ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 886456 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走栗駒・早池峰

焼石岳_山開き直前

日程 2016年05月29日(日) [日帰り]
メンバー mana130(記録), その他メンバー5人
天候晴れ。午後は少し雲が出てきました。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
仙台を午前3時半発。
高速で平泉前沢インターまで。
その後、広域農道、397号で現地へ。
つぶ沼の駐車場でメンバーと合流後、尿前林道で中沼登山口まで。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間30分
休憩
0分
合計
9時間30分
S中沼登山口06:4011:20焼石岳16:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
泉水沼にて昼食
コース状況/
危険箇所等
[上り]多少のぬかるみがありつつも水没している箇所は少ない。
[下り]午後になって雪解けが進んだためか、上りでなんともなかったところが一部水路と化していた。
その他周辺情報ひめかゆの湯で入浴。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 日焼け止め サングラス タオル カメラ ストック

写真

尿前林道の様子。車が1台やっと通れる幅。
2016年05月29日 06:07撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尿前林道の様子。車が1台やっと通れる幅。
2
登山道のところどころにはぬかるみ。
2016年05月29日 07:00撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道のところどころにはぬかるみ。
中沼より。
2016年05月29日 07:25撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中沼より。
7
上沼より。
2016年05月29日 07:45撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上沼より。
2
沢と平行する木道。
2016年05月29日 07:44撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢と平行する木道。
水芭蕉。
2016年05月29日 07:51撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水芭蕉。
1
ここにも水芭蕉。
2016年05月29日 07:59撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも水芭蕉。
2
豊富な雪解け水。
2016年05月29日 09:08撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豊富な雪解け水。
1
雪渓にはラインがひいてあった。雪渓の終わるところでは道迷いに注意。
2016年05月29日 09:09撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓にはラインがひいてあった。雪渓の終わるところでは道迷いに注意。
2
泉水沼のほとりで昼食。雪渓が近くて、涼しかった。
2016年05月29日 10:40撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泉水沼のほとりで昼食。雪渓が近くて、涼しかった。
2
見えにくいけど、月山。
2016年05月29日 10:58撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えにくいけど、月山。
見えにくいけど、鳥海山
2016年05月29日 11:00撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えにくいけど、鳥海山
2
山頂!
2016年05月29日 11:20撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂!
7
お花畑。
2016年05月29日 12:44撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑。
6
お花畑。
2016年05月29日 12:48撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑。
5
カエル。
2016年05月29日 13:12撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カエル。
下山ルートで。再び中沼。リュウキンカの群生が見事。
2016年05月29日 15:30撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山ルートで。再び中沼。リュウキンカの群生が見事。
4
撮影機材:

感想/記録

初めての焼石岳登山。

・雪解けの時期だったので足場がどうなっているかわからない
・尿前林道の状態がどうなっているかわからない

という点が不安だったが、実際は↓の感じだった。

・ぬかるみや雪渓の踏み抜きが怖い箇所があったが、危険を感じるような箇所なない
・林道は思ったほどの悪路ではなかったが、すれ違いできるスペースがあまりないため、当日はなかったが、対向車と鉢合わせたときに面倒(SUVに乗せてくれた仲間に感謝!)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

中沼コースは出だしから水芭蕉の群生に迎えられる。
中沼、上沼、そして銀名水避難小屋を過ぎるあたりまで、どこまでいっても水芭蕉。
はじめは感動していたが、徐々にありがたみが薄れる(笑)
水芭蕉の他にも、リュウキンカの群生、ショウジョウバカマ、シラネアオイなどの花が目につき、カメラが手放せない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

銀名水避難小屋の上の雪渓地帯は雪が柔らかく、アイゼン不要。
ただし、高度感のある場所もあり、もしも滑ったら・・・と思う場所もあるので
不安な方はつけても良いかも。
滑落防止のため、念のためストックを使用。
(キックステップで歩行は可能。)

それと、雪渓に関係ないが、この日は終始虫にたかられていた。山頂ですら虫がぶんぶん。
虫よけネットで完全防備も方もいたほど。
それだけ自然豊かなのだからしょうがない…と思うことにした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

雪渓と灌木地帯を繰り返して、姥石平まで来るとハクサンイチゲが群生。
チングルマやイワカガミが咲き始めているのも発見できたが、ごくわずか。

頂上が近くなってくると、近くは栗駒山、遠くには月山、鳥海山、岩手山、早池峰山が見えた。
天気に恵まれたため、山頂からは360度のパノラマが楽しめた。

焼石神社方面、東焼石分岐を経て、姥石平まで戻る。姥石平に戻る直前がこの日一番の花畑。
すれ違った方が、5部咲き程度と言ってたが、焼石岳初登山の自分には十分綺麗だった。満開だったらどれほどなのだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

しかし、東焼石分岐に至る直前で体調不良に。
あとで考えると、軽度の熱中症だったと思う。
同行者に荷物の一部を持ってもらうことに。(申し訳ない。。。)
下りは雪渓の雪を袋に詰めて、首や頭、脇などを冷やしながら下山。
なんとか銀名水避難小屋のあたりで回復。

雪渓地帯より上は日差しを遮るものがなかった。
そういった環境では熱中症に気を付けないといけないと痛感。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

休憩含めて10時間近くの行程だったため、登山口まで戻ってきた時には疲労困憊。
その分、温泉の開放感はひとしお。

今は中沼コースを歩く程度で精いっぱい。
さらに長いつぶ沼コースを歩くにはもっとトレーニングが必要か。
訪問者数:301人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ