ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 886309 全員に公開 トレイルラン日光・那須・筑波

2016 OSJ Okukuji Trail 50K ―奥久慈を舐めたらあかんぜよ!(2)

日程 2016年05月29日(日) [日帰り]
メンバー kilkenny
天候くもりのちはれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

当日Garminが不調だったのでsoar800さんのログをお借りし、東金砂神社以降をカットしました。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

袋田のピッツェリアコゾー。ピザ美味し
2016年05月28日 11:58撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
袋田のピッツェリアコゾー。ピザ美味し
3
レース受付会場
2016年05月28日 12:58撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レース受付会場
2
暗雲につつまれたスタート5分前。以下電源OFF
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暗雲につつまれたスタート5分前。以下電源OFF
4
お稽古。H.Berlioz, Symphonic Fantastiquc
2016年05月30日 18:19撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お稽古。H.Berlioz, Symphonic Fantastiquc
3
自分への頑張ったね賞。Dry Premium豊醸ギフト限定セット「琥珀の余韻」「華やぐ6種ホップ」「涼みの香り」と市販のやつ
2016年05月30日 12:30撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分への頑張ったね賞。Dry Premium豊醸ギフト限定セット「琥珀の余韻」「華やぐ6種ホップ」「涼みの香り」と市販のやつ
2
「水芭蕉 純米吟醸」(群馬/川場村)、「宝寿 純米大吟醸 さけ武蔵 無濾過生原酒」(広島/竹原市)、「赤魔王」(赤芋、宮崎/日南市)、「うららかをる」、「Dip Hop IPL」(Grand Kirinシリーズ)、常陸野ネスト「Espresso Stout」「Sweet Stout」(茨城/木内酒造)
2016年05月30日 20:38撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「水芭蕉 純米吟醸」(群馬/川場村)、「宝寿 純米大吟醸 さけ武蔵 無濾過生原酒」(広島/竹原市)、「赤魔王」(赤芋、宮崎/日南市)、「うららかをる」、「Dip Hop IPL」(Grand Kirinシリーズ)、常陸野ネスト「Espresso Stout」「Sweet Stout」(茨城/木内酒造)
3

感想/記録

(副題は某kさんの昔のレコから再びパクらせていただきました)

 昨年レース後、15回(一昨年〜昨年よりも1回多い)の現地練習を積み重ねてきた本レースでしたが、結果はまた完敗でした。白木山の後の小ピークで脹脛に痙攣があり、それを騙しながらなんとか亀ヶ渕まで辿りついたものの、その後は全く走れず。補給を摂りつつ歩きながら回復を待ちましたが駄目で、最終的には昨年同様に東金砂神社のエイドにてリタイアとなりました(ここまで昨年とほぼ同じ記述…)。
 以下、備忘録として。

前日
 翌日の起床時間を鑑み4時に起床。袋田のピッツェリアコゾーのピザで早めの昼食(美味かった)。レース受付を13:00に完了。今年は50KのTシャツが間に合わず(30Kとプリントしてしまったらしい)、後日発送とのことで少しテンションが下がる。小さいながらもセレクトが佳い常陸太田の小川屋酒店に寄って帰宅。17:30に夕食。思い出せないくらい久しぶりに 酒(含むビール)を抜く(これが失敗だったか?)。テーピングを済ませ22:10就寝。

レース前
 2:30起床。猪鼻峠経由で袋田へ向かうも濃霧のため超安全運転を強いられ気が焦る。一応、第二駐車場を覗くも当然駐車できず民間駐車場に停める。車から降りたらatatatataさんと会った。軽くアップしてから荷物をチェックしていたらなんとGarminが起動しない。放電??。て云うかスイッチを入れっぱなしにしていたようだ。「完走しても(できなかったが…)ログ残んないじゃん」と心が折れかかるも「まあ身軽になっていいや」と切り替えて出走者の列に並ぶ。でもこのトラブルのせいでかなり後方になってしまった。さらに、補給用の塩を忘れたことに気付く。振返るとこれは大失敗だったかも。

スタート〜月居山
 今年は渋滞対策でロードが長くなった。二週前と一週前の練習ではそれぞれ43min、39minだった。本番ではもう少し速く走るだろうけど多少の渋滞は覚悟、ということで45min程度を想定していた。ところが、昨年コースとの合流点のかなり手前から大渋滞(延々と続く列は壮観で、何故か頭の中のBGMは幻想交響曲第四楽章「断頭台への行進」が流れる)。やはり元凶は山頂直下の鎖場だった。結局、山頂着は想定より10min遅れの7:25(55min)。また心が折れかかる。

月居山〜持方(CP1)
 第一、第二展望台からの雲海が美しかったが気が焦っているので楽しめない。山頂過ぎの小渋滞以降はいいペースだったのに、木橋の辺りから前方のペースが落ち始める。視界の利く場所で前方を見遣ると、やはりその前の集団が見えない。これは抜いて行かなければますます遅れると思い、白木山分岐から追い抜きを始める。舗装路にちょこっと出た後の白木山アプローチ(左脇が金網の所)の少し先までに視野の中にいたランナーを全員追い抜き、白木山急登のロープ下に辿り着いて上を見上げると前の集団は既に見えず。ロープ下で休んでいた人が登り始めようとしていたが先発を譲ってもらい、腕力を駆使して猛然と登った。その甲斐あって山頂直下で前の集団に追いついた。
 その後も前のペースが遅いので再び追い抜きを始めるも、最後の小ピークで急に脚が攣った。練習でこんな序盤から攣ることは無かったのでかなり焦る。下りを誤魔化しながら走り、ロードに出て下りが終わった所から、芍薬甘草湯とゼリー、パンを補給しながら歩いてCP1着。通過時刻を失念したが月居山での遅れは解消できていなかったと思う。

持方(CP1)〜湯沢峡エイド
 薄まったスポドリを補給しただけで直ぐに出発。攣る感覚は残っていたが登りでは無関係らしく、男体山までに何人か追い抜く。
 山頂からの降りでまた渋滞。何故こんなところで?と思っていると間もなく「スタッフまで伝言して下さ〜い。緊急事態発生。ゼッケン6XX、男性1名意識無し。」との大声。その後、「訂正、ゼッケンXX9」「あ。やっぱり6XX」などと前方の緊迫した様子が伝わってくる。暫く後続ランナーが来なかったので、小生もその昔会社の消防隊で鍛えた声を張り上げて伝言に加わった。渋滞(というか走行停止)は5min程度だっただろうか(Garminのデータが無いので検証できない)。ランナーが動き出すと約50m先に当該ランナーが虚ろな感じで横たわっていた。途中大円地越から駆け付けようとするスタッフとすれ違った。
 そんなこんなで大円地越の先の急登で疲れがどっと出て三たび心が折れかかった。しかも、その後の下りでは攣りの症状が再発。そのとき、hさんのレコで「冷やして血行を悪くしたのが失敗」と述べられていたのを思い出し、脛サポーターを降ろしてみたら少し楽になった。
 その後は快走できたような気がする。釜沢越の手前からは後続が見えないくらい引き離し、エイドには5/15の練習よりも5min程度早く到着した。やっと想定内の時間に巻き返した。

湯沢峡エイド〜竜神大吊橋(CP2)
 水(しかない)と胡瓜の漬物をいただいて9:59(4h29min)に出発。七曲坂や篭岩展望台からの急登では、(こちらも速くないものの)止まっていた何人かを抜く。上山ハイキングコースでは、弊レコでいつも写真を挙げている中武生山を仰ぐのを忘れるくらい快調で、やはり何人か抜き後続を引き離す。
 ところが竜神川への下りで木の根で脚を滑らせたところで攣りが再発。その後も何度か攣り、竜神川を倒木で渡りそこから降りようとした瞬間この日一番の激痛が…。脚を見ると足首の角度がなんだか変(骨折??)!。恐る恐る地に足を付けると元に戻ったので安堵したが、強い違和感は残った。根性を出して340峰裏への急登、竜神川支流からの急登を停止無しで登ったが、下りは不調だった。
 ロードに出たが脚が走れないと言っている。そこで登りではパンを食べながら歩いて回復を待つことに。すると後方から余力がありそうな感じ(実際はきつかったとのこと)のsoar800さんが追い着いてきた。昨年もほぼ同じタイミングで追い着かれ、その後は二人ともリタイアだったので「験が悪い(笑)」などと軽口を叩いたが、脚のほうは深刻だった。下りで走り出すも200mも続かず。歩きと走りを繰り返しながらなんとか階段下に到着。手摺を利用しての腕力も手伝い階段登りは快調。しかし、これ以上なく平坦な吊橋すら走れず、歩いてCP2着。昨年とほぼ同タイムの12:16(6h46m)。ロードの不調が響き、再び想定以上の遅れになった。

竜神大吊橋(CP2)〜東金砂神社
 荷物整理と塩摂取、スポドリ補給だけで直ぐに出発。先に到着し休んでいたsoar800さんより先発したが、第二駐車場のトイレに入っている間に20mほど先を進まれていた。トレイルの平坦なところで走って何人かを抜く快調そうなsoar800さん。こちらは走れず差を開けられるも、赤岩手前の急登では徐々に差を詰め、(気付かれずに)ほぼ真後ろに付けた。しかし、下りになったとたんあっさりと引き離されてしまった。再び赤岩エイドで一時追いつくものの、その後soar800さんを視界に収めることはできなかった。
 赤岩エイドではコーラをいただいたが、まったく吸収できず胃を膨らませるだけになってしまった。更に、二日前に酒飲んで床に寝てしまった影響で違和感のあった右腰から背中にかけてが痛みだし、脚の攣りを併せて三重苦に陥った。本来走らなければならない鷹取場下までは歩きで通し、寺入沢入口までの下りを練習の半分ほどのスピードでよたよたと走った。
 寺入沢への急降下では道を譲ったが、アドベンチャーゾーンでは抜き返し快調に下る。斯う云うコースは攣りとは無関係らしい。昨年は渋滞でつまらなかったが、今年は前後にランナーがいないので少々強引なことをしても誰にも迷惑がかからない。この日最後の輝きだった。やや暫くすると女性ランナーに追いついたので、おしゃべりしながら楽しく走った。
 しかしそれもつかの間、砂防ダムからもやはり走れず。女性ランナーは先に行ってしまった(泣)。砂防地区エイドの後も駄目で、この辺りで東金砂神社着の刻限を14:30と定め、気合を入れなおそうと試みる。
 県道を横切り山田川の橋を渡ると東金砂神社への登り。登り口の私設エイドでのシャワーと冷たい麦茶で気力が復活し、力強く歩く(=走れない)。その後も自家用車でエイドを開いていた二人組の方には「コーラありますよ」と云われ「コーラ駄目なんです」と答えたら、代わりに紅茶を出してくれました。甘くておいしかった。そして、トレイル入口に近いお宅でもシャワーと湧水をいただきました。練習を含め毎度のことで有難かった。おかげでトレイルの登りはサクサク歩けた。
 しかし、再びロードに出ると平坦にも関わらずやはり走れず。ここで自分で決めた刻限の14:30、そして神社着が14:36。普通の状態だった「持方〜持方40K(2)」のとき1.5hかかった神社〜釜の平を、この脚の状態でCP3刻限の16:00までに走破するのは不可能。脚が回復したとしても、小生の場合、突然タイムが良くなることは経験上皆無。というわけで潔くリタイアしました。
 エイドの塩が美味しかった。攣り発症のきっかけはともかく、回復できなかったのは電解質不足だったと思われる。

(完走ではなく)感想
 脚攣りの発症は攻めた結果なので悔いなし。12/Mから3/Mに掛けて諸事情により満足な練習ができず、2/21の日立アルプスや2/28の袋田-男体山往復などは「何じゃこりゃ」みたいな感じでしたが、その後の練習で何とか完走を狙う気になる状態にまで仕上げることができました。一昨年から昨年、昨年から今年とステップアップしている実感があるので、その伸び代をまた重ねれば(かつ足攣り対策をすれば)来年は完走できるんでね?と楽観しております。引き続き応援お願いする次第です。
訪問者数:359人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/15
投稿数: 311
2016/5/30 21:59
 お疲れ様でした
スタート時に御姿が見えないので、前の方にいるのではと、atatatataさん、soar800さんと話していましたが後方スタートだったんですね。普段は脚が攣らない自分でも、今回はかなり攣りに苦しみました。水の飲みすぎで電解質不足だったんでしょうね。塩をもって舐めながら走ったらよいのでしょうか?
登録日: 2012/10/16
投稿数: 430
2016/5/30 22:21
 Re: お疲れ様でした
貴レコ拝見しました。なんだかんだ云っても余裕の完走ですね。流石です
少し前に、某スポドリメーカの方の熱中症予防講演を会社で拝聴したのですが、水だけでは体液の塩分濃度が薄まってしまい、その結果水を吸収しなくなるとのこと。
小生の場合、今回は1Lのポカリと塩飴を準備したのですが、汗っかきなのでそれでも不足だったようです 。乱暴かもしれませんが、大量に汗をかいたときには直接塩をなめた方が佳いと思います。なお、過剰摂取が心配かもしれませんが、必要量を越えると身体が勝手に拒否するようです(確かに普段は直接舐めたいと思いませんもんね )。
登録日: 2014/5/11
投稿数: 46
2016/5/31 3:06
 本当にお疲れさまでした。
記事を読ませていただいて、当日のレースの様子が良く伝わってきました。足の痛い中諦めずに最後まで果敢に挑んで走られてとても感動しました!来年完走されますよう応援しています😊私もご一緒するかもしれません。その際にはお互いに頑張りましょう!
来年は前日にビールを飲んだ方がいいかもしれませんね(笑)
登録日: 2012/10/16
投稿数: 430
2016/5/31 6:40
 Re: 本当にお疲れさまでした。
Bonjour、kahikoさん 。コメありがとうございます。寺入沢で苦戦していたランナーを見て貴君を思い出していました
レースでは果敢だったかもしれませんが、練習から果敢でなければならなかったようです。また本番は果敢さに加え緻密さが必要だったようです。レースは難しいですね
来年の帰国後の参戦、期待しております。
登録日: 2014/1/18
投稿数: 28
2016/5/31 7:08
 安心しました、でも無念
山行き記録が出されていないのでもしや事故でもと心配しておりましたが。そういうことはなかったようで安心しました。とはいえ今年は臨まれたと思うので、心中お察しします。
とはいえ、リタイアのタイミングを潔く決めるところはさすがこの山域の経験を積まれているKilkennyさんです。
登録日: 2012/10/16
投稿数: 430
2016/5/31 8:11
 Re: 安心しました、でも無念
takahashisunさん、こんにちは。コメントありがとうございます 。ご心配おかけしてすみませんでした
今年はトラブルがなければ行けると確信しておりましたが、それを乗り越えなければ完走できないのがこのレース。やはりトラブルに対して脆かった、ということだと思います
コースの熟知度だけでは太刀打ちできないので、また奥久慈で修行に励みます。どこかでお会いするかもしれませんね
登録日: 2012/9/9
投稿数: 130
2016/5/31 18:47
 改めまして、お疲れ様でした。
何だか、今回は不運の連続でkilkennyさん本当の力が出せなかった。そんなレースだった気がしてなりません。ツラいレースなので精神的ダメージってかなり影響あるかと思います。来年こそ、感動の完走レコを期待しております。
登録日: 2011/9/23
投稿数: 19
2016/5/31 22:26
 コメントありがとうございました。
奥久慈お疲れ様でした。

私以上に不測のトラブルに見舞われたようで…。
私も今回は補給がうまくいかず水分過多な感じでしたが、脚攣りは全くありませんでした。テーピングの効果もあったと思いますが、ミネラルバランスを整える効果があるマグマを摂取していたのも良かったのかなあと思っています。
私のレコが参考になれば幸いです

来年の完走レコを期待しています!
登録日: 2012/5/26
投稿数: 963
2016/5/31 23:07
 本当に、お疲れ様でした!
トレランのことは(山もですが)よくわかりませんが、完走するには並々ならぬ事前の努力と、当日含めた色々な対策が必要なんですね。
努力ができない私なんか、それ以前に50Kmと聞くだけで「はあ〜?」って感じです。
年々完走への手応えを増してきて、「今年こそは」と狙っていたんでしょうに。。。ただ結果は残念でしたが、本番までの過程は充実していたように思います。 (勝手な推測ですが)
目標があることはいいことです。来年こそ、脚攣り対策を万全にして、絶対に完走しましょう。
しかしKilkennyさん、文章も秀逸ですね。感心しきり羨ましいです。
登録日: 2012/10/16
投稿数: 430
2016/6/1 6:55
 Re: 改めまして、お疲れ様でした。
atatatataさん、こんにちは 。改めまして完走おめです
実はあまり不運と思った箇所はないんですよ 。月居山までは正当な競争ですし…。男体山ではちょっと吃驚しましたけどね 。完走危うしっていうのは序盤からあったけど、それぞれの場面で追い抜きしたり、急坂を後続をぶっちぎって登ったり(soar800さんだけは抜けなかった@赤岩手前)とそれなりに楽しめました。って云うか、小生の場合奥久慈に居るだけで楽しいんですよ 。だから毎週通えるのだと思います。来年にかけてまた15回くらい通うでしょうから、その内完走の実力もついてくると思われます 。乞うご期待
登録日: 2011/1/28
投稿数: 1285
2016/6/1 15:28
 今年もランデブー
kilkenny さん こんにちわ
今年は朝一でのスタートで お会い出来なかったので どの辺に居るのかと 思って居ました 吊橋手前までは kilkenny さんが先行してほぼ同位置を移動して居た様子
昨年と同じ亀ヶ淵から吊橋のロードでお会いして 後に何回かお会いしました
足が それほど 深刻だとは 見えませんでしたが 大変だったのですね
私も前半 竜神川近辺で向う脛、膝上がやばい状態でしたが 徐々に回復しました
やはり 塩分、電解質、必要です エイド事で私は 食料補給、梅干し、塩も多く取り 電解質サプリ、も投入しました それからは攣りは無くなりました
次回は 前半に渋滞も有るので力まず、いらいらせずに(脳の消費大)後半に余力を残す戦略で 乗り切って下さい
お疲れ様でした
登録日: 2012/10/16
投稿数: 430
2016/6/1 20:46
 Re: コメントありがとうございました。
hankypankyさん、こんにちは
不測のトラブルにやられました 。普段の練習で出し切らないと斯う云う破目になりますね
マグマは受付会場で試飲させてもらいましたが、疲れていないときに摂取したので効果は正直良く判りませんでした 。hankypankyさんのお薦めなら買っておけばよかった。今度試してみようと思います。
またレコを参照させていただきますので、いろいろ秘法を御開示いたければ幸甚です
登録日: 2012/10/16
投稿数: 430
2016/6/1 20:51
 Re: 本当に、お疲れ様でした!
kinoeさん、おなぐさめかたじけなく…
永遠の目標にならないように来年か再来年あたりには何とかしないといけませんね
ところで、この文章褒めますかぁ 。自分で読み返すと、言葉足らずだし、シソーラスはプアだし、ですますや時制はめちゃくちゃだし、あまりにも気に入らないので時々密かに添削して修正してますのに 。でもまあ、理科系って文書作成(不具合報告とか )が多いので作文技術は多少意識しますね 。本多勝一さんの「日本語の作文技術」や、それに影響を与えた久野造気鵑痢崙本文法研究」などを偶に開いては研究してます
登録日: 2012/10/16
投稿数: 430
2016/6/1 22:54
 Re: 今年もランデブー
soar800さん、こんにちは
soar800さんと会ったのは、走れなくてもがいていた時ですよ。食べ歩き 中だったのでシリアスに見えなかったのでしょう
前半は抑制するつもりだったんですけどね。釜の平で精算する貯金が僅かだったので、やはり現場の判断としては「前が遅ければ行け」でした 。まあ、来年はもう少し大人になろうかなと思います
登録日: 2012/3/30
投稿数: 99
2016/6/11 8:26
 お疲れ様でした
コメントが遅れました。
感想/記録を読んでOSJの過酷さがよく分りました。
何度も足の攣りに悩まされ、さらに遭難寸前の状況が何度もあったにもかかわらず、ゴール間近まで走られたのはすごいです。
来年こそは完走してください。
私にはとても無理なので周辺を歩くだけにしておきます ^^;
登録日: 2012/10/16
投稿数: 430
2016/6/13 21:24
 Re: お疲れ様でした
tochimochiさん、こんにちは
脚攣りには悩まされましたが、遭難寸前では無かったですよ 。歩いている分(急登含む)には脚攣りとは無縁でしたので
レース一週間後の持持40で完走イメージが掴めたので、来年は大丈夫でしょう(と強気の発言をしてみる)

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ