられる看板アリ。本日は小生ツアコンのため、大人しく帰ります…
2016年05月28日 14:29撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見新道入口。そそられる看板アリ。本日は小生ツアコンのため、大人しく帰ります…
1
福ちゃん荘帰着。ヤマブドウ羊羹の土産購入。
2016年05月28日 14:40撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
福ちゃん荘帰着。ヤマブドウ羊羹の土産購入。
1
最後の登り返し。疲れた足にこたえますね…
2016年05月28日 14:55撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登り返し。疲れた足にこたえますね…
2
深い新緑の中へ下っていきます。間もなく上日川峠。
2016年05月28日 14:56撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深い新緑の中へ下っていきます。間もなく上日川峠。
4
上日川峠帰着。皆様お疲れ様〜!
2016年05月28日 14:59撮影 by SBM303SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上日川峠帰着。皆様お疲れ様〜!
5

感想/記録

今週末は、先月末の大菩薩稜線からの雄大な展望や新緑・ツツジの鮮やかさが忘れられず、職場の若手男女にも是非見せたい、ということで、大菩薩入門編のプチハイクを企画。参加者は元の職場の若手+ご友人も交え、男性2、女性5の計7名。「ほぼ女子会」状態でツアー出発です。
 当日の現地予報が夕方まで曇りで、展望が得られるか心配されたものの、お陰で午前10時前の上日川峠到着時には普通なら駐車スペース確保は絶望的なはずが、第三駐車場の端っこに何とか入れられ、ホッと一息。峠でトイレを済ませ、早速登山道に足を踏み入れます。最初の急坂にいきなりしごかれますが、鮮やかな新緑に癒されつつアップタウンを繰り返すうち、あっさりと福ちゃん荘到着。魅力的かつ安価な飲食メニューに心動かされますが、ここは素通り。
 往路は大菩薩峠への緩いコースでなく、唐松尾根で直接雷岩方面へ。このコース取りが奏功し、急登に喘ぐうち展望が拓け、半ば諦めていた富士山も目前にドーン!下半身が雲に隠れていますが、かえって慎ましやかな姿が絵のような美しさ。「バイキングにしては道が険しすぎる!」と最初は音を上げていた一行も、この大展望に後押しされるように、休み休みながら岩混じりの急坂をよじ登っていきます。
 やっとの思いで雷岩に到着すると、時は既にランチタイム。小生は富士山以上に印象的な南アルプスの展望に見惚れ、甲斐駒から笊ヶ岳までの山座同定に耽っていますが、同行者からは「富士山以外、山はみんな三角形で一緒に見える…」とつれない感想。「花より団子」状態で早くも昼食休憩に突入します。
 大賑わいの雷岩の上で湯を沸かし、初参加のメンバーにコーヒーを振る舞い、デザートも飛び交って、楽しい昼食時間はあっという間に終了。富士の高嶺はすっぽり雲に隠れてますが、一行は昼食で元気回復、小金沢連嶺へと連なる笹原の気持ち良い稜線を快調に進みます。神部岩の先の絶景スポットに緊張し、賽ノ河原では「幽霊が出そう」などとビビる女子もいましたが、途中、思いがけない野生のキツネとの遭遇もあり、それぞれが思い思いにスマホ写真など撮りながら、すっかり満足して大菩薩峠到着。
 ここでトイレ休憩兼ねて小休止、土産物を仕入れて、色鮮やかな深緑とツツジの中を緩やかに下っていきます。富士見山荘跡からは、その名の通り富士の雄姿を再び拝むことができ、沢の水でクールダウンして、一行が皆余力を残して福ちゃん荘帰着。再びヤマブドウ羊羮など特産品を購入、最後の下りでお喋りを楽しみながら、ほぼ計画通りの時間に上日川峠へ帰り着きます。
 全員で輪を作り無事の帰還を祝い、車も疎らとなった駐車場を出発、早速やまと天目山の日帰り温泉へ。ちょうど一番混み合う時間帯でもあり、かなりお疲れモードのメンバーは休憩室で仮眠の後、ヌルヌルのアルカリ泉のお風呂を楽しみます。土曜日ということもあり、帰路の中央道の渋滞もさほどでもなく、途中軽食を済ませ、夜8時前には新宿駅にて解散となりました。
 この日は往復3時間半余りとお手軽な入門コースで、小生はツアコン役に徹しましたが、雄大な展望や鮮やかな新緑、可憐な花々を楽しむことができ、山歩きの醍醐味を少しは一行に実感いただけたものと思います。いつかは富士山にチャレンジしたい、ということで、次は北アの表銀座か八ヶ岳あたりに出かけたい、という強者山女子も出現し、これまで孤独でオタッキーな山歩きを続けてきた小生も、「後進の育成」という新たな目標が持てました。(こうしたツアーを続ける中で、若手男女の新しい出逢いやご縁が拡がることも、実は隠れた重要ミッションなのですが、こちらの方はなかなか思うようには進展しないようです…。)
訪問者数:315人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ