ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 884654 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

谷川馬蹄形(時計回り)日帰り わんこと!!

日程 2016年05月28日(土) [日帰り]
メンバー tirolwanwan
天候おだやかな曇り。昼前から晴れ。暑かったです。
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間3分
休憩
1時間41分
合計
13時間44分
S白毛門登山口駐車場03:1903:31土合口駅/谷川岳ベースプラザ03:3403:38西黒尾根登山口03:4105:20ラクダの背(ラクダのコブ)05:24ラクダのコル06:11ザンゲ岩06:1406:41谷川岳09:06武能岳09:0709:29蓬峠10:18七ツ小屋山11:00清水峠11:1211:14清水峠白崩避難小屋11:1812:57ジャンクションピーク12:5813:22朝日岳13:2414:13笠ヶ岳14:1414:16白毛門15:2717:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
途中、gpsが2度飛んでましたので、時間はおおよそです。ルートも手入力です。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所特にはありませんが、登山道プチ崩落箇所何ヶ所かありました。
あと、基本的に切り立った稜線なので転ばないように注意が必要です。滑りやすい蛇紋岩や、浮き石があちこちに転がっているので。
その他周辺情報 湯テルメに行きました。タイミング悪く、団体さんがいたので洗い場待ちの行列ができていました(ToT)
お風呂はサイコーでした!
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

前日車中泊し、暗闇の中スタート!
車中泊だとかみさんの監視がないためついつい飲み過ぎてしまいました(アルコールが全然抜けてない・・)
ちろるは超元気!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日車中泊し、暗闇の中スタート!
車中泊だとかみさんの監視がないためついつい飲み過ぎてしまいました(アルコールが全然抜けてない・・)
ちろるは超元気!
4
西黒尾根口到着。
途中、登山センターにてクライマーのペアに会いました。
いつかクライミングでも訪れたい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西黒尾根口到着。
途中、登山センターにてクライマーのペアに会いました。
いつかクライミングでも訪れたい!
この日は月がまだ残っていましたが、曇っていたため月明かりはあまり望めませんでした。
暗闇の樹林帯は怖いですね。
でも今日はチロルが一緒なので心強かったです。
今日は長い行程になるのでゆっくり登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は月がまだ残っていましたが、曇っていたため月明かりはあまり望めませんでした。
暗闇の樹林帯は怖いですね。
でも今日はチロルが一緒なので心強かったです。
今日は長い行程になるのでゆっくり登っていきます。
2
だんだん明るくなってきました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん明るくなってきました!
樹林帯を越えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を越えました。
会いたかったぜっ! 谷川岳!
かっこいい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
会いたかったぜっ! 谷川岳!
かっこいい!
1
振り返って白毛門方面を望みます。
あそこまでたどり着けるのか不安でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って白毛門方面を望みます。
あそこまでたどり着けるのか不安でした。
シャクナゲとちろる!のコラボレーション
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲとちろる!のコラボレーション
2
東尾根とその先に馬蹄形の稜線。
東尾根はいつか登ってみたい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根とその先に馬蹄形の稜線。
東尾根はいつか登ってみたい!
1
先を見据えると、らくだの背と谷川岳主峰と荒々しい岸壁のコラボレーション!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先を見据えると、らくだの背と谷川岳主峰と荒々しい岸壁のコラボレーション!
1
東尾根とちろる!のコラボレーション!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根とちろる!のコラボレーション!
5
こんぐらいの岩場へっちゃらワン!
ここまで3箇所の鎖場があり、そこはさすがに抱っこしましたが、それ以外は基本的に自力で登るちろる!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんぐらいの岩場へっちゃらワン!
ここまで3箇所の鎖場があり、そこはさすがに抱っこしましたが、それ以外は基本的に自力で登るちろる!
2
雪渓が間近に!
「行っちゃダメわんか?」
うちの犬、雪が大好きなのですw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓が間近に!
「行っちゃダメわんか?」
うちの犬、雪が大好きなのですw
1
雪渓の先に天神尾根ルートが見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓の先に天神尾根ルートが見えます。
肩の小屋手前の雪渓。ガッツリ残っていますがアイゼン無しでも気をつければ平気です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋手前の雪渓。ガッツリ残っていますがアイゼン無しでも気をつければ平気です。
1
肩の小屋。
つい3ヶ月前は雪で埋もれていましたが・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋。
つい3ヶ月前は雪で埋もれていましたが・・・。
2
トマの耳到着!(+こっそりちろるw)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマの耳到着!(+こっそりちろるw)
1
シャクナゲとちろる その2
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲとちろる その2
4
シャクナゲとオキの耳のコラボレーション!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲとオキの耳のコラボレーション!
2
可憐な白い花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
可憐な白い花
2
シャクナゲは知っています!綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲは知っています!綺麗です。
振り返ってトマの耳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ってトマの耳。
可憐な紫の花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
可憐な紫の花
オキの耳!(+ちろるw)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳!(+ちろるw)
3
オキの耳から東尾根を見下ろします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オキの耳から東尾根を見下ろします。
1
先に進んで浅間神社。
谷川温泉の奥の院のようですね。
本日の山行の無事を祈りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に進んで浅間神社。
谷川温泉の奥の院のようですね。
本日の山行の無事を祈りました。
小さな桜のような花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな桜のような花。
ちろるが稜線したの岩稜をノゾキますが、ここはまだ「ノゾキ」ではありませんw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちろるが稜線したの岩稜をノゾキますが、ここはまだ「ノゾキ」ではありませんw
2
花がとても綺麗でした!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花がとても綺麗でした!
1
シャクナゲがたくさん咲いてました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲがたくさん咲いてました!
2
とても綺麗なので足が度々止まってしまいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とても綺麗なので足が度々止まってしまいます。
5
一ノ倉岳の岩壁。
より一層険しいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳の岩壁。
より一層険しいですね。
足元には磨きぬかれた「蛇紋岩」が!
気を抜くと足を滑らせますので要注意!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元には磨きぬかれた「蛇紋岩」が!
気を抜くと足を滑らせますので要注意!
1
ここが「ノゾキ」です。
ちろるも腰が引けてますw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが「ノゾキ」です。
ちろるも腰が引けてますw
3
振り返って谷川主稜東尾根の稜線。
かっこいい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って谷川主稜東尾根の稜線。
かっこいい!
1
一ノ倉岳とシャクナゲ
登り返しがきついです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉岳とシャクナゲ
登り返しがきついです。
3
一ノ倉避難小屋で小休止。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ倉避難小屋で小休止。
3
中芝新道は危険なようです。
栄養補充して先に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中芝新道は危険なようです。
栄養補充して先に進みます。
振り返って一ノ倉岳と谷川岳のコラボレーション!
私の大好きな構図です!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って一ノ倉岳と谷川岳のコラボレーション!
私の大好きな構図です!
1
茂倉岳からこれから進む稜線を望みます。
武能岳〜朝日岳・・・・・遠い・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉岳からこれから進む稜線を望みます。
武能岳〜朝日岳・・・・・遠い・・・。
1
武能岳の急登。
きつかったですw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武能岳の急登。
きつかったですw
1
蓬峠手前の分岐。
昨年は反時計周りの時ここで敗退しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓬峠手前の分岐。
昨年は反時計周りの時ここで敗退しました。
2
「疲れてきたけどまだまだ行けるワン!」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「疲れてきたけどまだまだ行けるワン!」
3
ちろるも花に癒やされますw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちろるも花に癒やされますw
8
先に進むと、大源太山の凛々しい姿!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先に進むと、大源太山の凛々しい姿!
2
紫の大きめの花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紫の大きめの花。
4
七つ小屋より谷川岳。
けっこう歩いてきました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七つ小屋より谷川岳。
けっこう歩いてきました!
去年ビバークした清水峠。
私がシャリバテ気味だったので、スーパーで買った5個入りアンパンをちろると一緒にいただきましたw
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年ビバークした清水峠。
私がシャリバテ気味だったので、スーパーで買った5個入りアンパンをちろると一緒にいただきましたw
1
清水峠からジャンクションピークまでが、昆虫大発生で大変でした!
私は手ぬぐいを口に巻いて食虫を防ぎましたw
花は綺麗なんですがね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清水峠からジャンクションピークまでが、昆虫大発生で大変でした!
私は手ぬぐいを口に巻いて食虫を防ぎましたw
花は綺麗なんですがね。
1
朝日岳直下の池塘!
ここには水場があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳直下の池塘!
ここには水場があります。
ちろるは雪に寝そべり、火照った体をクールダウン!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちろるは雪に寝そべり、火照った体をクールダウン!
6
期待していた水場が残雪で埋もれていましたが、ご覧の穴から覗き込むと湧き水があったので、がぶ飲みしました! うまし! 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
期待していた水場が残雪で埋もれていましたが、ご覧の穴から覗き込むと湧き水があったので、がぶ飲みしました! うまし! 
3
朝日岳到着!
山頂のはずれの小さな祠にもお参りしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳到着!
山頂のはずれの小さな祠にもお参りしました。
5
残雪を見つけるたびにクールダウン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪を見つけるたびにクールダウン。
6
朝日岳からが結構遠い・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳からが結構遠い・・・。
谷川も雲がかって来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川も雲がかって来ました。
振り返って笠ヶ岳と朝日岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って笠ヶ岳と朝日岳
1
松ノ木沢の頭。白毛門からここまで結構な岩稜地帯でした。流石にチロルは抱っこしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松ノ木沢の頭。白毛門からここまで結構な岩稜地帯でした。流石にチロルは抱っこしました。
1
ありがとう!また来ます!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ありがとう!また来ます!
白毛門の下りはほぼ抱っこしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白毛門の下りはほぼ抱っこしました。
3
駐車場すぐの川と橋。
生き返ります!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場すぐの川と橋。
生き返ります!
去年は暗闇の中確認した馬蹄形概念図。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年は暗闇の中確認した馬蹄形概念図。
2
駐車場到着しました!
膝とふくらはぎがガクガクでした!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場到着しました!
膝とふくらはぎがガクガクでした!
2

感想/記録

憧れ続けていた馬蹄形日帰り縦走・・・。

ついに完遂できました!しかもわんこと一緒に!
私にとって、とても忘れられない山行となりました。

うちのわんこ、ちろるは今年で10歳になります。
ちろるとはこれまで富士山を筆頭にいろんな山を一緒に登ってきました。谷川馬蹄形も昨年秋に1度目は敗退、2度めに2日間かけて完遂しております。
ただ、さすがに馬蹄形の日帰りは無理だろうと思っておりましたが、さいごまで歩き通しました!
西黒尾根では鎖場以外はすべて自力で。その先、白毛門までほとんど自力。白毛門からの下りは岩稜地帯やその先の木の根地獄では流石に抱っこしましたが・・。
ちろるの年齢からしてもそろそろ無理がきかなくなってくるのかなと考えると、ちろると一緒に行く本格的山行はこれが最後かなと思うと、ますます感無量です(この日家についてからまたお散歩に行ったのは内緒ですw 底なし?)。

そもそもなぜ谷川馬蹄形日帰りを決行しようと思ったのかと言いますと、最近ぬるい山行が続いており、また、来月から仕事が忙しくなりそうなので「ガッツリ歩きたい!」と思い(ジムニーハイカーさんの「山が足りねぇ」病に感染した?w)、どこに行こうかなと諸先輩方のレコを眺めていたところ、ゆうやけさんの谷川主脈縦走にとても惹かれましたが、バスと電車で駐車場まで戻るのが大変だし、翌日仕事なのでどうしても帰らなければならないからリスクが高いと思い、馬蹄形の日帰りを時計回りで行って見ることにしました!

山行はゆうやけさんやなるおさんのレコで予習させていただいたとおり、肉体的にはとても過酷極まりないものでしたが、それ以上に谷川岳の風景とこの時期ならではの可憐な花々がとても綺麗で素晴らしかったです! 普段の生活では花を見ても気にもかけないのですが、なぜか山で見る花々にはとても惹きつけられ、何度も癒やされました。 私は花について無知なので、これから勉強したい思いました(あとトレーニングももっとしなくちゃw)。

ちなみに、翌日、私は足から腰までバッキバキの筋肉痛でなんとか仕事をこなしはいずるように帰宅してきましたが、うちのちろるは「散歩いこうワン!」と元気ハツラツでした。恐るべし。ちろるとの本格山行はもうしばらく続きそうですw
訪問者数:389人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/2/13
投稿数: 32
2016/5/30 0:29
 お疲れ様!
愛犬ちろるちゃんとの馬蹄形日帰り踏破、おめでとうございます。
tirolwanwanさん以上にちろるちゃんは頑張りましたね(笑)
後半の残雪でのク−ルダウンの画像を見るとまさにダウンというようにも見えてしまいます。
この日、私も谷川周辺を歩く予定で登山口までは行ったのですが理由あって心折れました(T_T)
ヘタレデ修行が足りないですね(~_~;)
tirolwanwanさんやちろるちゃんを見習って出直したいと思います。
登録日: 2014/10/11
投稿数: 30
2016/5/30 21:07
 Re: お疲れ様!
でんさん! ご無沙汰しております! コメントありがとうございます!

ちろるは最後の白毛門の下りこそ完全にダウン(ギブアップ?)してましたが、それ以外はとても元気で、ほとんど私が引きづられている感じでしたw 実は、先週の筑波山下山時に調子に乗って駆け下りて膝を痛めていたので😢
ちなみにちろるは、昨年の反省から、こまめに水分とおやつを補給していたので、歩けなることはなかったです! 本当にすごい犬です! 今回の山行で改めてかけがえのないパートナーだと実感しました!(かみさんには内緒ですw) 私も途中、何度も心折れそうになりましたが、ちろるが引っ張ってくれたから、最後まで馬蹄形を完遂できました。

でんさん。山は修行じゃないですよw 楽しんでなんぼですよね!
ちろるも山が大好きだからこそ走り続けているわけでw 時には無理もしちゃいますがw

またお会いできたときは、もう少しゆっくりお話ししたいですね!
登録日: 2013/6/12
投稿数: 1367
2016/5/30 23:14
 あらゆる馬蹄形レコの中で真剣に歴史に残る1本と思いました。
tirolwanwan-san,

毎度当方のレコへの御訪問ありがとうござます。
コメントはお初となります。

2015年の10月10日谷川連峰「裏」馬蹄形を歩かせていただいた時に、同日愛犬ちろるちゃんと歩かれていたことは存じておりました。
また先にコメントをされていたお方は山仲間のでんさんですが、でんさんも同日馬蹄形の土俵にいたことも覚えております。
確かゆうやけさんもいましたね!

同じダックスフンドのnanacoちゃんも健脚犬として知名度が高い訳ですが、谷川主脈やら馬蹄形は確か歩かれたことはなかったと記憶しております。

馬蹄形を愛犬としかも”日帰り”で歩くハイカーは、自分の知っているレコ、ブロガー含めたレポでも皆無だと思っています。
愛と感動の馬蹄形史上歴史に刻まれる日になったことは間違いないことでしょう。

快挙ですよ!
凄すぎますよ。
これは山が足りねぇ!病の感染力の副作用ですよ!(笑)

自分も山岳犬が欲しく、先日プードルを購入しようとしましたが、宅内の財務省に却下されました。(笑)
タフな山岳犬にするにはミニチュア・ダックスフンドが安定感もあって縦走向きなのかもしれませんね。
いや〜、まだまだ山岳犬手に入れることは無理ですけど、いつか将来的には愛犬と馬蹄形歩いてみたいですねー。

当方のレコまで参照頂いたとは恐縮でございます。

この度はちろるちゃん共々、大変お疲れ様でした。
感動をどうもありがとうございます。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。
登録日: 2014/7/10
投稿数: 945
2016/5/31 10:43
 馬蹄形縦走
tirolwanwanさん、こんにちは

馬蹄形縦走、お疲れ様でした。
いろいろな方が馬蹄形日帰りをされていますが、ワンコ連れは私も初めて見ました チロルちゃん恐るべし。
ゆうやけさんちのnanakoちゃん同様、素晴らしい山岳犬ですね

「山が足りねぇっ!」病を癒すにはやはり馬蹄形縦走が主稜線縦走しかないと考えております。
そんな私は最近仕事で帰りが遅くなりがちで、朝一登山口訪問が出来ていない身。ロング歩いてないからヤバイ。八ッやアルプスが呼んでいる…。
どんどん足りねぇ病のヒヅミが蓄積しつつあります(笑)
私のような者にフォローいただきありがとうございます
登録日: 2014/10/11
投稿数: 30
2016/5/31 13:01
 Re: あらゆる馬蹄形レコの中で真剣に歴史に残る1本と思いまし...
なるおさん!コメントありがとうございます!嬉しくてたまりません!
山にはまってからなるおさんのブログをいつも参考にさせていただいております 。ヤマレコ主体に移られたのを最近知り、たまらず勝手にフォローしてしまいました(*^_^*)いつも楽しく拝見させていただいております。
この度、お褒めの言葉をいただいて、とても恐縮している次第ではございますが、すごかったのは私ではなく、ちろるですよ!(^^)!
ちろるにも山が足りねぇ病が感染していたようですw なんとか除染に成功しました(*^▽^*)が、散歩が足りねぇ病は不治の病のようで、この日も帰宅後、3kmぐらい散歩につき合わされました(≧◇≦)恐るべし

これからもレコ楽しみしています!私ももっと挑戦していきたいです!
いつか、ダブルバックパイを目の前で拝める日を楽しみにしています!
登録日: 2014/10/11
投稿数: 30
2016/5/31 13:15
 Re: 馬蹄形縦走
ジムニーハイカーさん!ありがとうございます!
おかげ様で、ちろる共々、山が足りねぇ!病を克服できました(*^▽^*)
私も、これから仕事が忙しくなってきそうで、ガッツリの山登りはしばらくできなさそうです(ToT)
いつか山でお会いできる日を楽しみにしています!
登録日: 2013/5/11
投稿数: 720
2016/6/3 18:14
 日帰り馬蹄形リベンジ!おめでとうございます。
tirolwanwanさん、こんばんは!ご無沙汰しています。

ひとりでも大変な歩きになる日帰り谷川連峰馬蹄形を
昨年の秋のリベンジで見事チロルちゃん共々歩き通しましたね!

チロルちゃんは10歳ですか!良く頑張りましたね。
家のnanacoは7歳になりました。
2年前まで5Kでしたが、
最近は肥満気味で7Kオーバーでダイエット中(笑)

日帰り馬蹄形を歩き抜いた瞬間は
この上ない達成感と充実感を感じた事と思います。
私は毎年のように主脈や馬蹄形を歩くのは
素晴らしい景色や花々を眺めながら
精神力を高める為のハードなトレーニングです。

いつか健脚チロルちゃんとnanacoと
バッタリ出来る事を楽しみにしています(^^)
チロルちゃん共々!
谷川連峰馬蹄形縦走完遂おめでとうございました
登録日: 2014/10/11
投稿数: 30
2016/6/5 22:07
 Re: 日帰り馬蹄形リベンジ!おめでとうございます。
ゆうやけさん! 私のようなものにコメントいただき、誠にありがとうございます!! 感無量でございます  というか、とても恐縮している次第でございます!

去年の馬蹄形で偶然お会いしてから約半年ですね。
あの時は蓬ヒュッテの先でチロルが歩けなくなり、エスケープしましたが、その後色々チロルのことを考えてみたら、こまめな水分補給をしていなかったのと行動食を与えていなかったことによるシャリバテだったと思いました(動けなくなるまでは自分のペースに合わせて約2時間おきに水分補給。おやつは与えずに、朝出発前にご飯をあげただけでした・・・。動けなくなって、水をあげたらがぶ飲み ご飯とおやつ代わりにソーセージをあげたらがっついて食べていましたし。その後、小一時間抱っこして下山しましたが、途中で回復して普通に走りはじめたので )。今回は水4Lを背負って、小一時間ごとに水分補給とおやつ(犬用おやつとアンパンw)をあげてみたら、「もう歩けないワン 」の状態にはほとんどならずに頑張っておりました  正直、武能岳から先は獣の匂い(クマ?シカ?)がしたようで、尻尾をピン!とさせて好奇心モードになっていたから行けたような気もします。
まあいずれにしても、馬蹄山行後、車の中では死んだように寝ていましたが、家の駐車場に着くとすぐに起きて、元気に「散歩行こうワン!」とペロペロしてきて普段の散歩コースを普段通りにこなしましたw(私はその時すでに体中バキバキで、特に膝と腰がガクガクでした )恐るべしです。

ダックスは太りやすいですよね。うちのチロルも私が本格的に山にハマる前はデブデブでしたw 私と同じ時期に運動(山)を始めたのですが、チロルはアスリート体型、私は未だにデブデブです(^_^;) 

私、山をはじめた時から、山にハマり、現在に至るまで、ゆうやけさんの山行記録を参考にして今日に至っております。谷川馬蹄形縦走というものを知ったのも、ゆうやけさんの「勝手な(?)ランキング」でしたし  

去年お会いした時はほとんどお話しできませんでしたが、次にお会いした時はいろんなお話をしたいですね! nanakoちゃんとも会いたいです! しばらく、仕事が忙しくなりそうで休みが取れるかどうかという感じですが、時間を作っていろんな山に行こうと思います!(休日は少なくなりますが、自由時間はある程度取れる感じの職種ですのでw。 そのときはチロルはお留守番ですがw) 

お会い出来る日を楽しみに、いろんな山に挑んでいきたいと思います! 今後とも、よろしくお願いいたします!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ