ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 884549 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲銀座裏ルート 二つの地獄尾根を繋ぐ

日程 2016年05月29日(日) [日帰り]
メンバー Ham0501
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車
登山:阪急芦屋川駅 下山:神鉄有馬駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間35分
休憩
16分
合計
4時間51分
S芦屋川駅08:5208:59芦屋川、高座の滝方面分岐09:05城山・荒地山方面分岐点09:17高座の滝10:09風吹岩10:19荒地山への分岐10:44雨ヶ峠10:4510:57本庄橋跡11:05土樋割峠11:43一軒茶屋11:5412:37射場山12:4113:43有馬本温泉 金の湯13:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報下山後は有馬温泉「金の湯」 \650
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

スタートはお久しぶりの芦屋川駅
2016年05月29日 08:51撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートはお久しぶりの芦屋川駅
高座の滝で一休み
2016年05月29日 09:19撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高座の滝で一休み
地獄谷への入り口
2016年05月29日 09:21撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷への入り口
1
地獄谷での勉強会?天気予報の話をしていました。
2016年05月29日 09:22撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷での勉強会?天気予報の話をしていました。
1
この堰堤が南尾根への取り付き。
2016年05月29日 09:22撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この堰堤が南尾根への取り付き。
1
立派なアブミがありました。
2016年05月29日 09:23撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派なアブミがありました。
2
急登ですが、ロープがあるので安心。
2016年05月29日 09:23撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登ですが、ロープがあるので安心。
1
やがてシダが繁殖する明るい道。
2016年05月29日 09:25撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがてシダが繁殖する明るい道。
1
でもここはロックガーデン。岩稜歩きもあります。
2016年05月29日 09:28撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもここはロックガーデン。岩稜歩きもあります。
2
鷹尾山(城山)
2016年05月29日 09:28撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹尾山(城山)
ベンチのある小ピーク。標高288mでした。
2016年05月29日 09:46撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチのある小ピーク。標高288mでした。
1
ハイカー行く中央稜と奥には荒地山。
2016年05月29日 09:39撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイカー行く中央稜と奥には荒地山。
ハイカーの連なりがわかるでしょうか?
2016年05月29日 09:42撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイカーの連なりがわかるでしょうか?
天気が良ければ大阪の街が一望。
2016年05月29日 09:44撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良ければ大阪の街が一望。
小ピークを過ぎると静かな道に。
2016年05月29日 09:46撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小ピークを過ぎると静かな道に。
どうしたらこんなになるのか
2016年05月29日 09:51撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうしたらこんなになるのか
3
万物相
2016年05月29日 09:52撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万物相
1
魚屋道に合流
2016年05月29日 09:57撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚屋道に合流
1
振り返って見たところ。左の道が来た道。右の道が魚屋道深江方面からの広い道。
2016年05月29日 09:57撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って見たところ。左の道が来た道。右の道が魚屋道深江方面からの広い道。
1
新緑のトンネル。
2016年05月29日 10:07撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑のトンネル。
1
風吹岩の裏側に到着。
2016年05月29日 10:11撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風吹岩の裏側に到着。
1
土桶割
2016年05月29日 11:08撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土桶割
徒渉地点。黒岩谷西尾根へはここを渡ります。猪の看板あり
2016年05月29日 11:09撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徒渉地点。黒岩谷西尾根へはここを渡ります。猪の看板あり
1
最初は踏み跡が分かりにくいので慎重に。直ぐに明瞭な踏み跡となります。
2016年05月29日 11:09撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は踏み跡が分かりにくいので慎重に。直ぐに明瞭な踏み跡となります。
2
岩稜あり。
2016年05月29日 11:22撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩稜あり。
3
眺望あり。(蛇谷北山)
2016年05月29日 11:26撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望あり。(蛇谷北山)
1
眺望あり(大阪湾)
2016年05月29日 11:26撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望あり(大阪湾)
1
ガレ場最上部。ロープがあります。
2016年05月29日 11:29撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場最上部。ロープがあります。
1
眺望あり(西おたふく山)
2016年05月29日 11:36撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望あり(西おたふく山)
一軒茶屋横の広場に出てきました。
2016年05月29日 11:46撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一軒茶屋横の広場に出てきました。
3
振り返って左が来た道。右は七曲り道
2016年05月29日 11:46撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って左が来た道。右は七曲り道
2
寄り道した射場山山頂。標高700mはなく今回は694mでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寄り道した射場山山頂。標高700mはなく今回は694mでした。
本日のお湯は「金の湯」
2016年05月29日 13:45撮影 by DSC-WX50, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のお湯は「金の湯」

感想/記録

今年に入ってからマイナーなルートばかりを登って来たので、久しぶりに華やかな六甲銀座コース(ひょっとして死語?)を歩こうかと思いましたが、そこは身体に染みついた悲しい性、少しだけバリエーションルートを取り入れることとなりました。

◆地獄谷南尾根
高座の滝からいったん地獄谷に下りた後、堰堤横から地獄谷の南の尾根に取り付きます。
最初はかなりの急登ですが、踏み跡がしっかり付いている上に、至る所にロープが張り巡らされており、誰でも安心して歩くことが出来ます。
眺めもグッド。途中のベンチが置かれた小ピークからは、中央稜を登るハイカーを見下ろし気味に眺めることが出来ます。
後半は坂も緩くなり、魚屋道に合流した後、風吹岩に出ます。
こんないい道が隠されていたのかと思える道です。
 道の状況 ☆☆☆(一般ルート並みに踏み跡がしっかりついています)
 個性   ☆☆☆(道に変化もあり、眺めも良し)
 安全度  ☆☆☆(一般ルート以上にロープ等で整備されています)

◆地獄尾根(旧称)
現在では「黒岩谷西尾根」と呼ばれ、ガイドブック(六甲山ショートカットコース 根岸真理著)にも紹介されるなど結構有名なルートですが、「山と高原」や国土地理院発行の2万5千分の一地図には載っていません。
今回は誰一人会いませんでしたが、人影を見ることが多いルートです。
岩稜混じりの痩せ尾根で眺めも良く、最高峰に至る尾根ルートとしてはピカ一ですが、難点は途中のガレ場。下に人がいる時は石を落とさないよう慎重に行動したいものです。
なお「地獄尾根」の名称については、「ハイカーの徑 阪急ワンダーホーゲルの會 昭和16年版」からの引用です。当時、六甲山は禿げ山だったそうなので、この尾根は険悪な山容だったものと思われます。

◆射場山
時間があったので先月に続き登って来ました。前回登ったときにGPSが山頂で700mを表示したので、本当に700m峰かを確認したかったのですが、今回表示は694mでした。残念ながら700mには届かないようです。
ルートの方は2回目とあって迷いはしませんでしたが、GPS片手にルートファインディングが必要であることを再認識しました。
なお取り付きは以前より少し分かりやすくなっています。

訪問者数:229人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 GPS 高原 堰堤 ガレ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ