ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 884152 全員に公開 ハイキング札幌近郊

サクッと砥石山

日程 2016年05月29日(日) [日帰り]
メンバー yuhokai
天候快晴!暑くもなく寒くもなく、これぞ北海道の初夏!といった天気
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中ノ沢コースの登山口に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間9分
休憩
7分
合計
2時間16分
S中ノ沢登山口08:0908:41T4分岐点08:4309:07三角山09:1109:36砥石山09:49三角山10:04T4分岐点10:0510:25中ノ沢登山口10:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
下山時のログが変です
コース状況/
危険箇所等
中ノ沢コースから登りましたが危険箇所、不明瞭な箇所共になし。強いて言えば沢沿いなのでぬかるみ若干あり。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

中ノ沢口の駐車スペース。8時だというのに結構クルマが止まっていました
2016年05月29日 08:10撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ沢口の駐車スペース。8時だというのに結構クルマが止まっていました
T4の分岐を通過
2016年05月29日 08:41撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
T4の分岐を通過
いつも虫が多い三角山
2016年05月29日 09:07撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつも虫が多い三角山
1
支笏湖方面の山
2016年05月29日 09:09撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支笏湖方面の山
1
山頂からの眺め。定天の向こうに余市岳。まだ真っ白!
2016年05月29日 09:30撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺め。定天の向こうに余市岳。まだ真っ白!
3
左にパンして無意根山。こちらも負けじと白いですね
2016年05月29日 09:31撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左にパンして無意根山。こちらも負けじと白いですね
7
山頂標識。何度見たことか
2016年05月29日 09:32撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識。何度見たことか
4
日帰りのアクティビティにピッタリサイズのBDのRPM。残念ながら廃盤
2016年05月29日 09:34撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日帰りのアクティビティにピッタリサイズのBDのRPM。残念ながら廃盤
7
AM中には帰宅して、失ったカロリーを素早く補給(^O^)
2016年05月29日 12:19撮影 by L-01E, LG Electronics
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
AM中には帰宅して、失ったカロリーを素早く補給(^O^)
9

感想/記録

 何度も登っている砥石山。正直言って山容が目立つ訳でもないし山頂からの景色がいい訳でもない。が、ついつい登ってしまう。なぜだろう??しかも決まって中ノ沢登山口から。駐車場がひろいから?自宅からアプローチしやすいから?標高が手頃だから?色々理由はあるけど、沢沿いのトレイルから尾根へ至るまでの九十九折の急登、軽快な尾根歩きと適度なアップダウン…そんな変化に富んだコースが自分を惹きつける理由なのだろうか。 

 この時期ならではのお花も見頃で、ニリンソウ、エゾエンゴサク、シラネアオイ、タチツボスミレ、ムラサキヤシオ・・・僕でもソラで言えるくらいのお馴染みの花々だけど、それぞれが可憐で目に優しく語りかけてくれる。中ノ沢川に沿って伸びる道は平坦で思わず走り出したくなる程で、実際走ってしまうこともしばしば。だから履いていくのはいつもトレランシューズ!ちょっとしたトレールランナー気分を味わえるのもこの山、このコースの魅力の一つ。だから夏冬問わずサクッと登れる重宝する山として今後もドシドシ通うのだ。と思う。
訪問者数:252人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アプローチ 急登 シラネアオイ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ