ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 884910 全員に公開 沢登り谷川・武尊

東黒沢遡行〜一ノ沢下降〜ナルミズ沢遡行

日程 2016年05月28日(土) 〜 2016年05月29日(日)
メンバー orochi
天候5月28日:晴れ時々曇り
5月29日:快晴のち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

5月28日(土)
土合駅9:30−9:40入渓点(入渓準備)10:00−10:25白毛門沢出合−(途中10分休憩)−11:50 1080m二俣−(途中10分休憩)−12:45 1350mコル12:55−13:40広河原13:50−15:15大石沢出合15:25−16:05 8m魚留滝−16:45 1410m二俣(幕営地)

5月29日(日)
幕営地4:50−5:15藪取付点−(途中10分休憩)−6:30稜線−7:15ジャンクションピーク(沢装解除)7:35−7:55朝日岳−8:35笠ヶ岳8:45−9:20白毛門9:30−(途中計20分休憩)−11:00登山口−11:10バス停
コース状況/
危険箇所等
(雪渓の状況を中心に・・・)
東黒沢:最後まで雪渓無し。技術的に難しいところも無く完全癒し系の沢です。
一ノ沢:コル付近に申し訳程度の雪渓あり。いくつか小滝があるが全て容易にクライムダウン可能。
ナルミズ沢:最初の雪渓は大石沢出合直前。幅の広い雪渓で右の草原状から巻いた。その後しばらく雪渓は無いが、標高1400m前後から再びちらほらと雪渓の残骸が現れる。二俣以降本格的に雪渓が増えだし、標高1460m付近から遡行継続できなくなりエスケープ。以降の様相不明。二俣より前の部分に関していえば、全体的に渓相が大変美しく、適宜巻き道を利用すれば技術的に難しいポイントもほとんどない。水量豊富で、盛夏であれば泳げるようなポイントもちらほら。魚影は濃い。幕営適地は、(少なくとも)広河原、大石沢出合付近、二俣付近にある。広河原の適地が最も快適そう。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

おなじみ土合駅、徐々に雲が晴れてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おなじみ土合駅、徐々に雲が晴れてきた。
ここで東黒沢入渓準備
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで東黒沢入渓準備
昨年8月に来た時にはここに雪渓の残骸があったのだが今年は5月なのに何も無いぞ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年8月に来た時にはここに雪渓の残骸があったのだが今年は5月なのに何も無いぞ・・・
やっぱ上越はいいですね〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱ上越はいいですね〜
2
花の名前が分かりませんが(^^;)、この先もあちらこちらに咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花の名前が分かりませんが(^^;)、この先もあちらこちらに咲いていました。
こちらもお馴染み「ハナゲノ滝」。なんとこの時期なのに先行パーティが2パーティも!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらもお馴染み「ハナゲノ滝」。なんとこの時期なのに先行パーティが2パーティも!
1
ハナゲノ滝上の美しい廊下
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハナゲノ滝上の美しい廊下
1
白毛門沢出合、今日は右の本流へGO!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白毛門沢出合、今日は右の本流へGO!
1
本流に入ってからもこのように岩床が続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本流に入ってからもこのように岩床が続く
2
幅広滝。快適に越していく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幅広滝。快適に越していく。
1
ゴルジュ帯にある滝。ここで東黒沢を下降してくるパーティに会う。どういう行程なんだろうか・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルジュ帯にある滝。ここで東黒沢を下降してくるパーティに会う。どういう行程なんだろうか・・・
豊かな森林も印象的
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豊かな森林も印象的
1
10m3段滝。右壁がほとんど階段。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10m3段滝。右壁がほとんど階段。
1
多段滝。快適に登っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多段滝。快適に登っていく。
1
赤茶けたこちらの滝も容易に登れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤茶けたこちらの滝も容易に登れる。
そしてその上はナメ天国
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてその上はナメ天国
1
ナメは続くよどこまでも〜♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメは続くよどこまでも〜♪
1
見せ場が止まりません!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見せ場が止まりません!
2
東黒沢でこんなに素晴らしいならナルミズ沢は・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東黒沢でこんなに素晴らしいならナルミズ沢は・・・
2
心配していた雪渓も無く、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
心配していた雪渓も無く、
1
開放的な空間を進んでいきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開放的な空間を進んでいきます。
2
まだ滝が続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ滝が続きます
1
1080m二俣を過ぎると流石に滝も減ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1080m二俣を過ぎると流石に滝も減ってきました。
この大岩が現れるといよいよ源頭部です。(この先虫が多かった(^^;))
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この大岩が現れるといよいよ源頭部です。(この先虫が多かった(^^;))
若干の藪漕ぎでドンピシャコルに飛び出しました〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若干の藪漕ぎでドンピシャコルに飛び出しました〜
1
下降開始地点にとても地味な目印発見
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下降開始地点にとても地味な目印発見
一ノ沢源頭部。ここだけ申し訳程度の雪渓が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ沢源頭部。ここだけ申し訳程度の雪渓が。
しゃくとり虫さんが藪でくっついてきたようです(笑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しゃくとり虫さんが藪でくっついてきたようです(笑)
平和な流れの中を下降していきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平和な流れの中を下降していきます。
このような小滝がいくつか見られますが、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような小滝がいくつか見られますが、
全て簡単にクライムダウンできます☆
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全て簡単にクライムダウンできます☆
1
左:下ってきた一ノ沢 右:ウツボギ沢
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左:下ってきた一ノ沢 右:ウツボギ沢
1
広河原到着です!こちらは快適そうなテン場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原到着です!こちらは快適そうなテン場
こちらはさらに快適そうなテン場。焚火跡もちらほらと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはさらに快適そうなテン場。焚火跡もちらほらと。
1
登山道を行く場合はこちらのマーキングにしたがって
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道を行く場合はこちらのマーキングにしたがって
さあ、いよいよナルミズに入渓しました。さっそく良い感じ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、いよいよナルミズに入渓しました。さっそく良い感じ。
1
ゴルジュ出現
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルジュ出現
2
ゴルジュ奥の滝。ここは右の巻き道を利用して通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルジュ奥の滝。ここは右の巻き道を利用して通過。
1
巻き道にはご丁寧にもこんなテープまで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道にはご丁寧にもこんなテープまで
先ほどの滝の上にももう一つ滝が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの滝の上にももう一つ滝が
1
透明度抜群。これぞナルミズ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
透明度抜群。これぞナルミズ。
3
夏なら泳ぐのもありかも^^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏なら泳ぐのもありかも^^
2
ここは右の草付からなるべく小さめに巻いた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは右の草付からなるべく小さめに巻いた
1
撮影ばかりで進まない(^^;)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
撮影ばかりで進まない(^^;)
1
ほんとにこういうところが次から次へと出てくる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんとにこういうところが次から次へと出てくる
2
非常に開放的
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
非常に開放的
1
比較的狭いところでもまだ雪渓無し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比較的狭いところでもまだ雪渓無し
このような渓相が延々と続く。魚影も濃い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような渓相が延々と続く。魚影も濃い。
2
見えている水流の部分で一歩が踏み出せず右岸巻きを選択
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えている水流の部分で一歩が踏み出せず右岸巻きを選択
気分は真夏♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気分は真夏♪
たまにはコラボ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまにはコラボ
とうとう来ました、雪渓!大石沢出合直前です。(ここは右手の草付から巻く)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とうとう来ました、雪渓!大石沢出合直前です。(ここは右手の草付から巻く)
1
巻きの途中から大石沢出合を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻きの途中から大石沢出合を望む
大石沢出合の滝アップ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大石沢出合の滝アップ!
3
この後再び快適な遡行が続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後再び快適な遡行が続く
天気も良いし言う事なし!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気も良いし言う事なし!
1
ここは意外と浅く、そのまま進んで右の壁に取り付いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは意外と浅く、そのまま進んで右の壁に取り付いた。
こちらは深くて手が出ず、右の台地上から通過(巻きはかなりぬかるんでいた)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは深くて手が出ず、右の台地上から通過(巻きはかなりぬかるんでいた)
1
魚留滝。50mザイルと幕営装を背負っていることもあり、流石に足が疲れてきた・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚留滝。50mザイルと幕営装を背負っていることもあり、流石に足が疲れてきた・・・
1
右の水流がルートらしいが、もろ水流をかぶるのと足が疲れたのとで、さらに右から小さく巻いて越える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の水流がルートらしいが、もろ水流をかぶるのと足が疲れたのとで、さらに右から小さく巻いて越える。
1
稜線はまだまだ遠いなぁ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線はまだまだ遠いなぁ
1
ふきのとう。雪渓が無くなって芽を出したのだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふきのとう。雪渓が無くなって芽を出したのだろうか。
覆っているのは右半分だけでセーフ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
覆っているのは右半分だけでセーフ!
1
7×15m。ここは左の小さなバンドを利用。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7×15m。ここは左の小さなバンドを利用。
1
だんだん夕方の空になってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん夕方の空になってきました。
二俣手前。このあたりでテン場を探そう・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣手前。このあたりでテン場を探そう・・・
左岸に大規模な草原(草付と言った方がいいかも)があったので、比較的平らで水はけのよい部分を探して幕営。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸に大規模な草原(草付と言った方がいいかも)があったので、比較的平らで水はけのよい部分を探して幕営。
幕営地付近で
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幕営地付近で
2
雪渓が沢山見える。明日はどうなることやら(;・∀・)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓が沢山見える。明日はどうなることやら(;・∀・)
4
モルゲンロート!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モルゲンロート!
1
雪渓はこうして融けていく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓はこうして融けていく
1
右俣に入ると本格的に出てきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右俣に入ると本格的に出てきた
1
安定感があったので上を通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安定感があったので上を通過
1
一旦雪渓は消失するが、その先にさらに規模の大きな雪渓が・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦雪渓は消失するが、その先にさらに規模の大きな雪渓が・・・
ってことで沢を離れ、右岸の藪を登っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ってことで沢を離れ、右岸の藪を登っていく。
しばらく藪を漕ぐと、左手に快適そうな斜面が見えたのでそちらに移動。するとここに飛び出した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく藪を漕ぐと、左手に快適そうな斜面が見えたのでそちらに移動。するとここに飛び出した。
昨夜の幕営地付近が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨夜の幕営地付近が見えます
いやぁ、快適な斜面だ。移動して大正解!!対岸のスラブも格好いい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやぁ、快適な斜面だ。移動して大正解!!対岸のスラブも格好いい!
2
ずーっとこんな感じの快適な斜面を登っていきます。「天国のツメ」の代わりとしては悪くない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずーっとこんな感じの快適な斜面を登っていきます。「天国のツメ」の代わりとしては悪くない。
1
稜線に到着〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に到着〜
1
稜線上は踏み跡が続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上は踏み跡が続く
1
どっしり鎮座するジャンクションピーク。この登りは結構堪えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どっしり鎮座するジャンクションピーク。この登りは結構堪えた。
2
ジャンクションピークの登りにて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンクションピークの登りにて
しゃくなげもなかなかキレイです(藪漕ぎをするときは大敵だが・・・)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しゃくなげもなかなかキレイです(藪漕ぎをするときは大敵だが・・・)
2
ジャンクションピーク到達。やっと一般登山道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンクションピーク到達。やっと一般登山道。
1
谷川の岩壁が一望できる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川の岩壁が一望できる
2
石楠花とのコラボ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石楠花とのコラボ
こちらは巻機方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは巻機方面
1
気持ちの良い登山道。風も心地よい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い登山道。風も心地よい。
1
折角なので撮ってもらいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折角なので撮ってもらいました
5
笠ヶ岳手前の避難小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳手前の避難小屋
笠ヶ岳ピーク。暑いっ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳ピーク。暑いっ
1
タテヤマリンドウかなあ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウかなあ
こちらから見る白毛門は土合から見るのと大分印象違うなー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらから見る白毛門は土合から見るのと大分印象違うなー
1
ようやく白毛門。ここからいつもの激下り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく白毛門。ここからいつもの激下り。
2
来し方を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来し方を望む
白毛門沢源頭部。雪渓の「せ」の字も見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白毛門沢源頭部。雪渓の「せ」の字も見えない。
1
ついつい撮ってしまうジジ岩&ババ岩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついつい撮ってしまうジジ岩&ババ岩
登山口に帰還
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に帰還
バス3分前に無事下山です(ホッ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス3分前に無事下山です(ホッ)

感想/記録
by orochi

年によっては8月でも雪渓を見るというナルミズ沢、「5月に行くなんてcrazy!」と言われそうですが、一応以下のことを考慮しての計画でした。

・上越における今年の記録を見たり、今年の写真と過去の写真等を見比べたりしたところ、残雪の状況が通常に比べ少なくとも1か月早く減少していると思われること
・アメダス「みなかみ」や「湯沢」の記録を見ても、積雪が例年より少なくとも1ヶ月早く減少していること
・5月下旬に入って連日例年より高い気温が継続していること

このため、積雪の観点では上越近辺は通常よりも30日〜40日ほど季節が速く進行しているのではないかと考えられ(すなわち現在は7月初頭くらい?)、一方、ガイドではナルミズの遡行適期は7月中旬〜とされていることから、それなりに雪渓は残っているにしても全く遡行できないということはないだろうと考え、半分興味も兼ねて計画した次第です。

−−−−−−−−−−−−−−−−ー
5月28日(土)
上越線でアプローチするが、上牧あたりで既に谷川岳や朝日岳と思しき山々にびっしり雪渓が残っているのが見え、この先どうなるか不安になる。

いつもなら防水&耐衝撃性のデジカメで写真を撮るのだが、今回は土合駅に着くなりいきなりシステムエラーとか言い出したので、iPhone6での撮影に切り替える。

登山ポストに計画書を投函し、まずは東黒沢へ。

盛夏であればキャニオニング軍団と出くわすところだが、この時期はさすがにイベントは開催されていないようだった。

昨年8月に白毛門沢に行った時には東黒沢で入渓直後に一箇所大きな雪渓の残骸があったのだが、今年はそれすら見られない。どうなってんねん。

この時期なので誰にも会わないだろうと思っていたら、なんとハナゲノ滝の上で早くも2パーティを追い越す。

1パーティは途中まで行って引き返すとの事だったが、もう一パーティはどこへ向かわれるのだろうか(聞けばよかった。。)

白毛門沢を左に分け、本流の遡行を続ける。特に難しいところも無く、延々と続くナメや小滝を楽しみながら快適に遡行する。1箇所ゴルジュっぽいところがあり、ここで同沢を下降してくる1パーティとさらにすれ違った。

10m3段滝は右壁が階段のようになっておりムチャクチャ簡単。

標高900m〜1000m付近にかけては延々と続くナメとなっており、特に印象的な部分だ。ブナの森も美しい。

標高1080m二俣を越えると滝もひと段落し、平凡な渓相になってくる。そして大岩を越すといよいよ源頭の雰囲気。この辺から虫が多くちょっと鬱陶しい。

結局、稜線のかなり近くまで水流があり、ちょっとの藪漕ぎでドンピシャ1350mコルに飛び出した。東黒沢に関しては最後まで雪渓は皆無であった。

そのまま反対側にある一ノ沢の下降を開始する。

こちらは北面にあたるためか、源頭付近にちょこっとだけ雪渓があったが、それもすぐになくなり平和な小沢を下降していく。

途中数個の小滝があるが、どれも容易にクライムダウン出来た。

沢筋が開けてくると、ウツボギ沢に合流し、明るい河原状になる。この辺の広河原は幕営適地が点在しており、焚火跡も一つや二つではなかった。

さて、ここからいよいよ本番のナルミズ沢に入渓だ。
(入渓したところで休んでいると、平行する登山道を降りてきた登山者と会った。)

はじめのうちは河原状だが、すぐに雰囲気が変化し、エメラルドグリーンの釜と幅広の小滝が随所に現れるようになる。想像していたとおりのナルミズ沢、名渓と言われるのもうなずける。

最初に現れるゴルジュとその先の滝はなかなかの迫力。水流中を進んで滝に取り付くこともできるようだが、今回は潔く左岸の台地上の巻き道を利用して越える。(できるだけ濡れずに行く方針です)

アプローチの時は曇っていたがこの頃にはすっかり天気が回復し、開放的な地形と相俟って、非常に快適な遡行となる。まるで真夏の雰囲気だ。このまま雪渓が出てこなかったら・・・なんてことはないか(^^;)

途中、やや細くなっているところで激しい水流を横断できず、右岸の斜面を灌木頼りに巻いた。

大石沢手前で遂に雪渓出現。かなり幅の広い箇所だが、右から左まで大きな雪渓が沢を綺麗に覆っている。ここは左岸の台地上を藪→草付と進んで越えた。越えるとちょうどそこが大石沢出合。本流は3mの滝を懸けて出合っている。

その先は再び快適な遡行となる。水が本当に綺麗だ。結構魚影も見られる。

ゴルジュっぽいところが2箇所ほどあり、1箇所目は浅かったのでそのまま進み、2箇所目は左岸台地上から巻いた。この巻き道はかなりぬかるんでいた。

そして出てくる8m魚留滝。右側がルートらしいが、50mザイルと幕営装を持ってかなりの距離を歩いてきたこともあり、足が疲れていたこと、また水をもろ被りそうだったので、ここは残念ながら右から小さく巻いて越すことにした。巻きは容易。

標高1380m付近で再び雪渓の残骸出現。一瞬「げっ」と思ったが、幸いうまい具合に沢の右半分だけを覆っていたので何の問題も無く通過。

7×15mは左のバンド状を利用。

さて、陽もだんだんと傾いてきたので、二俣で幕営適地を探すことにする。
二俣よりも上流で、本格的に雪渓が沢を埋めている様子が垣間見えた。

右俣の水流際の右岸と左岸に1箇所ずつ適地があったのでこのどちらかにしようかと思ったが、もう周りを調べると左岸に大きな草原(草付?)があったので、より快適そうなこちらでツェルトを張ることにした。

スペースは広いが、平らで水はけのよいところは少なく、何とか見つけた1箇所に張った。なお、草地の外れに水流があり、水はここで得ることが出来た。

さて、明日の予定だが、おそらく遅かれ早かれ雪渓に阻まれるだろう。そうすると、藪を漕いで稜線に上がることとなる。(もちろん引き返して宝川温泉に下山するのも選択肢だがなるべく前進したい。)

そこで、右俣右岸の斜面をよくよく観察すると、テント場からダイレクトに稜線を目指した場合、途中岩場があり場合によっては進退窮まりそうだ。一方、もう少し右側に見える尾根は上部に草原が広がっているように見え、うまくいけばこれを利用できるかもしれない。あとはその場の判断で考えよう。

というところまで考え、夕飯を食べ、眠りに就いた。(前日1時間しか寝てないのでよく眠れた^^;)

5月29日(日)
朝方は風がそれなりに強く、朝のラーメンをつくるときもツェルトがバタバタと揺さぶられていた。

日の出は角度的に見られないが、稜線上部のモルゲンロートが美しい。

今日の行動がなかなか読めないので、5時と早めに行動開始。

案の定、行動を始めるとすぐに雪渓が出現し、行く手を阻む。最初の雪渓は、雪渓の上を歩いて越えることが出来た。

一旦沢床にもどるが、さらにその先に大規模で傾斜の強そうな雪渓が出現。
仮にそれを越えたとして水流が復活する可能性は小さそうなので、ここから左手の藪に取り付き、昨日当たりをつけた場所を目指す。

最初は背丈を越すネマガリダケにときどき灌木や石楠花が混じるような、典型的な上越の藪。100mほど?登ったところ、何やら左手に快適そうな斜面が・・・

そこで左にトラバースすると、ほどなく開けた草原に飛び出した。さらに上を見上げると、やはり稜線付近までこのような斜面が続いているようだ。グッドチョイス!「天国的なナメ」は今回はお預けだが、天国的なナメの代わりとしては悪くない(笑)

結構な傾斜ではあるが、決して登れないほどではなく、藪と草原のコンタクトラインを基本に登っていく。途中から陽が射してきて暑い!

そんなこんなで思ったより早く国境稜線着。ここからジャンクションピークまでは踏み跡を辿る。時に登山道っぽく、時に藪っぽくなるが、いずれにしても単なる藪とは雲泥の差だ。

荷物が重いせいもあり、ジャンクションピーク手前の登りは結構堪えたが、シャクナゲの花にも元気づけられながら登り、ジャンクションピークへ到達=一般登山道と合流。谷川方面の展望や、巻機方面の展望が素晴らしい。

朝日岳からの道は、以前湯檜曽川本谷を遡行した時以来だ。技術的には湯檜曽川本谷の方が当然上だが、今回東黒沢から入渓したことや最後の藪漕ぎが長かったことなどもあり、湯檜曽のときより疲労度は上(^^;

笠ヶ岳、白毛門と順調に進む。心地よい程度の風が吹いている。

白毛門から白毛門沢をのぞき込むが、雪のかけらも見当たらなかった。まあ、日当たりいいもんね。

最後は例によって白毛門の急坂をひたすら下り、土合橋口バス停に帰還した。

ーーーーーーーーーーーーーーー

若干チャレンジングな計画でしたが、雪渓の量は、概ね事前に予想したような感じでした。ナルミズ沢の主な部分は遡行できたので、まあ合格の範疇でしょう。あと一ヶ月もすれば雪渓も綺麗に消え、本格的な遡行適期を迎えるのではと思われます。
今年は長いこと上越の沢が楽しめそうです^^
訪問者数:699人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/5/8
投稿数: 1248
2016/5/30 21:24
 寡雪
orochiさん、こんばんは。

読み通りに雪が少なく、楽しめたみたいですね。
私もorochiさんと同じような読みをしており、今週にでも谷川方面に入渓しようと企んでました。そんな折のレコだったのでとても参考になります。ありがとうございました。

おっしゃるように今シーズンは長い期間楽しめそうですね。今からテンションが上がります
登録日: 2013/3/21
投稿数: 25
2016/5/31 0:51
 Re: 寡雪
yoshi629さん、こんばんは!

この時期に上越に行けるとかなりお得感があります(笑)
ここまで条件の揃う年はそうそうないですよね

今回東黒沢でも複数パーティを見かけましたし、沢をやっている方はやはり皆さん同じようなことを考えられているのでしょうか

少し日当たりの悪い沢にはまだ結構雪渓が残っている印象だったので、沢の選び方が重要になってきそうですね〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ