ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 885969 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走関東

玄倉から棚沢ノ頭尾根を経て蛭が岳☆静寂コースを堪能

日程 2016年05月29日(日) [日帰り]
メンバー climbracer
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
新松田駅からバスで玄倉へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険個所なし。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

スタート地点の玄倉バス停。土産屋があり、飲食物の補給ができます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート地点の玄倉バス停。土産屋があり、飲食物の補給ができます。
丹沢湖。人造湖ながら、美しい景観。神奈川の景勝50選にも選ばれているようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢湖。人造湖ながら、美しい景観。神奈川の景勝50選にも選ばれているようです。
1
玄倉川。プチ上高地に来た気分。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄倉川。プチ上高地に来た気分。
新青崩隧道。ここはライトがあった方が良い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新青崩隧道。ここはライトがあった方が良い。
渓相もよろしいようで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓相もよろしいようで。
1
これが噂のユーシンブルー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが噂のユーシンブルー。
2
ユーシンロッジ。現在、休業中。再開のメドは立っていないようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーシンロッジ。現在、休業中。再開のメドは立っていないようです。
熊木沢出合。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊木沢出合。
熊木沢の出合。箒杉沢にかかった橋。崩落して渡れないかと思ったが、近づくと脚立が立てかけてあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊木沢の出合。箒杉沢にかかった橋。崩落して渡れないかと思ったが、近づくと脚立が立てかけてあった。
1
棚沢ノ頭尾根の取り付き。標識はないが、踏み跡があり、尾根をたどるだけなので迷うことはない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棚沢ノ頭尾根の取り付き。標識はないが、踏み跡があり、尾根をたどるだけなので迷うことはない。
1
一応、コンパスで進行方向が間違っていないことを確認。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一応、コンパスで進行方向が間違っていないことを確認。
写真ではわかりづらいが、結構急登です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真ではわかりづらいが、結構急登です。
弁当沢ノ頭付近。ブナ林に癒されます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁当沢ノ頭付近。ブナ林に癒されます。
黄色の花畑。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色の花畑。
ジシバリで合っていますか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジシバリで合っていますか?
1
ミツバツツジ登場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ登場。
高度を上げていくと、蛭ヶ岳が姿を現しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度を上げていくと、蛭ヶ岳が姿を現しました。
1
さらに高度を上げるとシロヤシオも登場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに高度を上げるとシロヤシオも登場。
1
ミツバツツジ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ。
もうすぐ棚沢ノ頭。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ棚沢ノ頭。
ミツバツツジとシロヤシオ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツツジとシロヤシオ。
この日は富士山はほとんど雲の中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は富士山はほとんど雲の中。
1
棚沢ノ頭から蛭ヶ岳へ向かう途中。シロヤシオの群生。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棚沢ノ頭から蛭ヶ岳へ向かう途中。シロヤシオの群生。
1
蛭ヶ岳山頂とシロヤシオ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山頂とシロヤシオ。
シロヤシオは、本州から四国にかけて太平洋側の山地に生息するツツジ科ツツジ属の落葉樹だそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオは、本州から四国にかけて太平洋側の山地に生息するツツジ科ツツジ属の落葉樹だそうです。
1
蛭ヶ岳山頂。ここからは丹沢山、塔ノ岳を経て大倉に下りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山頂。ここからは丹沢山、塔ノ岳を経て大倉に下りました。
3

感想/記録

玄倉からユーシンを経て、熊木沢から棚沢ノ頭尾根経由で蛭ヶ岳へ行ってきた。
主目的は、玄倉からアプローチして丹沢山塊の稜線に到達すること。
副次的には、ユーシンブルーをこの目で見ること、休業となったユーシンロッジの偵察、そして棚沢ノ頭尾根の経験といったところ。
玄倉川水系は、塔ノ岳〜丹沢山〜蛭ヶ岳〜檜洞丸(いわゆる丹沢主脈から主稜)の稜線から形成される水系だけにスケールが大きい。
稜線上からこの水系を眺めるたびにいつか行ってみたいと思っていた。

玄倉からユーシンロッジまでは、玄倉川に沿っての林道歩き。多くのハイカーさんが訪れていた。おそらく、ユーシンブルーが目的なのだろう。
ユーシンロッジでも多くの方が休息されていた。数年前から閉鎖中であるが、今のところ再開のメドは立っていないようだ。
ユーシンロッジを過ぎると、ハイカーさんはほとんどいなくなった。熊木沢出合で二人組とすれ違っただけだった。

棚沢ノ頭尾根の取り付きは、少しわかりずらい。
まず、熊木沢出合に標識があるが、塔ノ岳方面しか示されていない。ここで左手方向、沢に下る方向に進む。箒杉沢が現れ、橋がかかっているが、近づくと橋が崩落して渡ることができない。ここでまた迷ってしまうが、迂回して河原から橋に近づくと、橋に脚立が立てかけてあった。ここから橋に上がることができるのだった。

橋を渡ってしまえば、棚沢ノ頭への取り付きは明瞭。踏み跡があり、比較的狭い尾根の稜線なので間違えることはなさそうである。念のため、地図とコンパスで進行方向が誤っていないことを確認した。
あとはひたすら尾根上をたどって行けばよい。天気の良く、絶好のハイキング日和だったが、すれ違ったのは一組の初老の夫婦だけだった。大倉尾根の喧騒とは大違いである。

急登に喘ぎながら弁当沢ノ頭に近づくと、いつの間にかブナ林に林相が変わっていた。さらに進むと、お花畑も出現。入山者が少ないためか、足の踏み場もないほど咲き乱れているところもあった。
稜線に近づいてくると、赤い花をつけたミツバツツジや白い花のシロヤシオも満開の時季を迎えていた。花を見に来たわけではなかったので、ちょっと得した気分だった。

今回は、ルート探索が主目的であったが、想定外の植物観賞の旅となった。
山の周辺知識を深める良いきっかけになったかもしれない。
訪問者数:225人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ