ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 885760 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

日本コバ

日程 2016年05月29日(日) [日帰り]
メンバー TrailJoy
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
如来堂登山口付近に駐車スペース
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.6〜1.7(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち52%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
如来堂登山口に登山ポスト
藤川谷コース:キレット、ガレ場あり
政所川西コース:普通の山道です
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 レジャーシート 予備電池 GPS 筆記用具 常備薬 携帯 タオル ストック カメラ

写真

県道沿いに登山口。この階段を上がった所に登山ポストがあります。
2016年05月29日 08:24撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道沿いに登山口。この階段を上がった所に登山ポストがあります。
3
少し歩くと苔のじゅうたんが敷き詰められた神社が。春日神社でした。
2016年05月29日 08:38撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し歩くと苔のじゅうたんが敷き詰められた神社が。春日神社でした。
2
藤川谷登山道は小さな沢の渡渉が何度もありますが、本流を3回だけ渡ります。ここが一番厳しく水量が多いと渡渉困難になりそうです。
2016年05月29日 08:42撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤川谷登山道は小さな沢の渡渉が何度もありますが、本流を3回だけ渡ります。ここが一番厳しく水量が多いと渡渉困難になりそうです。
1
目指す日本コバに月が沈むところです。空が青い。
2016年05月29日 08:52撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す日本コバに月が沈むところです。空が青い。
2
実は事前に過去の山行記録を読んで何故が皆さん政所から反時計回りに登っておられると錯覚し、自分もそのルートをたどっていると思いこんでいて、この辺りで藤川谷コースで登っていることに気づいた次第。
2016年05月29日 09:12撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実は事前に過去の山行記録を読んで何故が皆さん政所から反時計回りに登っておられると錯覚し、自分もそのルートをたどっていると思いこんでいて、この辺りで藤川谷コースで登っていることに気づいた次第。
2
ずっと川に沿って何度も岩場、沢の渡渉を繰り返します。2度目の本流の渡渉。
2016年05月29日 09:17撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと川に沿って何度も岩場、沢の渡渉を繰り返します。2度目の本流の渡渉。
2
200mおきに位置情報板が設置されているので道迷いはしません。
2016年05月29日 09:40撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
200mおきに位置情報板が設置されているので道迷いはしません。
3
まな板の上を流れるような滝。ここで3度目の本流渡渉。
2016年05月29日 10:02撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まな板の上を流れるような滝。ここで3度目の本流渡渉。
1
ゆるい崩落個所がガレ場になっている所を通り抜けます。落石注意。
2016年05月29日 10:19撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆるい崩落個所がガレ場になっている所を通り抜けます。落石注意。
1
キレットを右に巻いて登ります。
2016年05月29日 10:26撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットを右に巻いて登ります。
1
キレット上半分はやや傾斜があり、ロープをつかむより岩に手をかけてよじ登ったほうが簡単です。
2016年05月29日 10:29撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット上半分はやや傾斜があり、ロープをつかむより岩に手をかけてよじ登ったほうが簡単です。
1
政所川西登山道との出会いポイント。
2016年05月29日 10:49撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
政所川西登山道との出会いポイント。
1
出会いから少し下がって最後の渡渉を過ぎると緑の森の斜面をだらだら上がって行きます。
2016年05月29日 12:14撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出会いから少し下がって最後の渡渉を過ぎると緑の森の斜面をだらだら上がって行きます。
2
頂上に到着。
2016年05月29日 11:24撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上に到着。
6
頂上は開けてはいますが、ご覧のように周囲ぐるりと樹木が生い茂って水平線方向に展望はありません。
2016年05月29日 11:23撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上は開けてはいますが、ご覧のように周囲ぐるりと樹木が生い茂って水平線方向に展望はありません。
1
藤川谷登山道と政所川西登山道の出会い付近から東に展望が少し開けていました。竜ヶ岳と思われます。 拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す 藤川谷登山道と政所川西登山道の出会い付近から東に展望が少し開けていました。竜ヶ岳と思われます。
3
政所川西登山道は前半は緩やかに上がったり下がったり、後半は一気に斜面を九十九折に下って行きます。途中、衣掛山を通過。
2016年05月29日 12:45撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
政所川西登山道は前半は緩やかに上がったり下がったり、後半は一気に斜面を九十九折に下って行きます。途中、衣掛山を通過。
1
途中、所々で見かけた白い花。アセビと思っていたが、近くで見ると違う花でした。
2016年05月29日 13:42撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、所々で見かけた白い花。アセビと思っていたが、近くで見ると違う花でした。
1
政所登山口に出ました。この後は舗装された林道を歩いて駐車地に戻ります。
2016年05月29日 14:09撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
政所登山口に出ました。この後は舗装された林道を歩いて駐車地に戻ります。
1
駐車地に戻りました。駐車地の後ろは透明度の愛知川、対岸は永源寺キャンプ場です。
2016年05月29日 14:26撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車地に戻りました。駐車地の後ろは透明度の愛知川、対岸は永源寺キャンプ場です。
3
撮影機材:

感想/記録

前日まで紀伊山地のほうへ行くつもりだったのだが、天気予報で南のほうから崩れてくるということだったので、少し北の鈴鹿裏側で前から気になっていた名前の日本コバに行ってきた。全行程中ほぼ森の中で頂上も含め展望が全くなく、展望の良い鈴鹿の山にしてはそこは残念な山行となった。駐車スペースに到着した時点で先客が3台だったが、山中で出会った人は1組のお二人だけでほぼ貸切の山行となった。政所川西登山道は普通の山道で特に特徴はなかった。藤川谷登山道は渡渉を繰り返し、キレットがあったりと変化に富んでまずまず楽しめたが、岩屋という名所に気づかず通り過ぎてしまったのが悔やまれる。
訪問者数:470人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ