ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 885998 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

南木曽岳

日程 2016年05月30日(月) [日帰り]
メンバー montebianco
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
妻籠宿または馬篭宿行きのバスに乗れば歩いて登山口まで行けてしまう距離だと思います。登山口の駐車場は2段に分かれてあります。週末でも満車になる事は無いと思いますが、、、?
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間0分
休憩
0分
合計
5時間0分
Sスタート地点07:0012:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ここでは山頂までの記録とします。
コース状況/
危険箇所等
登山道の整備は行き届き過ぎ!過剰なくらい。
その他周辺情報あららぎ温泉¥550でした。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

下の駐車場に3台ほど停まってました。
2016年05月29日 12:25撮影 by iPhone 5c, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の駐車場に3台ほど停まってました。
登山口にある避難小屋。冬のアタックには便利?
2016年05月29日 07:31撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口にある避難小屋。冬のアタックには便利?
金時の産湯だそう。金時って金太郎のことかな?
2016年05月29日 07:46撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金時の産湯だそう。金時って金太郎のことかな?
で、これが金ちゃんのおうち?
2016年05月29日 08:09撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、これが金ちゃんのおうち?
1
高野槇林とはなんぞや?ようは植林なん?
2016年05月29日 08:32撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高野槇林とはなんぞや?ようは植林なん?
階段だらけ!
2016年05月29日 08:40撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段だらけ!
恵那山。行くことはまずないと思われます(笑)
2016年05月29日 08:51撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恵那山。行くことはまずないと思われます(笑)
2
こんなんがいっぱいでした。
2016年05月29日 18:11撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなんがいっぱいでした。
兜岩。花崗岩がむき出しになったところがあちこちに。
2016年05月30日 13:07撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兜岩。花崗岩がむき出しになったところがあちこちに。
山頂(^_^)にべもない。
2016年05月29日 09:28撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂(^_^)にべもない。

感想/記録

木曽三山の1つ南木曽岳。
5時間くらいで周遊できてしまうお手軽登山ですが、見どころは以外に多くたのしめます。
それにしても登山道の整備の良さったら過剰なくらい。修験の山ならそれらしく昔のままの面影を残しておいても良かったのではないでしょうか?
親切、丁寧、、、確かに中高年登山者が増え「危険はすべて取り除いておきたい」って思いもあるのでしょうが、やっぱり最後は自己責任。
甘やかし過ぎは登山者が「これが当たり前」と誤解を生みます。
そんな登山者が春のアルプスに向かって遭難騒ぎを起こす要因になってるような気がしますが、、、。
ハシゴも鎖も無くても登れるはずです。登れないような人達は来なくて結構!と突っぱねる事も必要でしょう。
ただでさえ現代は登山口までクルマで入れるんですから。それだけで充分便利じゃないですか?
山頂より先が面白かったんですがそれはブログに記載する事にしました。
訪問者数:320人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

避難小屋 花崗岩 遭難
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ