ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 886270 全員に公開 ハイキング支笏・洞爺

【道央】恵庭岳

日程 2016年05月30日(月) [日帰り]
メンバー aaa930
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間52分
休憩
7分
合計
3時間59分
S登山口(駐車場)11:3313:241200m地点13:3115:32登山口(駐車場)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 2年前の大雨と土砂災害により、昨年の同時期は登山口が土砂により塞がれていたが、現在は治山工事がすすみ、新しい防砂提ができ、登山口は駐車スペースが広くなっている(普通車約5〜6台)。
 登山口から5合目程度までは土砂災害の影響で倒木が多く、頭上に注意が必要。
 登山道は整備されつつあるが部分的にわかりにくい。ピンクテープを見失わないように登っていけば迷うことはないと思われる。
 山頂は、封鎖されており、手前の1200m地点までの登山となる。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

備考  ガレ場が多く四肢を使った登山となる。手袋は必須。

写真

【写真01】国道453号線(札幌方面)から見た登山口の看板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【写真01】国道453号線(札幌方面)から見た登山口の看板
【写真02】治山工事で広くなった駐車場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【写真02】治山工事で広くなった駐車場
【写真03】立入禁止のバリケード。登山口はこの先
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【写真03】立入禁止のバリケード。登山口はこの先
【写真04】破壊された旧防砂提
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【写真04】破壊された旧防砂提
【写真05】工事用の道路を進んでいくと入山届のポストが見えてくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【写真05】工事用の道路を進んでいくと入山届のポストが見えてくる。
【写真06】新しい防砂提。登山口から数えて2番目
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【写真06】新しい防砂提。登山口から数えて2番目
【写真07】新しい防砂提。登山口から数えて3番目。防砂提自体が登山道となっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【写真07】新しい防砂提。登山口から数えて3番目。防砂提自体が登山道となっている。
【写真08】写真07の防砂提を抜けると大量の土砂がある。この段差を超えると登山道が見えてくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【写真08】写真07の防砂提を抜けると大量の土砂がある。この段差を超えると登山道が見えてくる。
1
【写真09】写真08の段差を超えた先にある大岩。高さ約3m。下を頼りなさそうな木の棒が支えている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【写真09】写真08の段差を超えた先にある大岩。高さ約3m。下を頼りなさそうな木の棒が支えている。
1
【写真10】登山入口の案内板。倒れきっていない倒木が頭上を覆っているので要注意
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【写真10】登山入口の案内板。倒れきっていない倒木が頭上を覆っているので要注意
1
【写真11】登り専用の登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【写真11】登り専用の登山道
【写真12】登山としては最高点。山頂からもってきたのか標高が設置個所とずれている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【写真12】登山としては最高点。山頂からもってきたのか標高が設置個所とずれている。
1
【写真13】山頂へ続く道。現在は封鎖され利用されていない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【写真13】山頂へ続く道。現在は封鎖され利用されていない。
2
【写真14】天候は霧。支笏湖は見えず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【写真14】天候は霧。支笏湖は見えず。
【写真15】下り専用の登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【写真15】下り専用の登山道
【参考01】2015年4月30日の恵庭岳登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【参考01】2015年4月30日の恵庭岳登山口

感想/記録
by aaa930

 約4年ぶりの登山。
 一昨年の土砂災害から復旧した恵庭岳を登った。

 登山口から5合目あたりまでは倒木が多く、頭上に注意するとともに登山道を見失わないように注意する必要がある。
 5合目より上は、岩場が多く、浮き石も多いため足場には注意が必要。
 山頂手前の登りと下りが分かれている道は荒廃進んでおり、非常に滑りやすい。ロープは新旧混在しているため使用する前に体重をかけて十分に耐えられるかを点検したほうが良い。

 登り下りで約4時間。その間の休憩は1200m地点で5分ほど。
 手頃に登山が楽しめる比較的優しい山であるが、十分な装備が必要。
 天候にも恵まれ、久しぶりの登山としてのリハビリとしては丁度いい山だった。
訪問者数:210人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

浮き石 倒木
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ