ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 886405 全員に公開 ハイキング奥秩父

大月駅〜セーメーバン〜雁ヶ腹摺山

日程 2016年05月29日(日) [日帰り]
メンバー LX3
天候晴れのち曇り

気温は山頂でも、18〜9℃くらいありました。
風も涼しかったですが、日向では結構暑い。
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:大月駅 5:50着
復路:ハマイバ前 17:15発〜大月駅 18:48着 500円
※帰りのバスは渋滞でやや時間がかかりました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
大垈山から金山峠で分岐を間違った方向に進んでしまいルートに戻るまで1時間近くタイムロスしてしまいました。
湯の沢峠から真木小金沢林道への合流手前でもルートを見失い時間を要してしまいました。
コース状況/
危険箇所等
全般的に踏み後は、しっかりしているので地形図やコンパスを見ながら進めば迷うことはなさそうです。
見通しの悪いささ藪では、熊と遭遇しないように注意が必要です。

【大月駅〜岩殿山〜稚児落とし】
・岩殿山山頂は、遊歩道なので危険個所なし。
・稚児落としまでは、滑りやすい箇所もあるので雨の日は要注意。

【稚児落とし〜セーメーバン〜金山峠】
・セーメーバンへの分岐を過ぎると笹薮に変わり薄暗くなります。
・広い尾根を歩く箇所が何か所かありますが、踏み後がわかりづらい部分があり迷いやすいので、尾根筋を外さないように進みましょう。
・巻道、分岐がありますがとくに道標がなかったりするので地図をよく確かめましょう。(だいぶタイムロスしましたので。)

【金山峠〜雁ヶ腹摺山〜大峠】
・登山道は整備されており、難所はありませんが急騰と緩やかな登りが交互に現れ体力を奪っていきます。
・雁ヶ腹摺山山頂で、ようやく人に会うことができました。
・大峠付近の水場の水がしっかり出ていました。水場より雁ヶ腹摺山にも沢が出ていますので間違えないように。

【大峠〜黒岳〜湯の沢峠】
・黒岳方面に向かうと苔むした樹林帯に変わります。子連れではありませんでしたがイノシシを見かけたので気を付けてください。
・黒岳山頂近辺は倒木こそ多いものの道はしっかりしていて危険なとこもありません。
・湯の沢峠へは笹薮の急斜面を200mくらい一気に下ります。滑りやすいので慎重に下りましょう。

【湯の沢峠〜桑西】
・湯の沢峠からの下りは、最初から笹薮の急坂下りで歩きづらいうえ、熊に遭遇するかもと不安になります。
・笹薮を抜けると湯の沢沿いに道がありますが、踏み後が薄い箇所もありますが基本的に沢から離れなければ大丈夫だと思われます。
・真木方面を示している道標が近くに2か所あり別々の方向を指している箇所があります。ここでも。沢の方向にすすむと正規ルートと思われる道に出ます。
カヤトのせいで見通しも悪く方向感覚がつかみにくいので迷ったらコンパス等で進む方向を確かめると良いと思います。
・舗装された林道に出れば、あとはハマイバ前バス停まで歩くだけです。
その他周辺情報大峠付近の水場は、水が出ていました。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ

写真

駅前でもよく富士山が見えますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅前でもよく富士山が見えますね。
2
岩殿山までは、線路を渡って住宅街を通っていきますが所々道標があるので安心です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩殿山までは、線路を渡って住宅街を通っていきますが所々道標があるので安心です。
1
ここから登りに入りますが、まだ登山道ではなく石段を頂上まで登り続けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから登りに入りますが、まだ登山道ではなく石段を頂上まで登り続けます。
1
少し高度を上げました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し高度を上げました。
3
この道が、城への通勤経路だとするとだいぶ足腰が鍛えられますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道が、城への通勤経路だとするとだいぶ足腰が鍛えられますね。
3
岩殿山。
早朝ですが、犬の散歩をしている人が結構います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩殿山。
早朝ですが、犬の散歩をしている人が結構います。
3
秀麗富嶽十二景の1つからの富士山。
午後になるにつれて遠くのほうがかすんでしまったので、山頂からの唯一の富士山でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秀麗富嶽十二景の1つからの富士山。
午後になるにつれて遠くのほうがかすんでしまったので、山頂からの唯一の富士山でした。
5
一度、山頂から降りて稚児落としを目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一度、山頂から降りて稚児落としを目指します。
1
岸壁トラバース等要注意箇所があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岸壁トラバース等要注意箇所があります。
1
鎖場も、岩がえぐれてステップができていますが手がかりが少なく鎖を活用したほうがいいところもあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場も、岩がえぐれてステップができていますが手がかりが少なく鎖を活用したほうがいいところもあります。
稚児落としを過ぎて、さらに山奥に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稚児落としを過ぎて、さらに山奥に向かいます。
2
高の丸方面は、里山感が強く野生動物の姿も多く見ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高の丸方面は、里山感が強く野生動物の姿も多く見ました。
1
道標は比較的整っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標は比較的整っています。
1
明るい樹林帯は好きなタイプの登山道です。
どこでも歩けてしまうところも多いので道迷いに注意。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るい樹林帯は好きなタイプの登山道です。
どこでも歩けてしまうところも多いので道迷いに注意。
4
マニアックな人気を誇るらしいセーメーバンに到着。
樹林帯で展望はありませんがパワーを感じる・・・かな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マニアックな人気を誇るらしいセーメーバンに到着。
樹林帯で展望はありませんがパワーを感じる・・・かな。
3
これまでと同じような道を進んで、大垈山につきました。
ここも展望はありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これまでと同じような道を進んで、大垈山につきました。
ここも展望はありません。
3
白ブナはかなり立派な木でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白ブナはかなり立派な木でした。
2
大垈山山頂から、金山鉱泉方面に進んでしまったためこの分岐に戻るまで結構タイムロスしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大垈山山頂から、金山鉱泉方面に進んでしまったためこの分岐に戻るまで結構タイムロスしました。
コースタイムからするとすぐだと思っていたのですが、金山峠まではかなり遠い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コースタイムからするとすぐだと思っていたのですが、金山峠まではかなり遠い。
時折展望が開けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折展望が開けます。
1
姥子山(東峰)はかなりの絶景ポイントらしいので立ち寄らなかったことを後悔しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姥子山(東峰)はかなりの絶景ポイントらしいので立ち寄らなかったことを後悔しています。
2
ここら辺まで、適当な鹿道を登ってきてしまいました。
伐採用の作業同も含め踏み後がいくつかあるのですが登山道に比べて格段に薄いので間違えないともおいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここら辺まで、適当な鹿道を登ってきてしまいました。
伐採用の作業同も含め踏み後がいくつかあるのですが登山道に比べて格段に薄いので間違えないともおいます。
樹林帯に巨岩もあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯に巨岩もあります。
団体さんが休憩していました。
富士山は、ガスってしまい見えませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
団体さんが休憩していました。
富士山は、ガスってしまい見えませんでした。
1
山頂付近は、ツツジの花も見ごろになっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近は、ツツジの花も見ごろになっていました。
1
立派な水場でした。蛙の鳴き声が聞こえるのですが姿は見つかりませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派な水場でした。蛙の鳴き声が聞こえるのですが姿は見つかりませんでした。
シオジ群生地も気になりましたが、結構疲れていたのでスルーしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シオジ群生地も気になりましたが、結構疲れていたのでスルーしました。
そこそこきれいな休憩所でした。
中にテントも張れそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこそこきれいな休憩所でした。
中にテントも張れそうです。
1
駐車場近くに大峠山頂?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場近くに大峠山頂?
3
この辺りは、苔むしていて奥秩父的な雰囲気でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは、苔むしていて奥秩父的な雰囲気でした。
3
黒岳山頂は、展望はないですがほどよく開けており休憩にはちょうどいいと思います。
ただ、この時は虫が多すぎてすぐ撤退しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岳山頂は、展望はないですがほどよく開けており休憩にはちょうどいいと思います。
ただ、この時は虫が多すぎてすぐ撤退しました。
4
黒岳からしばらく進むと白谷ノ丸に着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岳からしばらく進むと白谷ノ丸に着きました。
3
遠くはかすんでいますが、ご褒美の絶景です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くはかすんでいますが、ご褒美の絶景です。
今月は写真の要領に達してしまいましたのここまで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今月は写真の要領に達してしまいましたのここまで。

感想/記録
by LX3

最近、長距離を歩けるようになってきたのですがスピードが遅くなっている気がしたのでトレーニングを兼ねて標高差の大きなルートを選んで登ってきました。

当初の計画では、大菩薩嶺まで行こうと思っていたのですが、雁ヶ腹摺山について時には足に来ていたので明るいうちに下山することにしました。
近いうちに、大菩薩嶺から滝子山あたりまで縦走してみようかと思います。
訪問者数:343人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ