ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 885419 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走蔵王・面白山・船形山

北蔵王縦走(雁戸山〜名号峰〜熊野岳〜中丸山)

日程 2016年05月28日(土) 〜 2016年05月29日(日)
メンバー Odentosyoshi03, その他メンバー1人
天候5月28日(土):晴れ
5月29日(日):快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
○滑川側:国道286号新山釣堀前の林道を5分程度車で進んだ先にある駐車スペース(4台程度)に駐車。登山者は少ないと思われるが、この時期は山菜採りの方もいるため、この日は満車でした。
○中丸山側:ライザワールド付近の蔵王エコーライン沿いにある駐車スペース(7〜8台)に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間59分
休憩
31分
合計
5時間30分
S滑川コース駐車地点08:4211:28滑川コース分岐11:43蟻の戸渡り11:5612:10雁戸山12:1812:56南雁戸山13:0514:02板小屋跡14:0314:12八方平避難小屋
2日目
山行
6時間24分
休憩
1時間4分
合計
7時間28分
八方平避難小屋06:5608:49名号峰09:1109:42追分(北蔵王縦走路)09:4411:17大高山分岐11:21熊野岳避難小屋11:30蔵王山11:3411:34熊野岳11:35蔵王山11:4111:42熊野岳11:43蔵王山11:4811:48熊野岳11:49蔵王山11:5311:54熊野岳11:5511:56蔵王山11:5912:59中丸山13:0613:53仙人橋14:0314:24蔵王坊平高原ペンションtooCottonG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆全般的に目立った危険箇所はなし。
◆滑川コースには笹藪が多くあるが、途中笹藪からクマの気配(威嚇音)を感じ、3人で笛を鳴らし大声を出しながら進んだ。十分に注意を要する。
◆稜線部を除いて全体的に虫が多い。虫除け対策は必須。
◆雁戸山の蟻ノ戸渡りは補助ロープもあり、慎重に進めば問題ないと思われるが、雨で濡れた場合は特に通行注意。
◆南雁戸山〜熊野岳間は極端に登山者が減るものの(今回の他の登山者とのスライドはなし)、踏み跡はしっかりしていた。ただし、登山道に覆い被さる枝が低い箇所が多く、その都度屈む必要があるため、地味に疲れる。

◇八方平避難小屋について
十分な広さがある上、小屋内中央に炉があり、食事スペースと就寝スペースを分けて使えたこと、トイレがきれいであったこと等もあり、大変快適に利用させていただきました。ありがとうございました。
なお、近くに水場はありませんので、必要分の荷揚げが必要となります。また、当然ながら、利用できる備え付けのマット等も一切ありません。
さらに、樹林帯の中にあるため、直接的な風の影響は受けにくいですが、夜景を見下ろせる等の眺望はありません。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

駐車スペース近くにあった標識、ここからスタート
2016年05月28日 08:34撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車スペース近くにあった標識、ここからスタート
1
しばらくは沢沿いに進んでいく
2016年05月28日 09:26撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは沢沿いに進んでいく
1
まさに古道といった雰囲気
2016年05月28日 09:35撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさに古道といった雰囲気
4
炭小屋関連の跡?
2016年05月28日 10:01撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
炭小屋関連の跡?
名前を教えてもらいましたが失念…
2016年05月28日 09:45撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前を教えてもらいましたが失念…
1
羽化したばかりかな
2016年05月28日 10:10撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
羽化したばかりかな
林の合間から朝日連峰
2016年05月28日 10:31撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林の合間から朝日連峰
2
名前を教えてもらいましたが失念…
2016年05月28日 10:52撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前を教えてもらいましたが失念…
2
ブナ林に変わると稜線は近い
2016年05月28日 11:01撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林に変わると稜線は近い
1
雁戸山が見えてきた
2016年05月28日 11:06撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁戸山が見えてきた
1
右奥に雁戸山(北雁戸)が見えてきた
2016年05月28日 11:31撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右奥に雁戸山(北雁戸)が見えてきた
9
熊野岳、明日はあそこまで行く
2016年05月28日 11:31撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野岳、明日はあそこまで行く
3
前衛を伴っているあたり、神室連峰の火打岳に似ている
2016年05月28日 11:33撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前衛を伴っているあたり、神室連峰の火打岳に似ている
2
シャクナゲが見頃
2016年05月28日 12:02撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲが見頃
4
なかなかの山容
2016年05月28日 12:04撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなかの山容
6
シラネアオイ
2016年05月28日 12:10撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネアオイ
1
雁戸山山頂
2016年05月28日 12:22撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁戸山山頂
2
続いて南雁戸山を目指す
2016年05月28日 12:25撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いて南雁戸山を目指す
2
南雁戸と奥に南蔵王の山並み
2016年05月28日 12:25撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南雁戸と奥に南蔵王の山並み
1
北雁戸に劣らない山容
2016年05月28日 12:29撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北雁戸に劣らない山容
5
南雁戸へは一旦下って登り返す
2016年05月28日 12:41撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南雁戸へは一旦下って登り返す
3
南雁戸と波状雲
2016年05月28日 12:41撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南雁戸と波状雲
3
シラネアオイの道
2016年05月28日 12:51撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネアオイの道
2
雁戸山を振り返る
2016年05月28日 12:58撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁戸山を振り返る
1
眼下に蔵王ダム
2016年05月28日 12:59撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に蔵王ダム
南雁戸もシャクナゲが見事
2016年05月28日 13:06撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南雁戸もシャクナゲが見事
3
山頂手前は特にすごかった
2016年05月28日 13:10撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前は特にすごかった
南雁戸のピーク、左下には八方平小屋が見える
2016年05月28日 13:16撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南雁戸のピーク、左下には八方平小屋が見える
1
南雁戸山山頂
2016年05月28日 13:41撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南雁戸山山頂
2
南雁戸山から雁戸山(左)を振り返る
2016年05月28日 13:29撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南雁戸山から雁戸山(左)を振り返る
2
本日の目的地、八方平小屋、早く冷たいビールが飲みたい(笑)
2016年05月28日 13:43撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の目的地、八方平小屋、早く冷たいビールが飲みたい(笑)
1
熊野岳
2016年05月28日 13:48撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野岳
1
南蔵王の山並み
2016年05月28日 14:00撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南蔵王の山並み
6
八方平避難小屋到着、お世話になります
2016年05月28日 14:21撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方平避難小屋到着、お世話になります
5
当日荷揚げされたばかりの新しいストーブがありました。関係者の皆さま、ご苦労様です
2016年05月28日 14:24撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当日荷揚げされたばかりの新しいストーブがありました。関係者の皆さま、ご苦労様です
2
小屋から眺める夕暮れ間近の熊野岳
2016年05月28日 18:34撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋から眺める夕暮れ間近の熊野岳
3
同じく南雁戸山
2016年05月28日 18:34撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく南雁戸山
2
小屋中央の炉
2016年05月29日 06:57撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋中央の炉
1
広さもあって、快適でした(この日の宿泊利用は我々のみ)
2016年05月29日 06:57撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広さもあって、快適でした(この日の宿泊利用は我々のみ)
2
まずはあの頂を目指す
2016年05月29日 07:00撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずはあの頂を目指す
朝日連峰主稜線
2016年05月29日 07:09撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日連峰主稜線
3
月山
2016年05月29日 07:10撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月山
2
朝日連峰から月山
2016年05月29日 07:10撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日連峰から月山
2
南雁戸山を見上げる
2016年05月29日 07:10撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南雁戸山を見上げる
1
ブナの成長と共に埋まりつつあるコース標識
2016年05月29日 07:39撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの成長と共に埋まりつつあるコース標識
歴史を感じます
2016年05月29日 07:17撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歴史を感じます
2
名号峰まではひたすら樹林帯の中を進む
2016年05月29日 07:50撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名号峰まではひたすら樹林帯の中を進む
2
それでも所々で素晴らしい眺めが楽しめる
2016年05月29日 08:29撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでも所々で素晴らしい眺めが楽しめる
3
縦走路から眺める雁戸山も素晴らしい
2016年05月29日 08:56撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路から眺める雁戸山も素晴らしい
1
相変わらずの朝日、月山の眺め、中央には障子ヶ岳も見える
2016年05月29日 08:57撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらずの朝日、月山の眺め、中央には障子ヶ岳も見える
2
うっすらと鳥海山も
2016年05月29日 08:57撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっすらと鳥海山も
2
中央に発ってきた小屋
2016年05月29日 08:58撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央に発ってきた小屋
1
名号峰山頂
2016年05月29日 09:00撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名号峰山頂
2
名号峰から烏帽子、不忘山、屏風岳などの南蔵王の山並み、蔵王エコーラインも見える
2016年05月29日 09:00撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名号峰から烏帽子、不忘山、屏風岳などの南蔵王の山並み、蔵王エコーラインも見える
2
熊野岳(右)と刈田岳
2016年05月29日 09:15撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野岳(右)と刈田岳
4
月山と(右にうっすらと)鳥海山
2016年05月29日 09:19撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月山と(右にうっすらと)鳥海山
2
不帰ノ滝
2016年05月29日 09:32撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不帰ノ滝
2
名前を教えてもらいましたが失念…
2016年05月29日 09:40撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前を教えてもらいましたが失念…
1
名前を教えてもらいましたが失念…
2016年05月29日 09:41撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前を教えてもらいましたが失念…
1
火口付近は自主規制が継続中
2016年05月29日 09:49撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口付近は自主規制が継続中
1
多くの人が通行していた馬の背登山道も規制エリア内のようなんですが…
2016年05月29日 09:50撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多くの人が通行していた馬の背登山道も規制エリア内のようなんですが…
1
追分から熊野岳
2016年05月29日 09:49撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
追分から熊野岳
1
追分を過ぎると松を見かけるようになって、(写真はいまいちですが)日本庭園の趣
2016年05月29日 10:03撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
追分を過ぎると松を見かけるようになって、(写真はいまいちですが)日本庭園の趣
1
だいぶ近づいてきた
2016年05月29日 10:08撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ近づいてきた
2
名前を教えてもらいましたが失念…
2016年05月29日 10:10撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前を教えてもらいましたが失念…
2
雁戸山と八方平
2016年05月29日 10:20撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁戸山と八方平
2
左に雁戸山、右の平らな山頂が名号峰
2016年05月29日 10:27撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に雁戸山、右の平らな山頂が名号峰
1
雁戸山の山容が素晴らしい
2016年05月29日 10:54撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁戸山の山容が素晴らしい
1
稜線から西進するため、この東側の景色はこれで見納め
2016年05月29日 11:23撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線から西進するため、この東側の景色はこれで見納め
1
稜線に出る、正面に刈田岳
2016年05月29日 11:23撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出る、正面に刈田岳
2
熊野岳の避難小屋
2016年05月29日 11:27撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野岳の避難小屋
1
熊野神社のある山頂を目指す
2016年05月29日 11:32撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野神社のある山頂を目指す
2
地蔵岳方面に月山
2016年05月29日 11:32撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳方面に月山
1
刈田岳から熊野岳へ続く馬の背登山道、今夏避難路が整備・完成するまで自主規制継続中のはずだが、結構人が入っている…
2016年05月29日 11:33撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刈田岳から熊野岳へ続く馬の背登山道、今夏避難路が整備・完成するまで自主規制継続中のはずだが、結構人が入っている…
3
上山市街と朝日連峰
2016年05月29日 11:40撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上山市街と朝日連峰
1
左奥にうっすらと飯豊連峰が見える
2016年05月29日 11:40撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左奥にうっすらと飯豊連峰が見える
1
熊野岳山頂
2016年05月29日 11:43撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野岳山頂
7
斉藤茂吉の歌碑
2016年05月29日 11:40撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斉藤茂吉の歌碑
1
下山は立入規制中の馬の背登山道を避けて中丸山経由ライザスキー場へ
2016年05月29日 12:06撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は立入規制中の馬の背登山道を避けて中丸山経由ライザスキー場へ
2
ワシ岩を振り返る
2016年05月29日 12:31撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワシ岩を振り返る
3
隣は蔵王スキー場、多くの人工物が見える
2016年05月29日 12:48撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隣は蔵王スキー場、多くの人工物が見える
1
南蔵王とエコーライン、道路が近いこともあり車のエンジン音が賑やか
2016年05月29日 13:07撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南蔵王とエコーライン、道路が近いこともあり車のエンジン音が賑やか
2
中丸山山頂から振り返る
2016年05月29日 13:08撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中丸山山頂から振り返る
1
下山先のライザスキー場が見えてきた
2016年05月29日 13:12撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山先のライザスキー場が見えてきた
緑が気持ちの良い登山道
2016年05月29日 13:38撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑が気持ちの良い登山道
不動滝
2016年05月29日 13:47撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動滝
2
仙人橋を渡って登り返す
2016年05月29日 14:02撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人橋を渡って登り返す
2
仙人橋、結構な高度感がある
2016年05月29日 14:04撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人橋、結構な高度感がある
無事下山で終了!
2016年05月29日 14:32撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山で終了!
2

感想/記録

友人に誘われ、八方平避難小屋泊で北蔵王縦走へ出かけてきました。
雁戸山と熊野岳は多くの人で賑わっておりましたが、その間のルートはほぼ他の登山者の方と出会うことはなく静かな山行となりました。
全体的に緩急あり、樹林帯あり、岩場あり、火山帯あり等の表情豊かなルートであり、花一つとってみても微妙に所々で植生が異なるなど、飽きることなく縦走路を堪能することができました。
また、宿泊で利用させていただいた小屋は大変快適で、日が暮れるまでは外で冷えたビールを飲みながら雁戸山や南蔵王の山々を眺めて過ごすなど、下界とは違うゆっくりとした静かな時間を楽しむことができました。ただ、周辺は見通しが悪いため、夜明け近くに登り20分ほどのガレ場まで登り返して夜景やご来光を楽しむ予定でしたが、何分ゆっくりと飲み過ぎたこともあって、翌朝は早起きすることができずに、これを実行できなかったことだけが心残りです(笑)
このルートで泊まりの場合は、水を含め一通りの食料&装備の荷揚げを要することとなりますが、一泊すればかなり余裕のある行程を組めるため、ゆっくりとした縦走を楽しみたい方にはオススメです!

[16.6.5登録]
訪問者数:436人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/12
投稿数: 894
2016/6/5 20:01
 お疲れさまでした❗
Odentosさん。こんばんは😃🌃
お友達との小屋泊まり山行、羨ましいです❗
ご来光を見逃したのは、残念でしたが、お酒をたっぷり飲んで楽しめたから、仕方ないですね、(笑)
お花の名前間違っていたら、ご免なさい。No.5サラサドウダン、No.8ツバメオモト、No.58サンカヨウ、No.59オオカメノキ、No.65ミネズオウだと思います。(^-^)
先日、神室山に行って来ましたが、本当に、いい山ですね。また、行きたいと思いました🎵
登録日: 2013/4/28
投稿数: 1801
2016/6/5 20:15
 変化のある稜線
Odentosさん、こんばんは。
ご無沙汰しています。
お仕事、お忙しいのでしょうか・・・

北蔵王の峰々・・・・なかなかいい感じですね。
確かに・・・変化があって縦走も楽しそうです。
何より静かに山を歩けることがいいですね。

雁戸や蔵王はどうしても人の印象がありますが・・・
このコースは歩いてみたくなりますよ。
山はやっぱり静かに楽しみたいものです。

ご苦労様でした。
登録日: 2014/3/10
投稿数: 99
2016/6/5 23:00
 お花の名前
FUKUSIMAさん、こんばんは。
コメントいただきありがとうございます。
お花の名前もフォローいただきありがとうございます
FUKUSIMAさんは自らのレコでも良くお花を紹介されていますが、ずいぶんとお詳しいのですね
それだけお花に詳しいと特に今の時期は楽しみが多くて良いですね。羨ましい限りです。
私はなかなか覚えられず、難儀していますが、少しずつ学習していきたいと思います(笑)
神室遠征、遠いところお疲れさまでした。次回は是非小屋泊まりで楽しんでみてください。ソロでしたら、土内口を起終点にした周回コースがオススメですよ
登録日: 2014/3/10
投稿数: 99
2016/6/5 23:22
 静かな山行
750RSさん、こんばんは。
コメントいただきありがとうございます。
はい、最近出張やら何やらで仕事が忙しかったこともあり、ヤマレコへのアクセスも途切れ途切れとなっておりました…。先週の山行もようやく本日アップできた次第です
おっしゃるとおり、雁戸山や熊野岳はアクセスが良いこともあり、登山者が多いですよね。特に刈田岳、熊野岳、地蔵岳になると、すぐ近くまでスキー場のゴンドラ等も稼働していますので、普通?の観光客も混じってきますし。それにエコーラインがすぐ近くを通っていますので、山の中を歩いていても、終始車やバイクのエンジン音が聞こえてきます
何となく登山の敷居が低く、高山を間近に感じられるという点では良いのでしょうが、善し悪しは別にして、他の山域のそれとはまた少し違うイメージですね
その中にあって、今回のルート中、雁戸山〜名号峰間はいかにも東北の山っぽい、静かな山行が楽しめるルートでした。歩いていて思わず神室が恋しくなりました(笑)
しかし、静かな山域では(今シーズンは特に)クマが怖いですね。今回も途中気配を感じることがありましたが、気をつけたいものです

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ