ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 885902 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

ゆっくり英彦山周回

日程 2016年05月28日(土) [日帰り]
メンバー poppochan
天候曇り時々小雨
アクセス
利用交通機関
電車バス、
南港〜新門司港は名門太平フェリー利用 送迎バスにてJR小倉駅
小倉から日田彦山線にて彦山駅 (彦山駅行き本数少ないので注意。)
彦山駅から添田町バスにて神宮下バス停
添田町バスは電車到着時間に合わせて土日祝は彦山駅⇔豊前坊間は1日3便、彦山駅⇔神宮下は1便運行。料金は200円から300円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間9分
休憩
1時間22分
合計
6時間31分
Sスタート地点09:2009:37奉幣殿 水場10:26玉屋神社10:3311:48英彦山の鬼杉12:0512:28材木石12:3013:18英彦山13:2513:24英彦山中岳14:0514:28英彦山北岳14:3015:16望雲台15:1715:40豊前坊・高住神社15:4515:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
神宮下ー奉幣殿ー玉屋神社ー大南神社ー鬼杉―材木岩ー英彦山南岳ー英彦山中岳ー英彦山北岳ー豊前坊・高住神社
コース状況/
危険箇所等
晴れていると問題ないですが、今回のような天候の場合、霧が発生しやすい英彦山では視界が悪いので要注意。岩場、石段、木の根等濡れている場合はかなり滑り易いのでこの点も要注意。
その他周辺情報今回利用したコース上では、神宮下バス停と高住神社に、中岳にはバイオトイレが設置されています。
しゃくなげ荘の温泉は日帰り利用出来ます。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

ローカルな彦山駅。駅舎の横にトイレが有ります。
日田彦山線は2両編成のローカル列車です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ローカルな彦山駅。駅舎の横にトイレが有ります。
日田彦山線は2両編成のローカル列車です。
1
神宮下バス停。
今日はここからスタート。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神宮下バス停。
今日はここからスタート。
バス停から道なりに進み左の舗装道を進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停から道なりに進み左の舗装道を進みます。
バス停は別所駐車場の方です。銅の鳥居からの正面参道に合流します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停は別所駐車場の方です。銅の鳥居からの正面参道に合流します。
ここから英彦山神宮までは、正面参道の長〜い石段を只管登ります。
今日は濡れていて、この石段が滑ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから英彦山神宮までは、正面参道の長〜い石段を只管登ります。
今日は濡れていて、この石段が滑ります。
英彦山神宮到着、今日の安全祈願を済ませ、右の石段を行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
英彦山神宮到着、今日の安全祈願を済ませ、右の石段を行きます。
登り切った所に、道標が有ります。
玉屋神社の方に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切った所に、道標が有ります。
玉屋神社の方に進みます。
1
石柱の左を行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石柱の左を行きます。
登山道の始まりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の始まりです。
初めはこんな感じの登山道です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めはこんな感じの登山道です。
分岐の道標。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐の道標。
分岐は、取合えず真っ直ぐ進み、玉屋神社を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐は、取合えず真っ直ぐ進み、玉屋神社を目指します。
苔生した倒木が多いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔生した倒木が多いです。
少し展望が・・・ガスってますが・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し展望が・・・ガスってますが・・・。
1
登山道にも大きな倒木が・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道にも大きな倒木が・・・
アップダウンを繰返しながら、今日の目的ゞ眠或声凖着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンを繰返しながら、今日の目的ゞ眠或声凖着。
般若岩の説明。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
般若岩の説明。
1
三霊水、今日は殆ど流れていませんでした。
飲んでません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三霊水、今日は殆ど流れていませんでした。
飲んでません。
玉屋神社全景。
岩は大きすぎて納まりません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉屋神社全景。
岩は大きすぎて納まりません。
玉屋神社からの展望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉屋神社からの展望。
玉屋神社から下ります。
ここからも、アップダウンの繰返しです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉屋神社から下ります。
ここからも、アップダウンの繰返しです。
道標に従い鬼杉へ進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標に従い鬼杉へ進みます。
ジャケツイバラが満開のちょっとした広場に出会います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャケツイバラが満開のちょっとした広場に出会います。
1
岩の上に祀られていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の上に祀られていました。
結構荒れた沢道です。
目印はほぼ有りません。
ここから左へ未整備ルート経由で鬼杉ルートに入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構荒れた沢道です。
目印はほぼ有りません。
ここから左へ未整備ルート経由で鬼杉ルートに入ります。
花で飾られた倒木の門を潜ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花で飾られた倒木の門を潜ります。
倒木を跨いだり潜ったりしながら、
不明瞭な所を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木を跨いだり潜ったりしながら、
不明瞭な所を登ります。
中央の石段を登り左へ進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央の石段を登り左へ進みます。
衣笠池の側に四王寺滝ルートへの入口が有ります。
氷瀑が綺麗だそうです。
今日は行きませんが、何時か・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
衣笠池の側に四王寺滝ルートへの入口が有ります。
氷瀑が綺麗だそうです。
今日は行きませんが、何時か・・・。
倒木だらけですが、道は明確です。
石段が崩落した様な急坂の登りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木だらけですが、道は明確です。
石段が崩落した様な急坂の登りです。
三呼峠です。
ここからは急坂の下りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三呼峠です。
ここからは急坂の下りです。
分岐に到着。
大南神社へ行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐に到着。
大南神社へ行きます。
鎖は新しそうです。
岩の階段、今日は濡れているので滑ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖は新しそうです。
岩の階段、今日は濡れているので滑ります。
ここも滑ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも滑ります。
中央を下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央を下ります。
鎖に沿ってさらに下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖に沿ってさらに下ります。
目的大南神社です。
だんだん日本三大修験道の山らしい雰囲気になってきたような・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目的大南神社です。
だんだん日本三大修験道の山らしい雰囲気になってきたような・・・
1
向かいの岩場に説明版が有りました。
新しいです。
ここまでの道中は、鹿に会っただけです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かいの岩場に説明版が有りました。
新しいです。
ここまでの道中は、鹿に会っただけです。
さらに木梯子を下って悪道を進むと、
目的5歓到着です。
今日は、ここで初めて登山者2人に会いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに木梯子を下って悪道を進むと、
目的5歓到着です。
今日は、ここで初めて登山者2人に会いました。
凄く背の高い杉です。
樹齢1200年だそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凄く背の高い杉です。
樹齢1200年だそうです。
岩が多くなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩が多くなります。
1
大岩がゴロゴロした歩き難い急登が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩がゴロゴロした歩き難い急登が続きます。
新緑が綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑が綺麗です。
途中にある奇岩群、材木岩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中にある奇岩群、材木岩。
ここを登って右へ、左は断崖です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを登って右へ、左は断崖です。
ザレ場を登って右の岩を登ります。左は断崖。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレ場を登って右の岩を登ります。左は断崖。
1
登った所です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登った所です。
下る人を待って、ここを登ります。
登りは鎖を使わなくても大丈夫です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下る人を待って、ここを登ります。
登りは鎖を使わなくても大丈夫です。
1
2つ目の鎖場です。
ここも、登りは鎖を利用しなくても大丈夫です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目の鎖場です。
ここも、登りは鎖を利用しなくても大丈夫です。
かなり長くて急です。
各々岩が大きいので、ちょっと大変でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり長くて急です。
各々岩が大きいので、ちょっと大変でした。
濡れているので油断すると滑ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濡れているので油断すると滑ります。
1
南岳まであと100mです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳まであと100mです。
南岳山頂への最後の鎖場です。
ここで韓国からのツアー40名に遭遇。
この鎖場が一番大変でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳山頂への最後の鎖場です。
ここで韓国からのツアー40名に遭遇。
この鎖場が一番大変でした。
一番標高が高い南岳1199.6m山頂到着。
霧が深くなってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番標高が高い南岳1199.6m山頂到着。
霧が深くなってきました。
三角点です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点です。
一旦急坂を下り登り返すと10分程で中岳1188mに到着です。
英彦山神宮(上宮)が有る所です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦急坂を下り登り返すと10分程で中岳1188mに到着です。
英彦山神宮(上宮)が有る所です。
霧が深く何も見えなくなってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧が深く何も見えなくなってきました。
前を行く2人を見失わないように進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前を行く2人を見失わないように進みます。
1
歩き難い大岩の急坂が続きます。
小雨も降っているので滑らないようにゆっくり下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き難い大岩の急坂が続きます。
小雨も降っているので滑らないようにゆっくり下ります。
赤い矢印が有ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤い矢印が有ります。
やっと岩場の急坂が終わり、ちょっとほっと出来る所です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと岩場の急坂が終わり、ちょっとほっと出来る所です。
北岳1192m山頂です。
聖域なのでここは入れません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳1192m山頂です。
聖域なのでここは入れません。
1
北岳からの下りもまた、滑り易く歩き難い急坂が続きます。
所々に補助ロープが設置されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳からの下りもまた、滑り易く歩き難い急坂が続きます。
所々に補助ロープが設置されています。
この岩は今日はロープがなければ滑ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩は今日はロープがなければ滑ります。
ここを注意して下ると・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを注意して下ると・・・
急に立派な階段に・・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急に立派な階段に・・・。
で、また直ぐにこんな登山道に・・・、
ここから下山口までずっーと石ゴロの急坂でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、また直ぐにこんな登山道に・・・、
ここから下山口までずっーと石ゴロの急坂でした
カメラも曇ってます。
下って来た道を振り返って撮りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カメラも曇ってます。
下って来た道を振り返って撮りました。
望雲台は、行く予定にしていた所ですが、
この天気では展望無なので今回はパス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
望雲台は、行く予定にしていた所ですが、
この天気では展望無なので今回はパス。
大木ではありません。
岩です。
逆鉾岩です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大木ではありません。
岩です。
逆鉾岩です。
1
奇岩の説明版。
この辺りから、沢の渡渉や堰堤の高巻が有ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奇岩の説明版。
この辺りから、沢の渡渉や堰堤の高巻が有ります。
カメラのレンズ拭いても直ぐ曇ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カメラのレンズ拭いても直ぐ曇ります。
何か綺麗で、ほっとします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何か綺麗で、ほっとします。
1
無事登山口に出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事登山口に出ました。
高住神社到着です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高住神社到着です。
拝殿の右横『豊前坊龍神』と書かれた鳥居を潜ると、小さな祠と水神王 御神水が有ります。
看板には『大天狗の霊水』と書かれています。『日本三代霊水』の一つです。冷たくて美味しかったので2杯も飲んじゃいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
拝殿の右横『豊前坊龍神』と書かれた鳥居を潜ると、小さな祠と水神王 御神水が有ります。
看板には『大天狗の霊水』と書かれています。『日本三代霊水』の一つです。冷たくて美味しかったので2杯も飲んじゃいました。
高住神社豊前坊拝殿。巨大な岩山にめりこんだような造りです。
お話好きのお姉さん?がいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高住神社豊前坊拝殿。巨大な岩山にめりこんだような造りです。
お話好きのお姉さん?がいます。
1
高住神社への参道。
一番奥がご神木の天狗杉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高住神社への参道。
一番奥がご神木の天狗杉。
オオヤマレンゲです。
英彦山の代表的な花の一つです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオヤマレンゲです。
英彦山の代表的な花の一つです。
2

感想/記録

久し振りのソロ登山です。行先はちょっと遠出して福岡県の英彦山です。
残念ながら、昨年同様今年も天候に恵まれませんでした。
スタート時点で雨が止んでいたので、今回は思い切って予定通り周回する事にしました。一人なのでかなりゆっくりペースであるきましたが、ほぼ計画通りのコース歩けて良かったです。なかなか変化に富んで面白いコースでした。天気が良ければきっともっと気軽に楽しめると思います。下山時は、霧が深くなり視界も無くなった上、雨風でかなり冷えこんできたので一番行きたかった望雲台はパス、次回のお楽しみとなりました。
英彦山は、公共の交通手段を利用して一人でも気楽に行けるので、また何度でも行きたいと思います。
訪問者数:198人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ