ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 884298 全員に公開 ハイキング甲信越

花戸尾根から西沢渓谷

日程 2016年05月28日(土) [日帰り]
メンバー katsudon
天候薄曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:塩山駅からバス(西沢渓谷線)で芹沢入口BS下車
帰り:西沢渓谷入口BSからバスで塩山駅へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間4分
休憩
47分
合計
5時間51分
Sスタート地点(芹沢入口BS)09:3110:52花戸山11:00林道跨ぎ11:0211:301589mP11:441705mP傍12:352021mP12:5613:36西沢渓谷終点13:4814:46田部重冶文学碑前14:5815:22ゴール地点(西沢渓谷入口BS)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
2021mPまでの区間はバリエーションルート。尾根の末端の取付きから尾根に乗るまでの区間を除けばリボンが誘導してくれる。
地形図の1465mPの僅か手前で林道跨ぎとなるが、地形図に林道は表示されていないのでびっくりした
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

芹沢入口バス停下車。
2016年05月28日 09:31撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芹沢入口バス停下車。
この左側の道を下って集落に入る
2016年05月28日 09:31撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この左側の道を下って集落に入る
笛吹権三郎の碑
2016年05月28日 09:36撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笛吹権三郎の碑
歩き始めて約20分。ここらからいよいよ山道らしくなってきた。この5分後先から尾根に取りついた。
2016年05月28日 09:50撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めて約20分。ここらからいよいよ山道らしくなってきた。この5分後先から尾根に取りついた。
尾根もはっきりしてきた。目印もあり。
2016年05月28日 10:17撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根もはっきりしてきた。目印もあり。
1465mP辺り林道跨ぎ。地形図に表記なし。山と高原地図では位置が少しずれている感じがする。
2016年05月28日 11:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1465mP辺り林道跨ぎ。地形図に表記なし。山と高原地図では位置が少しずれている感じがする。
同。
2016年05月28日 11:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同。
石楠花。
2016年05月28日 11:57撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石楠花。
山ツツジも。
2016年05月28日 11:59撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山ツツジも。
石楠花。黒金山〜西沢渓谷の区間は多かった。
2016年05月28日 13:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石楠花。黒金山〜西沢渓谷の区間は多かった。
黒金山登山口。林道(軌道)終点地点)
2016年05月28日 13:38撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒金山登山口。林道(軌道)終点地点)
西沢渓谷。七ツ釜
2016年05月28日 14:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西沢渓谷。七ツ釜
西沢渓谷。七ツ釜。
2016年05月28日 14:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西沢渓谷。七ツ釜。
撮影機材:

感想/記録

■松浦隆康著「静かなる尾根歩き」に掲載の”花戸尾根から西沢渓谷”のルートを大分以前から何度か計画しては後回しにしていたが今回やっと決行した。
当該書籍でのコースタイム6:45は山と高原地図の標準タイムとは異なり短縮できそうにない基準で表記されている。最終バス便時刻から計算すると行動時間は6:50程度しかない。途中のんびり食事休憩など取れるわけでもない。従って、途中1705mP地点に到達した時点の時刻で引き返すか進むかを決めることとして臨むことにした。もっとも最終バスに乗り遅れてもタクシーを利用すれば帰れるのだが、独りではどうしても贅沢に思えてしまう。

■掲載文中で気になるのは、標高1500m圏の手強いスズタケの密藪、地図読みの世界云々とあり、難度は最高の星3個になっている。果たしてどれほど難儀することになるのだろうかと内心はやや不安も。しかし、掲載コースが歩かれた時期は積雪時で今から10数年も前のことなので、条件の良い今日はタイムを短縮でき最終バスには間に合うだろうと予想した。結果的には案ずるより産むが易し。ルートが歩き易かったことから時間短縮でき、後半は休憩もとりながらのんびり歩けた。心配していた密藪は良く刈られていて全く藪漕ぎの必要はなかったし、リボンもおびただしくつけられていて道迷いの心配もなかった。

■1465mPの直前で林道を跨ぐところがあったが、地形図には林道が1500m圏の東直下の1380m圏まで記載されており、今はそれがずっと上まで延びて1465mP付近で尾根を越えて尾根の西側を沿うようにさらに延びていた。また、山と高原地図では林道の位置が少し上部にずれて表示されているように思える。いずれにせよ地形や藪や目印のリボンなど掲載文が書かれた当時とは状況が様変わりしていると思われる。

















訪問者数:114人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 道迷い 藪漕ぎ 高原 渓谷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ