ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 885768 全員に公開 山滑走日高山脈

伏美・ピパイロ サマースキー

日程 2016年05月29日(日) [日帰り]
メンバー DELTAFOX
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち97%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間42分
休憩
30分
合計
10時間12分
S伏美岳登山口04:0706:26伏美岳06:3308:47ピパイロ岳09:0312:18伏美岳12:2514:19伏美岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
藪漕ぎをうまく避けられれば1時間の短縮は可能。
コース状況/
危険箇所等
1200付近から残雪
早朝は気温プラスだったが、雪は固い。
斜度は30度を超えるところが多く、スキー歩行よりツボ足の方が早い。
稜線上は6〜7割夏道をいける。シートラ藪漕ぎは地獄。

装備

個人装備 スキー シール(不要) スキーアイゼン(不要) 登山靴 ストック

写真

ピパイロ岳登頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピパイロ岳登頂
9
北日高の山並み
遠くに大雪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北日高の山並み
遠くに大雪
4
快晴無風地帯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴無風地帯
2
ピパイロ東面滑走。
300メートル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピパイロ東面滑走。
300メートル。
5
稜線上は残雪を繋ぎつつ。時に藪漕ぎをして。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上は残雪を繋ぎつつ。時に藪漕ぎをして。
2
膝を痛める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
膝を痛める。
1

感想/記録

サマースキー。それは、残雪の山で残雪を滑る、北海道の遊び方。

毎年、大雪でサマースキーを行っていたが今年は日高山脈で滑り納めとした。
温泉はないけど、最後の残雪を独り占めできるロマン派スキーである。

前日に、伏美岳避難小屋に泊まる。静かに読書でもして過ごすつもりだったが、釧路から来た山岳会の方に美味しい鍋とお酒のご馳走をいただいた。ありがとうございます。

4時に登山口を発。最初の1時間は夏道を登る。刈払いが行き届いているので、スキーが引っかからないで快適だ。残雪が現れて、ブーツに履き替える。雪が固くてシールでは登りづらく、すぐにツボ足に切り替えた。
伏美岳登頂。昨晩降った雨は、稜線上では雪だったようで、ところどころ白い。雪がまだ固いのでゆっくり慎重に稜線を歩き、ピパイロまで。時間はやや遅れ気味。

ピパイロ登頂。幌尻方面、カムエク方面まで見渡せる。ぜひもう一度、北日高の稜線を歩きテン泊したい。さて、お楽しみのスキーである。コンタ差300。豪快に滑り落ちる。新雪がストッピーだが気にしない。沢が深くなる手前まで。
滑り納めにはやや物足りない長さだが、それも日高ならではか、先週にガス欠で来れなかったことを後悔。でも満足。

その後、稜線を巻くようにトラバースして伏美まで戻るが、うまく雪をつなげずに何度か藪を登り返す。これが地獄のようだった。顔にペチペチ当たるとストレスであった。これもこれで日高山脈か。

伏美岳から300ほど滑り、夏道で登山靴に履き直し一気に下山。
温泉は忠類ナウマン温泉。



訪問者数:464人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 避難小屋 藪漕ぎ テン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ