ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 884636 全員に公開 ハイキング奥武蔵

棒ノ折山(緑の峡谷と滝と)

日程 2016年05月29日(日) [日帰り]
メンバー kesunonshi
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
さわらびの湯;第三駐車場に駐車しました。早朝登山者はどうぞの案内がありました。ただしさわらびの湯の利用者に限るとのこと。下山後お風呂をよばれました(800円)。山バッジも購入可能です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
30分
合計
4時間50分
Sさわらびの湯バス停06:2006:40白谷沢登山口08:00岩茸石08:20権次入峠08:40棒ノ嶺09:1009:40岩茸石10:50白谷沢登山口11:10さわらびの湯バス停11:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ずいぶん写真を撮りながら歩きましたのでいつもよりだいぶん遅かったです。
コース状況/
危険箇所等
迷うようなところはありません。沢歩きは岩場が連続します。また林道出合いからは急になります。ゴンジリ峠からの木階段が流されており危険な感じがします。
その他周辺情報何といってもさわらび湯がよろしいです。レストランは併設されていません(レストランは第三駐車場の敷地内にあります)が、リラックスできました。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

白谷橋登山口まで名栗湖沿岸を歩きます。快晴で良き日になりそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷橋登山口まで名栗湖沿岸を歩きます。快晴で良き日になりそうです。
2
峡谷と緑と滝;これがこの山域の最大の魅力でしょう。すばらしいの一言。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峡谷と緑と滝;これがこの山域の最大の魅力でしょう。すばらしいの一言。
3
第一ゴルジュです。ただ説明するだけになってしまいました。迫りくる迫力をと思いましたが、腕前が正直に反映します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一ゴルジュです。ただ説明するだけになってしまいました。迫りくる迫力をと思いましたが、腕前が正直に反映します。
1
通り過ぎてから逆光で撮影しました。このほうが印象的になりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
通り過ぎてから逆光で撮影しました。このほうが印象的になりました。
1
これも陽陰的に。登山道を振り返り撮影しています。写真ばっかり撮っていますので足が進みません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも陽陰的に。登山道を振り返り撮影しています。写真ばっかり撮っていますので足が進みません。
1
滝の流れと背景の緑を撮影しています。滝の好きな人はたまらないでしょうね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の流れと背景の緑を撮影しています。滝の好きな人はたまらないでしょうね。
1
峡谷ですが、時折日が差し込みます。最近のカメラ;レンズは逆光下でも(ゴーストは出ますが)フレアが出て眠い画像にならない点も素晴らしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峡谷ですが、時折日が差し込みます。最近のカメラ;レンズは逆光下でも(ゴーストは出ますが)フレアが出て眠い画像にならない点も素晴らしい。
第二ゴルジュです。これも失敗的;平面的で迫力が全く伝わりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二ゴルジュです。これも失敗的;平面的で迫力が全く伝わりません。
1
峡谷の最後のほうにすこし緑を回りに囲まれたスペースがあります。ここは撮影しやすいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峡谷の最後のほうにすこし緑を回りに囲まれたスペースがあります。ここは撮影しやすいです。
2
棒ノ折山山頂です。8:40に到着しましたが3〜4のパーティでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒ノ折山山頂です。8:40に到着しましたが3〜4のパーティでした。
4
下山は尾根を通らずに、沢沿いを歩きました。多分こちらのほうが面白いだろうと。これは第二ゴルジュです。やはり光を入れて印象的なほうがよいです。ただし下山中は登ってくる方々は非常に多かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は尾根を通らずに、沢沿いを歩きました。多分こちらのほうが面白いだろうと。これは第二ゴルジュです。やはり光を入れて印象的なほうがよいです。ただし下山中は登ってくる方々は非常に多かったです。
下山中振り返ると、そこかしこにも撮りたい場面があります。ちっとも降りられない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中振り返ると、そこかしこにも撮りたい場面があります。ちっとも降りられない。
1
岩肌を流れる水と;てかっている岩肌が印象的でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩肌を流れる水と;てかっている岩肌が印象的でした。
1
落ち込む水と。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち込む水と。
登山道から(危なくない範囲で)少し外れますと、二段の滝の全景がみることができます。実はこの下にも滝がありました(それは撮れない)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道から(危なくない範囲で)少し外れますと、二段の滝の全景がみることができます。実はこの下にも滝がありました(それは撮れない)。
1

感想/記録

何といっても峡谷と緑と沢に恵まれる登山道です(それと温泉と)。広葉樹も多く秋にもさぞかしきれいだろうと予感させます。また水なかをずぶずぶ入る箇所もあるので水量が多い場合は要注意でしょう。往路はそうでもありませんでしたが、帰路の沢はすべりやすくなるのでさらに注意が必要と思います。また自分のペースで登りたい方は早出をおすすめします。遅くなると登山客の方々が老若男女数珠つなぎとなります。埼玉の山はいいです!神奈川のアクセスが楽ですし、フォトジェニックも多く奥が深いと感じます。
訪問者数:250人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 ゴルジュ 出合
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ