ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 886502 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走日高山脈

北日高縦走(日勝峠〜芽室岳〜久山岳)

日程 2016年05月03日(火) 〜 2016年05月05日(木)
メンバー Barakusa_Nao(CL), その他メンバー4人
天候晴れ後曇り(雨)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
芽室小屋まで車で入ることができた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間9分
休憩
14分
合計
8時間23分
Sスタート地点07:3010:131343mピーク10:1511:14ペケレベツ岳11:1515:25ウエンザル岳15:3615:53宿泊地
2日目
山行
9時間17分
休憩
25分
合計
9時間42分
宿泊地06:0010:55パンケヌーシ岳(芽室西峰)11:0811:551690mピーク分岐12:0312:26芽室岳12:3015:42久山岳
3日目
山行
3時間29分
休憩
6分
合計
3時間35分
久山岳05:4605:40久山岳05:4609:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
3日(火)
7:30(日勝峠)→8:53(国境稜線)→10:15(c1343m)→11:14(ペケレベツ岳)11:15→12:27(c1456m)12:30→15:25(c1576m)15:36→15:53(c1576mとc1499mのコル)C1

4日(水)
4:00(起床)6:04(発)→7:13(c1654mペンケヌーシ岳分岐)7:23→8:24(西芽室岳手前の最低コル)8:49→10:55(c1746m 西芽室岳)11:08→11:55(c1690m芽室岳夏道分岐)12:03→12:26(芽室岳)12:30→14:08(c1532mポコ)14:13→15:46(久山岳)15:56→15:59(山頂直下)C2

5日(木)
3:15(起床)5:46(発)→5:40(久山岳)5:46→5:53(久山岳夏道分岐)5:58→7:54(林道)→9:15(剣小屋) (全行程27.9km)
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 バラクラバ 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー アイゼン ピッケル ビーコン スコップ ゾンデ 行動食 非常食 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ シュラフ ポール
共同装備 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ツェルト テント テントマット

写真

ペケレベツピークにて 仲間たちと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ペケレベツピークにて 仲間たちと
ペケレベツから少し下がった所で小休止
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ペケレベツから少し下がった所で小休止
c1456mポコへの登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
c1456mポコへの登り
The パーティ行動
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
The パーティ行動
バリズボはつらい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バリズボはつらい
ハイマツの中を行くことも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツの中を行くことも
パンケ分岐手前
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パンケ分岐手前
ワカンの調整中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワカンの調整中
西芽室岳手前の登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西芽室岳手前の登り
芽室ピークにて仲間たちと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芽室ピークにて仲間たちと
皆と別れ、久山岳に向かう俺
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆と別れ、久山岳に向かう俺
久山岳ピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久山岳ピーク
久山岳ピークのオレ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久山岳ピークのオレ
久山岳ピーク直下で幕営
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久山岳ピーク直下で幕営
街の明かりを肴に一杯。一人上手な贅沢な夜を過ごす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
街の明かりを肴に一杯。一人上手な贅沢な夜を過ごす。
剣山方面はガスの中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣山方面はガスの中
久山岳登山ボックス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久山岳登山ボックス

感想/記録

○日高の国境稜線をつなぐ山行。芽室岳→日勝峠の縦走は、2009年以来。前回は訳あって芽室岳を登って下山となった。国境稜線に出てからの風は激烈でc1690mから芽室岳までほふく前進した。芽室岳を下山し、帰札して用事を済ませてから日勝峠に戻り、ヌマさん達を追って狩振山に向かうも双朱別岳(co1383m)で終了となった。
○二泊三日の計画で山行案内したところ、JINから一泊二日での参加について相談があった。こういう前向きな相談は大いに結構、うれしい限り。JINの他にも一泊二日なら参加可能という者が複数名おり、一泊二日組は、JINをリーダーとする四人パーティにして、芽室岳まで一緒に行動することとした。私は単独山行扱いにして、芽室岳までの総合リーダーを担うこととする。
○直から山スキーでの参加を相談された。自分の経験に照らし合わせて、足回りはワカンかスノシューを使ってのツボ足にしてもらったが、結果論で言うと、日勝峠からc1576mまではスキー使用可だった。c1576mから芽室岳までは行程の多くをシートラすることになっただろう。総じて考えると、スキーを使わなくて正解だったと思っている。
○シェフmikanの食当を期待したメンバーがたぶんにいたと思う。俺自身大いに期待した。しかし、自身の経験に照らし合わせて、お湯入れご飯をメインとする各自が適当と判断した。別府さんが宴のツマミだけでも豊かにしたいとの思いでザックの奥に忍ばせてきた砂肝は格別の味。山では柔らかく暖かいものがうれしい。シェフmikanに感謝。行動計画に余裕がある時にシェフmikanの料理を堪能したい。
○ガソリンは1Lを計画。ガソリンボトルの容量の関係で800mlを装備。水15Lくらいか?を作って、ガソリン全消費。翌朝はmikanのガスを使ってお湯を沸かす。
○山行1週間前から毎日天気予報を確認。4日〜5日の朝方にかけて雨の予報だった。雨もさることながら、風を危惧した。7年前のような風が吹いたら縦走不可。山行二日目に激烈な風に見舞われたら、予備日を持たないJINパーティは下山遅れになってしまう。ペケレベツ岳までの山行とすべきか、芽室岳から登って久山岳までの山行とすべきか、山中一泊で芽室岳から西芽室岳までとすべきか・・・。色々思い悩んだが、3日朝の天気予報で4日の午前中くらいまでは天気がもつことを確認し、計画どおり入山することとした。実際、西芽室岳近くまでは雨・風にほとんど当たらず、計画どおり進むことができた。
○行動食はシリアル、チョコ3個、キットカット。シリアルは、焼酎のプラスチックのワンカップ容器に一日分を入れた。行動カロリー的には問題ないはずだが、物足りなさ感がある。
○夕食用のお湯入れご飯は尾西の2食用、朝食用は1食用にカップ麺とした。若い頃は毎食完食していたが、夕食のご飯は半分残してしまった。年を実感。皆と分かれた二泊目の夜はレトルトカレーにしたからか2食分を完食。まだまだいけるなオレ。
○芽室岳でJINパーティと涙の別れ(心の中で)。メンバー一人一人と固い握手を交わし、心の中でGood luck! 寂しさを見せないよう、前だけ向いて芽室岳を後にする。
○芽室岳とc1532mポコとのコルまでは、バリズボ地獄で歩きづらかった。
○先に久山岳に登った惇さんから久山岳から剣山までの雪の少なさについてメールをもらっていた。下り坂にある天気や心身の疲労から久山岳からの下山が決まりつつあったが、自分の目で見て決めることとし久山岳に登った。確かに雪は少なく苦労しそうな感じ。特に久山岳から次のコルまで広がる濃いエゾ?トド?マツの海は縦走意欲を萎えさせるに十分な濃さ。とはいうもの翌朝にもう一回、久山岳〜剣山までの稜線を見て決めることとし、山頂直下の傾斜地を切って幕営した。
○JINの卸したての新しいテント、エスパースデュオを借りた。快適で素晴らしいテント。街の明りを肴に一杯。一人上手な贅沢な夜を過ごす。
○翌日はまだ暗いうちに目を覚ます。テントの外は雨とガス。久山岳に登るまでなくモチベーション激落ち。天気予報を確認すると5時には雨が上がるらしい。
○雨は5時には上がらなかったが、6時には上がった。久山岳〜剣山までの稜線は真っ白なガスの中。下山決定。
○久山岳夏尾根には、惇さんたちのトレースが途切れ途切れに残っていた。標高1200mくらいまで尾根は広い。途切れがちなトレースを頼りに感覚で歩いていたら、恥ずかしながら右往左往。難しい。コンパスを切り、GPSも参考にして夏道に沿って下山。まもなくして雪はなくなり夏道が出てきた。
○林道に出てから剣小屋までの道についても惇さんからメールをもらった。メールをもらっていたにもかかわらず、すこしばかり右往左往。惇さんのメールがなかったら、遠回りして剣小屋に戻ることになったと思う。この場をお借りして、お礼申し上げます。
○入山前の天気予報、熊本大地震のことを思い、密かに暗うつな気分になりながら、無理のない安全下山をいくつかシュミレーションしてみたが、案ずるより産むが易しということで、想像していたような雨風には当たらず、ほぼ計画どおりの山行ができた。良き仲間に恵まれれば、山行の味わいが深まる。今山行の写真を見ながら、今一度思い返し、密かな充実感を感じるのであった。来年は、芽室岳からピパイロまで歩こう。芽室岳まで一緒に行動したメンバーに感謝。ありがとう。
○写真集は以下のサイトでも公開中
https://picasaweb.google.com/106857059891038306034/6281891682717408849?authuser=0&feat=directlink
訪問者数:132人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ